やまと さん プロフィール

  •  
やまとさん: 鞍手里山探訪
ハンドル名やまと さん
ブログタイトル鞍手里山探訪
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yamato2863
サイト紹介文里山の四季折々の風景を撮影し皆様に癒しの清涼飲料材として届けます。
自由文本ブログのConcept

 鞍手地方の代表的な山である六ケ岳や剣岳,西山山系
他、沢山の里山に纏わる民俗や歴史、神話などを考え、
この地の里山の美俗をいかにして伝承して行くかを考え
て行きます。

 特に古墳や遺跡の凝縮した地方ですが、将来の子供た
ちが、遺跡の発掘ならぬゴミ遺跡の発掘がなきよう、現
状の里山自然保護の在り方について考えて行きたいと思
います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2007/09/28 23:09

やまと さんのブログ記事

  • 松木洋忠氏による川の話し
  •  古代、国が出来上がる上で人の力関係は当然あったと思いますが、私はそれより、気象や気候、そして地形の変動、変遷が国造りに大きく影響したと思います。 特に最近判って来た、1回/500年・1回1000年・1回2000年などといわれる大地震や大津波、また火山の大噴火等の天変地異。神武の東遷も安全な場所に国を遷すべくそうしたはずです。 現在後退した海岸線も、今の標高20〜メートル付近が、ある時期海岸と念頭に置いて当時の伝 [続きを読む]
  • 石垣に咲くイモカタバミ
  •  石垣の割れ目に咲くイモカタバミです。白塀に桃色が映えてとても綺麗です。昨日今日と好天で野良仕事の休憩の合い間撮ってみました。この周辺はとても多く群生しています。 塀・石垣に下から撮っています。 Web情報では、学名:Oxalis rubra 別名:芋傍喰といい、南アメリカ 原産の帰化植物でカタバミ科カタバミ属の多年草。国内では道ばたなどによく咲いている。花弁 の基部の濃い色・黄色い葯などからムラサキカタバミと区別で [続きを読む]
  • 池に写る背高泡立草
  •  せいたかあわだちそう(背高泡立草)の群生が池に写る風景です。見る分にはいいけど、花粉がアレルギーの原因になるとのこと。 月末には池土手の草刈が予定されていますが、それまでに散って欲しいです。 このやっかいな雑草も明治の時期持ち込まれた外来種で食用など有用であった。遠賀川の中洲に咲くこの花は黄色いの絨毯となり見事です。 [続きを読む]
  • あぜ道のマルバルコウソウ
  •  田んぼで野良仕事をしていますと、ここ数日あぜ道に目立ちだしたオレンジ色の野花の群生、、ヒルガオかなと思って調べますと、マルバルコウソウ(丸葉縷紅)という花でした。 他の雑草や露草に巻きつきながら、花の蔓はドーム上に伸びています。 外来種(原産;北米)で観賞用に入ってきましたが、野生化し今は、本州中部以南、四国、九州に帰化しているとのこと。 [続きを読む]
  • 飛行機雲と中秋の名月
  •    日が暮れるのも早くなりましたね。夕方、ワンコと散歩している      と冬雲が浮かぶ黄昏の空に一直線飛行機雲、あの飛行機は      北西に向かっている。       あの方角は、N.K。そうか最近夜間も時折、Z戦闘機らしき音が      聞こえる。               家に帰って見上げるとその飛行機雲に、中秋の名月が重なって      綺麗でした。明日も平和でありますように。  [続きを読む]
  • 水路土手のカタバミ
  •  田んぼと里山(竹林)の間の掘割り水路の土手に、毎年群生で咲くピンクの花です。カタバミ科の花らしいですが、いまだに正式名は分からず。 近くの民家の玄関アプローチ付近にあったものが、増殖していったようです。この辺では、夏の終わりから初秋の風物詩で、毎年目を楽しませてくれます。 [続きを読む]
  • 秋、田んぼのヒコバエが綺麗です。
  •  稲刈りをした後の株に再生した稲が綺麗です。 まるで田植えをしたような緑一面です。私は木の株に再生するものと同じ呼称で、ひこばえ(漢字⇒蘖)と呼んでいたのですが、正式には、穭・稲孫(ひつじ・ひつち・ひづち)又は、穭稲(ひつじいね)・穭生(ひつじばえ)と言うらしい。 簡単に二番穂とも呼ばれとのこと、これが分かりやすく馴染めますね。  手前の田んぼは、そのひこばえを草刈機で刈って冬野菜を植えるべく耕運 [続きを読む]
