Jets さん プロフィール

  •  
Jetsさん: Jets' Diary-Shuffle It All
ハンドル名Jets さん
ブログタイトルJets' Diary-Shuffle It All
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/jets_izzy/
サイト紹介文似非旭川ラーメン研究所、ギター、クルマ、ドライブ、お料理、B級グルメ、アウトドア、DIY、雑記...
自由文「Jets似非旭川ラーメン研究所」トップページ
http://blog.livedoor.jp/jets_izzy/archives/384173.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2007/09/20 11:55

Jets さんのブログ記事

  • サッポロ一番塩ラーメン in 空沼岳
  • 札幌・南区にある空沼岳に登ってきました。遡ること30数年前、札幌市南区の駒岡小学校"夏季林間学校"に参加した時に登ったことがあります。登りも下りも、永遠に歩き続けた記憶があります。下山時はもう暗くなっていたような。さて、今回の山ラーは前々回と同じく「サッポロ一番塩ラーメン」です。(前々回、十勝岳の時に5パック入りを買ったので余ってました)サッポロ一番塩ラーメン登場までしばらく山登りにお付き合い下さい。登 [続きを読む]
  • 深川市 旭川ラーメン いとすえ(糸末) 塩篇
  • 旭川市の隣、深川市にあるいとすえ(糸末)。漢字表記とひらがな表記が混在しています。正油篇は→こちらメニューです。今年4月に価格改定があったようで、大幅値上げになったものもあるようです。何故かカレーライスは大幅値下げ。お子様ラーメンと昔風醤油ラーメンがメニュー落ちしたようです。昨年戴いた醤油が美味かったんで、今回はこちらに期待を塩ラーメン 700円醤油篇での記憶ほど魚介は強くなく、バランスが良いです。極少 [続きを読む]
  • 札幌 東区 玉林酒家(ぎょくりんしゅか)
  • 札幌市東区。地下鉄栄町駅近くの玉林酒家です。昔っからいつも混んでますよね〜。今回初訪問です。この日も混んでましたー以前、刀削麺を戴いた江別の明珠酒家はここ玉林酒家の支店筋なんだそうで。ケバケバしい中華な装飾。雰囲気ありますね。メニューをちょっと見てみましょう。今回オーダーしたのは名物と名高い、辛湯(ラータン) 930円 +ご飯160円凄いボリューム。1人用プチラータンにしておけば良かった〜溶岩のように熱々で [続きを読む]
  • 藤原製麺 山頭火本店のまかないラーメンあわせ味 in 白雲岳避難小屋(大雪山)
  • さて、夏季限定の“山ラー”シリーズです。なぜ山に登るのか、って?そこでラーメンを啜るためさ!今回は大雪山の白雲岳避難小屋で啜ってきました。いつものように長くなりますが、「藤原製麺 山頭火本店のまかないラーメンあわせ味」登場までしばし一緒に登山しましょう!今回のルートです。銀泉台から入山し、白雲岳避難小屋テント場で一泊。翌日はお鉢平を時計回りに巡って黒岳へ。いつものソロ山行ではなく実家の山岳部と一緒 [続きを読む]
  • ラーメン山岡家 士別店 あれこれ 2018
  • 毎度お馴染み 士別山岡家シリーズ!この夏の限定メニューはガリバタ醤油ガーリック&バター&醤油接客業の人間としては御禁制のメニューですよ。休日に旭川で山岡家ってのもアレなんで、2種のブレスケアを用意して挑むことにします。しかも"スタミナ指数"って何?!怖いんですけど〜ガリバタ醤油らーめん870円並盛り、すべて普通で。トッピングに黒ばら海苔(110円)濃い〜味、ぶっとい麺、ガツンと効いたニンニク、トロッと濃厚バター [続きを読む]
