松山淳 さん プロフィール

  •  
松山淳さん: リーダーへ贈る358の言葉
ハンドル名松山淳 さん
ブログタイトルリーダーへ贈る358の言葉
ブログURLhttps://ameblo.jp/earthship-consulting/
サイト紹介文ビジネスの最前線で奮闘するビジネスリーダーへ元氣・勇氣・やる氣を贈る言葉のサプリメント!
自由文ビジネスリーダーの「元気」を応援するアースシップ・コンサルティングの松山淳です!「リーダーシップ」について社員研修の場などで講演をしています。キャリア・カウンセリングの仕事もしております。
http://www.earthship-c.com/
日経新聞で紹介された「まぐまぐ殿堂入り」メルマガ「リーダーへ贈る108通の手紙」発行。
http://www.mag2.com/m/0000112707.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/10/03 15:14

松山淳 さんのブログ記事

  • 不安を軽くする心理療法「逆説志向」「脱反省」
  • ??第10回フランクルの「名言」に学ぶ心を強くする考え方【フランクルが独自に生み出した心理療法「逆説志向」と「反省除去」】https://diamond.jp/articles/-/176280 《フランクルの名言》われわれが自分の不安から自由になれるのは、自己観察やまして自己反省によってではなく、また自分の不安を思いめぐらすことによってでもなく、自己放棄によって、自己を引き渡すことによって、そしてそれだけの価値ある事物へ自己をゆだ [続きを読む]
  • 過去の不運ではなくて、 今ここからの幸運。
  • ホっと肩から力をぬいて、手放しましょう。 嫌だったこと、 難しかったこと、 できなかったこと。 思い出したくない過去を いつまでも握りしめていないで、 やんわりと手放しましょう。 過去をギュっとにぎりしめて、 手がふさがっていたら、 今そこにあるチャンスをつかめません。 過去の不運ではなくて、 今ここからの幸運が大切です。 ??『君が生きる意味』出版記念講演会(参加費:無料)(7/7) [続きを読む]
  • 仕事の楽しさは苦い経験が隠し味になる。
  • 楽しいコトばかりじゃないけれど、 その楽しくないコトを ひとつひとつクリアしていくことで、 仕事の楽しさは深まっていく。 ただ楽しいだけじゃわからない。 少し苦味ある経験が、 仕事の本当の楽しさを教えてくれる。 だから苦しい仕事にも価値がある。 辛いことも意味がある。 苦い経験を隠し味として、 仕事の楽しさは、 人生の醍醐味は、 その味わいをどんどんましていく。 ??『君が生きる意味』出版記念講演会(参加費 [続きを読む]
  • 長所と短所は表裏一体。
  • 神経質は、丁寧さに。 いい加減は、大らかさに。 しつこさは、あきらめない心に。 優柔不断は、しなやかさに。 臆病さは、用意周到さに。 長所と短所は表裏一体。 短所が長所をつくっている。 だから嘆くことはないよ、 自分のダメなところを。 短所は長所に。 人は短所があるから長所が輝き、 もっと強くなれる。 ??『君が生きる意味』出版記念講演会(7/7) [続きを読む]
  • フランクル心理学の出版記念講演(参加費:無料)
  •  【7/7出版記念講演会のご案内】http://www.earthship-c.com/seminar/Seminar0707.html  梅雨入りして、ジメジメとした日が続きますが、いかがお過ごしですか。  日照時間が少なくなって、気分もブルーになりがちになるので、梅雨の晴れ間には、太陽をいっぱい浴びるといいですね! 日光を浴びると気持ちを安定させる脳内物質のセロトニンが出てきますので。  ブルーではなく、明るくこの季節を過ごしましょう!  さて、話は [続きを読む]
  • 疲れた時には、休みましょう。
  • 疲れた時には、休みましょう。 休んで疲れをとりましょう。 疲れがとれれば、頭も冴えて、 仕事のパフォーマンスがあがります。 心がしなやかになり、 ポジティブに考えられます。 心に余裕ができて、 みんなに優しくできます。 疲れた時には、休みましょう。 休むことは自分のためだけでなく、 みんなのためになることです。 [続きを読む]
  • だから、その良いことを、今始めよう。
