kandk55 さん プロフィール

  •  
kandk55さん: ココロちゃんとおじさん
ハンドル名kandk55 さん
ブログタイトルココロちゃんとおじさん
ブログURLhttp://m24658.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文ココロちゃんと住んでいます。よろしくね、ペコ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/09/23 19:08

kandk55 さんのブログ記事

  • 子に対する親の責任
  • 先日、ある有名女優(76)の次男(38)が、覚せい剤取締法(使用)の疑いで逮捕されました。次男は、前回の逮捕から10年以上も経っての四度目の再犯だそうです。これに対して女優さん(76)は、「 親としては、もう力及ばずの心境です 」とコメントしましたが、36歳にもなった息子の行為に親に責任があるのだろうかと思い、考えました。民法では、未成年者には親権があり、子の養育の責任があり、離婚するときは、親権をどち [続きを読む]
  • 電子書籍の勧め
  • 先日、ブログにした記事は、当初こそWeb 上に搭載されましたが、今日になって調べると、どの検索エンジンでもヒットしません。ま、ブログは落書帖みたいなもので、その時の思い付きを載せて書くだけですから、ブログは削除しないが、Web上から消えて欲しいと思うときもありますから、ヒットしないのも、それはそれでよしとしなければなりませんね。自分の思考過程を後日の人にまで残したいと思ったら、紙ベースの本にするし [続きを読む]
  • 馬籠宿の思い出 (2014年の秋)
  • 2014年の秋、中津川の馬籠宿に行ってきました。今朝、テレビを見てますと、外国の人が多数、岐阜の中津川の馬籠から長野県の妻籠宿への中山道を歩かれるそうですが、出発点にあたる馬籠宿を、当時、私が当時写した写真を紹介します。島崎藤村の記念館もありましたが、帰途のもみじが綺麗でした。 [続きを読む]
  • 無趣味な退職者 69歳になって考えること
  • これは私だけの考えです。退職後のわずかな金額の年金生活を考えますと、まず退職者ですので、自由人であり、これまでのように社会の「 タイムスケジュール 」に自分のからだを合わせる必要ではないということです。睡眠障害とか不眠とかいう病気ですが、社会の「 タイムスケジュール 」に自分のからだをあわせる時に生じると思いますので、退職者はそれに追い回されることがない自由人ですから、眠くないときは眠らず、眠りた [続きを読む]
  • Pintarest(ピンタレスト) 体験報告 その2 サブボードと壁紙
  • 第一回で書きましたように、Pinterest の画面を開けば、メールアドレスや興味がある分野をフォローするように、迫りますから、それをご承知の上、Pinterest に登録をされた方にご報告します。私は、業者のペースに乗らず(どのような問題が発生するかは、Web で確認してください)、自分だけの方針で、最初に作ったボードに、Pin 、つまり、写真を保存したらよいと思います。 私の場合は、仕方なく登録したのですが、無趣味の [続きを読む]
  • 「 君が代 」の「 君 」は天皇ではない
  • 69歳になる私は、ユーチューブの動画によって、「 君が代 」の「 きみ 」が意味することを知らされてから、日本のイザナキノミコトとイザナミノミコトによる「 国生みの神話 」や、能で演じられる「 高砂 」に出てくる「 翁(おきな) 」と「 嫗 (おみな)」が私の中で結びついたように思われます。ユーチューブの動画によると、古代日本語では「 き 」とは男性、「 み 」とは女性を意味し、それを漢字で高貴な [続きを読む]
  • 同病相憐れむ (大竹まこと69歳 腰椎分離症)
  • 今日、TVのニュースで、俳優の大竹まことさん(69歳)が、腰椎分離症の治療のため二週間ほど入院されると知りました。TVの中での医者の話では、立つことも辛く、座ることも辛いということです。わかります。わかります。以前、faceBookにも書きましたが、69歳の私も、「 第五腰椎分離症 」という病気を持っていまして、故事で「 同病相憐れむ 」と申しますように、その痛みがまるで「 自分のこと 」のように同感することが [続きを読む]
  • Pinterest (ピンタレスト)体験報告
  • 私は、「 藤井聡太 新たなる伝説 」という本を買いまして、その評判を調べるために、WEB検索していた時、pinterest に捕獲されました。ちょっと写真を閲覧するつもりでいたのに、閲覧と同時にpinterest からメールアドレスを用いての加入を迫られました。当時は藤井さんの写真が欲しくて、無料だともいうし、facebook のアカウントでも加入できるとしていますから、藤井さんの写真が欲しいために、登録しました。その加入の [続きを読む]
  • 映画の思い出(穢れなき悪戯)
