centrair さん プロフィール

  •  
centrairさん: 日本の旅の空
ハンドル名centrair さん
ブログタイトル日本の旅の空
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/centrair10
サイト紹介文日本国内の旅と温泉の記録です。 航空機や鉄道の情報も有ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 44日(平均4.8回/週) - 参加 2007/08/26 15:11

centrair さんのブログ記事

  • 【庄内緑地公園696】
  • 秋桜ゲ−トボ−ル場コスモス壱コスモス弐蓮田一蓮田二蓮田三薔薇園Ⅰ薔薇園Ⅱ薔薇園Ⅲガマ池デイキャンプ場A?ディキャンプ場A?ボ−ト池ボ−ト乗場付近ボ−ト池デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?デイキャンプ場B?菖蒲池◆庄内緑地公園平成29年4月1日から、バーベキューエリアが予約制に [続きを読む]
  • 【庄内緑地公園695】
  • 彼岸花紅色黄色白色わんさか咲いています子供広場壱大欅子供広場弐子供広場参じゃぶじゃぶ池(富士山池)同上同上虫取り朝顔子供広場四     メタセコイアメタセコイア並木◆彼岸花ヒガンバナ(彼岸花、学名 : Lycoris radiata[1])は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草である。クロンキスト体系ではユリ科。リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ サンスクリット語 manjusaka の音写)とも呼ばれる。特 [続きを読む]
  • 【半田市7】
  • 赤レンガの建物耐震補強後壱耐震補強後弐改修後全体モデルではなさそう・・・南側から西側から住吉町踏切知多半田駅方面住吉町駅住吉町駅改札付近住吉町駅上りホ−ム◆赤レンガの建物歴史1898年(明治31年)、基礎設計をドイツのゲルマニア機械製作所、実施設計を妻木頼黄が手がけた丸三麦酒のビール工場であった。第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)に中島飛行機製作所の衣糧倉庫となり、戦後は1948年(昭和23年)7月に設立さ [続きを読む]
  • 【半田市6】
  • 矢勝川の彼岸花「ごんの橋」付近矢勝川壱「ハンノキ」下付近「ハンノキ」下彼岸花品種別モデル花壇モデル花壇より見た「ハンノキ」南吉記念館方面通路地元の売店と休憩所(奥)地元産青果物即売所南吉記念館前交差点より当時の企画展ごんぎつねのモニュメント新美南吉記念館前記念館内にもあちこちに彼岸花が松葉牡丹Ⅰ松葉牡丹Ⅱ松葉牡丹Ⅲ彼岸花◆新美南吉記念館1994年(平成6年)6月、新美南吉生誕80周年・没後50周年を記念し童 [続きを読む]
  • 【半田市5】
  • 住吉神社住吉神社正面本殿住吉稲荷社カブトビ−ル歴史館赤レンガの建物(裏側)名鉄河和線踏切電車通過駅舎は住吉町駅(南側)駅舎は半田口駅(北側)岩滑中町交差点角南吉生家(現況保存)記念碑生家全景岩滑八幡社神社脇にも生えていました近くの製麺屋の看板黒柴(ふて寝中)矢勝川県道55号(名古屋−半田線)ごんごろ緑地方面ででむし広場方面     川岸の彼岸花◆住吉神社http://www.sukima.com/23_chitawan01_02/41sum [続きを読む]
