フィーユ さん プロフィール

  •  
フィーユさん: kichi,kitchen
ハンドル名フィーユ さん
ブログタイトルkichi,kitchen
ブログURLhttps://room230.exblog.jp/
サイト紹介文クリエイターの台所。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/08/29 01:37

フィーユ さんのブログ記事

  • サクサクコロッケとサーモンマリネ
  • 美味しそうな男爵いもを買った日の夕ご飯ごくごく普通のひき肉と玉ねぎが入ったジャガイモのコロッケ♪揚げ物はSTAUBココット20を使用しているので、あまり大きく成形する事は無い。普通のお惣菜のコロッケより一回り小ぶりのサイズ。合計4個を揚げて二人で2個づつ平らげました。サーモンのマリネ久しぶりにバルサミコ酢を使おうとしたら、蓋が開かない。必死の形相で開封。腕力無くなってるのかしら?二の... [続きを読む]
  • 鯖の味噌煮と秋の出し忘れ
  • はい、今年も言い合いましょう「1年は早いね〜!」(笑)圧力鍋で鯖の味噌煮九州ですので、多分、ちょい甘めかも?二枚に下ろした鯖豆味噌 大さじ2酒 大さじ1砂糖 大さじ2みりん 大さじ1醤油 小さじ1生姜 1かけ、ちょい多め♪水 300cc1、鯖に切れ目を入れて、お湯をかけて冷水で洗い臭みを取る。2、圧力鍋に調味料を入れて一煮立ち。3、煮立った調味料に鯖の皮目... [続きを読む]
  • 冬の食卓 毎度の角煮と小鉢たち
  • これという目新しいものは何も無いのですが(笑)九州の気温も例年通り冷え込みの来る時期になりました。圧力鍋で角煮を作りながら、他の調理を同時進行ストウブには角煮と合わせる根菜の下茹でが入っています。白い片手鍋では里芋を皮ごと下茹で中。(簡単な里芋の皮の剥き方はこちら)皮を外したら、すりおろし生姜をたっぷり入れてお醤油と砂糖、みりんで一煮立ちし、そのまんま冷たくなるまで漬け込む。... [続きを読む]
  • 麻婆茄子とリベンジタタン
  • 秋茄子って…何月までの茄子?(笑)ここは九州、気温はさほど下がって無いけど、さすがにもう冬だよね。茄子は体を冷やすというけど、この程度の量での冷却パワーはほぼないらしい。それより、生姜や唐辛子をふんだんに使用しているので、食べてると案外ホカホカしてくる。参考にしたレシピはこちらの「みんなのきょうの料理」ですが、茄子は揚げずに使用しています。中華料理と思いきや、麻婆茄子は日本で生... [続きを読む]
  • 11月の終わる頃(カレイの煮付け)
  • さて、今年の年末はカレイでも煮付けてみようかと腕まくりをしている人もいるかもしれ無い時期。福岡の年末年始の年取り魚は鰤、関東は荒巻鮭ですが、一部地域では高級魚ナメタガレイの煮付けなんだそうですね。日本は世界地図では小さいけれど、食文化でのこだわりには本当に「広い」と思えてしまいます。ちょっとスレンダーだけど、長身なカレイの切り身を4尾パックで安く買えた日の夕ご飯。切り身だったので、下処理は... [続きを読む]
  • 豚バラ大根(豆味噌煮)と焼き魚
  • 11月のなかばくらいの、我が家の食卓。(投稿忘れもあり、どんどんずれて行く〜)1、表面にオリーブ油を塗ったニダベイユに材料を並べて、弱火をつけたら蓋をして5分。2、豚肉の表面は火が通り、大根はほんのり焼き色がつく寸前、水分が抜けたようになります。3、和だしと日本酒少々を大根が浸る程度まで注ぎ、蓋をして中火で10分ほど煮込む。4、大根をひっくり返してから、豆味噌を加えて溶かし、再び蓋をし... [続きを読む]
  • 白菜ロール鍋
  • ルクエに白菜を入れてレンジで3分柔らかくなった白菜で、鶏肉と野菜で作った団子状の肉を白菜で巻き込んでゆく。ニダベイユに並べて行き、隙間は他の野菜類で埋めて、用意した鶏がら出汁を静かに注ぎ、火にかけて、一煮立ちしたら出来上がり♪鶏のひき肉には人参の型抜きの残りや、しいたけ、生姜のみじん切り、レンコンのするおろしも入っています。鍋ごとテーブルに運び、熱々をいただく冬ごはん。酢醤油をつけ... [続きを読む]
  • あつあげ麻婆と醤油らーめん
  • 麻婆豆腐を厚揚げで作る。厚揚げのボリュームを考慮して、肉かなり少なめの野菜類が多め。作り方は、ざっくりとでよろしかったら、moreにて…厚揚げはしっかり湯通しして油抜きして使います。仕上げの葉にんにくは旬の時期に買ったものを冷凍保存して、少しづつ使っています。大掃除ついでに、収納棚の粉なものを確認したらホットケーキミックスがまだ残っていた。卵とココア、牛乳、デミタスコーヒー、中途半... [続きを読む]
  • 夕暮れの前に
