文太 さん プロフィール

  •  
文太さん: Red Fox
ハンドル名文太 さん
ブログタイトルRed Fox
ブログURLhttp://redfox2667.blog111.fc2.com/
サイト紹介文米国発の日本検証記事
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2007/09/06 14:03

文太 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • OPSが『ザ・コーヴ』第二弾制作を画策
  •  シー・シェパードやドルフィン・プロジェクトなど反イルカ漁の活動家が太地町に常駐する大きなきっかけとなった映画『ザ・コーヴ』(ルイ・シホヨス監督、2009年)を制作したOPS(海洋保全協会)が、『ザ・コーヴ2.0』と題した同映画の第二弾を制作するとして寄付金を募っている。12月20日に同団体が明らかにした。 同団体によると、太地町の漁師が屠殺方法をより人道的な方法に変えて来たと国際メディアに対し語 [続きを読む]
  • 【更新中】2017-18年 太地町に滞在する活動家
  •  2016-17年度の太地町に来ている活動家のリスト。情報を入手次第更新。太地町滞在の反イルカ漁活動家情報2010-11年 (Red Fox)2011-12年 (ぺるそな・のん・ぐらーた太地町)2012-13年 (ぺるそな・のん・ぐらーた太地町)2013-14年 (Red Fox)2014-15年 (Red Fox)2015-16年 (Red Fox)2016-17年 (Red Fox)最新情報は:・太地町民に嫌がらせをする外国人たちと一部の日本人 (Taiji Blog)*情報の悪用を防ぐため詳細は非表示とします。 [続きを読む]
  • 元シーシェパードの活動家が入国拒否
  •  先月28日に日本入国を試み入管に拘束されたと見られていた元シーシェパードの活動家が本日6月2日に解放されたと、同団体代表のポール・ワトソンが本日公表した。 フランス人活動家で現在はアイルランド在住のトマ・ゲナール(32)は、シーシェパードのチームと共に韓国の捕鯨の調査活動を行った後、28日に釜山発博多港行きのフェリーで海路で単独で日本に入国を試みた際に拘束されたと同団体は主張していた。ワトソンに [続きを読む]
  • 元シーシェパードの活動家が入管で再拘束か?
  •  太地町の追い込み漁の妨害活動などで頻繁に来日し入国禁止になった元シーシェパードの活動家が5年ぶりに入国を試み、入管に再び拘束されている可能性がある事が同団体関係者の5月30日朝のポストで分かった。 フランス人活動家のトマ・ゲナール (32) は太地町でのコーヴ・ガーディアンズ(※シーシェパードの反太地キャンペーンで現地に派遣される活動家の呼称)としての活動の他、広島の因島に入港していた南極の調査捕鯨船や [続きを読む]
  • 【更新終了】2016-17年 太地町に滞在する活動家
  •  2016-17年度の太地町に来ている活動家のリスト。情報を入手次第更新。太地町滞在の反イルカ漁活動家情報2010-11年 (Red Fox)2011-12年 (ぺるそな・のん・ぐらーた太地町)2012-13年 (ぺるそな・のん・ぐらーた太地町)2013-14年 (Red Fox)2014-15年 (Red Fox)2015-16年 (Red Fox)2016-17年 (Red Fox)最新情報は:・太地町民に嫌がらせをする外国人たちと一部の日本人 (Taiji Blog)【続きを読む】 *活動家側は漁関係者のプライ [続きを読む]
  • 鳥越俊太郎氏は本当に空襲体験をしたのか?
  •  7月20日に同タイトルのTogetterまとめを作ったところ都知事選前だけあって、閲覧数154164、コメント265、ツイート1988、はてなブックマーク235、Facebookの「いいね」が2773という大きな反響となった。 このまとめに関してこれは難癖だとか、鳥越氏が空襲体験をしていないとは言えない等のいささか藁人形なご批判も(恐らくまとめを最後まで読んでいない)一部から頂いたので実際の事を書いてみる。 [続きを読む]
  • イルカ施設を楽しむ反水族館活動家
  •  ここ数日太地町に外国人活動家2名が出没している。現在は休漁期のため漁港の生簀や各飼育施設のイルカのチェックに来たと説明しているが、那智勝浦町内のホエールウォッチングに参加したりイルカの餌やりを楽しむなどほぼ観光旅行の様子である。飼育に反対しながら隠れて施設イルカと触れ合って喜んでいる節操のない活動家の一例だ。【続きを読む】太地町 くじらの博物館 イルカ 活動家 シーシェパード ドルフィンプロジェクト [続きを読む]
  • 魚拓収集魔から自サイトを守るには?(1)〜Archive.isの魚拓拒否法
  •  ウェブページのキャッシュをネット上に保存するウェブアーカイブ (以下「魚拓」) は、短期間で消えてしまうニュースサイトの記事などを有効なソースや情報として残すのには便利なツールではあるのだが、その一方でやられる側にとっては必ずしも愉快な事ではない。 これは自分の著作物が勝手に複製されて自分の手の届かない所で半永久的にネット上に晒されるという状況だが、そもそも証拠を押さえたり言質を取るという事自体が本 [続きを読む]
  • 当ブログへのアクセスに関して
  •  当ブログではセキュリティ上の問題上、限定公開エントリーを設けており、また各エントリーとリンクした資料ページ(外部ブログ)へのアクセスは認証制とさせて頂いております。 情報アクセスをご希望の方は、ブログ主が既に知っている方を除いて、アクティブなブログ、ツイッターやFacebookアカウントなど成り済ましでない事を示す情報をご提示の上、Facebook、ツイッターまで、又は当ブログ付属のメールフォームにてお問い合わ [続きを読む]
  • リック・オバリーの入国拒否が決定
  •  1月18日から成田の入管で拘束されていたリック・オバリーの入国拒否が決定したと見られる。ドルフィンプロジェクトによると、オバリーの弁護団により異議申し立てがされていたが法務省により却下されたという。最低5年間の入国禁止となる可能性も指摘されている。  入国拒否の理由として伝えられているのは、オバリーが観光客としてのステータスを「完全に証明」する事が出来ないため観光ビザで入国出来ないと入管からオバリー [続きを読む]
  • リック・オバリーが入管で拘束
  •  和歌山県太地町のイルカ漁に反対する活動家で、『ザ・コーヴ』に出演した事で知られるリック・オバリー(76)が18日の夕方に成田空港で入国しようとした際に入国管理局に拘束されていた事が分かった。翌日午後にAP通信が報じている。 ドルフィンプロジェクトによるとオバリーの到着は18日16:45でそれ以降国外追放者用の施設に拘束されたままだという。 オバリーの代理人の高野隆弁護士によると、オバリーの観光客としてのス [続きを読む]
  • 過去の記事 …