  • 趣味もお金もない老人の私だが、死んだあとにゴミを残さぬよう、断捨離をしていた。ハードディスクも多少は持っているので、古いものを取り出して、整理にかかった。映画音楽の動画もあったので、再生してみると、「 穢れなき悪戯 」の「 マルセリーノの歌 」が出てきた。この映画は、田舎にいた私が、まだ小学校に在学中、文部省推薦として、「 穢れなき悪戯 」が田舎の映画館で上映されることになり、当時は流行りだった映 [続きを読む]
  • 藤井聡太七段、AI を超える
  • 2018年6月5日、竜王戦第五組決勝で、藤井聡太七段は石田五段と対局しまして、96手で勝利しました。その対局の終盤で、複数のAI(将棋ソフト)が悪手とする一手を選択しただけでなく、その後に相手陣に攻め込んで「76手目」に最強の駒である飛車を最弱の歩と交換するという形で、飛車を切り捨てるという、「 AI超えの一手 」を披露しました。この「 飛車切り 」はAI(将棋ソフト)は事前に指示することはなく、飛車が逃げること [続きを読む]
  • 国家公務員に対する安倍首相の訓示について
  • 「皆さんは評論家ではない」安倍晋三首相の訓示全文 国家公務員合同初任研修https://www.sankei.com/politics/news/180404/plt1804040016-n6.html 首相が言うように、国家公務員の仕事は、国の骨格を作る仕事です。仕事の結果は国民全てに影響が及びます。 ですから、安倍首相官邸の公務員と政治家がこれまで為した一連の行為は、国家公務員だけでなく、日本の公務員全体の信用を失墜させる行為であると、これまで、ブログで書い [続きを読む]
  • 自分で考える 4 将棋は格闘技 第三章 将棋と格闘技
  • 第三章、将棋と格闘技 さて、第二章の格闘技と将棋とはどんな関係でしょうか? 棋士は将棋の駒を使って対局します。 車でのドライビングレースのようなものですが、車である駒は一定の動きしか出来ず、しかも相手も同じ条件ですので、「 ゴーカート 」のレースの様だけど、走行する方向が真逆で衝突するゲームだと思っています。 競うのはドライビンググテクニックですが、走行する方向は真逆で同一の場で衝突するのですが、どの [続きを読む]
  • 自分で考える 3 将棋は格闘技 第二章 格闘技について
  • 第二章、格闘技につて    (考えるな、感じろ……という言葉を中心にして) 格闘技と言って思いついたのは、カンフーのブルースリーのことでした。彼は「 考えるな、感じろ 」と言いましたが、そのあとの事は、武道家にしかわからない心情であると思いました。ネットで調べましても、「 考えるな、感じろ 」につて、私を納得させる詳しい説明を見出すことができませんでした。「 考えるな、肌で感じろ 」と言う人もいま [続きを読む]
  • 自分で考える 2 将棋は格闘技 第一章
  • 第一章 「 気 」についての説明 1、 これは、「 誕生から死後までの意識 」の実践編ですので、私が使います「 気 」について説明したいと思います。詳しくは、電子書籍をご覧ください。 ここで言う「 気 」の内容はエネルギーで、それを五感で受け止め、自分の身体に感じたのが感情であり、それを言い表したのが「 気 」であると考えます。外界の「 宇宙エネルギー 」を、体内の「 生命エネルギー 」に取り込み意識 [続きを読む]
  • 自分で考える 1、将棋は頭の格闘技(はじめに)
  • 将棋は頭の格闘技か? 私は、将棋の駒の動かし方は知っているつもりですが、戦略や戦術を知らないこともありまして、将棋を指しますと負けてしまう場合が多いのです。ある日、地元の東海出身で、十四歳の中学生プロ棋士としてデビューして、二年も経たないうちに、現在、十五歳の六段になった藤井聡太氏の将棋をPCで観て以来、もっぱら「 観る将 」になってしまい今に至っています。そんな私が、今こんな記事を書くのは、将棋界 [続きを読む]
  • 公務員が、首相の指示なく、高度な政治判断をしていること
  • 私のブログ記事が、Yahoo でもGoogle でもヒットしないことは、私のFace Book に書きましたが、多分、私の記事がニュース発信者の「 著作権 」を犯しているためだと思います。これからは、ニュースのURLだけを記載しておきますので、詳しくはそれを参照して下さい。結論は、わたしがブログで心配していた通りに、「 国家公務員上級試験の合格者は認知症? 」や「 公務員は公務員、政治家は政治家 」で書きましたように、有 [続きを読む]
  • 「働き方改革」は、首相官邸から
  • 「 国家公務員上級試験の合格者は認知症? 」や「 公務員は公務員、政治家は政治家 」で書きましたことと重複するかもしれませんが、有名国立大学出身の上級国家公務員が弱い記憶力しか持っていない、でなければ、公務員でありながら「高度の政治判断でウソをついている 」ことから始めます。 ヤフーニュースとして次の記事がありました。………………………(以下引用)…………………………………………………<加計問題> [続きを読む]