  • 秋といえば、紅葉に並んでよく謳われるのは夕暮れの美しさ。リビングからはほぼが空しか見えないおかげで、自然の多い地域で育った幼少期より、今の方が人生で一番、空の美しさを堪能しているかもしれない。前日、アトリエタタンのふっくらスフレを焼くつもりだったのに、設定温度をミスしてしまい、このように沈んで焼き上がりました(撃沈)それでもやっぱり味わいは文句無し。アトリエタタンのレシピ本はチーズケ... [続きを読む]
  • 柚子胡椒とおでん
  • 数日前の我が家のおでんニダベイユにお任せで煮込む間に、もうひとつ。九州の食卓に欠かせ無い、柚子胡椒作り。博多の水炊きに「柚子胡椒」は欠かせ無い。水炊き以外にお刺身やおでん、いろんな薬味に柚子胡椒が使用される九州なので、お店に行けば気軽に買えますが…自分好みにこだわるなら、やはり自家製が一番かな?青唐辛子が出回る時期に買い置きし、冷凍保存。柚が豊富に出回る季節を待ってから作りま... [続きを読む]
  • 今も昔も美味しいもの…(澪つくし料理帖より)
  • こちらの1品の正式な名前は「愛し浅蜊佃煮」(江戸の料理屋つる屋店主、種市作)生姜の効いた美味しい1品です。いや〜、この本を読むまで知らんかった。江戸時代って、大阪では浅蜊は食べられて無かったんやね〜!このレシピが載った書籍が手元に到着した日は北海道の地震が報じられた当日でした。福岡は去年に続く豪雨被害、続いて広島、岡山、次々に襲う自然の脅威に不安が押し寄せた時でした。ここ近年、個人的な出来... [続きを読む]
  • ベリーチーズケーキ
  • もう今年も11月ですので…買っておいた製菓材料の確認。消費期限の近い物を優先して使用し、作ってみたら、こうなったというレシピ(笑)カシスソースにいつものチーズケーキ生地を混ぜたものをトップに流し込んでから焼き上げたベリーチーズケーキ。多少大雑把に作っても、ハズレが無いのがチーズケーキのありがたいところです。先日、地元TVで博多駅のイルミネーションの点灯式を見ました。ああ、もうそんな季節なの... [続きを読む]
  • 普段ごはんと出し忘れ
  • 家庭料理では定番の「豚の生姜焼き」思いつかない時の「やっぱりこれ」な、安心のメニュー(笑)こちらは、私の一人ごはんの日この日は夫はお友達と飲みに出かけましたので…私はのんびりと夕ご飯。写真の他に、なんとなくカットしたキャベツがボウルに山盛りになっていましたが、一人でボ〜つとテレビを見ながら食べていたら…山盛りのキャベツを全部一人で食べ尽くしていました。たまに買う、地元の燻製ベーコン。... [続きを読む]
  • ローストビーフとガランティーヌの常備食
  • ある日の食卓より…お肉の常備食、一度大きめに作れば、ちょびっとづつ食べ進められるので、オーブンが使える季節はさらに作る機会が増えてきます。毎度のローストビーフもちろんだけど、ローストビーフ用の牛肉が安くなった時しか買わないわよ(笑)1、塩胡椒と酵素糀を刷り込んで、油を敷いたストウブ、またはフライパンを温めたら、肉の表面にしっかり焼き色をつける。2、肉の表面が焼けたら、大蒜醤油と日本酒少... [続きを読む]
  • 熱々マンガ肉で休日はのんびり
  • ごぼうの周りに豚肉を巻く。ごぼうの先っぽには、ちょこんと水溶き天ぷら粉、骨っぽい形を演出。味には何も影響しない部位に拘ってみたりする(笑)じゅわわ〜んとストウブで揚げ物。週末は昼から行楽気分を満喫して、熱々マンガ肉をつまんで過ごす。YASCH+YのLiebeさんから頂いた美味しいワインを開封して…室内に入り込む秋の風もおつまみのひとつ夫はワインですが、私は紅茶(笑)スイス土産の... [続きを読む]
  • 秋の食卓 松茸炊き込みと秋刀魚
  • 秋といえばの食材の中で代表的なのは「松茸」しか〜し、我が家の食卓に松茸が上がることはそうそう無い。よって、これは、市販の「松茸・炊き込みご飯の素」という商品。米2合で仕込むための刻んだ松茸と出汁が入っていたのですが、開封した際、ほとんど香りが無い「中国産松茸」(笑)きのこと根菜・こうや豆腐の炊き合わせこうや豆腐、以前書いたと思うけど、やっぱりお湯で戻したらすごく美味しく仕上がりました。水... [続きを読む]
  • かぼちゃのシナモンロール
  • 通常のパン生地に、茹で潰したかぼちゃのペーストを混ぜ合わせて作った生地で作ったシナモンロール。くるくると巻き込む際の中央にもかぼちゃとアガペシロップを混ぜ合わせたペーストをINしています。普通のシナモンロールより焼き上がりの生地がかぼちゃ色♪中には甘いほくほくのかぼちゃ熱いエスプレッソを淹れて、この日、楽しみにしていたフィギュアグランプリ、フィンランド大会を見ながら。こうして、二... [続きを読む]
  • 焼き豚とDON!
