森生 さん プロフィール

  •  
森生さん: 林住記
ハンドル名森生 さん
ブログタイトル林住記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/rinjuki
サイト紹介文明日はあしたの風が吹く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2007/08/20 15:21

森生 さんのブログ記事

  • お後はお好きなように
  • 国難災難非難選挙は中盤戦も自民党が優勢だそうで、へそ曲りで変化が好きなじじぃにはオモシロくない。例えば、わが選挙区の立候補者は、自民希望共産が立候補している。住民はどうしようもなく保守的だから、以前、森生の手を痛いほどキツク握った自民の若が当... [続きを読む]
  • 奇人変人自由人
  • 煙草博物館へ行くつもりで、墨田区の大横川親水公園に到着したら、目の前に、鼻が低いスパイダーマンがいた。せせらぎの岩の上で蜘蛛の真似をして這い蹲ったり、自撮り棒をかざして自分を写していた。でも東京の人って、こんな怪人には慣れっこなのか、誰も振り返... [続きを読む]
  • 冷たい雨
  • 閉め切った窓の外は、冷たい雨が降り続いている。今朝からは長袖長ズボンにした。半袖シャツ半ズボンを仕舞おうか。いや、まだ真夏日が来るだろう。脚がスースーする。ズボン下を穿こうかな。いや、引っ張り出すのがめんどくさい。いや、やっぱり穿こう。冷... [続きを読む]
  • ともだち ほのぼの
  • 煙草と塩の博物館で開催中の「和田誠と日本のイラストレーション」は気持がいい展覧会だった。和田誠の絵筆にかかると、悪人さえもが幼児化し、ギラギラした強い個性が、がほのぼのと優しくなってくることだ。ひねくれじじぃの心も自然に清らかになってくる。効... [続きを読む]
  • タンスにゴンゴン
  • 困っている。頭の中からこのCMが消えないのである。  クローゼットの中にはダニがわきやすい  あぁ知りとうなかった 知りとうなかった 知りとうなかったよ  ゴンゴン ゴン ゴンゴンゴンゴン ゴン ゴン ゴン  綺麗な服の隣で ダニが卵産む  ... [続きを読む]
  • 雑踏を掻き分けて
  • 重い腰を上げて、久しぶりに東京へ行くことにした。行き先は、  日本橋高島屋「池田学展」拝見。浅草「むぎとろ」で昼食。  墨田区親水公園脇の煙草と塩の博物館で開催中の「和田誠展」。ついでに東京スカイツリー下にある商店街。  最後に、浅草仲見世か... [続きを読む]
  • それ行け枝野
  • サラサラがバタバタになり、希望の小池劇場はガタガタに。厚い舞台化粧の下の、おぞましい素顔が見えてきた。マスゴミを利用しているつもりが、マスゴミに素性を暴かれた。策士、策に溺れるいい見本だ。ユリノミクスとやらは、ミソもクソもごちゃ混ぜ。日本語で言... [続きを読む]
  • 飲む目薬
  • 眼科に行かなければならないが、団地内の病院は眼科を廃止し、近所に眼科医院がない。仮に、眼医者の先生に診てもらっても、黄班変性症には治療方法がない。それで2年放っておいたら、視力がさらに落ちた。近眼・老眼・乱視に加え、直線が歪み、視野が欠落する状... [続きを読む]
  • 免許証は返納しない
  • 間もなく、自治会が移送サービスを開始する。目がすっかり悪くなったうえに車も古くなり、車の運転が面倒臭くなった。免許返納を考えているので、自治会の説明会へ行った。あれれ、出席者は数人しかだ。自治会による説明も、あれれ、だった。何故かというと........ [続きを読む]
  • 遺伝学を少し考えた
  • 日本遺伝学会が、優性遺伝・劣性遺伝という言い方を、顕性遺伝・僭性遺伝に改めた。理由は優性・劣性という言い方が、世間一般に誤解されてきたからだそうだ。じじぃは「へーそうなの? そうだったのか」と思った。この80年間、優性遺伝とは、あのやんごとないお... [続きを読む]
  • 今朝の秋
  •     露の世は露の世ながらさりながら                    ..........一茶今朝は寒いくらいだった。奥日光の戦場ヶ原では初霜と初氷が見られたそうだ。  いよいよ秋本番だわ、冬は駈足だななどと思われ、どどっと寂しくなる。まさに... [続きを読む]
  • 万歳三唱