  • タケル・天神さん・太閤が見た風景
  •  植木天満宮の周辺の逸話で、8/12記事(https://blogs.yahoo.co.jp/yamato2863/57984524.html)の続編です。 今日は9/16、台風18号の進路を随時確認するのと、ホークスのリーグ優勝確認のため終日TVの番人でしたv^^。  さて、写真の森は植木天満宮の鎮守の杜です。県道が本神社の参道を叉越すため道はスロープになっています。千年以前の古代、この付近は遠賀川と海水の入り込む汽水域の湾で、岸辺でした。  天満 [続きを読む]
  • 雨が降る前に稲刈り
  •  昨日に続き稲刈り日記です。天気予報どおり、天気は下り坂。蝉のオシッコのような水滴が車のウインドウガラスに付いています。 今日を逃せば一週間遅れる・・・、朝から気合入れています。 機械は『イセキコンバイン フロンティア ファイター561』二年目の機械・・・ 価格は、ウン百万円。            150?ほどの田んぼには大きすぎる^^;。          親戚筋の専業農家で刈ってもら [続きを読む]
  • 稲穂と野焼き風景
  •  9月に入ってめっきり暑さが和らぎましたね〜。夜は網戸シャットで上下スエット装着^^。ワンコも良く寝ます。 さて、9月から年末まで、稲刈り⇒稲藁精製⇒注連縄つくりのルーティン作業で忙しくなります。 明日はコンバインを入れての稲刈りですが、その前に毎年恒例のお宮二社に納める献上米を収穫しました。 西日が低くなった夕方、田んぼから上側を見ると野焼きの煙が立ち込め幻想的です。 [続きを読む]
  • 早くも黄色に色付く銀杏の木
  •  今朝は気温が23度まで下がり寒さで目が覚めました。窓の外を見ると朝霧、そろそろ秋の気配を感じます。 夏の気温が高かった年の紅葉は綺麗と言いますが、これはどうしたものか?実は紅葉始めたイチョウの木があります。 盆ころから薄っすら少し黄色味があるなと思いつつ日が経つにつれて、間違いなく黄色くなっています。  ため池の辺の紅葉するイチョウ。場所は直方市植木、代行寺さん前。早くも逆さイチョウが見れます。 [続きを読む]
  • 田園の緑がとても綺麗です。
  •  昨日今日が今夏最高の暑さと感じます。低気圧降下による湿度の上昇によるものでしょうか。 さて、夏から秋へ、この季節の風物詩ですが、今田園の緑がとても綺麗です。お盆前後に刈ったコシヒカリのあと、少し間をおいて9月から本格的に県産米の収穫が始まります。 そろそろ畦の草刈をせねばと考えますが、この暑さではちょっと無理。田んぼの見回りがてら、絵になる風景を切り取ってみました。  鞍手は長谷の飯盛山麓の棚 [続きを読む]
  • 愛犬ルイ家族と再会
  •    皆さんこんばんは!   やまと が主人で愛犬のルイ(コーギー♀11)です  今日は前に飼ってくれていた家族が会いにきて  くれました   お母さんと長女さんだよ   お母さんのお姉さんだよ      弟さんだよ 女の人は同じくお姉さん      みんなあっという間に帰ってしもぅた・・グスン;    つぎ会えるのは冬休みなんだぁ・・ [続きを読む]
  • ヤフオクで四駆タイヤ安価に調達^^v
  •  愛車ランクルプラド(丸目)は、H09年式なんです。早、20年乗っています。 インタークーラー仕様のディーゼルターボ( 1KZ-TE - 3000)は、トヨタディーゼルの中でも、成熟した傑作エンジンとして評価が高いです。  ディーゼルのガラガラ音は好きなのですが、これはとても静かで燃費がよく、故障知らず。そして、ディーラー(福岡トヨタ)での手厚い整備も相まって、常に良いコンディションを保っています。 今回は、車経費の都 [続きを読む]
  • 谷間の雑草の中に咲く白百合
  •  シダ、カヤ、ほか、雑草の中に、ひっそりと咲く白百合。そういえば、毎年、同じ場所に咲いている。 球根を含んだ土を人が捨てたのか、または、野ユリ(ヤマユリ)という自生する種類かもしれない。 どちらにせよ、山の谷間に咲く一本の白百合 ・・・ 綺麗です。 [続きを読む]
  • 南西の空に入道雲
  •   記録的な大雨のあと、まだ梅雨の中なのですが猛暑が続いています。でも梅雨明け宣言日は、ここ数日らしい。 夕刻ワンコと散歩していたら、南西の方角に凄い入道雲が出てきました。夕日に照らされて、綺麗でしたが、おやっ、この方角は英彦山の方角、帰って確認したら、被災地に大雨に関して避難指示が出ていました。 梅雨が明けても、夕立なども含めゲリラ豪雨に注意しなければなりません。瓦屋根が綺麗な古民家を入れて入道 [続きを読む]
