小春 さん プロフィール

  •  
小春さん: ときどき森へ・・・sora日和
ハンドル名小春 さん
ブログタイトルときどき森へ・・・sora日和
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/cocoa3003
サイト紹介文写真をどっさり貼って、好きにおしゃべりしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供809回 / 365日(平均15.5回/週) - 参加 2007/09/13 18:11

小春 さんのブログ記事

  • ペックのピッコロサンドたち ♪ 血管年齢が・・・
  •  海老たまご  ハンバーグ ピッコロサンド・・・ちょっとしたファンです。やってみよっか?人差し指突っ込んでスイッチ押して1分間ジッとして、出てきた結果が・・・おー! A判定・・・ そういえば、ヘルパー時代に訪問看護師さんに、指先にクリップみたいなのをはめて測ってもらったのは100%と出て、正常!って言われたあれは何を測ったんだっけ・・・これらと、下肢静脈瘤なんだけどー・・・ってのは関係ないのかな?ぼこぼ [続きを読む]
  • 本・野中柊 「本屋さんのルビねこ」
  •  内容紹介ある日、本屋〈本の木〉の片すみで生まれた、ねずみほどの小さな子ねこがルビです。はじめてのミルク、はじめての友だち、はじめてのぼうけん……たくさんの「はじめて」に出会い成長していくルビ。生きる喜びを伝えるピュアな新シリーズがスタート。                読書備忘録 可愛い・・・ねずみみたいに小さいからねずみに間違えられちゃう。名前思い出せないから本屋のモシモさんがつけてくれまし [続きを読む]
  • イノダコーヒ東京でマロンパフェ ♪
  • 久々にパフェらしいパフェを食べた。9/30までの期間限定は「葡萄のパフェ」どうしようかなー・・・で、 マロンパフェ  と言っていた、口が勝手に マロンパフェはいつでも食べられるのにね・・・ちょうどお昼時・・・ランチしようと並んでいる間にサンプルみていたら、そうだ!パフェ食べよっ!美味しすぎて、とっても幸せ 以前ランチに来た時に、このパフェが運ばれて行くのを見たんです。スーっと前を通ってどこに行くのかと [続きを読む]
  • 京都の旅 夏 あさんぽ ♪
  • ホテルを出てトンネルをくぐると公園・・・体操をしている人や走っている人や歩いている人・・・なんとなく皆さん左回り・・・やはり左回りでしょ、ふつー・・・と言って左から・・・あ、鯉っ!とても静かなところなのに、手をたたいた。おいこら!静かにし〇!餌がもらえるのかと思っているのかどうかは、鯉じゃないからわからないけれど、歩いて行くと追いかけてくる。すれ違う時にほとんどの方がご挨拶して下さる。おはようござ [続きを読む]
  • 京都の旅 夏 よさんぽ・・・のはずだった。
  • 夜散歩・・・と、京都駅まで出てきたけれど、さぁ行こう となると、電話がかかる。なっがーいの!あ、また!ったくもー・・・旅行しているときだけが休みなんだからさぁー、切っとけば?と言っても・・・会社員の時みたいに、有給っす!ってわけにはいかないから・・・馬っと言ってしまって・・・鹿は飲み込んだ。私もできてきたなー・・・先が短くなってやっと・・・ってこともない!まだまだ、私は死んでもできた人間にはならな [続きを読む]
  • 本・吉田篤弘 「雲と鉛筆」
  •  内容(「BOOK」データベースより)ぼくは屋根裏部屋に住み、鉛筆工場で働いている。大きなことが書かれた小さな本を読み、遠い街に出かけて、友人とコーヒーを飲む。鉛筆を削って、雲を描き、姉に手紙を書いて、人生を考える。 第1章 遠い街から帰ってきた夜第2章 バリカンとジュットク第3章 名前のない画廊                読書備忘録 郵便料金!気にしていたなかったけれど、そういわれればそうかもしれな [続きを読む]
