hero-me さん プロフィール

  •  
hero-meさん: 気ままな旅スケッチ
ハンドル名hero-me さん
ブログタイトル気ままな旅スケッチ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/heromenkmr
サイト紹介文見る旅、撮る旅、感動の旅。風景を中心に気ままに撮り続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/09/09 12:39

hero-me さんのブログ記事

  • 精進湖の紅葉風景
  • 山中湖、河口湖と回ったので、精進湖に着いたのは午後になってしましました。精進湖は富士五湖でも西側に位置しているので、富士山を東側に見ることになるので、午後になると順光になります。また、精進湖に着くと雲も取れて、この日回った中では、富士山と紅葉が一番綺麗に見えました。精進湖を見下ろす道路の上から。湖畔に降りる道の両脇の紅葉が綺麗でした。湖畔から撮影した紅葉と富士山。11月上旬(11/2)では、紅葉にはまだ [続きを読む]
  • 河口湖の紅葉風景
  • 山中湖では残念ながら富士山は雲に覆われていましたが、Webのライブカメラを見ると河口湖では富士山が見えていたので、クルマを飛ばして河口湖に向かいました。河口湖も紅葉まつり(11/1〜11/23)が始まっていて、平日にもかかわらず凄い人出でしたが、山中湖より標高が低いので見頃には少し早い感じでした。(11/2時点)河口湖北岸を散策しながら、紅葉と富士山を撮影しました。紅葉と富士山昼近くなると河口湖からの富士山は逆光 [続きを読む]
  • 山中湖の紅葉風景
  • 山中湖の南岸、旭日丘湖畔緑地公園の紅葉風景です。10/26(金)〜11/11(日)まで紅葉まつりも開催されていましたが、河口湖ほどの混雑はなく、比較的静かな紅葉風景を楽しめるので、個人的には山中湖の紅葉の方が好きです。ただ富士山を背景に、山中湖の湖面に映る紅葉風景を撮影したかったのですが、この日は残念ながら雲がかかり富士山は見えませんでした。朝方は霧が立ち込め、観光客のいない静かな紅葉風景でした。霧の中の富 [続きを読む]
  • 霧の山中湖と富士山
  • 山中湖の夕焼けの渚、紅葉まつり(10/26〜11/11)に行ってきました。夕日やライトアップされた紅葉と富士山も良いのですが、朝のくっきりとした富士山と紅葉風景を撮りたいと思っていました。この日は、天気の良い予報でしたが、早朝の山中湖は、霧というより濃霧が立ち込めていました。そのため、くっきりとした富士山を撮影することはできませんでしたが、想定外の幻想的な光景を撮影することができました。(長池付近)(夕焼け [続きを読む]
  • カラマツの黄葉と富士山(御庭)
  • 富士スバルラインの奥庭駐車場から、奥庭とは逆に5合目方向へ少し登って行くと富士山のお庭、御庭があります。(御庭と奥庭と似たような名称ですが、別の場所です)御庭は、奥庭より標高が高いので、更に富士山をまじかに仰ぎ見るようになり、黄葉したカラマツと富士山の独特の美しい景観が待っていました。目の前には富士山の絶景が迫って見えました。少し登って振り返ってみました。奥庭より標高が高いので(2,400m)、数日前に [続きを読む]
  • カラマツの黄葉と富士山(奥庭)
  • 一般の観光客は富士スバルラインで5合目駐車場まで行ってしまいますが、奥庭(自然公園)は5合目の少し手前にあります。奥庭には、黄葉したカラマツの原生林とゴロゴロとした溶岩の塊、その背後にはどっしりとした富士山が見上げるように聳え立っていました。スバルライン沿いに駐車場があり、黄葉したカラマツ林の中を下っていきます。やがて堂々とした富士山が見えてきました。まるで自然の盆栽のようなカラマツでした。気持ちの [続きを読む]
  • コキアの紅葉と富士山
  • 河口湖大石公園では、コキアの紅葉と富士山の絶景を見ることができます。秋晴れの澄んだ青い空、白い雪を被った富士山、そして赤く紅葉したコキアのまさにトリプルのコラボレーションでした。ひたち海浜公園に比べれば、わずかな面積のコキア畑ですが、富士山のおかげで雄大なスケールを感じさせる絶景でした。ラベンダー畑の中に点在するコキア。花街道と言われるエリア。その奥にある花小富士と富士山。このモコモコ感がなんとも [続きを読む]
  • コスモス(ひたち海浜公園)
  • コキアの他にも、国営ひたち海浜公園の広い敷地内には、秋の花、コスモスがいたるところで咲いていました。見頃にはやや早い感じでしたが、スケールの大きな花畑を遠望して、繊細なコスモスの花をまじかで見ることができました。(キャンパスイエロー)(キャンパスオレンジ)(センセーション)キバナコスモスはちょうど見頃、満開の花の密度が凄かったです。(サニーミックス)(名前???)2018.10.16 撮影訪問有難うございま [続きを読む]
