松山淳 さん プロフィール

  •  
松山淳さん: リーダーへ贈る358の言葉
ハンドル名松山淳 さん
ブログタイトルリーダーへ贈る358の言葉
ブログURLhttps://ameblo.jp/earthship-consulting/
サイト紹介文ビジネスの最前線で奮闘するビジネスリーダーへ元氣・勇氣・やる氣を贈る言葉のサプリメント!
自由文ビジネスリーダーの「元気」を応援するアースシップ・コンサルティングの松山淳です!「リーダーシップ」について社員研修の場などで講演をしています。キャリア・カウンセリングの仕事もしております。
http://www.earthship-c.com/
日経新聞で紹介された「まぐまぐ殿堂入り」メルマガ「リーダーへ贈る108通の手紙」発行。
http://www.mag2.com/m/0000112707.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2007/10/03 15:14

松山淳 さんのブログ記事

  • 少し背伸びしてみる。
  • 少し背伸びしてみる。 ちょっと無理かなと思うことに 挑戦してみる。 少しの背伸びは、 ストレスのかかることだ。 けれど、目標に向けて 背伸びを続けていくと、 自分でも気づかぬうちに 能力という名の背が伸びて、 背伸びしないでも 目標に手が届くようになる。 少し背伸びしてみる。 その背伸びが、 まだ見ぬ美しい高みへと 自分を連れていってくれる。 [続きを読む]
  • 人から喜ばれる人になろう。
  • 同じ目標に向かって 働いているはずなのに、 他人の足を引っ張り、 喜ぶ人がいる。 嫉妬からか、 憎しみからか、 そういう悲しい人が確かにいる。 そんな悲しい人の 低い波長に合わせて、 自分も悲しい人になってはいけない。 人が幸せになることを考えて、 世のため人のために尽くす。 そうして高い波長を保つことで、 自分自身は、 人から喜ばれる人になろう。 [続きを読む]
  • 働く価値は自分とともにある。
  • 働くことは、 誰かの役に立つことだ。 誰かの役に立つことは、 価値のあることだ。 価値のあることは、 日々、讃えてよいことだ。 能力や成果によって 評価に差があったとしても、 働くことの価値はゆらがない。 だから、讃えよう。 日々、讃えよう。 働く価値は、 いつでも自分とともにある。 [続きを読む]
  • 必要な人がまわりに現れる。
  • ドラマや物語には 主人公を苦しめる嫌な人が 決まって登場する。 なぜなら、主人公の成功のために、 主人公がもっとたくましくなるために、 その嫌な人が必要だからだ。 もし、嫌な人に出会って 嫌な思いをしていたら、 自分を成功させてくれるために登場した ひとりのキャラクターや キャストだと考えてみる。 人生の主人公は自分自身。 必要な人がまわりに現れる。 [続きを読む]
  • 「どうせ」を「どうやったら」に変えてみよう。
  • 何かに失敗した時に、 「ダメな自分だ」 と、必要以上に責めることはない。 「どうせ何をやっても」 と卑屈にならず、 「どうせ」を「どうやったら」 に変えてみよう。 「どうせ」ではなく、 「どうやったらできるのか」 と考えてみれば、 心が未来を向いて ポジティブな自分が動き出す。 「どうせ」ではなく、 「どうやったら」。 人は可能性のかたまり。 自分が可能性に満ちていることを 忘れないでいよう。 [続きを読む]
  • 自分から笑う門になりましょう。
  • あなたを苦しめるようとする その人が願う人生を歩んではいけない。 すぐに怒ったり すぐに悲しんだり すぐにあきらめたりして 不幸のオーラをまとってはいけない。 はねかえせ。 笑いかえせ。 取りもどせ。 キラキラの笑顔。 あなたが微笑めば 誰かが微笑む。 誰かが微笑めば 幸せひとつ、 この世界に幸せひとつ。 笑う門に福来る。 自分から笑う門になりましょう。 [続きを読む]
  • 失敗を恐れない。
  • 失敗を恐れない。 行動を起こしても 必ず成功するわけではないけれど、 何もしなければ何も起こらない。 何も始まらない。 何も変わらない。 だから、失敗を恐れるよりも 何もしないことを恐れよう。 何かをすれば、何かが起こり、 何かが始まり、何かが変わっていく。 そうしてよりよい未来が、 私たちの手によって創られていく。 [続きを読む]
  • そこから幸せがあふれだす。
  • 円の一部が 少しでも欠けていると 人は欠けている所に目を奪われる。 9割円ができていても、 欠けている所をとりあげ大騒ぎし、 全てがおかしいと思い込む。 9割も完成しているのに…。 人間って、欠けている所もあれば、 満たされている所もたくさんある。 満たされている所に目を向ければ、 自分の素晴らしさを再発見する。 そこから希望が生まれてくる。 そこから幸せがあふれだす。 [続きを読む]
  • 比べない。わたしはわたし。 自分は自分。
  • 人と比べない。 わたしはわたし。 自分は自分。 人と比べて足りないものを 数えていたらきりがない。 それで気落ちしていたら、 そんな時間がもったいない。 わたしはわたし。 自分は自分。 比べるよりも 自分の価値を認めることに集中すれば、 そこから希望が生まれてくる。 そこから生きる力が湧いてくる。 わたしはわたし。 自分は自分。 世界にひとりしかいない、尊い存在。 [続きを読む]
  • その先にある喜びに思いを馳せよう。
  • 仕事は決して 楽しいことばかりではない。 苦しいことも辛いこともある。 それらに耐え抜いて 成果をあげた時の喜びは、 働くことの大いなる醍醐味だ。 辛い時には、 その先にある喜びに思いを馳せよう。 森羅万象は変化を常とする。 辛いことばかりじゃない。 明けない夜はない。 喜びが手をひろげて待っている。 [続きを読む]
