まっつん さん プロフィール

  •  
まっつんさん: まっつんの徒然日記
ハンドル名まっつん さん
ブログタイトルまっつんの徒然日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rentikimaru
サイト紹介文1/250スケールの戦艦大和を作っています。興味のある人もそうでない人も一度のぞいて見てください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2007/10/02 22:20

まっつん さんのブログ記事

  • 船体
  • 船体の続きです。いつもの工作ですが、金属線で手摺を自作しました。駆逐艦は小さいので、手摺も少しで助かります。その後、船体を塗装し、リノリウム押さえを0.3mm真鍮線で再現しました。オーバースケールですが、自分はこの表現が気に入っています^ ^ [続きを読む]
  • 製作開始
  • 少し間があいてしまいましたが、山城次は、ファインモールドから発売されている、駆逐艦敷波を作ります。ファインモールドのキットは初めてですが、キット内容をみると、モールドも非常に細かくはいっており、そのままでも十分なようですが、今回もいろいろ変なことやると思いますが、のんびりお付き合いください^ ^さて、早速ですが、船体をくみあげ、船体側面のモンキーラッタルを金属線で再現しました。続いて、甲板上にある魚 [続きを読む]
  • 海面ベース
  • いよいよ山城も大詰めです。船体もほぼ出来上がったので、海面ベースをつくります。くり抜いた透明プラ板を塗装し、今回はカトーから発売された水景用素材の大波を使用しました。大波で水面の高低差を作り、船体をはめ込み固定。その後、いつものように、ブレンデットファイバーにて白波を表現しました。続いて、木製ベースを塗装し透明プラ板を三方向に立てます。で、今回は海中にクジラを作って配置してみました。最後に海面を上 [続きを読む]
  • 乗組員
  • 静岡ホビーショーまで、あと10日!ってことで、突貫工事で進めております。記事が後回しになっております(*´Д`*)で、慌てて途中の写真をとりわすれております-_-b高角砲、対空機銃を設置し、空中線を貼りました。で、毎度お馴染みですが、乗組員を配置していきます。今回の山城は、製作開始時から登舷礼にしようと決めていたので、敬礼している水兵さんを船体に等間隔で並べました。もう少し進んでいますが、それは改めて記事 [続きを読む]
  • 後部艦橋&マスト
  • なかなか記事を書かなくて遅れがちになっておりますm(__)mさて、煙突に続いては、後部艦橋です。ただ、あまり追加工作する個所はなさそうです。行ったのは、両側面のモンキーラッタルを真鍮線で作り直し、手すりの自作、補強板を純正エッチングに換装といったところです。つづいて、後部艦橋につく、メインマストです。下半分はキットパーツをそのまま使用しましたが、上半分は0.5mmピアノ線で作り直しました。で、これを塗装して [続きを読む]
  • 煙突
  • 追っかけで記事を書いていますので、何だかやたら製作ペースが上がっているようにみえますが、ペースは相変わらずでふ( ̄∀ ̄)続いては煙突を作りました。煙突周りのジャッキステーは毎度の金属線での自作です。また、煙突上部の周囲に張り出している金属線(これは何のためにこのような形状になっているのか不明ですが。)も自作しました。さらに、煙突最上部の網状の雨水カバー取り付け金具ですが、枠の部分は専用エッチングを使い [続きを読む]
  • 主砲
  • 製作はボチボチ進んでいるのですが、ブログ記事が追いついてないので、もう少し頑張って書かないといけませんね。というわけで、次は主砲です。主砲上部に通風筒がありますが、モールドがあんまりだったのでプラ棒で作り直し。開口もしてあります。途中写真が抜けてますが、上部の手摺を自作、測距儀に上がる足掛けも追加。ハシゴ等はエッチングを取り付けました。取り敢えず船体に乗っけました。固定はまだしてません。主砲が乗る [続きを読む]
  • 高角砲