  • 秋がふかまると、お月様が綺麗ですねお月様、食べたらどんな味がする?綺麗な月さえ「食欲」に変換される季節。ストウブで焼き豚の日。白菜が中途半端に残っていたので中華丼を作り、焼き豚トッピング。中華丼にはエビや魚介が入っているので、焼き豚が入ると「なんでもあり丼」になってしまいますが(笑)言うまでもなく、すごく美味しかったです。1、タコ糸で肉を縛る。2、ストウブにサラダ油を熱... [続きを読む]
  • 定番夕飯・鰤照り
  • 鰤照りの日の我が家。なんとなく、どちらからともなく「フィルちゃん、いただきます」と言って手をあわせる(笑)里芋が美味しい季節に欠かせない「里芋の竜田揚げ」おかずとして作るのですが、気が付いたらお茶受け的に摘んでしまう美味しさ。里芋の揚げ物にポテトサラダ、あちゃ〜、芋かぶり(笑)里芋は生を皮むきする際に手荒れになる場合もありますので、まず茹でてしまうのが手っ取り早い。里芋の皮むき... [続きを読む]
  • かぼちゃコロッケとフライドオニオン
  • 前日のタイカレーが少しだけ残っていた日の夕ご飯。小さい一口サイズのかぼちゃのコロッケと玉ねぎのフライ。◎作り方・かぼちゃは下茹で後、しっかり潰して好みのチーズを中央に入れて丸く成形。味付けは何もしていません。卵も粉も無しでパン粉をまぶして、揚げ油で揚げる。中のチーズはクリームチーズやプロセスチーズなど、お好みでどうぞ♪今回、私が使用したのはグリエールチーズでした。◎作り方・フ... [続きを読む]
  • 簡単トロンとかぼちゃのクリームチーズ
  • ブリュレのようなトロンとなめらかな舌触りのかぼちゃのスイーツこちらはゼラチンや卵を使わず、シンプルにかぼちゃとクリチがメイン。材料はシンプル《材料》茹でかぼちゃ100gクリームチーズ50g無塩バター 10g砂糖 20gバニラエッセンス 少々クッキー約20g 溶かしバター10g分量外 メープルシロップ適量1、茹で潰したかぼちゃと常温に戻して柔らかくしたクリームチー... [続きを読む]
  • チョコあんまんtoブラキチ
  • 今年の秋は10月半ばで一気に深まり、慌てて長袖を引き出しました。この何年かは10月も夏服のまま過ごすのが当たり前になっていたせいで、つい油断していました。この日のおやつに仕込んだのは、米粉を使ったあんまんじゅう作り方は普通のあんぱんと同じ。ただ強力粉と米粉を同量で配合使用。強力粉だけの場合と違い、あまり生地が伸びないので小豆あんを包むのが少し難しかったです。一口サイズに成形して、ニダベイ... [続きを読む]
  • 秋の醍醐味、秋刀魚の塩焼き
  • 秋を実感させてくれる味覚のひとつ、秋刀魚やっとぷっくりと脂の乗りの良い秋刀魚に出会えました。9月に買った秋刀魚はまだ脂の乗りが少なく、人間でいう「スレンダーボディ」だったので、しばらく買うのを控えて様子を伺っていました。今年の秋刀魚は値が上がるとの話でしたが、現在のところうちの近所では、例年通り。緑豆(ムング豆)入りのポテトサラダ国産緑豆の大半はもやしに利用されるため、販売されている緑豆... [続きを読む]
  • ロールキャベツと根菜煮込み
  • お蕎麦だった日の夕ご飯。この日のメニューはストウブ愛好家のクラブ記事の投稿用。ストウブ鍋にはシンプルな和出汁にロールキャベツと大根お蕎麦だけでは足りないと言われそうだったので、土鍋できのこの炊き込みもちょこっと♪ロールキャベツと大根は軽く下茹で程度。その間に、オーブンを160度に予熱して、温度が上がったら、鍋ごとオーブンに入れて10分程度焼く。そのまま煮込んでも美味しいのですが、仕上... [続きを読む]