Cimbalmos 斉藤浩 さん プロフィール

  •  
Cimbalmos 斉藤浩さん: Blog Cimbalmos
ハンドル名Cimbalmos 斉藤浩 さん
ブログタイトルBlog Cimbalmos
ブログURLhttp://blue.ap.teacup.com/cimbalmos/
サイト紹介文アジア人で初めてツィンバロンのソリスト・ディプロマを授与された斉藤浩のブログ。BGMも楽しめます。
自由文Cimbalmos 斉藤浩の音楽活動、ライヴの告知、出版物の紹介、そして日々思ったことを綴っています。留学時に撮りためた映像や、斉藤浩のツィンバロン演奏、ダルシマー演奏もBGMで聴けますヨ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/09/10 00:07

Cimbalmos 斉藤浩 さんのブログ記事

  • 北上フィル定期、近づいてまいりました!!
  • [画像]北上フィルハーモニー管弦楽団 第24回定期演奏会が近づいてまいりました。プログラムはベートーヴェン:ヴァイオリンコンチェルトドビュッシー:小組曲コダーイ:ハーリ・ヤーノシュ組曲です。2018年11月4日(日)14:00開演 北上市文化交流センター さくらホール(大ホール)にて指揮 宮里英樹ヴァイオリン 山本高史ツィンバロン 斉藤浩楽しいコンサートになりそうですヨ!! 是非是非!! [続きを読む]
  • 関越えの夜 第2夜
  • [画像] NHK オーディオドラマ 新日曜名作座「関越えの夜 〜東海道浮世がたり 第2夜」のオンエアを先ほど聴きました。ツィンバロンはピチカート多用。バチ弦を叩くのではなく、指で弦を弾く奏法がピチカート。打弦ではなく撥弦になります。池辺晋一郎先生いわく「撥弦楽器は“発言力”があるからねぇ…。」←イケベワールドスーパーダジャレに(笑)。たしかに独特の雰囲気をかもし出していたツィンバロンのピチカート。それにして [続きを読む]
  • 復活したバチ‼
  • [画像]16年前に使っていたバチを修理。今、メインで使ってるバチに比べて1センチほど長いため、打点が合わなくて使ってなかったんだけど、このバチ、軽いんです。それって大事〜。バチも生き物なんで、ビミョ〜に反りが入り、もはやまっすぐではないのですが、バチ先の芯を少し削り、新しい綿を巻き直しました。いい感じ。普段使ってるバチに比べ、8ミリほど打点が遠くなるだけで、「このバチ長いなー」と感じます。 [続きを読む]
  • 関越えの夜 オンエア!!
  • 昨日からスタートしましたNHKラジオ第1 新日曜名作座 関超えの夜〜東海道浮世がたり。お聴き逃しされた方は10月15日(月)午後0:00まででしたらこちらから聴くことが出来ます。こちらからどうぞ音楽は池辺晋一郎先生。演奏は弦楽四重奏とツィンバロン(ツィンバロンは僕が弾いてますよ!!)セリフ、ナレーション、効果音、音楽の全てがミックスされたものを、僕も昨日のオンエアで初めて聴きました。ツィンバロンって時代劇にも [続きを読む]
  • 新日曜名作座「関越えの夜」
  • [画像]【新日曜名作座「関越えの夜」本日よりオンエア‼】今晩からNHKオーディオドラマ「関越えの夜」が始まります。音楽は池辺晋一郎先生。弦楽四重奏、オーボエ、そしてツィンバロンで演奏しています。一緒に演奏した皆さん、とても素晴らしい奏者の方々でした。7月末に渋谷のNHK放送センターでレコーディング…6週間分で50曲くらいあったかな?とてもとても美しい池辺ワールドが広がっておりますよー。NHK ラジオ第一 新日曜名 [続きを読む]
  • 4年ぶりの被災地で感じたこと
  • [画像]先日、岩手県沿岸部をまわってそれぞれの復興状況の話を聞きました。その時にいただいた各市町村の資料を今日はじっくりと見てていろんなことを感じました。たしかに数字の上では復興した感があるし、インフラ整備も進んでいる…、それは目に見える部分。でも、僕が本当に知りたかったのは、被災された方々の心がどのくらい元気になったのか…。僕は阪神淡路大震災で被災した時、あの時の恐怖感や悔しさや不安、壊れた街並み [続きを読む]
  • 大船渡へ