  • 【津屋川の彼岸花8】
  • 津屋川畔Ⅵ養老鉄道線右に案内看板有彼岸花壱彼岸花二津屋駅方面への道駅南側踏切(養老駅方面)駅南側踏切(駒野駅方面)津屋駅南側入口津屋駅上りホーム誘導路ここからホ−ムに変身駅標ホ−ム花壇ゴ−ルドマリ−鶏頭南濃梅園の所有者下り線(桑名方面ホ−ム)上り線(大垣方面ホ−ム)待合部分が極薄彼岸花一彼岸花二彼岸花三ここも東南アジア系の旅行者が激増しています。勝手に河原の斜面に咲く彼岸花の中を強引に花を圧し折っ [続きを読む]
  • 新2世タレント急増 「手に職」「TV出演は通過点」の傾向も
  • 俳優デビューした寛一郎は佐藤浩一の息子  今、新たな2世タレントが現れている。元巨人・桑田真澄の次男でブライダルモデルのMatt、元横綱・貴乃花の長男で靴職人の花田優一、人気リポーター阿部祐二の娘で「2017ミス・ユニバース・ジャパン」グランプリに輝いた阿部桃子。 ほかにも、草刈正雄の娘でパーソナルトレーナーの紅蘭、元祖女芸人・野沢直子の長女で格闘家の真珠・野沢オークライヤー、佐藤浩 [続きを読む]
  • 【津屋川の彼岸花7】
  • 津屋川畔Ⅴ 撮影ポイント放置されたボ−ト観光案内図梅の季節は花盛り津屋川畔駐車場Ⅰ(約80台)駐車場Ⅱ駐車場Ⅲ駐車場ⅣR258方面津屋川左岸道彼岸花一左:R258接続市道/右:津屋川左岸道広域農道養老山脈彼岸花二津屋川壱広域農道交点(信号無)清掃工場周辺は田園風景津屋川は次第に細ってきますサイクリングロ−ド化しています整地碑この辺りの津屋川の流れかなり景観を勝手に汚している輩が目立ちます。白いリコ [続きを読む]
  • 宮迫、不倫疑惑ナマ釈明 本番前に入念“リハ” 
  • フジテレビ「バイキング」に生出演し、不倫疑惑報道を釈明した「雨上がり決死隊」の宮迫博之  2人の女性との不倫疑惑の渦中にある「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)が11日、レギュラーを務めるフジテレビ「バイキング」(前11・55)に生出演し釈明した。【写真】名前が取りざたされた小山ひかる 冒頭、腰を90度に曲げ約10秒間、頭を下げ続けた。7月に3度、ホテルに女性と2人きりで泊 [続きを読む]
  • 【津屋川の彼岸花6】
  • 津屋川畔Ⅵハリヨ生息地付近?ハリヨ生息地付近?ハリヨ生息地付近③ハリヨ生息地付近④津屋川壱津屋川弐津屋川参津屋川四道祖神     UP俄か撮影部隊津屋川伍◆津屋川の彼岸花の開花状況津屋川堤防の彼岸花 http://www.city.kaizu.lg.jp/assets_c/2013/09/%E6%B4%A5%E5%B1%8B%E5%B7%9D%E5%BD%BC%E5%B2%B8%E8%8A%B1-thumb-200x150-19081.jpg  津屋川堤防沿いでは彼岸花が咲きほこります。  さらさらと流れる津屋川をた [続きを読む]
  • 【津屋川の彼岸花5】
  • 津屋川畔正面は養老山脈津屋川壱祠祠附近彼岸花一ハリヨ生息地彼岸花二彼岸花三彼岸花四彼岸花五彼岸花六反対側は田園地帯北側(養老町方面)津屋川と養老山脈彼岸花七彼岸花八彼岸花九津屋川弐津屋川参反対岸津屋川四津屋川五ハリヨ生息地付近◆津屋川津屋川(つやがわ)は、岐阜県養老郡養老町と海津市を流れる木曽川水系の河川。揖斐川に合流する一級河川。地理岐阜県養老郡養老町の養老山付近が水源。水源のひとつ滝谷には、「 [続きを読む]
  • 【津屋川の彼岸花4】