  • コキアの紅葉(ひたち海浜公園)
  • 青いネモフィラとともに、国営ひたち海浜公園のみはらしの丘が、コキアの紅葉で真っ赤に染まる光景はまさに絶景です。今週の始め、真っ赤には少し早かったのですが、まだところどころに緑も残るグラデーションのような美しいコキアの紅葉でした。ただ青空でなく、生憎の曇り空だったのが少し残念でした。みはらしの丘の手前にはソバの花が咲いていました。そばの花とコキアの紅葉のコラボレーション。定番のコキアの紅葉風景ですが [続きを読む]
  • 2018道東の旅(阿寒湖〜美幌峠)
  • 2018/9/17〜20、久しぶりに道東(東北海道)に行ってきました。2018道東の旅⑥3日目は阿寒湖に泊まりましたが、到着が遅くなったため、阿寒湖周辺ではほんとんど観光も写真も撮れませんでした。翌日、阿寒湖から女満別空港に向かう途中、天気も良かったので、双湖台、双岳台、美幌峠の北海道らしい雄大な絶景を見ることができました。双湖台(ペンケトーとパンケトーの絶景)原生林が成長したせいか、一湖(ペンケトー)しか見えま [続きを読む]
  • 2018道東の旅⑤(摩周湖)
  • 2018/9/17〜20、久しぶりに道東(東北海道)に行ってきました。2018道東の旅⑤知床半島クルーズの後、知床横断道路で羅臼に向かい、羅臼で遅い昼食を取って摩周湖に向かいました。途中知床峠からの展望を期待しましたが、知床峠に着いたころは雨も降ってきて、期待した展望も見えませんでした。今回の旅行中の3日間、午前中は天気が良いのに昼頃から曇り、やがて土砂降りの雨になり、夕方はまた天気が回復するというパターンが続き [続きを読む]
  • 2018道東の旅④(知床半島クルーズ)
  • 2018/9/17〜20、久しぶりに道東(東北海道)に行ってきました。2018道東の旅④知床半島は陸路がほとんど通じていないので、船で海から半島の断崖絶壁を見ることになります。小型船の方が断崖絶壁をまじかで見ることができますが、予約した船が高波のため欠航になってしまいました。翌日も高波で条件付き出航ということでしたが、何とか大型船で知床半島をクルーズ、知床半島の絶景を満喫しました。ウトロ港から観光船おーろらで出 [続きを読む]
  • 2018道東の旅③(知床五湖など)
  • 2018/9/17〜20、久しぶりに道東(東北海道)に行ってきました。2018道東の旅③1日目は網走湖畔に泊まり、2日目は午前中に網走監獄を見て、午後は知床(ウトロ)から知床岬まで観光クルーズの予定でしたが、高波のため予約していた便が欠航になってしまったので、予定を変更して知床五湖を散策することにしました。(博物館)網走監獄網走観光では必ずと言っていいほど訪れる場所で、建物や展示品、リアルに造られた囚人たちの姿に [続きを読む]
  • 2018道東の旅②(網走湖の夕焼け)
  • 2018/9/17〜20、久しぶりに道東(東北海道)に行ってきました。2018道東の旅②能取湖のサンゴ草の群落を撮影した後、この日泊まるホテルへ向って網走湖畔を走っていると、ちょうど夕陽が沈むところでした。国道沿いにクルマを止め、しばし眺めていると、それは心に沁み入るような感動的な夕焼けでした。2018.9.17 撮影訪問有難うございました。 [続きを読む]
  • 2018道東の旅①(メルヘンの丘・能取湖)
  • 2018/9/17〜20、久しぶりに道東(東北海道)に行ってきました。女満別空港からレンタカーで、網走〜知床(ウトロ〜羅臼)〜摩周〜阿寒〜女満別空港に戻る3泊4日の旅でした。しばらく「2018道東の旅」の記事が続きますが、詩情あふれる道東の風景と最後までお付き合い願えれば幸いです。9月17日、女満別空港に午後2時過ぎに着き、まずメルヘンの丘に向かいました。メルヘンの丘は、畑と空が織りなす美しい風景が印象的でした。能取 [続きを読む]
  • 光芒とひまわり畑
  • やっと夏の猛暑から解放された感がありますが、最近所用と雨が多く、あまり撮影に行けておりません。8月下旬、御射鹿池と富士見高原に行った帰りにクルマを走らせていると、南アルプス(甲斐駒)方向に雲の切れ間から光芒が射しているのが見えました。フラワーフェスも終わり、ひまわりは見頃過ぎとの情報でしたが、明野のひまわり畑に立ち寄って雄大な光芒とひまわり畑を撮影してきました。今にも泣きだしそうな空でしたが、独特 [続きを読む]
  • 富士見高原花の里②
