小春 さん プロフィール

  •  
小春さん: ときどき森へ・・・sora日和
ハンドル名小春 さん
ブログタイトルときどき森へ・・・sora日和
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/cocoa3003
サイト紹介文写真をどっさり貼って、好きにおしゃべりしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供753回 / 365日(平均14.4回/週) - 参加 2007/09/13 18:11

小春 さんのブログ記事

  • ベーカリ&テーブル箱根の塩パンで・・・♪
  •  レタス と ・・・きゅうり・人参・・・タマゴサラダ 冷凍室の中の塩パンを出して、挟んで・・・焼いた。うっかり、焦がした??大変おいしい塩パンだからちょっとくらい焦げたって平っちゃらでいっ!出たっ!息子が、すごいぞ年寄りばかりだ!と驚いていた昨日から行っている場所に、父親は朝もはよからお仕事で・・・道を渡ろうとしているとき、〇ンツに〇M は止まってくれるけれど、〇クサスはまぁまぁ・・・止まってくれた [続きを読む]
  • 本・内館牧子 「すぐ死ぬんだから」
  •  内容(「BOOK」データベースより)終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。78歳の忍ハナは、60代まではまったく身の回りをかまわなかった。だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、問題は息子の嫁である。自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。それだけが不満の幸せな老後だ。ところが夫が [続きを読む]
  • ブルディガラ シュトーレン と パンたち ♪
  • ちょっと二切ればかり・・・ タルティーヌ・シャンピニオン  プロヴァンス  カレーパン もうカレーパンの購入制限はないのね。冷凍室へ・・・お昼はお持ち帰りブルディガラ ?本日はマンションの設備点検の日9:00〜12:00 が我が家の予定早く来てくださると助かるんだけれど〜・・・宅急便のお姉さんが玄関からピンポ〜ンで上がってきて、お部屋ピンポ〜ンで、はぁ〜い!と出たら、声がおじさんだった。点検点検とドアを開 [続きを読む]
  • イケフェス大阪2018 新井ビル・・・
  • 登録有形文化財(建造物)鉄筋コンクリート4階建、1階正面の玄関部分は4本のドリス式オーダーを並べた重厚な外観になる。もと銀行店舗として建設されたもので、内部は中央が吹き抜けとなり2階周囲に個室を稗史階以上は事務室とする構成になる。設計河合浩蔵、施工清水組。国指定文化財等データベース(文化庁)よりお食事をした 五感 は元営業室の吹き抜け空間i階には美味しそうなスイーツが、2階は回廊を進むといくつかのお部 [続きを読む]
  • 船橋屋のくず餅 ♪ ・・・ふるさと納税!
  • 和菓子で唯一の発酵食品でくず餅乳酸菌がいいらしい。カンブリア宮殿みましたよ。↓http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2018/1101/税理士さんとの面接後金額が分かり、ではではと・・・おっどろいたのは、ぐだぐだと二人して夜選んでいたお品が翌々日の朝の便で届いたこと。その後、お酒 と お蕎麦が2ヶ所から届いた。冷凍・冷蔵はまだ。さぁ大変!いつ届くかわからないから冷凍室は半分以上空けておいて、冷蔵庫も一段 [続きを読む]
  • 本・青木祐子 「これは経費で落ちません!」
  •  内容紹介森若沙名子、27歳、彼氏なし。入社以来、経理一筋。きっちりとした労働と、適正な給料。過剰なものも足りないものもない、完璧な生活をおくっている、はずだった。最近、そんな気配のなかった同期に恋人ができてしまい、少し迷いが生じている。ある日、営業部のエース・山田太陽が持ち込んだ領収書には「4800円、たこ焼き代」。経理からは社内の人間模様が見えてくる?                 読書備忘録 面白 [続きを読む]
  • 銀座アスターでランチっ!・・・秋のドラマ♪
  • 海老ワンタンと海の幸のスープ麺セット前菜春巻ポーク焼売とふかひれの餃子ミニデザートランチセットからスペシャルランチセットを選んだら、1品食べ終わると熱々が出てきて美味しくいただきました。そこに行くと、いつもここに寄り道する。だからお約束は逆算し、ランチタイムにここに行けるようにして、午後〇〇時とかお昼間際だと、えっとーその時間はー・・・と用もないのに言ってみたりするのです。「僕らは奇跡でできている [続きを読む]