  • 札幌 旭川ラーメン 平成軒 正油篇
  • 札幌編は昭和から平成へ。東区東雁来にある旭川ラーメン店「平成軒」。かつての旭川ラーメンブームの頃には札幌に数店あったのだとか。そんな平成軒の遍歴はこちらのサイトがとても詳しいです。10年ほど前までずっと札幌市民でしたが、全く知りませんでした。(なにしろ、ラーメンが好きになったのは旭川に住んでからなもので...)平成軒。店の内外共に昭和の雰囲気が溢れ出ています。メニューです。ラーメン大盛も通常料金!では、 [続きを読む]
  • 地産食堂ウルエ 山わさび冷やししょうゆラーメン
  • 実は初めておじゃまします地産食堂ウルエ広くて清潔感のある店内、カウンター席に着きます。安心。オーダーが済んだのでメニューなど見ていきましょうなるほど「空」を分解してウルエでしたか。「尋」は「ヨ エロ 寸」だなぁ、などつまらぬ事を考えながら今回のお目当てはこちら1日10食限定。実はこの数日前に訪れた時は10食完売になっていました。ようやっと戴けます。麺からわさび!わさび冷やししょうゆ 880円麺にもわさびが練 [続きを読む]
  • 旭川ラーメン 宝龍 正油篇
  • 暑い熱い日。熱くて辛いラーメンが欲しくなるのはマゾヒズム的ラーメンフリークでしょうか...漢字。画像は過去記事からの転用。暑くて外に居たくないのです。クルマの外気温計異常!酷暑の旭川ですが店内は冷房が効いていて快適。しかもきれいな空気。快適です。中辛みそをアテに行ったところおや、Newメニュー辛正油ラーメン 800円熱々で豚甘系&カドが取れた正油ダレ、というしっかり美味い宝龍の正油がベースです。その間違い [続きを読む]
  • 旭川ラーメン 昭和ラーメンふくや 醤油篇 (札幌 二十四軒)
  • せっかく札幌に来たんですから、ラーメンを戴かない手はないですよね。札幌 地下鉄東西線二十四軒駅からちょっと歩いたところにあります、昭和ラーメン ふくや琴似にある旭川ラーメンの実力店「ななし」の創業者が平成24年に開いたそうです。加藤ラーメン系ですね。どど〜んと500円玉の図柄。嬉しいワンコイン店です。メニューはこれだけ。潔し!店内は禁煙。ちっちゃい子供連れのお客さんが複数。安心ですもんねー神楽見本林のポ [続きを読む]
  • 士別市 和食レストラン てしお
  • 久ぶりにおじゃましました、TESHIO。そしたっけ、あららら。あらららら。あららららら...先日の大雨の被害でしょうかね。北海道では珍しい瓦葺きの屋根が壊れてしまいました。テーブル席は満席でしたので、小上がり席に着きます。この日は幸いにも終始空気はクリーン。メニュー色々は本記事下方をご覧下さいm(_ _)mもう、てしお言えばこれ一択!なJetsでございます。重ねカツ丼そばセット 1,000円サラダ付きです。色々気にしてい [続きを読む]
  • 旭川ラーメン 旭川三平本店 塩篇
  • 三平本店が、三平母さん監修で復活したそうです。旧中央バスターミナル向かい、そうる屋があったところです。ライナー7/27号の記事です。詳しいことはこの記事で。神楽の「ちゃんこ屋天空」、重要なのに記事ではなぜか割愛されている「ラーメンすがわら」を経営している(株)エンフードの企画。味の三平 本店(神楽/神居時代)の正油篇は→こちら味の三平 本店(神楽/神居時代)のみそ篇は→こちら過去記事にも書いてますが、三平の味噌 [続きを読む]
  • 旭川ラーメン ふく寿 みそ篇
