岡林リョウ さん プロフィール

  •  
岡林リョウさん: 20世紀ウラ・クラシック!
ハンドル名岡林リョウ さん
ブログタイトル20世紀ウラ・クラシック!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/r_o_k/
サイト紹介文クラシック音盤レビューを中心とするレアな情報、オンタイムの話題を長年書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1155回 / 365日(平均22.2回/週) - 参加 2007/09/07 02:19

岡林リョウ さんのブログ記事

  • ミヨー:交響曲第5番
  • フランシス指揮バーゼル放送交響楽団(cpo)CDミヨーの交響曲でも30分超えはこれくらいではないか。この前後は長い交響曲が多いが群を抜いている。しかし内容は同じ。ただでさえ連綿と続く同じような調子、騒がしさの音楽なので、構成への配慮が感じられず、構造や... [続きを読む]
  • ラヴェル:ツィガーヌ
  • フランチェスカッティ(Vn)マルティノン指揮シカゴ交響楽団(SLS)1966/3/17シカゴliveこのソリストにしては無個性かな、という気もしたが、激してきたところの技巧の完璧さに沿うように音色も甘さが出て、あのフランチェスカッティの音になる。ライヴで細部までミ... [続きを読む]
  • エルガー:威風堂々第1番
  • ケーゲル指揮ドレスデン・フィル(HMV他)ボン・CD私はこの「音楽の花束」曲集の中で一番楽しめた。毅然とした態度とアグレッシブな表現が共存し、少し響きが軽いかな、と思いつつも引き込まれてしまう。けっこう揺れるテンポもかっこうがよい。ケーゲルに合ってい... [続きを読む]
  • ラヴェル:ボレロ
  • プレートル指揮フィレンツェ五月祭管弦楽団(MAGGIO)2004/3/6(5/6?)コムナーレ劇場live・CD5月録音としているデータもあるが盤には3月とある。独特で、生半可な指揮者には許されなかったであろう演奏。巨匠の時代を彷彿とさせる。否プレートルこそ巨匠の時代... [続きを読む]