  • 年度変わりの時期で、仕事がバタバタしており、家での自分の時間があまり取れていません。(>人<;)限られた時間はプラモの製作時間にしているので、ついついブログを放置してしまっていますm(__)m製作は進んでいるのですが、来月のホビーショーに間に合うかは微妙です(^ ^)艦橋の続きで高角砲です。足掛けを金属線で作り直します。穴をあけ金属線でパーツを作り植え込んでいきます。砲身は真鍮挽物に換装エッチングも使いました。 [続きを読む]
  • 艦橋(その2)
  • 艦橋の続きです。各階層のパーツを塗装し組み立てていきます。双眼鏡の脇には伝声管を取り付けていきます。中に立っているパーツのトラス部分は0.3mmのプラ角棒で作り直しました。艦橋背面に付くパーツですが、軽め穴はモールドだったので、開口。こちらもトラス部分を作り直しました。各パーツを取り付けて、艦橋が組み上がりました。船体に取り付けて、信号索を張り、ラッタル等のエッチングパーツを取り付けていきました。あと [続きを読む]
  • 艦橋(その1)
  • 久しぶりの更新です。f^_^;艦橋をボチボチと作っておりました。艦載艇、パラペーンなのどは、以前に作ってあったので、載せるだけです。艦橋上層部の手摺自作、エッチングパーツの取り付け等を行いました。ここまでで仮組します。やはり、戦艦の艦橋は複雑で作っていて楽しいですね(^O^) [続きを読む]
  • 艦載艇(その2)
  • 艦載艇の続きです。各種艦載艇の追加工作を行いました。手摺の自作。キャビンをエッチングに換装。甲板上の通風筒の開口などを行いました。で、これらを甲板上の架台に乗せ、固定バンドを取り付けました。これで、艦載艇は一旦終了します。 [続きを読む]
  • 艦載艇(その1)
  • 艦載艇の製作にはいります。山城はさすが戦艦だけあって、大小たくさんの艦載艇がありますので、一つ一つジックリと作っていきます。先ず、艦載艇の前に架台を純正エッチングに換装し、ステーを追加。さらに、固定用バンドを取り付けるため、甲板上にネジネシ団子虫を植え込みました。続いて、小さなカッターからです。モールドを削り、船体をくり抜き塗装後に、プラ板でモールド部分を作り直しました。これで立体感がでたと自己満 [続きを読む]
  • 飛行甲板
  • 続いては、艦尾部分です。山城の艦尾部分は艦載機運搬軌条などがあり、リノリウム張りになっています。で、艦載機運搬軌条は純正エッチングに換装。リノリウム押さえは、毎度のように真鍮線にて表現しました。クレーンやカタパルトは、先につけると壊しそうなので、もう少し後にします。 [続きを読む]
  • 甲板上小物類
  • 記事にできるような進捗があまりなかったため、更新が滞っておりますが、なんとか進めております。甲板上の小物類を作っておりました。通風筒は別パーツとなっているため、小さなパーツをチマチマとゲート処理し塗装して取り付けました。防雷具を真鍮線やプラ材などを使い少しディティールアップしました。また、ホーサーリールをエッチングに換装。ただ、エッチングは枠だけだったため、1mmプラ棒にミシン糸を巻きつけたものを取 [続きを読む]
  • 船体
  • すっかり更新が止まってましたが、製作は続けておりました。山城ですが、船体を進めておりました。船体にモンキーラッタルを取り付け後、サフを吹き、艦底色、軍艦色と塗装し、木甲板シートもマスキングし船体にはりつけます。その後、いつものようにピアノ線で支柱を作り、エナメル線で手摺を自作しました。手摺を塗装後、ドキドキのマスキング剥がしです。少しだけ塗装のはみ出しがありましたが、タッチアップしときます。船体の [続きを読む]
  • 山城製作開始
  • 少し間が空きましたが、新作にとりかかります。今回は、これです。フジミ1/350戦艦山城です。先ずはお約束の、船体側面にあるモンキーラッタルの作り直しです。こんな感じにモンキーラッタルのモールドが入っているので、これをガイドに穴をあけます。続いて、0.28mm真鍮線でラッタルを作成今回はざっと200個作りました。で、これを先ほどの穴に植え込んで完成です。戦艦になると、いろいろ数が増えるので大変です。 [続きを読む]
  • 完成!