  • 蓮の花が咲き始めました
  •  蓮の花が咲き始めました。 場所は鞍手は新北の蓮根田。新北といえば、額田王の新北津論争に加わった土地で考古ファンの中では一時有名になりました。 そんなことを頭に浮かべて、蓮の花を歌った万葉集を調べると四題ほどあります。その中に、作者不明ですが、当地の地名と重なる歌がありました。  み佩かしを剣の池の蓮葉に 『み佩(は)かしを、剣(つるぎ)の池の、蓮葉に、溜まれる水の、ゆくへなみ、我がする時に、逢ふべし [続きを読む]
  • 筑後街道を、また楽しいドライブ出来ますように。
  •  災害から今日で一週間、まだ20数名の安否が判っていません。NHKのTV画面は字幕スーパーで、常に関連の情報を流し続けています。 被災地の筑後街道は、20年近く勤務先(大分)と筑豊を往来した道で、春夏秋冬、風光明媚なワイディングロードを走ったものです。 走馬灯のように廻る私のお気に入りの車窓をG・GさんのS・Bで切り取ってみました。                                   [続きを読む]
  • ふれ旅小冊子にヒメほたる
  •  ヒメほたるのフォトが地域の小旅行の冊子表紙になっていたので紹介します。 小旅行は直方市、宮若市、小竹町、鞍手町の4市町による広域連携プロジェクトで、5年ほど前スタートし年に2回ほど、地域の特色を生かした日帰り旅行となっています。 特に、『作る』『語る』『学ぶ』など体験をしながら、参加者、地域の方々とふれあいの旅ができます。 今回、10回、記念冊子にほたるが選ばれました。  本冊子の2,3頁を [続きを読む]
  • 雨に頭垂れる紫陽花
  •  いよいよ梅雨らしくなりました。農家にとっては待ってました雨の恵みです。梅雨の花が主役の風物詩としては、雨に濡れる紫陽花、今朝撮った風景です。  長谷は八幡神社参道横の頭垂れる紫陽花。六ヶ岳は雲の中。 前方の鳥居は、同神社一の鳥居です。この鳥居の注連縄は、やまと作^^; 毎年、注連縄つくりに奉仕させて頂いております。  民家の額紫陽花と八朔。 [続きを読む]
  • 四駆凸凹タイヤでゾウリを製作
  •            四駆のゴツゴツ(凸凹)タイヤで、ゾウリを作ってみました。     先ずは出来上がりの状態です。あくまで試作です。           裏面の状態です。タイヤ溝は5部山。      捨てきれずにストックしているタイヤは息子のものもあわせて4台分・・・処理      に出す費用が痛いです^^;。     この中で、後で後悔すことになった一番ごついタイヤを選ぶ。     ハイラックスに [続きを読む]
  • ほたるの光は霊魂??
  •    昨日に引き続き、以前の虎の子フォトを掲載しました。未発表で、故人となった友人から譲り受けたものです。この場所(水神社祠 大きさ40cm四方)と各鳥居に舞うヒメほたるが有名となり、マスコミ各社が取り上げました。 今この祠周辺は立ち入り禁止となり、前の神池には注連縄を張っていますので、昨年よりここの写真は撮れません。社家に仕える者としてもここへの清掃での立ち入り作業等では気を使っていましたので、仕方な [続きを読む]
  • オニシダとヒメほたる
  •  ヒメほたるのシーズンですが、ぼちぼちのコンデイションも一雨来て草木がWetになると最盛期に入ってくると考えます。  毎日小生Blogに百人からお出でくださるお礼に未発表のものを掲載しました。なお、小生は、服忌中のためお宮周辺には行っておりません。  オニシダに付いたメスが主に点滅し、尾を引いて飛翔するのがオスです。シダやドクダミ草の自生する森でとても生息条件に適した場所です。 横1600ピクセルです。拡大し [続きを読む]
  • 睡蓮栽培日記
  •  睡蓮の栽培です。ホームセンターから、4月の初旬に購入したのですが、(ワンポット800円・・・結構高いです。)少しネット上で栽培方法を勉強して、植え替えをしたのですが、2週間ほどで葉っぱが元気なく、しなっとなってしまいました。 ホームセンターの店長さんからレクチャーを受け、更にネット上で勉強。結果は植え替えの時に、田んぼの土を混ぜたことによる水の汚れのようです。昨日のフォトですが、水を入れ替えると葉 [続きを読む]