kona さん プロフィール

  •  
konaさん: 粉工房通信
ハンドル名kona さん
ブログタイトル粉工房通信
ブログURLhttp://yaplog.jp/konakoubou/
サイト紹介文2001年より横浜市青葉区で自由予約制の教室を主宰。なるべくシンプルで作りやすいお菓子をご紹介。
自由文いろんなケーキがありますが、個人的には甘さ控えめの、シンプルなケーキが好き。デコレーションやラッピングも、あまりゴテゴテしているものは苦手で、さりげない可愛らしさがいいなぁって思っています。家族でも楽しめて、ちょっとお友達にプレゼントしたくなるような、そして「貰ったひと」が気を遣わずに受け取れるような、そんな優しいお菓子作りを目指しています♪

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2007/08/26 13:56

kona さんのブログ記事

  • 久しぶりのもっちり。
  •  サワーチェリーがあるから「ファール」がいいな、と思い立って、すぐに作りました。クレープのような生地を型に流して、たっぷりのチェリーやプルーンなどを乗せて焼き上げる、フランスの素朴なお菓子。クラフティとはまた違う、独特の「もっちり感」が身上です。 なんとなく、一枚目の写真だとクロスが似合っていなかったなぁ。。と、試しに替えてみたらいい感じ。丸型で作ってケーキみたいに切り分けるのと違って、琺瑯バット [続きを読む]
  • 春のことことしごと。
  •  山盛りの小つぶ苺が手に入ったので、ここはやっぱりジャムでしょう!と、ことことしごとをしました。今回は25%の砂糖で作ったので普段よりも少しだけ甘め。パンに塗って食べるのがシアワセです。 こちらは別の日。お庭の無農薬夏みかんをSさんからたくさん頂いたので、一部はサワードリンク、一部をピールにしました。ちょっと指先の力がない時で(苦笑)皮を綺麗に放射状に剥くことができなかったので、林檎の皮をくるくる [続きを読む]
  • 生徒さんの作品紹介4
  •  またまた間があいてしまい、スミマセン。 少し遡ってのご紹介です。「ベリーのクラフティ風タルト」をいちばん最初に作られたのはYさんでした。作るパーツが多いので、順番を間違えると待ち時間が中途半端に長くなってしまうので、「これを計量だけして…あ、やっぱり途中まで作って。合間にこっちを済ませて」などとややこしいことを云ってしまい、緊張させてしまいました。ゴメンナサイ。苺がふわっと浮かび上がっているよう [続きを読む]
  • やっぱり相性いいみたい。
  •  冷蔵庫を開けたら、ちょっと半端に余っていた栗の甘露煮が静かにアピールしているように見えたので、ロールケーキを作りました。バターケーキもいいかなと思ったのですが、そういえば豆乳クリームもまだあるし、純和風の組み合わせも試しておかなくちゃ、ということで。 抹茶のスポンジケーキには少しだけ米粉もプラス。しっとり軽いくちどけに焼き上がります。豆乳ホイップクリームをしっかりと泡立てて、甘露煮の栗をふんだん [続きを読む]
  • 生徒さんの作品紹介3
  •  「桜と抹茶のバターケーキ」を作っていたのはMさん。ちょうど生地をマーブル状に混ぜているところを撮らせてもらいました! 同時進行で作られた「抹茶のチーズケーキ」も綺麗に出来上がりましたね♪ そうそう、まだご紹介していませんでしたが、「桜と抹茶のバターケーキ」はこんな感じの、「見せるラッピング」でお持ち帰りとなっています。白水玉の袋に桜のシール♪ 粉工房らしくシンプルですが、とても好評で嬉しく思ってい [続きを読む]
  • ホワイトチョコのムース
  •  お茶菓子用に好んで作るチョコレートムースは、クーベルチュールにホイップクリームを混ぜただけの、シンプルな配合。メレンゲやゼラチンは入りません。もちろん、チョコ自体が甘いので砂糖も加えません(笑)。ホワイトチョコのムースだと、さらに激甘に感じるので、何か酸味のあるソースと組み合わせたくなるのです。 今回は冷凍苺を使った簡単なソースを添えて、ピスタチオでアクセントにしました。通常純生クリームでホイッ [続きを読む]
  • 生徒さんの作品紹介2
  •  またまた少し遡ってのご紹介です。 定期的にご参加くださっているKさんが、春休み中の息子さんを誘ってご一緒に来てくださいました!粉工房ではいわゆる「見学」のシステムがないので(笑)いらした方には何か作って頂くことになっているのです♪ すごく丁寧に、集中してチャレンジしてくださったガトーショコラ、とっても綺麗な出来栄えでした!初対面で質問攻めにするのも困らせてしまうであろうと、やや控えめにしていたつも [続きを読む]
  • 豆乳クリームでスコーン
  •  4月メニューの中で、すでに人気の「チョコスコーン」。バターのかわりに生クリームを使った手軽なタイプなのですが、さらに豆乳ホイップクリームで作るとどうなるかな〜?と思い立って試してみました。 生クリームに比べて固形分が多いというか、かなりトロっと重い液状なので、やはりそのまま置き換えは出来ませんでしたね。他に植物油など足さないと、「チョコスコーン」のようなふんわり食感にはならないことがよくわかりま [続きを読む]
  • 生徒さんの作品紹介1
  •  少し遡ってのご紹介です。 レギュラーCコース「レアチーズムース」と「レモンワッフル」を作られたのはMさん。ブルーベリーを間に散らし、ムースのトップにはラズベリーソース、レモンの皮、ピスタチオを飾っています。ナパージュがわりの寒天液でツヤツヤ仕上げになっています。水玉模様がなんとも可愛いですね☆ 「レモンワッフル」のラッピングした姿がこちら。レース編み模様の向こうに透けて見えるレモンイエローに、「可 [続きを読む]
  • どしたんですか?
