マグロ君 さん プロフィール

  •  
マグロ君さん: 世の中のうまい話
ハンドル名マグロ君 さん
ブログタイトル世の中のうまい話
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/yoshikawasuisan02
サイト紹介文美味い酒を呑む為に・・・美味い魚(肴)を知る。旬・ブランド・漁師料理、そして諸国漫遊食べ歩き!
自由文魚のうんちくと〜全国食べ歩き〜〜
食べ歩きは八王子、西東京中心〜〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供610回 / 365日(平均11.7回/週) - 参加 2007/09/18 22:31

マグロ君 さんのブログ記事

  • 6月22日は「蟹の日」です!
  • 今日は蟹の日!大阪のかに料理店「かに道楽」が1999(平成11)年に制定。星占いの かに座の初日であることと、50音表で「か」が6番目、「に」が22番目であることから6月22日が蟹の日となりました〜〜〜結構強引!何でもあり〜〜的な〜〜〜東京ランキングにほんブロ... [続きを読む]
  • 鼠鯒(ねずみごち)・めごち
  • 鼠鯒(ネズミゴチ)・メゴチ【語源】可愛いとぼけた顔がネズミに似ている事から付けられたのか?ネズッポ科ネズッポ属の魚なのでそれが変化したのか?詳しい事はわかりません。ネズミゴチの「コチ」はコチと姿が似ているためですが、この由来は神官が持つしゃく(... [続きを読む]
  • 鮫(さめ)
  • この状態で流通してる事が多いです       フカヒレの姿煮鮫(サメ)【語源】サメの語源は「狭目」。体に比べ小さな目をしている事が語源と言われています。また、夜行性で、昼は眠り夜目を覚ますことから「覚め」が語源とも言われています。【旬】日本近海に... [続きを読む]
  • 胡麻鯖(ごまさば)
  • 胡麻鯖(ゴマサバ)【語源】サバの語源は歯が小さいから「狭歯」であるという説が一つ。集まる意味の沢(さわ)からきていると言う説。「数が多い」意味の古語「サハ」から転じたと言う説もあります。「ゴマ」の語源は、真鯖と比べると銀白色の腹部一面に黒ゴマを散... [続きを読む]
  • 本日〜6月15日は「生姜の日」
  •        自家製のガリ(六本木ささき)生姜は古来より、体に良い食材として生活に取り入れられてきました。奈良時代からは神様への供え物とし生姜が献じられ、6月15日には生姜の古名である「薑(はじかみ)」を名乗る石川県金沢市の「波自加弥(はじかみ)... [続きを読む]
  • 岩牡蠣(いわがき)
  • 岩牡蠣(イワガキ)【語源】カキの語源は岩から掻(か)き落として採集する事からと言う説、殻をかき砕いて身を取り出すことからと言う説があります。「牡」の字を当てるのは、牡蠣(カキ)はオスしかいないと信じられていたからだとか・・・・。「蠣」には「流行... [続きを読む]
  • 海鞘(ほた)・まぼや・あかほや
  • 海鞘(ホヤ)マボヤ・アカホヤ【語源】ホヤの古名は宿り木を意味します。「ほよ」海の岩に密着する様子が他の木の宿る木の根に似ているからと言われています。また、ホヤの形がランプの「火屋(ほや)」に似ているから・・・と言う説もあります。現在、漢字で書く... [続きを読む]
  • 鮑(あわび)
  • 鮑(アワビ)【語源】殻が1枚しかない為、不合肉(アハヌミ)が転じて『あわび』になったと言われています。     煮アワビ【旬】日本近海に生息するアワビは、大きく分けて4つの分けられます。「マダカアワビ」、「クロアワビ」、「メガイアワビ」、「エ... [続きを読む]
  • 障泥烏賊(あおりいか)
  • 障泥烏賊(アオリイカ)【語源】障泥(アオリ)とは元々は泥よけの馬具のことで、毛布や皮などで造って鞍の間に差し込んで馬腹の両脇を覆いました。後には飾りとして、天気の良い日にも用いるようになりました。ヒレがこのアオリの形に似ていることから障泥烏賊と... [続きを読む]
  • 黄肌鮪(きはだまぐろ)
  • 黄肌鮪(キハダマグロ)【語源】「キワダ」とも呼ばれますが、標準和名はキハダです。語源は、「黄鰭(きはだ)」からきています。「ハタ」とは鰭(えら)の古名。漢字では「黄肌」と書きますが、この魚の体皮は黄色でなく、体側線上と鰭(エラ)だけが黄色なのです。... [続きを読む]