  • 岸壁に配置する小物類を製作角プラ棒で木箱、丸プラ棒で麻袋を作りました。魚雷運搬車もでっち上げ小物類も岸壁に配置し、作業員も配置し、起重機を配置し、水兵さんも適当に配置し、これでようやく完成となりました。初めての軍港ジオラマでしたが、楽しくつくることができました。また、違った軍港も作ってみたいですね。 [続きを読む]
  • 海底
  • 当初は海底を作る予定はなかったのですが、お友達の皆さんの作品に触発されて海底を作ることにしました。こんな感じだったのですが、スチレンボードで大体の高低差をつくり、モデリングペーストでならします。乾燥後にサフを吹き、手元に茶系がウッドブラウンしかなかったので、ウッドブラウンを吹き、その後、タミヤの情景テクスチャーペイントの砂を塗りました。岩盤の上に砂が溜まっているような雰囲気になったのではないかと自 [続きを読む]
  • 40t起重機(その3)
  • 150t起重機に続いて、40t起重機も完成しました。こちらもワイヤーを妄想で取り付けました。こちらは、操作室内に作業員を配置してみました。起重機ができたので、岸壁にレールも取り付けました。これで、起重機は完了です。 [続きを読む]
  • 150t起重機(その2)
  • 少し間が空いてしまいましたが、ボチボチと進めていました。クレーンの残りの部分も組み立てを行い塗装し、最後にクレーンのワイヤーを適当にデッチ上げました。これで、150t起重機は完成です。ベースへの配置はもう少し後になります。なかなかにカッコ良いので、また作りたいですね(^_^) [続きを読む]
  • 150t起重機(その1)
  • 40t起重機がほぼ形になり、ベースに配置してたところ、なんとなくバランス的に寂しい感じがしたので、当初の予定にはなかったのですが、150t起重機も配置することにしました。こちらも同じく紙創りさんのキットです。先ずは塔の部分を組み立てます。流石は150t起重機です。骨組みもしっかりしていて、これだけでも見応え充分です。やっぱり、こういうの作るのは楽しいです! [続きを読む]
  • 40t起重機(その2)
  • 起重機の続きです。操作室ないが空っぽでは寂しいので、作業員をつくります。フジミの1/350乗組員のセットを作業員にしちゃしました。正直、作業員といっても服の色とかよくわからなかったので、なんとなくです( ̄▽ ̄)で、起重機本体も塗装しました。まだ、仮組です。後少しで起重機も完成予定です。色がつくと、いい雰囲気です(^O^) [続きを読む]
  • 40t起重機(その1)
  • 能代本体は概ね出来上がってきたので、少し気分転換します。 初めのころに書いたのですが、今回の能代は、港に停泊中の情景を作ることにしていて、岸壁はすでに作ってありました。で、ここにはクレーンを設置することにします。使用するのは、AFVジオラマなどを作られる方は、紙製の木の葉っぱなどでお馴染みの紙創りさんから出ている1/350 90t起重機です。厚紙をレーザーカットしてあるキットです。トラス構造など、エッチン [続きを読む]
  • 艦載機
  • 能代の艦載機、零式水上偵察機を作ります。なかなかに細かなパーツ割りがされております。ただ、やはりコックピットが再現されておらず、風防もプラパーツなので、これは使用せず、コックピットもパーツをくり抜いて、プラ材をで仕切りをつけて三座にします。で、今回初めての試みで、エンジンカウルのハッチを開けてみました。一部を少しけずり、プラ材でカウルとステーを取り付けてみました。この後、コックピット内にシートを追 [続きを読む]
  • 艦載艇
  • 段々と完成が近づいてきました。今回は艦載艇です。純正エッチングが、かなり細かな部分まであり、指示通り組むだけでも一苦労です。それでも、手摺だけは自作しました。この後塗装し、船体に取り付けました。固定ワイヤーも取り付けて、それらしくなりました。あと、写真に写ってますが、カタパルトもエッチングに換装だけして取り付けてあります。次回は、艦載機の予定です。 [続きを読む]