  • 何か良いことを始める時に、 まだ何もしていないのに 「これをすると疲れるからな〜」 と、つい考えてしまう。 自分で自分にブレーキをかけてしまう。 それはあまりにもったいない。 疲れることを考えることが疲れるものだ。 先のことわからない。 疲れたら休めばいいのだ。 だから、まず一歩を踏み出そう。 疲れのことは疲れた時に考える。 だから、その良いことを、今始めよう。 [続きを読む]
  • 楽しむことも忘れずに。
  • 楽しむことも忘れずに。 仕事は厳しいものだけれど、 厳しいだけでは長続きしない。 楽しさを感じる瞬間があるから、 明日も働く意欲が湧いてくる。 忙中閑あり。 厳中楽あり。 厳しさの中に、楽しさを見出す心意気が、 笑顔になれる結果を生み出す。 楽しむことも忘れずに。 [続きを読む]
  • 負けて勝つことあり、将の上策なり。
  • 議論に勝って、人、動かず、 チーム敗北する。 議論の勝利、他に譲って、 人、動き、チームを勝利に導く。 一時の議論の勝利にこだわって、 大局を見失うは、 将の将らしからぬ行い。 人、理屈で動かず。 人、心で動き自ら動き、 チームの勝利に力を尽くす。 負けて勝つことあり、将の上策なり。 [続きを読む]
  • 出会いには、意味がある。
  • 出会いには、意味がある。 好きになれる人がいる。 嫌いになる人もいる。 尊敬できる人もいるし、 腹の立つ人もいる。 人に出会うと、 いろいろな感情がわき、 喜んだり落ち込んだりしながら、 あれこれ考えるから、 人間が磨かれてゆく。 出会いには、意味がある。 どんな出会いも、 自分を磨き高めてくれる 大きな可能性が秘めらている。 [続きを読む]
  • 人生、わからないから希望を抱く。
  • 人生では何が起きるかわからない。 わからないから不安になるけれど、 わからないから希望を抱くこともできる。 不安を見つめれば、 ?できない理由?が生まれ、 希望に目を向ければ、 ?できる理由?が生まれる。 人生はわからない。 わからないから、できる理由を友として、 どこまでも自分の可能性をひろげよう。 [続きを読む]
  • どっちの自分でもOK。
  • がんばる自分。 がんばれない自分。 やる気のある自分。 やる気のない自分。 自分を責める自分。 自分を責めたくない自分。 楽しく笑う自分。 イライラする自分。 どっちも自分。 どっちの自分でもOK。 どっちの自分も受け入れることが、 本当の意味で自分を大切にすることです。 [続きを読む]
  • 取材を受けました!「部下を動かす正しいフレーズ4つの事例」
  • @DIMEから取材を受け、記事がアップされました〜?? 「管理職の方、必読! 部下を動かす正しいフレーズ4つの事例」 1.「なんで言われた通りのことができないんだ?」2.「そんなことも分からないのか」3.「何度言ったら分かるんだ!」 「何度も同じミスをするな」4.「やる気がないなら帰れ」 ついカッ??となって、言ってしまう言葉の「言い換え表現」について語りました! https://dime.jp/genre/547883/ もし、よろしけれ [続きを読む]
  • 叱ってくれる人のいることが幸せ。
  • あなたの間違いを 「それは違うぞ」 と、叱ってくれる人が そばいることは、 とても幸せなことです。 うざいと思うかもしれない。 面倒な奴だと思うかもしれない。 でも、間違いを正さずに 間違ったまま生きていたら、 あなたがいつか、うざい、 面倒な人になってしまう。 叱ってくれる人がいることを 幸せに思えることが、 イケてる大人の証です。 [続きを読む]
  • 自ら苦手な仕事に挑む。
  • 仕事をしていれば、苦手なこと、 嫌だな〜と感じることに 挑まねばならない時がある。 それまで避けていた事に、 正面から向き合わねばならぬ時がある。 逃げ続けることもできるかもしれない。 けれど、逃げてばかりいると、 どんどん人間が小さくなる。 あえて向かい風に立つ。 自ら苦手な仕事に挑む。 その時間は、 自分をたくましく鍛え上げ 決して無駄にならない。 あとから必ず役に立つ。 [続きを読む]
  • 失敗を通して貢献する。
  • 失敗をしない人はいない。 失敗のない組織もない。 失敗をしないために人は できる限りのことをする。 それでも失敗は起きる。 起きたら失敗をオープンにする。 原因をつきとめ 同じ失敗が起きないように皆で共有する。 同じ失敗で傷つく人が出ないように、 自分の失敗をオープンにするほど、 誰かを成功へと導くことができる。 成功だけでなく失敗を通しても、 人は組織に大きく貢献できる。 [続きを読む]
  • 転んで、学び、強くなる!