  • 真夏日が続いていますねーこんな季節こそ、負けじとHOTなラーメンネタで暑苦しくいきましょう!そんなワケで冷房のないお店で濃厚にいきます!ふく寿モワっと温暖湿潤気候。これですよ〜!メニューは変わりなし。営業時間に変更がありますね。21:30ラストオーダーとなると、遅い晩ご飯にもうってつけです。いるも余裕で30分は待つことになるのですが、この日は10分程で到着しました。みそバターラーメン 850円旭岳9合目の金庫岩の [続きを読む]
  • 旭川ラーメン 風沙(ふうしゃ) 正油篇
  • 今年7月8日にオープン、風沙(ふうしゃ)。女性店主で、かの山岡家で修行されていたのだとか。建物の2階です。階下の店からはカラオケの音が漏れ聞こえます。建物前に6台分ほどの駐車スペースがありますが、満車だったので向かいの靴屋さんにこっそり駐車お昼時を少し過ぎた時間。先客は1名。カウンター席に着きます。キッチンとの距離感が非常に近い。ラーメン色々。では、正油ラーメン 650円新規店でありながら、この価格!素晴ら [続きを読む]
  • 旭川ラーメン たちきゅう 醤油篇
  • 非常にお久しぶりのたちきゅう醤油篇となってしまいました。たちきゅう。塩篇は→こちらたちきゅうの岡持が置いてあった名寄のラーメン屋さんの記事は→こちら凄くお久しぶり。前回の塩篇は一昨年5月ですから。お店の雰囲気は変わりないようですね。さあさあ、戴きましょう!醤油ラーメン 670円熱々スープぬるいラーメンほど残念なものはないですからね、これだけでも嬉しいです。豚骨の風味も魚介の風味も濃厚。コシの良い茹で加 [続きを読む]
  • 名寄 蕎麦 ひぐま食堂
  • 毎度お馴染み、名寄のひぐま食堂です現在はママ1人で切り盛りしているようです。ひぐまといえばラーメン!なのですが今回はお蕎麦を戴いてみましょう!ラーメン記事は、正油篇は→こちら塩篇は→こちらみそ篇は→こちらメニュー豊富。メニュー制覇への道はまだまだ遠いです。では、とじそば(大) 850円とじそばフリークなもんで。お蕎麦はだいたい大盛でオーダーするのですが、ひぐまの場合はかなり大盛りになります。普通盛りの2 [続きを読む]
  • 旭川ラーメン 橙ヤ 末広店 塩篇
  • 橙ヤの末広店におじゃましました。ガラガラに空いているのでテーブル席に着かせてくれました。テーブル席/小上がり席は靴を脱いで上がります。なんか、店員さんの接客が...アレだな〜メニューです。ちょっと見づらいですが、見やすい画像を載せよう!という情熱が沸いてこない、この感じは何なんでしょう(笑)野菜らーめん 塩 880円さすがは橙ヤ!な、強気の価格。程よい塩分。淡〜い味わいだが脂でこってりとした口当たり。もやし [続きを読む]
  • 阿寒湖温泉 まりもラーメン あずさ
  • 阿寒湖温泉にやってきました。雨模様の中、アイヌコタンを見て楽しみました。アイヌの民族楽器"ムックリ"を買ったので早速お宿の部屋で練習。1分足らずでビョウンビョウンと鳴らすことが出来ました!ギターよりセンスあるかも??翌日。雨が上がって、曇り空。遊覧船に乗って阿寒湖を満喫しましょう湿気を帯びた冷たい風が心地良いです。雄阿寒岳。雌阿寒岳。どちらも登ってみたいですね〜。ところでこの雌阿寒岳にはアイヌの神話 [続きを読む]
  • 釧路市 ラーメン 海皇(ハイファン)愛国本店
  • 懐かしのラーメン、釧路の海皇(ハイファン)愛国本店におじゃましました。懐かしの、とか書いてますけど仕事でしょっちゅう釧路に行っていた時に主におじゃましていたのは久寿里橋近く、川上町の「旭店」でした。昨年の10月に閉店してしまったとか。帯広と北見にも支店がります。北海道第4のラーメンとしてすっかり有名になった釧路ラーメンといえば、醤油味の鶏ガラと魚介のスープに細い麺。というスタイルですが、異色のラーメン [続きを読む]
