虚無僧一路 さん プロフィール

  •  
虚無僧一路さん: 一路の虚無僧日記
ハンドル名虚無僧一路 さん
ブログタイトル一路の虚無僧日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/goo3360_february/
サイト紹介文平成の世を虚無僧で生きる一路の日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2007/09/23 01:40

虚無僧一路 さんのブログ記事

  • モルモットにされた被爆者 
  • 広島・長崎への原爆投下は、戦争を終結させたいと願う天皇とその側近にとって、本土決戦を主張する「徹底抗戦派」を封じ込めるためのシナリオだった。しかし、その被害の大きさ、悲惨さは想定外で、終戦1ヶ月も過ぎると、被害報道は禁止された。しかも、「今後70年... [続きを読む]
  • 「東条英機」の遺言
  • 「東条英機の遺言」というのが、あるとのこと。本人が口述してものを、書き止め、また修飾してあるので、この通りが真実ではないとの意見も。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・英米諸国人に告げる 今や諸君は勝者であ... [続きを読む]
  • 東条英機の戦争責任
  • 東条英機の孫娘の東条由布子は「開戦の責任ではなく、敗戦の責任はある」と言っているそうな。戦争に踏み切ったのは「正しい決断だった」というのだ。東条英機でなくとも、他の誰が首相になっても、あの戦争は避けられなかったと私も思う。とするなら東条一人に責任... [続きを読む]
  • 東条英機の家族愛??
  • 東条英機の孫娘東条由布子女史が、祖父の復権を求めて言論活動を展開している。『祖父東條英機「一切語るなかれ」』『東條家の母子草』に続いて近著は『家族愛』春日出版。キャッチコピーには「東条英機の知られざる一面。軍人であり、首相であり、そして父であった... [続きを読む]
  • 第二次世界大戦の死者数
  • 「第二次世界大戦の戦争犠牲者数」というサイトがある。それによると、日本は「軍人・軍属230万人、一般人80万人」で310万人が亡くなった。当時の人口は 約7千万人だから、人口比4.4 %。これに対して、中国の戦争犠牲者は、統計は不明で、俗に1千万人と... [続きを読む]
  • なぜ戦争は起きるのか
  • 今朝の学び。「なぜ戦争は起きるのか」。「古来すべての戦争は“利得を求める心”から起きたもの」だそうだ。土地争い、作物の略奪。水利権、通行権、航行権、航空権、覇権をめぐる争い。宗教の版図拡大のための宗教戦争。みな起こす方にとっては「正義の戦争」だった... [続きを読む]
  • 石丸進一『人間の翼』
  • 戦争回顧と反戦の映画は数々あれど、一番泣けたのが『人間の翼―最後のキャッチボール』です。「特攻隊員として戦死した名古屋軍(現中日ドラゴンズ)のエース、石丸進一君」について、従兄弟の牛島秀彦氏が 裂帛の思いを込めて制作した映画『人間の翼―最後のキャッチボ... [続きを読む]
  • ねがい
  • 『ねがい』 広島市立大洲中学校3年有志(2002年)作詞       山ノ木竹志編詞 たがだりゅうじ作曲 1.もしも この頭上に 落とされたものが ミサイルではなくて 本やノートで あったなら 無知や 偏見から 解き放たれて  君は 戦うことを やめるだ... [続きを読む]
  • あの日の授業
  • 『あの日の授業−新しい憲法の話』笠木透作詞 安川誠作曲新しい憲法とは、現在の憲法が生まれた時の喜びと感動を歌ったものだ。今一度あの時の感動を呼び起こしたい。1.あの日の先生は 輝いて見えた 大きな声で 教科書を 読んでくださった。 ほとんど何も わ... [続きを読む]
  • 虚無僧と敵討ち 2
  • 追う者も虚無僧に仇を追う側も虚無僧となった話が『続近世奇人伝』にあります。                                   この話も、奇しくも会津藩主加藤家に関係があります。加藤嘉明の子明成は横暴で、民は疲弊し、家臣の争い... [続きを読む]
  • 虚無僧と敵討ち 1
  • 「邦楽ジャーナル」に毎月「虚無僧曼荼羅」と題して、虚無僧のあれこれを                             寄稿しています。9月号は「虚無僧の敵討(かたきうち)」「慶長の掟書」には「虚無僧は勇者浪士の一時の隠れ家。敵(かたき)... [続きを読む]
  • 「一休と森女」の謎 解明
  • 一休の父は北朝の「後小松天皇」だが、母は、南朝の忠臣「楠木正成」の血筋。「楠木正行」の弟「正儀(まさのり)」の孫娘。であるから、一休は南朝方からも担ぎだされる立場にあった。その仲介をしたのが「森女」。「森女」とは「住吉の森の女」。住吉神宮... [続きを読む]
  • 学徒生は核実験の生贄にされた
  • 今日8月6日は「広島に原爆が投下された日」。(社)実践倫理宏正会(朝起会)では、毎年8月6日朝5時〜6時『平和祈念朝起会』を開催しています。その日は「上広栄治会長」の著書『倫理がひらく君たちの未来』が読まれます。ここから先のことは、昨年も書いたことで... [続きを読む]
  • 長崎原爆投下予告ビラ
  • 長崎で アメリカの飛行機から撒かれたというビラが発見された。「日本国民に告ぐ! このビラに書いてあることを 注意して 読みなさい。 米国は今や 何人もなし得なかった極めて強力な爆薬を 発明するに至った。今回発明せられた原子爆弾は、只 その1発を以てし... [続きを読む]
  • 長崎も予告されていた。
  • 長崎の原爆投下は、はじめ小倉の予定だったが、雲にさえぎられ、次候補の長崎に落としたといわれている。しかし、8月9日は「長崎」と決まっていたという見解がある。しかも事前に予告され、軍の上層部は知っていたという。広島同様、前日に「第二総軍」の幹部が集... [続きを読む]
  • 広島原爆は予告されていた 4
  • 「広島も長崎も、原爆投下の日時は予告されており、軍の首脳部は知っていた」という。原爆投下の前日に「(西部方面)第二総軍」の幹部クラスの会合が行われていた。畑俊六総司令官以下、若松只一、岡崎精三郎の両参謀、太宰博邦特高警察課長、さらに、高野源進広島県... [続きを読む]
  • やはり知らされていた広島原爆
  • 昨年の10月、中日新聞で こんな記事が連載されていた。「藤原章生 広島の謎」 その中で福井県に本社を置く 非鉄合金の先端企業「大阪合金工業所」の会長「水田泰次」氏(88) が、1988年10月発行の『広島高等学校排球部史』に次の一文を寄稿している。... [続きを読む]
  • 原爆投下は知らされていた
  • 3年前の8月6日、NHKで「原爆投下 活かされなかった極秘情報」という番組が流された。広島も長崎も、諜報では、飛来の情報を掴んでいたにもかかわらず、空襲警報が発令されなかったことを 初めてNHKが報道した。「これまで“想定外の奇襲攻撃”とされてきた広... [続きを読む]