  • [画像][画像][画像]大船渡に到着したときに雨がようやくやんだところでしたが、夕方ということもあって、あたりは少し薄暗くて寂しい印象を受けました。港は防潮堤の工事で、トラック、ダンプの往来が激しく、今、まさに街が作られている感じでした。港周辺はかつてとは全く違う新しい街として生まれ変わっていました。[画像]相変わらず、BRT(鉄道のあった路線に今はバスが通っています)が市民の足として活躍していました。[画像 [続きを読む]
  • 陸前高田へ
  • 今回の旅の最終目的地である陸前高田。正直、心が重くなりました。5年前とさほど変わっていない印象。他の市町村から取り残されているような…そんな感じがしました。[画像][画像]陸前高田は津波でほぼ全滅だったので、現在は街全体をかさ上げしているのだう。朝早くから、トラック、ダンプがこの広大な土地に土砂を少しずつ少しずつ積み重ねていく。本当に気の遠くなる作業だ。いつまでこの作業が続くのか…。いつ人々が港に戻っ [続きを読む]
  • 釜石へ
  • [画像][画像]突然市役所を訪れて、「復興の現状について教えてください!!」とお願いするのは、仕事に追われて忙しくされている職員の方々にとって大変迷惑な話だと思いますが、この釜石市役所が一番、丁寧に真摯に対応して下さいました。大感謝です。復興推進本部、市民生活部地域づくり推進課の方々が、本当に丁寧に丁寧に資料を見ながらお話して下さいました。釜石では、水産加工の企業が震災前より増えたとのこと。新しい感覚 [続きを読む]
  • 山田町へ
  • [画像]震災後、初めて復興支援コンサートをしたのが山田町。震災から半年ほどたった時でした。当時、小高い丘の上にあった役所が避難所となっていて、コンサートの一週間前まで、多くの人の辛い生活がそこにありました。役場の坂を下ると、見渡す限り、家の基礎部分だけが残された無残な街並みでした。久々に訪れた山田町。防潮堤の工事が進んでいましたが、住宅地はまだまだこれから…といった感じでした。[画像] [画像][画像]命 [続きを読む]
  • 宮古へ
  • [画像]今日は、宮古市役所へ行ってきました。宮古も久慈と同じく仮設住宅はなくなったということです。海産物にかんして、風評被害はほとんどないものの、減少する漁獲量の問題、人口流出の問題…等、新たな問題に直面しているそうです。そんな中で、今年6月に宮古と室蘭に新航路が開設されました。一日一往復ですが、観光の起爆剤になれば…ということでした。宮古と室蘭を結ぶフェリー。いつか乗ってみたいものです。宮古市役所 [続きを読む]
  • 野田村の防潮堤
  • 久慈から宮古へ南下する途中、野田村に立ち寄りました。防潮堤が建設中です。国道脇に防潮堤。トラックの往来も激しいです。防潮堤の内側は、現在、十府ヶ浦公園として整備されていました。グランドゴルフが出来たりして、なんだかのどかな風景に見えますが、ここはあの日、津波の被害が大きく、震災後、防災のため公園となったようです。[画像][画像][画像]防潮堤は想像してたのよりはるかに高く長く、少し異様な雰囲気にも感じま [続きを読む]
  • 久慈へ
  • [画像]朝5時に岩手町・石神の丘を出発し久慈に向かいました。到着後すぐに市役所へ。復興の状況を教えていただきました。久慈では東日本大震災で被災され、仮設住宅に住んでおられる方は、もうひとりもいないそうです。(よかった‼) 岩手県内では比較的津波の被害も少なかったそうで、すでに震災前と同じような状況に戻ったのだそうです。それだけではなく、先日の北海道の地震の後、支援に行けるほど余力があるのだそう。つらい経 [続きを読む]
  • 小岩井農場へ
  • [画像]明日には岩手沿岸部へ移動するので、つかの間のオフ日を小岩井農場で過ごしました。久々に野外でジンギスカンを堪能しました。他にもソフトクリームやスイートコーンや…。ひとまわり、お腹が大きくなった感じです。今回は短い盛岡滞在でしたが、岩手県立美術館スタッフの方々、岩手大学の先生方、たくさんの方々のお世話になりました。ありがとうございました。11月に、また、岩手に戻って来ます!!では、岩手沿岸部へ行って [続きを読む]
  • 岩手県立美術館ナイトミュージアムコンサート