  • 野党が欠席した臨時国会の冒頭で、安倍晋三の自己都合により衆議院が解散された。予想どおり自民公明の議員たちが「万歳」を三唱した。馬鹿みたいじゃなく、バカそのもの。あれ、国会村の不思議な風習ですね。あれを見るたびに、ああ、やっぱりアイツラはニンゲン... [続きを読む]
  • 小さな希望
  • というわけで希望の党には希望がない。小池百合子は、安倍晋三同様に危険な人物だ、と思う。希望の党だって、未熟者の寄せ集めに民進党の屑が合流する烏合の衆だ。あるいは当選目的の野合の衆だ。もしも運よく当選したら、不祥事続出だろう。小池百合子は、鳩山由... [続きを読む]
  • 再びアウフヘーベン
  •   小池百合子都知事は、新党結成の進め方を質問され、  アウフヘーベンする。意味は辞書で調べて下さい。とのたまった。小池さんてアウフヘーベンが好きですね。で、今度は古い電子辞書でおさらいした。  【Aufheben ドイツ】   [哲]止揚。揚棄(... [続きを読む]
  • 坂道を2往復
  • 小銭入れを調べたら、........4000円がない!!! ない!! ない!さっきコンビニで、4120円のお釣りは受け取ったのは確かだ。しっかり覚えてる。う〜む。必死に思い出した結果、どうもコンビニで落としたらしい、という結論に。他で落としたかもしれない... [続きを読む]
  • 昼も夜も栗ごはん
  • 普段よりも少しめかしたばばじじ14〜5人が、総合福祉センター調理室に集まり、手作りの昼食会をガヤガヤと愉しむ。名付けて「ランチカボチャの会」です。みんなで昼ご飯を作り、完成品を食べ、ナツメロを歌い、絵本を読み聞かせてもらい、3時間。会費が40... [続きを読む]
  • 新しい地図
  • 朝日新聞の朝刊に全15段見開き2頁の特大広告が載った▲薄曇りの空に裏返しにしたコンパスと、稚拙な字で「新しい地図」と書いてあるだけの、わけが分からない広告である。朝日新聞の広告掲載料金は、1頁全15段モノクロ全国版で39,855,000円のようで... [続きを読む]
  • 三人寄るとばらばら
  • 亀の甲より歳の効。おじぃさんには相当知恵がついている。必要な時に思い出せないけどね。だから3人寄れば文殊の知恵になるはずで、ひょっとすると大日如来の知恵に到達しているかもしれない。しかし実際には3人集まろうとすれば、ばらばら。たまにはみんなで... [続きを読む]
  • 地震と胸突き坂
  •   メキシコで、続けて2回、大地震があった。ここ日本国埼玉県でも、数日前に、2日続けて地震があった。始めの地震はドドンと下から2回突き上げ、震度3。心臓がドキンとした(▲心電図)。2日目は寝ていたけど、地震で目が覚めた。こちらは震度2。TVの速... [続きを読む]
  • 美しいひとに会った
  • 練馬区立美術館で開催中の「藤島武二展」は最終日。敬老の日でもあったので、この美術館としてはかなりの数の入館者だった。但し、巨大美術館で新聞社が協賛する大展覧会のような大混雑ではなく、作品をしっかり鑑賞することができた。明治から昭和にかけて活躍... [続きを読む]
  • めでたくはない
  •   今年は、きのう18日が敬老の日だった。毎日が日曜日になった年寄りには、ハッピーホリデイとして毎年休日が変わるよりも、15日に固定してもらいたい。固定すればどうなるか、といっても、どうにもならないけどね。  65歳以上の高齢者が過去最多の3,... [続きを読む]
  • 冒頭解散
  • 安倍千三つが臨時国会冒頭解散を企んでいる。今度の臨時国会は、加計疑惑を解明するために野党が開催を要求し、安倍がしぶしぶ応じたものだったはず。千三つが自称する「仕事師内閣」がまだ仕事をせず、加計疑惑に答えず、のっけから解散するとは呆れたものだ。二... [続きを読む]
  • 別名 赤蜘蛛百合
  • 西武線高麗駅周辺の道端に生える彼岸花がほぼ満開になった。例年より少し早いようだ。だが、巾着田入口の小さな看板には「開花状況は1分咲き」と書いてあり、ズレが大き過ぎる。そこで実際の開花状況を確かめに、巾着田へ行こうとしたけれど止めた。この暑... [続きを読む]
  • 猛暑再来
  • 雲が切れ、猛烈な蒸し暑さになった。腿の筋肉はまだ張っているし、この蒸し暑さでは草毟りはできない。かといって家に閉じ篭っていては、煮詰まるだけ。薬がそろそろ切れるので、医院へ行った。待合室で咳込んだら、マスクを渡され、別室に隔離されてしまった。風... [続きを読む]