  • 美術館帰りのお食事は中華・・・♪
  • お料理は毎度注文が変わり映えしないから・・・ デザート  から 小籠包  麻婆豆腐  餃子 過門香 久しぶり〜〜〜♪これまた、夕ご飯にはちと早い中途半端なお時間だったからがっらがら・・・お料理もちゃっちゃかちゃっちゃかとテーブルに並んだ。美味しかったっ!朝と昼で蓄えてるから、夕ご飯はほとんど食べない。なので、この時間に食べられると言うことは・・・どっさり食べることができるから、うれしたのし!  [続きを読む]
  • 本・椰月美智子 「しずかな日々」
  •  内容紹介おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼくはいつだって戻ることができる。あの、はじまりの夏に――。おとなになってゆく少年の姿をやさしくすこやかに描きあげ、野間児童文芸賞、坪田譲治文学賞をダブル受賞した感動作。                読書備忘録 映像が広がって、田舎のない子供のころの夏休み、佐原の祖父の親 [続きを読む]
  • 都美術館へ・・・「没後50年 藤田嗣治展」
  • ここんところ連続してテレビでやっていたこともあり、混むだろうなぁ〜・・・お年寄りタダデーがあるけれど、ものすごく混むらしい。ってことは若冲展で並んでいた時に前の方から聞いていた。なのでタダじゃなくてもいいっ!ってお年寄りがたくさん・・・タダデー私も混ざるまでもうチョイ!とても素敵な展覧会だった。テレビや美術ブログでお勉強して行ったから、とても楽しめた。ポーラ美術館から「姉妹」来ていましたね。お写真 [続きを読む]
  • パスコのイングリッシュマフィンで・・・
  •  ハムカツ玉子 もちろんハムカツはお総菜屋さんのお品ポーク100%と書いてあった。ウスターソースをかけながら、ちょいとよそ見をしたら、ちょちょちょっとぉー・・・なのになぜかちょうどよかった。中濃ソースを切らしてどれくらいになるでしょう。スーパーの帰り道・・・あ!中濃ソース忘れた。忘れても、夫が広島(そこも広島だよね?と聞いたりして・・・)に行くとオタフクのお好みソースを持ってくるからそれで間に合うこ [続きを読む]
  • 美術館のカフェで・・・ ?
  • ケーキセットは  オリエンタルマンゴー と カフェオレ 都美術館に行く前に西洋美術館でお茶 ?都美のカフェでと思ったが、今、あそこはきっとダメだ!混んでいるに違いない。なので、こちら・・・と思ったのに、こちらも10人ほど並んでいた。でも時間が時間だからって何時かというと中途半端な2時ごろ・・・なので割と早く案内された。お庭側のお席は空いていなく、こちらとあちらとそちらどちらでも・・・で、あちらのお席 [続きを読む]
  • 本・綿矢りさ 「意識のリボン」
  •  作品紹介・あらすじ母親を亡くした二十代の「私」は、「絶対に長生きするからね」と父に誓ったのに、交通事故に遭ってしまう。激痛の嵐の中、目を開けると二メートルほど下に自分の身体を見下ろしていて……(「意識のリボン」)。 表題作ほか、姉妹、妻、母親――様々な女たちの視線から世界を切り取り、 人生を肯定するあたたかさを感じさせる、全八編の短編集。                読書備忘録 「岩盤浴にて」何 [続きを読む]
  • 本・塩田武士 「罪の声」
  •  内容紹介「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門第1位!第7回山田風太郎賞受賞作。朝日新聞「天声人語」など各種メディアで紹介。逃げ続けることが、人生だった。家族に時効はない。今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。「これは、自分の声だ」京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「 [続きを読む]
  • 木村屋總本店 酒種あんぱんたち ♪ ・・・ラジオ体操!