  • [画像]岩手県立美術館ナイトミュージアムコンサート中欧の妙なる音色〜ツィンバロン〜 斉藤浩(ツィンバロン)2018年9月22日(土)18:30〜 グランドギャラリーにて高い天井で響きの良いグランドギャラリー。たくさんの芸術作品に囲まれながらツィンバロンの響きをお楽しみ下さい。シャコンヌ(バッハ)、ハンガリー民謡の数々、また中欧の現代作曲家の作品を含むプログラムです。[画像][画像][画像][画像][画像]岩手県立美術館の [続きを読む]
  • 岩手に到着
  • [画像]昨日、名古屋を出発してから、岩手に入る直前までずっと雨でした。新東名は強い雨に加え、視界が悪くて、しかも寒かった…。圏央道に入る手前、海老名までは長い渋滞。東北道に入り、宇都宮で仮眠。夜明けとともに盛岡に向かいました。お昼も過ぎた頃、ようやく盛岡へ到着。まずは、岩手大学へ。その後、教授や仲間と飲み会。これからの東北滞在が楽しみです。岩手大学、いつの間にか改装されていて美術館のようになってまし [続きを読む]
  • 復活‼
  • [画像]東北へ向かう途中で、いったん名古屋へ。以前よりお世話になっている名古屋ピアノ調律センターの社長さんにお願いし、先日の連休中に切れてしまった低音部の巻き弦を張り替えて頂きました。演奏旅行直前に弦が切れるというハプニング。ツィンバロンの弦はめったに切れるものではないですが。このタイミングで切れたのには、さすがに焦りました。巻き弦は、ツィンバロンのサイズに合わせて、ピアノ線に銅線を巻いて特別に作っ [続きを読む]
  • 台風、そして地震…
  • [画像]西日本を直撃した台風、そして北海道の地震…。この数日間で、大きな災害が、たて続けに起こりました。被災された皆様方には心からお見舞い申し上げます。今年の夏は、異常とも言えるくらいの猛暑でした。なにか地球がおかしくなってきていて、そのうちなにかが起こるのではないか…という感じはしていましたが、こういう災害は本当に辛いです。テレビの報道で、被災した町の映像や、悲しそうな人々の顔を見ると本当に辛いで [続きを読む]
  • 蒜山高原から大山へ
  •  台風が近づいているというのに山陰は信じられないくらいの晴天です。風もなく、雨の降る気配もない…。というわけで、気晴らしにドライブに行くことにしました。今回は米子道で蒜山まで行って、そこから大山経由で松江に帰ろうというルートです。[画像] 蒜山高原、どにかく涼しい。下界に比べ5℃以上は涼しい感じです。気持ちいい。道の駅で野菜をたくさん買い込みました。朝採れのトウモロコシも買いました。蒜山高原センター [続きを読む]
  • バッハ…
  • [画像]昨日の練習でどうしても上手く弾けない部分が出てきて、それが気になって、今朝は早起きして、朝食も食べずに練習を始めました。バッハのパルティータ第2番。留学中も、そして帰国後もコンサートで何度も弾いているのに、久しぶりに弾くと、全く思うように弾けない。レッスンの時の先生からのアドバイスを思い出し、ひとつずつ確認していく中で、自分の感じ方や好みも少しずつ変化していることに気づく…。そして、試行錯誤 [続きを読む]
  • 燃えるような空…
  • [画像]昨夜も、そして今朝も、空が燃えるように赤いのです。異常なくらい…。ちょっと怖い感じがします。台風が2つ同時にこちらに向かってくるということで、松江あたりはドライヤーの熱風の中にいるような暑さです。夜中になっても気温が下がりません。夜中にここまで暑いのは、松江では珍しい。今回の台風は雨、風ともに激しいと予想されていますが、今のところ、暑いだけで雨も風もありません。こんやあたりからだろうか…。何 [続きを読む]
  • 再び猛暑!!
  • [画像]台風が2つ、続けてやってくるそうで…。そのため、南からの熱い熱い空気が西日本に流れ込んできています。とにかく、再び「猛暑」で暑いのです。先週末がとても過ごしやすい気温だったので、「これで今年の夏は終わったな…」と感じていたけれど、それは大間違いでした。昨夜は夜中になっても気温が下がらず、30℃もありました。夜中に30℃って…。眠れんかった…。そんな中、玄関横の花壇に植えている「千日紅」は、めちゃ [続きを読む]