  • 美濃津屋駅美濃津屋駅(養老鉄道=旧近鉄養老線)駅構造相対式2面2線のホームを持つ行違可能な地上駅。駅員無配置駅で駅舎もなく、直接ホームに入る形になっている。出入口は上りホームのやや大垣寄りと、下りホーム大垣寄り及び桑名寄りの双方の、合計3ヶ所。また、互いのホームは大垣寄りの構内踏切で連絡している。便所は上りホーム裏手にあり、男女共用の水洗式(大便器2基のみ。内1基は車椅子対応型)。ホーム 路線 行先 (南 [続きを読む]
  • 【浜松市動物園8】
  • 小獣動物舎マ−ラレッサ−パンダレッサ−パンダ舎白フクロウゴリラ共通門前植物園側スマイルガ−デンスマイルガ−デン・藤棚芝生広場・休憩所花緑館前ウェルカムガ−デンメインエントランス(お土産品売場を通り抜けないと外部へは出られない構造)◆マーラ分布種小名patagonumは生息地であるパタゴニアに由来し、英名のPatagonianと同義。アルゼンチン固有種。形態体長50〜75cm。尾長4.5cm。体重8〜9kg。テンジクネズミ科最大種。 [続きを読む]
  • 【浜松市動物園7】
  • フライングゲ−ジコジュケイハクトウワシビ−バ−ホッキョクグマキロル(現在は釧路動物園に移動)アシカペンギンフンボルトペンギン同上ふれあい広場ヒグマイケメンヒグマ青藍真孔雀インドクジャク白孔雀アジアゾウ浜子ライオンアム−ルトラ◆アム−ルトラトラはライオンと並ぶネコ科の中でも最大の動物だが、アムールトラはその中でも最も体が大きく、成熟した雄の体長は3.5mを超え、体重は380kg程になるものもいると言われてい [続きを読む]
  • 【浜松市動物園6】
  • 「なつかしの動物園」パネル展リャマエミュ−クモザル壱クモザル弐フライングゲ−ジ一フライングゲ−ジ二フライングゲ−ジ三フライングゲ−ジ四フライングゲ−ジ五フライングゲ−ジ六フライングゲ−ジ七フライングゲ−ジ八◆クロカンガル−オーストラリア南部に広く分布し、体高が約130cmと大型のカンガルーであり、体色は淡い灰色から茶色で、メスよりもオスの方が大きい。分布シャーク湾南部から南オーストラリア州の海岸地帯、 [続きを読む]
  • 【浜松市動物園5】
  • 動物園内企画展開発前浜松城周辺にあった頃◆浜松市動物園浜松市動物園(はままつしどうぶつえん)は、静岡県浜松市西区にある市営動物園。浜松市フラワーパークの北隣で、両者を合わせて舘山寺総合公園(かんざんじそうごうこうえん)を形成する。隣接する浜松市フラワーパークとは園内通路同士で繋がっており、「共通券」を購入することで両園を自由に巡ることができる。霊長類の展示は、国内の動物園としては最大級で、ニシロー [続きを読む]
  • 【浜松フラワ−パ−ク7】
  • 日本庭園木槿木槿水辺の広場壱水辺の広場弐水辺の広場参水辺の広場四水辺の広場伍水鳥池(蓮池)動物園との境界動物園口(中央がチケット販売窓口)動物園駐車場(有料)動物園側ゲ−ト動物園前交差点(三叉路):正面が舘山寺温泉街経由浜名湖ガ−デンパ−ク方面◆舘山寺温泉街歴史開湯は1958年(昭和33年)である。この時の源泉は舘山寺第1温泉源と呼ばれ、現在は使用されていない。1977年(昭和52年)には舘山寺第2温泉源、1989 [続きを読む]
  • 【美濃竹鼻別院10】<2017>
  • 藤まつりⅡ竹鼻別院御本尊藤棚竹鼻別院境内歴史映画資料館内部一竹鼻まつり山車一覧壱竹鼻まつり山車一覧弐山車?山車?山車?山車?山車?山車?山車?山車?山車?山車?山車?山車?◆美濃竹鼻まつり・藤まつり祭りの概要岐阜県羽島市で、5月に行われる美濃竹鼻まつりとふじまつり。5月3日に行われる美濃竹鼻まつりでは200年以上前につくられた13輌の山車と、それぞれの山車の上で繰り広げられる演出を見物しよう。それぞれの山 [続きを読む]
