森生 さん プロフィール

  •  
森生さん: 林住記
ハンドル名森生 さん
ブログタイトル林住記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/rinjuki
サイト紹介文寝言・うわごと・独り言 のようなもの あしたは あたしの 風が吹け
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2007/08/20 15:21

森生 さんのブログ記事

  • 異論続々
  • 羽鳥慎一モーニングショーで「そもそも総研」を見た。常識とは異なる発言が目立つ、デービット・アトキンソン氏のご意見を伺う内容だった。外資系経済アナリストを経て、現在、日本の国宝等古美術品修理会社社長である氏曰く。  国別GDPは、米・中・日本の順... [続きを読む]
  • 新・一期一会
  • 総合福祉センターの駐車場。おとといは桜の紅葉が、逆光の下、絵より綺麗だった。生憎カメラを持っていなかったので、今日、写真を撮りにまた行ってみた。しかし、きのうの雨で葉は殆ど散り、雲が出てきて日射しを遮り、おとといの輝きは全くなかった。まさに... [続きを読む]
  • 風刺漫画
  • お見事ですね。実に巧い▲片山さつき大臣のイメージそのもの。前夫・舛添さんのご苦労が偲ばれる。桜田義孝大臣。五輪に足を取られ、惨めで情けなく、小さくて可哀想。大臣任命の翌日なら仕方ないが、祝賀会巡りをしてたんだろう。チコちゃんに??られるぞ。たとえ... [続きを読む]
  • 終の棲家
  • 素晴らしい。流石、大手住宅メーカーが勧める住宅の一部分である▲写真の脇にある宣伝文句は現代詩のように洒落ている▼(諸般の事情により、隙間は詰めました)  光も、陰も。  風のかたちも。  時間の色も。  ものたちの位置も。  その家は  まぎ... [続きを読む]
  • 衰えてなお
  • 気温が下がるにつれ、朝の血圧が上がってきた。毎日の歩数が頑張っても3-4000歩程度では、血圧が下がるわけがない。もっと歩けばいいんだけど、歩くと心臓が苦しくなる。塩分摂取は相当減らした。酒も煙草も、あれもこれもやらないじじぃにとって、もう止めるこ... [続きを読む]
  • 床屋で消費税
  • いよいよ消費税を2%上げるようだ。アベお得意の「新しい判断」で先伸ばしする予感もあるが。上げる場合は消費が冷え、アベの人気が下がるので、数々の対策をぶつけるとか。その対策になる軽減税率とかプレミアム商品券とかポイント還元とかが、じじぃにはよく分か... [続きを読む]
  • マシュマロ
  • また歯茎が疼きはじめた。この前、ブリッジを架けた下の前歯の周りだ。こんな状態では週末に予定している、奥歯があった歯茎の型録りは無理だろう。春からの艱難辛苦は、何だったんだろう。いっとき、食べものが前歯で咬み切れるようになったが、ここ数日は無理に... [続きを読む]
  • 窓ガラスを拭く
  • 秋の空が高い。それは3-4年ぶりに、窓硝子を拭いたからである。あらかじめ、雑巾や古いタオルを何枚も用意し、名前は知らないが、丁字型のゴム付硝子拭き用具も準備した。  硝子拭きは、いい全身運動になりますな。  掃除に取り掛かる前は寒かったのに、硝... [続きを読む]
  • 毎日わいわい
  • 樹木希林最期の出演3作品の一つ「モリのいる場所」は、洋画家熊谷守一とその妻の日常を描いた映画である。画家は仙人暮らし。30年間、殆ど外出しなかったそうだ。妻は夫にすこし不満はあるようだが、観音様のように何もかもを包み込む。功成り名を遂げた洋画家夫... [続きを読む]
  • 日々是退屈
  • 映画「日々是好日」を観た。樹木希林人気で座席は埋まっていたが、退屈だった。典子(黒木華)の24年間には、就活失敗・婚約解消・父急死などがあったが、物語の展開に活かしていない。駅で号泣したり、大雨の片瀬海岸でずぶ濡れになり、渚に立つ父の幻に向かい... [続きを読む]
  • 頑張って里歩き
  • 天気がいいので、秋を探しに高麗本郷・日向和田・清流・高岡の里をぶらぶら歩いた。ふぅ。坂を下り坂を越え40分ほどかかるここらへんが、本物の高麗の里であります。里の秋はまだ始まったばかり。4〜5日早かったかな。陽だまりの里は、新住民用北向の団地より... [続きを読む]