  • 富士見高原花の里には、標高1,430mの展望エリアがあります。展望エリアは、野性味あふれる天空のワイルドフラワーとのことですが、残念ながらこの時期見るべきものはありませんでした。しかしながら、、南アルプスや富士山の眺望と彫刻がいたるところにある「創造の森」という、一周1時間程度の散策道がありました。午後のため南アルプスや富士山に雲がかかっていますが、遮るものがない雄大な眺望でした。反対方向には、八ヶ岳連 [続きを読む]
  • 富士見高原花の里
  • 長野県富士見高原は、標高1,200m〜1,400m、以前は「富士見高原ゆりの里」として、ロマンス、白樺、展望の趣の異なる3つのゆり園がありました。現在ゆり園は閉園になり、季節と標高で様々な花が咲き変わる「富士見高原花の里」になっています。個人的には、以前のゆり園の方が良かったと思いますが、ゆりだけではシーズンが短く、営業的には厳しかったものと思います。8月下旬、色鮮やかな百日草が咲き誇り、青空と白い夏雲に良く [続きを読む]
  • 御射鹿池
  • 御射鹿池は、日本画家東山魁夷の「緑響く」のモチーフになった場所として有名になり、以前から一度行ってみたいと思っていました。御射鹿池は、深い秘境の地にあるイメージでしたが、道路沿いには駐車スペースも整備されて、意外に分かり易い場所にありました。ただ、農業用溜池ということで、周囲には柵が巡らされて、道路沿いの限られたスペースからしか撮影することができませんでした。10時前に着いたのですが、残念ながら少し [続きを読む]
  • 浜離宮恩賜庭園のキバナコスモス
  • コスモスと言えば、風に揺らいで涼しげな秋のイメージですが、キバナコスモスは真夏のこの暑い時期に満開になります。都内にある浜離宮恩賜庭園のお花畑では、汐留の高層ビルを背景にオレンジや黄色のキバナコスモスが咲き誇っていました。暑さを一層強調するような濃いオレンジ色のキバナコスモスでしたが、時折吹く風や咲き始めたピンク色のコスモスには秋の訪れを感じさせるものがありました。(オレンジ色のキバナコスモス)( [続きを読む]
  • 吹割の滝
  • しばらく涼しい日が続きましたが、ここ2、3日また猛暑が戻ってきました。こんな時は少しでも涼しげにと思い、先月尾瀬の帰りに寄った「吹割の滝」の記事です。東洋のナイアガラというには少し規模が小さいのですが、滝の近くまで行って見ることができるので結構迫力を感じます。この日は暑い日で汗を拭きながらの撮影でしたが、しばしマイナスイオンと天然のミストに浸ることができました。滝の見えないところにも遊歩道があり、周 [続きを読む]
  • 白馬岩岳山頂ゆり園
  • 白馬北尾根高原から岩岳へは普通ならバスか車で行くとことろですが、天気が良かったので白馬の山並みを眺めながら、ゆっくり徒歩で岩岳に向かいました。岩岳も八方尾根同様に冬場はスキー場ですが、夏場は山麓と山頂が色鮮やかなゆり園になります。山麓のゆり園は既に終わっていましたが、標高の高い山頂のゆり園が見頃で、色彩鮮やかなゆりと北アルプス(白馬連峰)の絶景を堪能することが出来ました。白馬の山並みだけでなく、白 [続きを読む]
  • 白馬北尾根高原②
  • ご来光とモルゲンロートを満喫してツアーの目的は達成しました。(前回記事)ガイドによれば、夏場にこんなにくっきりと白馬の山並みが見えることはめったにないとのことでした。リフトで下山までの間、高原の爽やかな空気を感じながら、時間の許す限り白馬の絶景を眺めていました。左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山。八方尾根と中央は不帰の瞼。冷気を感じるような高原の朝でした。北尾根高原のシンボル?「約束の木」 [続きを読む]
  • 北尾根高原
  • 白馬八方尾根といえば八方池が有名ですが、JRのパンフレット(白馬花三昧)で気になっていた北尾根高原に行ってきました。普段あまりツアーには参加しないのですが、今回は電車で行ったこともあり、「北尾根高原モルゲンロート、ご来光ツアー」に参加して見ました。標高1200m、早朝の冷気と澄み切った空気を感じながら、感動的なご来光と雄大な北アルプス・白馬の絶景を堪能しました。ご来光少し前の朝焼けの風景。(妙高、戸隠方 [続きを読む]
  • 遥かなる尾瀬⑤
  • 久しぶりに尾瀬に行って来ました。(7/18〜19)遥かなる尾瀬、5回目(最終回)は、尾瀬沼一周しながら撮影した夏の尾瀬沼や燧ケ岳の風景です。尾瀬沼は、約3時間で一周できます。ほぼ全行程林間の木道を行くため、あまり展望は開けませんが、時折開けた場所に出ると、尾瀬沼の湖面や燧ケ岳、尾瀬らしい湿原の風景を見ることが出来ます。長蔵小屋のある尾瀬沼東岸や大江湿原で、朝夕の風景を堪能したあと、尾瀬沼北岸〜沼尻〜尾瀬沼 [続きを読む]