小春 さん プロフィール

  •  
小春さん: ときどき森へ・・・sora日和
ハンドル名小春 さん
ブログタイトルときどき森へ・・・sora日和
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/cocoa3003
サイト紹介文写真をどっさり貼って、好きにおしゃべりしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供776回 / 365日(平均14.9回/週) - 参加 2007/09/13 18:11

小春 さんのブログ記事

  • ゴミじゃないです。「365日と日本橋」のパンたちなんです・・・ ♪
  • ショコラペパンチーズヴィーニュクロッカンショコラは売り切れですと・・・のぞいたらまだまだパンあったから・・・並ぶこと40分5人ほど前で店内怪しくなり、私の番が来た時にはこの2種類のパンしかなかった。後ろにまだまだお並びの方がいるのに・・・ってことで、今度はついでであってもこちらに先に来ることとしようと思ったのです。透明のポリ袋に紙で包まれたパンが入れられているから、ゴミ持って帰ってきたのかと思った。と [続きを読む]
  • 大阪の旅 通天閣へ・・・
  • 行ったことないから行ってみよう・・・えーえーえー・・・連れて行かれた。通天閣お写真撮りますけれど、買わなくてもいいです。関所を通過し、どうした?ってくらいエレベーターは到着しない。なっが〜いことかけて上に行き、くるくる見学らしいことをして帰りは長い行列に並びエレベーターに乗り、降りて出口かと思っていたらくるくるお土産物売り場を通って、地上に出た。国の登録有形文化財解説文: 難波の東南に位置する。脚 [続きを読む]
  • 本・綿矢りさ 「かわいそうだね。」
  •  内容(「BOOK」データベースより)同情は美しい? それとも卑しい?優しくたって、美人だって、幸せになるのは一苦労。第6回大江健三郎賞受賞作。中編2作収録。「許せないなら別れる」――恋人の隆大が求職中の元彼女・アキヨを居候させると言い出した。愛しているのは私だけと彼は言うけれど、奇妙な三角関係の中で悩む樹理絵。これもすべて彼の優しさゆえ、と思ってみたり、帰国子女同士の彼と元彼女の間には日本とは違う習慣が [続きを読む]
  • 船橋屋こよみ くず餅プリンとか ♪ ・・・詐欺にひっかかる?
  •  抹茶豆寒天  かぼちゃプリン  くず餅プリン こちらは こよみ のお品だから亀戸のお店にはないのね。たまにはいいかも・・・でも私・・・昔の人だから、いつもの 豆かん と くず餅 でも十分です。船橋屋のくず餅は、生まれた時から食べています。ウソです。物が食べられるようになってから・・・です。詐欺にひっかかるニュースを見るにつけ・・・何でひっかかるかなー!と思って毎度みているけれど・・・人生百年!な [続きを読む]
  • 久しぶりに撮ってみた〜・・・??
  • お久しぶりに写真に納まりましたね!地下に潜ると、あっちこっちにから電車が来ます。あら、ここまで乗り換えなしなの?・・・ふ〜ん!朝・・・ちょっと寒いかしら?が、東京はそれほどでもなかったのね。お昼休みの時間にオフィス街に入ったら・・・背広脱いで歩いていた。トイレでユニクロ下着引っこ抜いて、ぺらぺらコートを持って歩いた。お荷物・・・東京の中心部までだいたい30分で行けるんだ!って知事も言っているところだ [続きを読む]
  • 朝のスープと・・・お抹茶色 ??
  •  朝のスープを切らしたからスープコーナーで物色していたら、いつものトマトのポータジュのお隣に素敵な箱が並んでいた。真っ赤な完熟トマト・・・どらどらいただいてみるとするかと連れてきた。美味しいんだけれど・・・2袋しか入っていない。と言っても、いつものも3袋なんだけれど・・・話かわって・・・パッと目について、あ!いい!着てみてくださいね。って近くにいたお若い男の店員さんは言った。着てみたらちょっと大きか [続きを読む]
  • 本・小林聡美 「ていだん」
  •  内容紹介【鼎談】(ていだん)とは、三人が向かい合って話をすることである――。本書は雑誌『婦人公論』で1年半にわたり掲載された女優・小林聡美による大人気連載「いいじゃないの三人ならば」を1冊にまとめたもの。さまざまなゲスト二人と小林聡美が語り合う、読むと気持ちがちょっと豊かになる鼎談集。小林聡美だからこそ聞き出せた、誰もが知るあの人たちの意外な素顔。 【ゲスト】 井上陽水、川上未映子/小泉武夫、飯島奈美/ [続きを読む]
  • みんなのぱんやのパンたち・・・♪
  •  カレーパン  ヤサイロールサンド と コロッケぱん  食ぱん ちょうどお昼になっちゃったから・・・丸の内で働く皆様の行列にお邪魔して買って参りましたわ お荷物と一緒だったから食ぱんちょいとグレました。みんなのぱんやさんはTOKIAの地下1階に、上の1階にはVIRONがあります。どちらも同じ会社 天気良しっ!お布団からシーツをべりべりはがして全部お洗濯(誰もいないから自分の分だけ・・・)ついでにカーテンも・・ [続きを読む]
  • 芸大美術館へ・・・「刻まれた時間 ― もの語る存在展」