  • 酒種あんぱん 瀬戸内れもん ・ 巨峰クリーム ・ 白桃 ・ 桜 なんかずいぶん久しぶりにお店の前に立った。すっかり忘れていた  酒種あんぱん 大好物の桜あんぱんを買って・・・と、みていたら瀬戸内れもんをどうぞ召し上がってください。と楊枝の先にあんパンが・・・あら、といただいて、眺めたら、いろいろあったのね。で、いろいろ・・・近所の公園では朝、ラジオ体操をしています。私は家でテレビ体操を適当にしてい [続きを読む]
  • イノダコーヒ東京でランチ ♪ 
  •  イタリアン と 珈琲 お席でパッカリ蓋を開けてくれる、ねっとりパスタが大好物っ!12時ちょっと過ぎたところ・・・ほぼ満席で入口の椅子に座って2番目で待っていた。案外すぐに案内され、あちらとそちらとどちらでもどうぞ〜ってことで、そちらのお席に納まった。京都旅行記を書いている最中に、紛らわしいことをしておりますが、京都の旅ではモーニングだけだったから、イタリアンをいただきに東京店へ 去る者は追わず来る [続きを読む]
  • 京都の旅 夏 貴船神社へ・・・
  • ホテルのある国際会館からバスに乗り貴船口へそこからは、バスを乗り換えてもうちょっと神社の近くまで行けるみたいだったけれど、神社まで歩いても30分位と聞き、んじゃ歩こっ!北山杉にきれいねー、清流にきれいねー・・・これだけ褒めたら留守番のアトムだったら目を細めて喜んじゃうところだね・・・といいながら坂道を登る。川床料理屋さんがならんでいたけれど、ここは予約かしらね?と言いながら通り過ぎる。道が狭くなり数 [続きを読む]
  • 京都の旅 夏 朝食は町屋カフェ フクミミ で・・・
  • 京町家CAFE FUKUMIMI町屋カフェがいいと言って検索してみつけたみたい。行ってみたらいい感じの町屋入ってみたら・・・ハワイだった 女の子ばっかり・・・ありゃりゃ!どうする と言っても、お席に案内していただいたからハワイしてきた。お食事はパンケーキ1時間以内ならパンケーキのお代わりができるから、お代わりしていたみたい。やたら仕事の電話が入り、出たり入ったりせわしない!そんなことしているうちに、私は大変おい [続きを読む]
  • 本・林真理子 「不倫のオーラ」
  •  内容紹介バカなことをやる時は、死のものぐるいで!!還暦を過ぎても「威厳を持たず、ちゃらいおばさん」をモットーに、パンチパーマの鬘に金のネックレスをつけ、死ぬ気でピコ太郎のダンスを踊る。トランプ大統領の誕生、SMAP解散にハラハラしながらも、ついに人生の喜び・オペラの作家として舞台づくりに参加する。美貌の政治家・女優の相次ぐ不倫スキャンダル、小池都知事について鋭く読み解き、母の死を静かに悼む。 時代の最 [続きを読む]
  • ブログ村の順位がどんどん上がっている盗作ブログ!
  • ブログ村の順位が上がってアクセスがどんなに増えようとも関係ないのは、アフィリエイトをしているわけでもなく、ランキングにも参加していない拙ブログ盗作ブログは何かお得なことがあるのでしょうか?そして盗作ブログはもうひとつありました。コメント欄を閉じている私は、人様のブログにコメントすることはないのですが、「盗作ブログ発見」という記事をみつけ、経緯をコメント致しました。ブログ主さんは、盗作に気がついた日 [続きを読む]
  • 本・原田マハ 「やっぱり食べに行こう。」
  •  内容(「BOOK」データベースより)ゴッホもこんなふうにパンをかじりながら、サン=レミからパリへと戻ったのかもしれない。小説、アートと同じくらい「おいしいもの」が大好き!『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』『たゆたえども沈まず』などの取材先で食べた「思い出の一品」をつづる満腹エッセー集。                 読書備忘録 大好物のマルセイバターサンドの由来に、へぇー・・・やっぱり焼きそばパ [続きを読む]
  • 北海道カスタードプリンシュー♪
  • 地震の影響により、北海道フェアの広告掲載商品の未納・遅納が生じていると書かれていた。近所のスーパーの週末のこと・・・牛乳だってチーズだってバターだってチョコレートだってお菓子だって自然だって旅だって・・・愛しの北海道ブログどした?と、メールをもらい。へ?あ!あらー・・・断捨離していたら夢中になってすっかり忘れていた。今頃の  ・・・家中空っぽにしたいんだけれど・・・ [続きを読む]