  • 出会いは希望。
  • 人との出会いで 人生の変わることがある。 偶然か、必然か。 がらりと変わることがある。 だから、わからない。 人生はわからない。 ひとつの出会いで 運命をも変えてゆける。 出会いは希望。 人と出会う瞬間に、 私たちは、 いつでも希望とともにある。 [続きを読む]
  • 人生の希望とは。
  • どのような環境に身を置くかは 自分で決められないことが多い。 けれど、どのような人間になるかは 自分で決められる。 環境に左右されることなく 自分で決めて、 自分で行動を起こし、 理想の自分へと近づいていける。 そこに人生の希望がある。 自分で決められる。 だから、 希望とは、自分自身である。 [続きを読む]
  • それでも、力を尽くす。
  • 力を尽くす。 結果が出ないこともある。 目標に到達できない時もある。 それでも、力を尽くす。 なぜなら、人生は長く、 次のチャンスが待っているからだ。 力を尽くした経験は、 次のチャンスに出会った時に、 大きく飛躍する力となる。 力を尽くす。 その先で…、 最高のチャンスが待っているから。 [続きを読む]
  • これからの自分がもっと大切。
  • 後悔したくなる過去も 無駄ではない。 悔やむべきは、 過去という財産を無駄だと嘆くこと。 どんな過去にも意味があり、 今の自分を支えている。 これまでの自分が大切。 これからの自分がもっと大切。 だから、前を向こう。 後ろを向くよりも、 前を向いて歩いた方が 人生の道も進みやすい。 [続きを読む]
  • 自分を信じる。
  • 自分を信じる。 他人はいろいろと言うものだ。 傲慢になってはいけないけれど、 自己卑下もいけない。 「私なんて」 といっていたら 自分の才能がもったいない。 自分を信じる、 人生を切り開く力があることを。 自分を信じる、 自分を信じて、 眠れる才能を花開かせる。 [続きを読む]
  • 与えられた環境を受け入れる。
  • 与えられた環境が気に入らないと、 文句ばかり言うのは二流の人。 与えらた環境を受け入れて、 文句を言わずに結果を出すのは一流の人。 与えられた環境を受け入れて、 みんなのことを考え、 みんなににとって 理想とする場へと変えていき、 そして、結果を出すのが超一流の人。 [続きを読む]
  • 「嬉し涙」と「悔し涙」。
  • 「勝つことの喜び」と 「負けることの悔しさ」。 より大きな喜びを味わうために、 敗北が必要なこともある。 次の大きな勝利をつかむために、 悔しさをくぐりぬけ、 人は大きく成長していく。 敗北はさらなる努力に励むきっけとなり、 次の勝利への架け橋となる。 「嬉し涙」と「悔し涙」。 どちらもすばらしく、 人生を前進させる力となる。 [続きを読む]
  • 挑戦なくして進化なし。
  • 誰もが必ず 勝者になるわけではない。 誰もが必ず 賞賛の拍手をあびるわけではない。 勝利は約束されていない。 だからこそ、 厳しい勝負の世界は 人に感動を与え、 人間を前進させるのだ。 挑戦なくして進化なし。 その一歩を踏み出そう。 [続きを読む]
  • 壁を乗り越えてゆく力。
  • 「そんなことはできない」。 誰もがそう思う。 しかし、そう思った人の多くが、 無理だと言われたことに取り組み、 不可能を可能にしてきた。 「やればできるんだ」 と人間の力に感動を覚えてきた。 自分に感動してみたい。 自分への感動体験、 そして、自分を信じる力が、 壁を乗り越えてゆく力になる。 [続きを読む]
  • あきらめの悪い人になろう。
  • 「これが限界か」 と、つぶやく時、 そこから真の勝負が始まる。 人間の力はかけ算だ。 小さな変化が 思いもよらぬ大きな変化を引き起こす。 あきらめない人になろう。 あきらめの悪い人になろう。 限界を超えていく時、 あきらめない人が、 いつでもそこにいる。 [続きを読む]
  • モチベーションの逆説。
  • モチベーションが高まり 何かに集中し、 次から次へと仕事をこなしている時、 私のモチベーションが高いとか低いとか、 いいとか悪いとか、 まったく気にしていない。 モチベーションの逆説。 「私」が消えていく時に、 人は最高の状態をつくり出す。 [続きを読む]
  • 気分をのせるために動くのだ。
  • 気分がのらないからできないのではなく、 やるから気分がのってくる。 行動してみることで、 やる気はあがってくる。 気分がのるまで待つよりも、 気分をのせるために動くのだ。 人は動くことで心も躍動する。 イキイキしてくる。 だからまず、やってみよう。じっとしていたら変わらない。 やってみれば、自分に変化が起きる。その変化が未来を変える。 動いてみよう。 動くことで、素敵な変化が現れる。 [続きを読む]
  • 日々のありがたい恵み。
  • 謙虚であることは、 人生に大いなる恵みをほどこす。 なぜなら、謙虚であれば、 日々の凡事にでも 感謝の気持ちがわいてくるからだ。 ありがたい。ありがたい。 謙虚さを失うと、 独りで生きられると勘違いしてしまう。 人は支えられて生きている。 それが日々のありがたい恵みである。 いつも、ありがとう。 [続きを読む]
  • 始めていないことをを始めよう。
  • 「そんなことはいつでもできる」。 そう見下している、 先延ばししていることほど、 いつになってもできないでいる。 「そんなことはいつでもできる」。 そうバカにすることを バカにせず素直に始めたならば、 「なんでもっと早く始めなかったのだ」 と、笑顔で過去をふりかえる。 「いつでもきる」 と、始めていないことをを始めると、 人生がよりよく変わっていく。 [続きを読む]