  • 【美濃竹鼻別院9】<2017>
  • 竹鼻別院の藤竹鼻別院 山門竹鼻別院 藤まつり会場藤まつり?藤まつり?藤まつり③藤まつり④藤まつり⑤藤まつり⑥藤まつり⑦藤まつり⑧藤まつり⑨藤まつり⑩本殿参道藤棚◆竹鼻別院沿革嘉禎元年(1235年)、親鸞が東国より帰京する際に三河国に立ち寄り、住民に説法していることを聞いた尾張国葉栗郡門間庄[注釈 1]の住人9名(後の河野九門徒)が帰依し、尾張国葉栗郡木瀬[注釈 2]に草庵を建立したのが始まりとされる。文明2年( [続きを読む]
  • 【美濃竹鼻まつり3】<2017>
  • 八剣神社門前参道本殿?本殿?竹鼻まつりは八釼神社の祭事由緒お神酒拝殿本殿から門前を臨む竹鼻祭り当日最初に登場した本覚寺前を通過「ぐるっと羽島」会場絡繰り(上町)演台車(中町)裏側◆美濃竹鼻まつり竹鼻祭り山車(中町)竹鼻祭り山車(上町)竹鼻祭り山車(下城町)竹鼻祭り山車(宮町)竹鼻祭り山車(大西町)竹鼻祭り山車(今町)竹鼻祭り(たけはなまつり)は、岐阜県羽島市竹鼻地区にて毎年5月2日〔試楽(しがく・し [続きを読む]
  • 【浜松フラワ−パ−ク4】
  • クリスタルパレス(大温室)Ⅰベゴニア・ガ−デン?ベゴニア・ガ−デン?フォックスフェイス一フォックスフェイス二フォックスフェイス三ヒカリゴケ壱ヒカリゴケ弐ヒカリゴケ参◆ヒカリゴケヒカリゴケ(光苔、学名:Schistostega pennata (Hedw.) F.Weber et D.Mohr[1])は、ヒカリゴケ科ヒカリゴケ属のコケで、1科1属1種の原始的かつ貴重なコケ植物である。その名が示すように、洞窟のような暗所においては金緑色(エメラルド色) [続きを読む]
  • 【美濃竹鼻まつり2】<2017>
  • 山車山車?山車?山車③山車④この2輌は平行展示本覚寺牡丹園?牡丹園?竹鼻稲荷社(寺内)入口雲龍の絵天井?雲龍の絵天井?本堂の「雲龍の絵天井」が岐阜県重要文化財に指定されている。この絵天井は中央に鏡を作りその全面を用いて極彩色の雲龍を描いた板絵である。東洋の「龍」は霊獣として神秘的な霊力の象徴として扱われ、芸術の好材料とされた。主に雨を降らす能力や進化系の最終様態とする説が有力である。この絵天井は龍 [続きを読む]
  • 【曼陀羅寺公園26】<2017>
  • 藤まつりⅡ九尺藤①九尺藤?九尺藤③九尺藤④九尺藤⑤九尺藤⑥九尺藤⑦九尺藤⑧九尺藤⑨九尺藤⑩九尺藤⑪九尺藤⑫九尺藤⑬藤棚壱噴水藤棚弐塔頭  修道院藤棚参白カピタン藤九尺藤⑭現場研究からの帰り塔頭  本誓院◆曼陀羅寺・曼陀羅寺公園◎藤まつり期  間 平成29年4月20日(木)〜5月7日(日) 場  所 曼陀羅寺公園(江南市前飛保町寺町202) 見どころ  14世紀前半、後醍醐天皇の勅願で建立され [続きを読む]
  • 【曼陀羅寺公園25】<2017>
  • 藤まつりⅠ藤まつり会場一八重黒龍藤壱藤まつり会場二八重黒龍藤弐八重黒龍藤参八重黒龍藤四牡丹園?牡丹園?門前三門塔頭 慈光院コデマリオオデマリ?オオデマリ?オオデマリ?塔頭  霊鷲院藤まつり会場三藤まつり会場四藤まつり会場五藤まつり会場六藤まつり会場七藤まつり会場八藤まつり会場九藤まつり会場十◆八重黒龍藤八重黒龍藤は別名を牡丹藤(ボタンフジ)とも言います。濃黒紫色の花がころころしたブドウのような塊で [続きを読む]