  • 旭川 ラーメン 中国料理 新華楼 塩篇
  • フィール旭川の裏あたりにあります中国料理 新華楼醤油篇は→こちら店内は明るく、広く、席がたくさんありますがPM2.5濃度は北京以上であることは間違いなさそうです。昼休憩の会社員や主婦層の方たちで賑わっています。ざっとメニューを見てみましょう。ランチやセットのメニュー豊富。夜の利用も愉しそうですね。麺料理のところをアップここまで、ほぼ醤油篇のコピペです(笑)では、戴きましょう!五目麺(塩味) 720円嬉しいキク [続きを読む]
  • 釧路市 レストラン泉屋 本店 スパカツ&ピカタ
  • 久しぶりにおじゃましました、釧路の泉屋本店。こちらで晩ご飯を戴きます。華やかなサンプル達。古き良きレストランという感じがして心休まりますね。床のタイルもイイ感じ!2階に上がって着席。満席です。では、このメニュー表を見てみましょう!ステーキカレーとかハンバーグモノがかなり気になりますが、ジュージューいいながらやってきたのはスパカツ 980円油はねが熱いぜ!うまっ🐽これこれ!いや〜、釧路に来たな〜 [続きを読む]
  • 旭川 駅前ビル 塩焼ホルモン はるちゃん
  • 誰が呼んだか旭川駅前の九龍城砦*、駅前ビル。ダンジョンに潜入しましょう。(*誰も呼んでいないです)はるちゃん。平日というのに大盛況。地下迷宮の一室で炭火でモクモク。この昭和チックなシチュエーションは魅力的ですね!お世辞にも愛想が良いと言えない点がご愛敬かwあふれ出すファイターズ愛。店内のテレビジョンはもちろんファイターズ戦中継。松本剛のせいで見えないところあり。まあ、ソフトドリンクのとこだからいいか。 [続きを読む]
  • 士幌町 ラーメン お食事処 ?(よし) みそ篇
  • 旭川から層雲峡、大雪湖、三国峠を経て"幻の橋"糠平湖のタウシュベツ川橋梁です。風化が激しく、近い将来に崩壊してしまうと言われています。冬はスノーシューで歩いて橋まで行けるらしいですね。実は初めて見ました。娘にも見せられて良かったです。糠平温泉郷を抜け、士幌町の道の駅で恒例の足湯を楽しむ前に市街地で昼食にしましょう!予定では蕎麦を戴くはずでしたが痛恨の臨時休業もう、蕎麦を受け入れる態勢充分だったのに〜 [続きを読む]
  • 旭川ラーメン みづの しお篇
  • ロータリーと旭橋の間にあります。みづの。生姜ラーメンが有名です。ずいぶんと久しぶりとなってしまいました。クルマを停めるところを検討すると、なかなか〜しょう油篇は→こちら変わらぬ店内。壁一杯のサイン色紙は相変わらず圧巻。鳥肌実中将のサインも健在。とても見やすい一等地に。旭橋からみづのを経て師団通りを闊歩なさったんでしょうか。メニューです。今日戴きたいのは、しお 530円前回平成23年からお値段据え置き? [続きを読む]
  • 小平町 ラーメン レストハウス理尾 塩篇
  • 国道232号線オロロンライン。小平町臼谷。留萌から日本海を望み北上するとありますA鰊御殿、小平町市街地よりずっと南(留萌側)。美唄市から移転してきたそうです。ヴィヴァイか〜、懐かしいな〜旭山ら〜めん通りのesさんが何度も定期巡回されていて、いつも指をくわえて拝見していたんです。なかなか留萌/小平方面に行くことがなくて〜ある休日に家族を巻き添えにして(笑)おじゃましました。お昼時は過ぎていますが、半分以上の席 [続きを読む]