  • 遊行期
  • 80の坂を越したら、誰憚ることない遊行期である。林住期は2年前に卒業したのだ。記事がない時はがんばらず素直に休もう。幣ブログ「林住記」は原則土日と祝日は記事の更新をしないことにしてきた最近、休日でも記事を更新するのは、他にすることがあるのに、しな... [続きを読む]
  • 小さく紅葉狩り
  • 本当の秋がきて、朝晩は冷え込む。あちらこちらから紅葉の便りが聞こえてくる。だが、わが団地は、し〜ん。人並みに、出かけようと思わないでもないが、先立つものも、気力もない。とりあえずあるのはその日その日の時間ばっかり。残り時間がたっぷりあるとは言え... [続きを読む]
  • 蚕と繭玉
  • わが埼玉県の西部・秩父地方には、養蚕農家が8軒残っており、18日今年最後の出荷があった。出荷時期は春・夏・晩秋・晩々秋蚕期と年4回あり、夏期は猛暑で生産量が落ちたが、最後は「いい出来」だった。出荷先は長野県の製糸会社。年間売上高は計約3000万円。後継... [続きを読む]
  • 女子駅伝
  • 見てはいけないものを見てしまった感じがする。よろよろ走ってきた選手が折り返し点を間違え逆走し、道路脇の叢に倒れ込んだ。脱水症らしい。膝小僧を擦りむきながら道路を這い、襷を渡そうとする選手。足を骨折したらしい。わが子のため、家族のため、誰かを助... [続きを読む]
  • 今日もいい天気
  • 昨日は、この秋一番の天気だった。天高く、林住記なんかを書いてる場合じゃなかった。今日も快晴だ。ブログなんか放り出して、外へ出よう。では、また。181022 [続きを読む]
  • 来てよし 帰ってよし
  • 都内に引っ越していったお隣の姫が、王子たちを見せにやってきてくれた。嬉しかった。やきもきしていたのが通じたんだと思う。この春、幼稚園に入った王子は背丈も舌も伸び、ちゃんとした会話ができるようになった。8カ月の王子は、プルンとした肌が美味しそう... [続きを読む]
  • 別名コキア
  • 台風で傾いた箒草(ほうきぐさ)が、赤く色づいてきた。天声人語は「コキアの別名は箒草」と書いている(10月8日)が、コキアが別名で箒草が本名である。ジニアは百日草、ホスタはぎぼうし、ハイドランジアは紫陽花、マムは菊、が本名だ。すべてがカタカナ・フ... [続きを読む]
  • 時は妙薬
  • 小学校の同窓会があった。桃組生徒は5~60人はいたが、集まった人はわずか8人だった。昔話が弾んだけれど、知らなかったか、覚えていないことが多かった。同い年のじじばばが羨ましい。年月が経つと、口惜しかったこと、悲しかったこと、恥ずかしかったことな... [続きを読む]
  • 透明人間
  • 夕方、前歯の架橋工事がある能力で、昼飯はシッカリ食うつもりだった。そこで、病院最上階にある三ツ星レストランへ行った。職員たちの昼食時間を過ぎてたので空いていた。チキンパイ風ランチが本日の定食で、他にシッカリしたものはない。おばばに注文したが... [続きを読む]
  • いろいろな月旅行
  •  衣料品通販サイトZOZOの社長が月旅行計画に飛びついた。この計画に700億円以上もかけるそうだ。若社長は舞い上がってるな。お客や社員のために「もっとましな使い方があるんじゃないの?」とじじぃは呆れた。その後「月旅行には親しい女優を同伴したい」と聞き「... [続きを読む]
  • 寒い朝
  • 急に寒くなった。開けておいた窓を閉め切り、セーターを着て、膝下丈の股引と靴下を履いた。エアコンのスイッチに手が伸びたが流石にそれは止め、ウォシュレットを暖かくした。萩は散り、庭の山茶花は花びらを落とし、ほととぎすが咲いている。爽やかな秋を楽... [続きを読む]
  • どら焼きをもぅひとつ
  •     前の記事「どら焼きのあん」は案の定、閲覧数がガタ減りだった。  まぁ、これは書くチカラが足りないんだからしょうがない。  ところが。12日朝日新聞朝刊の「社説余滴」に高木智子という記者(?)が映画「あん」について書いていた。これ、なか... [続きを読む]