  • 完璧な人なんていないから、 うまくいかなかったことを いつまでも悔いることはない。 とても大切なことは、 決して転ばないことではなくて、 転んだらそこで何かをつかみ、 立ち上がり、 また歩き出すことだ。 完璧な人がいるのではない。 転ぶたびに学び、 強くなった人がいるだけだ。 [続きを読む]
  • 小さな勇気が才能の花を開かせる
  • どんな人にも 眠っている才能がある。 その眠った力が目を覚ますのは、 そんなことは無理だと、 つい、あきらめてしまうことに、 あえてチャレンジした時だ。 時間がなかったのではなく、 お金がなかったのではなく、 能力がなかったのでもなく、 なかったのは小さな勇気だけだった。 どんな人にも眠っている才能がある。 小さな勇気が才能の花を開かせる。 [続きを読む]
  • 口は幸せのもと。
  • 「口は災いのもと」 というけれど、 「口は幸せのもと」 にもなる。 人の気持ちを明るくする、 元気にする言葉を口にすれば、 そばにいる人を 幸せにすることができる。 難しい言葉はいらない。 心をこめることが大事。 「口は幸せのもと」。 幸せは、そんな難しくない。 [続きを読む]
  • 耳の痛い言葉に耳を貸そう。
  • 耳の痛い言葉に耳を貸そう。 人って案外、盲点があるものだ。 すぐそばにいる人からの 耳の痛いアドバイスに聞く耳もてば、 気づいていない自分に気づけて 人間が大きくなる。 忠言耳に逆らう。 耳ざわりのよい言葉ではなく、 耳の痛い言葉を言ってくれる人が、 思っている以上に大切です。 [続きを読む]
  • 次の輝くステージへ。
  • 人生には ?ここぞ? という踏ん張りどころがある。 自分の限界を超えるような 難しい仕事が来た時だ。 これは無理だと、 土俵を降りたくなる。 そこを、こらえて、耐えて、食いしばり、 人に助けられながらでも なんとか、やり抜いてみる。 ?ここぞ? という時ほど、 そこから新たな何かが始まっている。 そんな「あきらめない心」が、 次の輝くステージへ自分を導いてくれる。 [続きを読む]
  • 笑える時には笑いましょう。
  • 笑える時には笑いましょう。 小難しい話は抜きにして、 かたい話は抜きにして、 湿っぽい話も抜きにして、 気分よく笑いましょう。 いろいろ抜きにして笑うから、 いい息抜きになります。 笑って笑って息を吐けば、 からだが息抜き、 心は明るく前向きに…。 笑える時には、 思い切って笑いましょう。 笑顔になりましょう。 [続きを読む]
  • 素直な耳が大事です。
  • 自分が「かわる」ことで 「わかる」ことがある。 人の助言を受け入れず、 変えるべきを変えず、 頑固に自己流を押し通す。 それが何かの拍子で自説を捨てて、 素直に助言を受け入れ 自分を変えてみると、 うまくいく自分が明らかになる。 「かわる」と「わかる」。 人生の真理には、 やわらかい心が大切です。 素直な耳が大事です。 [続きを読む]