  •  暖かい日とちょっと冷たい日を繰り返していた頃に遊びに来た「うちのモコモコ」。ちょっと心細そうな感じでわたしに着いて回ってたので、寒いならこれに入っていたら?とベッドを出してあげました。しばらくは素直に入っていたのですが… 「む〜〜ん。。。なんだかツマラナイですね…おねえさんさえ座ってくれれば、わたしもお膝に乘れるんですけど…」 いえいえ、わたしは忙しいので!いま座ってられないのですよ。ちょっとお [続きを読む]
  • まだまだ。。。
  •   「あこ酵母」を使ったパン作り第3弾は全粒粉を少し加えてバヌトン型を使ってみましたが、う〜〜〜ん、やはり難しいです。発酵の見極めがまだまだ掴めませんね。時間もかかるので逆算して始める時間帯をよくよく計算しないと、前回のように睡眠時間を削ることになってしまいますし(苦笑)。間で冷蔵庫に入れて酵母ちゃんに仮眠してもらう方法もあるのですけど、それもまた別の大きな課題が出てくるので、真夏以外は常温でやっ [続きを読む]
  • 4月のお菓子・苺ヨーグルトパイ
  •  4月の単発メニュー最後のご紹介は「苺ヨーグルトパイ」。2回目の登場です♪ ザクザクした食感の練りパイ生地をしかkり空焼きしてヨーグルトムースを詰め、苺をたっぷりと乗せて、ラズベリーソースをぐるぐると絞りかけて仕上げています。全体に絡ませるのではなく「絞りかけて」いるので、苺の風味を邪魔せず、少し華やかさをプラスするような感じなんです。 カットすると、中の真っ白いヨーグルトムースとのコントラストが [続きを読む]
  • 4月のお菓子・国産レモンのヴェリーヌ
  •  もうそろそろ国産レモンの季節も終わりに近づいていますので、今のうちに何かひんやり系のレシピをご紹介したいなと考えて誕生しました。 安心な無農薬レモンを蜂蜜に漬け込んだものを底にして、アガーを使ったミルクゼリー(ほんのりカルピス風味)、粉工房ではお馴染みの「自家製レモンペースト」、蜂蜜レモンの炭酸ゼリー、と層を重ねています。しゅわしゅわ・キラキラのトップの層はゼラチンを使ってちょっと硬めのクラッシ [続きを読む]
  • 4月のお菓子・ベリーのクラフティ風タルト
  •  今までにも何回か「クラフティ」はご紹介してきているのですが、今回のは凄いですよ!立体的ですよ! …と、やや力を入れてのご紹介は「ベリーのクラフティ風タルト」。タルトの上にもうひとつ、乘ってますね。ここがクラフティ部分となります。これまでのものは、クラフティ部分はタルトの「中に」入ってたんですが、今回のは「上に乘る」んです(笑)。 空焼きしたタルト生地にラズベリーソースを塗り、スポンジを乗せ、ホイ [続きを読む]
  • 4月のお菓子・抹茶のチーズケーキ
  •  ニューヨークチーズケーキほど濃くなくて、軽めだけれどコクもあって、今まで作ってこなかったフレーバーのチーズケーキが食べたいなと思い立ち、作ってみたのがこちらの「抹茶のチーズケーキ」。以前、クッキー生地を底に敷いた抹茶マーブルのチーズケーキをスティック状にカットしたものをご紹介したことがありましたが、あえて分類するなら「むっちりスッパリ系」のチーズケーキだったのに対し、今回のは「ふんわりほろほろ系 [続きを読む]
  • 4月のお菓子・チョコスコーン
  •  もともと大の焼き菓子好き・粉モノ好きなので、スコーンは定期的に作ります。それも、かなり熱心に(笑)。配合も少しづつ変えたり、戻ったり、その時々で微調整していますが、基本的には外側がざっくりしていて、中はドライすぎず、ちょっとふんわりしているものが好みのようです。これまでにも何度かご紹介して、どれも好評なので嬉しい限り。中には「お店で食べたときは口の中の水分が一気に持ってゆかれる感じで、なんだか喉 [続きを読む]
  • 4月のお菓子・桜と抹茶のバターケーキ
  •  少し早くHP更新できました♪春爛漫、の気分を盛り上げるような可愛らしいお菓子が勢ぞろいです。ブログでは毎日ひとつづつ、詳しくご紹介してゆきますね。 第一弾は「桜と抹茶のバターケーキ」。何かとご挨拶やお集まりの多い時期ですから、常温で数日置いておけるようなお菓子があれば便利かな、と考えてみました。まだバターのすり混ぜは大変なので(笑)カトルカール式にしてあります(笑)。抹茶マーブルのバターケーキに、 [続きを読む]