  • 土屋仁応 作この方の作品がみたかったの。都美術館に行った時のことは・・・こちらお馬さん!素敵なのです。深井?展につづく・・・見学時、すごくそばに近づいて指が触れそうなくらい伸ばし、係の方が来ると、触っていないわよ!とどう見ても面白がってやっていた初老の女性4人組のリーダー的存在の人・・なんかタチ悪い!お仲間誰も注意できないの。そばにいた若い女性がじっと見ていましたよ。先週の事・・・ [続きを読む]
  • 大阪の旅 お食事2日目・・・ホテルの朝食と串かつ料理「活」
  • 器洗うの大変だろうなぁ〜・・・と思いながら、ちゃっちゃかお野菜取ってと・・・ちょっと緑のオムレツ食べてみたかったからお皿にのせたんだけれど、隙間だらけだったからハムとポテトものせてみた。お味噌汁は夫が持ってきてくれた。こういうところに来るととってもマメな人に変身する。緑のスムージーも持ってきてくれた。こういうところ人が見たらさぞかしお家でもいろいろ家事をマメにしてくれそうじゃないか?と思うんだろう [続きを読む]
  • 本・bonpon 「セカンドライフ、はじめてみました」
  •  内容(「BOOK」データベースより)60代、まだまだ楽しいことが待っている!家具も食器も10分の1にして、小さな暮らしへダウンサイジング。思い切って環境をリセット!普通に慕らしてきた夫婦の、お金をかけないセカンドライフ「衣・食・住」を紹介!                 読書備忘録 お二人の事はなぜかこんなに知られる前から知っていた。いいなぁ〜・・・と、素敵夫婦を見ている。仙台に引っ越したお話でダウンサイ [続きを読む]
  • 都美術館へ・・・「ムンク大回顧展」
  • 100%ムンク作品の展覧会叫び来日しているのはテンペラって書いてあって、オスロ国立美術館でみたのは油彩画だそう。その時は、美術館に入場し、数ある作品の前をわき目もふらず一目散に通過し、「叫び」の前にやってきて、ハイこれが有名なムンクです。皆さん観ましたか?はい、では次はお昼ですのでレストラン向かいます。盛りだくさんのツアーだったから、どこもかしこも、はい、みましたね!お写真撮りましたね!来ましたよ、 [続きを読む]
  • 東京散歩・・・上野のお山
  • 旧東京音楽学校奏楽堂日本最古の洋式音楽ホール 国の重要文化財この日・・・公開していましたね。京成 博物館動物園駅この幻の駅・・・改修工事が終わり駅内部は11/23〜2019 2/24までの金・土・日に一般公開されますね。空ていたら入ろうかな〜・・・とムンク展のチケットも持って出た。空いてはいないけれど、これからもっと混むかな?とか、行けなくなったらイヤだなーとかで多少混雑はしていたけれど入った。なのでこの日は留 [続きを読む]
  • イアコッペのコッペサンド ♪ BMIと適正体重
  •  ナポリタン と ピスタチオ 毎回ここに登場してはいないけれど、気が付くとこのふたつを連れ帰っている。BMIと適正体重 に数字を入れてみた。変わらず普通体重と出た。ただし・・・適正体重にしたければ あと 1? 減らさないとね・・・と出ました。そんなこと気にしない。1?くらいはちょっとしたことで増えたり減ったりするから・・・同い年の従妹が太りすぎです!と職場での健康診断で言われ生活改善指導に基づき痩せたら [続きを読む]
  • 喫茶トリコロールでランチ ♪
  • 本日のランチパスタは・・・やめとこう。で・・・  ナポリタン  サラダとコーヒーがセットになっているのを選んで、お昼時で混んでいたけれど、まだ空いているお席も有ったから、どうぞごゆっくり・・・に、ごゆっくりしてきた。パソコン持ったままお店に入ったことなかったから、ゴトン!と落ちたらどうする?なぁんて心配はいらなった。広いお席に、こちらにどうぞしていただいたから・・・ [続きを読む]
  • 本・荻上直子 「彼らが本気で編むときは、」
  •  内容(「BOOK」データベースより)優しさに満ちたトランスジェンダーのリンコと彼女の心の美しさに惹かれすべてを受け入れる恋人のマキオ。そんなカップルの前に現れた愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人がそれぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日間を描いた物語。                読書備忘録 「モリオ」・・・ 映画 「トイレット」 のモーリーもね。荻上作品大好きだから・・・と言っ [続きを読む]
  • 本・姫野カオルコ 「彼女は頭が悪いから」
  •  内容紹介私は東大生の将来をダメにした勘違い女なの?深夜のマンションで起こった東大生5人による強制わいせつ事件。非難されたのはなぜか被害者の女子大生だった。 現実に起こった事件に着想を得た衝撃の書き下ろし「非さわやか100%青春小説」!横浜市郊外のごくふつうの家庭で育った神立美咲は女子大に進学する。渋谷区広尾の申し分のない環境で育った竹内つばさは、東京大学理科1類に進学した。横浜のオクフェスの夜、ふたりが [続きを読む]
  • 本・山崎ナオコーラ 「偽姉妹」
  •  内容紹介私、お姉さんたちとは別に、姉妹になりたい人ができたの――まったく新しい家族のつくり方を模索する、山崎ナオコーラのポップで自由な家族小説! あるとき3億円の宝くじが当たった真面目で地味な正子(35歳)。 当せん金で『屋根だけの家』という風変わりな家を建て、イケメンの夫・茂と息子の3人で暮らしていたが、茂の浮気で離婚。シングルマザーになった正子は、姉妹の衿子・園子と暮らすことに。ただ、姉妹同士の共同 [続きを読む]