  • 本・荻原浩 「逢魔が時に会いましょう」
  •  内容紹介大学4年生の高橋真矢は、映画研究会在籍の実力を買われ、アルバイトで民俗学者・布目准教授の助手となった。布目の現地調査に同行して7月の遠野へ。取材対象が現れたら、姿を映像か写真に記録したいという布目の希望により、“座敷わらし"を撮影するため、子どもが8人いる家庭を訪問。スイカを食べる子どもを数えると、ひとり多い!?「座敷わらしの右手」より。ハンサムらしいが風変わりな大学教授と、映画製作を夢見てア [続きを読む]
  • 箱根  龍宮殿本館・・・
  • 国の登録文化財建物の歴史はこちら・・・http://www2.princehotels.co.jp/ryuguden/honkan/history.html芦ノ湖畔に駐車場を探していたところ、あれはなんだ?思わず車を駐車場に止めて近付いて坂を上った。湯豆腐と書かれたのぼりが立っていたけれどお昼はまだまだの開店前プリンスなんだ〜・・・と、見てきた。 [続きを読む]
  • 本・小池真理子 「懐かしい骨」
  •  内容紹介両親が亡くなり、解体した実家の物置の床下から白骨死体が発見された。娘である早紀子は、25年前の記憶を辿るうちに、ある事件に思い当たる。この骨は過去の犯罪を告発すべく現われたのか……。繊細なタッチで描く戦慄の長編サスペンス。                 読書備忘録 そうだと思ったのに・・・そうじゃなかった。追い詰められ方が怖いなー・・・なんかしたんでしょ?って兄妹でも知らないことはたくさ [続きを読む]
  • 墨繪のオニオンパン ♪・・・死後離婚って!
  •  オニオンパン 間違えて下りた階段の先にお店があった。あー・・・ここにあったのね。だからと言って次に行けるかというと・・・だいぶ迷って外に出てきたもんで・・・??今読んでいる小説に 死後離婚 の事が書いてある。えーーー!そんなことできるの?できるの!夫と同じお墓に入りたくないとか、あちらの家族や親戚とは付き合いたくないとか・・・「姻族関係終了届」というものがあるそうで、妻側から出されることが多いら [続きを読む]
  • 本・吉永南央 「糸切り 紅雲町珈琲屋こよみ」
  •  内容紹介紅雲町にある小さな商店街が改装されることに。だが様々な思惑が絡んで計画は空中分解寸前に。お草さんはもつれた糸をほぐせるか? 牡丹餅 貫入 印花 見込み 糸切り                読書備忘録 お草さん!どうやら酸いも甘いも噛み分けている人なのでしょう。何ていうと謙遜されるのでしょうが、ただもんじゃない!久実も大したもんです。頼もしい。いいコンビだわ。ロールスロイスに跳ねられそうに [続きを読む]
  • 東京国立博物館 秋の庭園開放・・・
  • ちょっとだけ ひとまわり・・・春と秋に庭園開放されています。入館料は必要・・・12/2までね。2016年秋の庭園開放に行ったときの記事は・・・ こちらあら・・・隙間からちょろっと見えていた。晴れっ!て言ったからお布団干して行った。帰ってきたら何やら怪しい・・・ここ晴れたの?お布団冷たくなっていました。今朝のお日様洗濯物を干しに出るときに、お!久しぶり!で、 パチリ!この時間バタバタしていてなかなかね。いつ [続きを読む]
  • カーラ・アウレリアのパンたち ♪
  • 大丸東京はなんとなく吸い込まれるデパート吸い込まれた後はぐるりとし、あとは必ず美味しいものがたくさんある地下へもぐる・・・気が付くと袋をぶら下げている。ぶら下げた袋は・・・カーラ・アウレリア今、東京から川を渡ったこちらのこの辺りに移住?される方が増えていると聞いた。昨日お話した方もそう言っていた。どうしてですか?に、東京に比べると割安であることと、安い割に・・・ってことらしい。へぇー知らなった。ち [続きを読む]
  • 本・彩瀬まる 「不在」
  •  内容紹介愛による呪縛と、愛に囚われない生き方とを探る。野心的長篇小説!長らく疎遠だった父が、死んだ。「明日香を除く親族は屋敷に立ち入らないこと」。不可解な遺言に、娘の明日香は戸惑いを覚えたが、医師であった父が最期まで守っていた洋館を、兄に代わり受け継ぐことを決めた。25年ぶりに足を踏み入れた錦野医院には、自分の知らない父の痕跡が鏤められていた。恋人の冬馬と共に家財道具の処分を始めた明日香だったが、 [続きを読む]