  • 生徒さんの作品紹介4
  •  1年と少しあけて、久しぶりにお越しくださったNさん。「レモンメレンゲタルトレット」のタルトの敷き込みが終わり、重石を乗せてオーブンに入れるところをパシャリ☆ 空焼きが終わったら、きゅんと甘酸っぱいレモンクリームを流しわけます。 イタリアンメレンゲをさらにこんもりと乗せてパレットでツノを出し、ふたたびオーブンで焼いて焦げ目をつけます。奥に見えているのは同時進行で作られた「レモンワッフル」。レモンの [続きを読む]
  • すごい雪で。
  •  3時間程度とは云え、昨日の雪は凄かったですね〜・・・ 春分の日にこんなに雪を見ることになるとは、1月の大雪の時ですら思いもしませんでした。このへんではすぐに溶けてしまったので幸いでしたが、積もったところは大変でしたね… 夜になって「卒業」をテーマにした歌番組をところどころ見ながら、今日の雪はなごり雪と呼ぶにはちょっと乱暴な降り方だったなぁとふっと思いました。(実際にその歌番組でイルカさんの「なご [続きを読む]
  • 生徒さんの作品紹介3
  •  先月の「オレンジプチケーキ」と今月の「ふわふわろーる」を同時進行で作られたのはSさん。こちらの都合で先月お休みを頂いた分の振替で月をまたいでのメニューとなりました。ラッピングの袋も気に入って頂けたようで良かったです♪豆乳ホイップクリームは「あっさりしていていくらでも食べられちゃう♪」と娘さんも喜んでくださったとか。嬉しいですね。 同席されたMさんも、「ふわふわろーる」を作られて、同時で「ベリーのカ [続きを読む]
  • スコーン熱
  •  しばらく前までは卵黄の消費に追いかけられていたこともあって、やたらとプリンを作っていました。クレームブリュレに近いくらいの「濃厚プリン」をはじめ、「カフェオレプリン」「アールグレイのプリン」と続いて、卵白のお菓子のラッシュが去ったこともあり、今は久しぶりの「粉モノ熱」再燃中です(笑)。 全粒粉を少し加えた風味豊かなスコーンや、チョコスコーンなどを焼いています。外側はカリカリ、中はふっくらほろり、 [続きを読む]
  • 生徒さんの作品紹介2
  •  少し遡ってのご紹介ですが、レギュラーCコースの「アップルパイ」と単発メニュー「チョコレートケーキ2018」を作られたのはMさん。おうちカフェのクロワッサンや1月メニューのガレット・デロワなどの「折り込みパイ」を先に作られているので、いわゆるフイユタージュラピッドパイを作るのは初めて。同じ「三折り三回」の伸ばしでも、2種類の生地それぞれの違いがよく分かりますよね!しっかりした食感のアップルパイ、楽しんで [続きを読む]
  • 塩レモンの仕込み。
  •  先日ジュリエッタガーデンさんから届いた瀬戸田の無農薬レモンを使って塩レモンと自家製レモンペーストと蜂蜜レモンを仕込みしました。無農薬・減農薬なのに外皮がとても美しいのでいつも嬉しく眺めてしまいます。黒い粒々などもほとんどないので表面を削る必要もなく、皮ごと使うお料理やお菓子作りにはほんと、ピッタリなんですよ。 気温が上がってくると特に恋しく感じるレモンですが、もともとは冬が旬のため、もうそろそろ [続きを読む]
  • 意外といける…かも?
  •  レッスンのあとにお出しするお茶菓子を、レッスンをしながら合間に作ることもよくあって…定番のものからのちょっとしたアレンジだったりすると、メモ帳に材料の頭文字とグラム数を混ぜる順に書きつけておく、という程度になって、後から見返したときにはて、これはどんなお菓子だったんでしょ?ということも(苦笑)。せめてタイトルくらいは書いておきましょう、とだいぶ意識はするようになりましたが、たまに判別不能な配合表 [続きを読む]
  • ご機嫌伺い。
  •  春に向けて何か新しいことを始めてみたいな、と考えたことのひとつが「天然酵母」のパン作り。とは云っても、フルーツから酵母を起こして生種を作るところから取り掛かるには諸条件により現実的ではないので、酵母を取り寄せることにしました。何年か前にホシノ酵母を2種類試してみたのを思い出し、今回は「あこ酵母」にしてみました。 お天気も良く暖かい日を選んで生種起こし。ぷつぷつと泡が出てくるのがなんともそそられま [続きを読む]