しましま さん プロフィール

  •  
しましまさん: しましま日記
ハンドル名しましま さん
ブログタイトルしましま日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shima_shimax/
サイト紹介文特別支援学校の教師しましまが子どもたちとかかわって感じたこと、それと自作教材を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/10/04 18:02

しましま さんのブログ記事

  • 100の指令
  • 例えば「雨の水で絵の具を溶いて、雨を描こう。」「透明人間を描いてみよう。」とか、それをすると読んだ人に何かの変化を起こさせてくれるような、そんな指令が100ある本で結構好きです。1ページに1指令だけの贅沢な感じの本です。これみたいなの作ったら面白いかも。例えば... [続きを読む]
  • 信州スイッチラボ
  • 先日は久しぶりの信州スイッチラボ(参加したのはShow &Tellだけでしたが)でした。そこで「操作しやすい視覚スケジュールの試作」を発表しました。名前はエビスケです。3Dプリンターでつくりました。くるっと回転させて使います。複数のスケジュールをジョイントで連結すれ... [続きを読む]
  • Tobiiで双六
  • Tobiiでイラストを選んで楽しくことば双六をしました。戦略的に選んでいていい勝負になりました。以前のことを思うとかなりのスピードで入力できるようになっていて驚きです。 [続きを読む]
  • We're amazing 1,2,3
  • We're amazing1,2,3 A Story About Friendship and Autism同僚のS先生から教えてもらったので早速読んでみました。これは副題にあるように「友情と自閉症の物語」でした。内容はエルモがジュリアと自分の絵を描いているところからはじまります。ジュリアには自閉症があります... [続きを読む]
  • 旅人
  • 昭和35年が初版の「旅人」は湯川秀樹博士の半生を描いた自伝。すごく昔、学生のころ少し読んだような記憶がかすかにあった。なぜ今頃読み返そうと思ったかというと、内容の一部を覚えていたような気がして確かめたかったから。と書けばかっこいいけど、思った個所は見つから... [続きを読む]
  • 慢性疼痛
  • 身体的な原因がはっきりしないのに慢性的に痛みが続く慢性疼痛。疼痛って痛みの医学用語なのか。いかにも痛そうな文字だ。そして、慢性疼痛の中には心因性疼痛というのがあるという。何冊か本を読んだ。身体的には疾患部が治癒しているのにもかかわらず痛みが続くらしい。そ... [続きを読む]
  • バカゲー
  • 「あのねぇ」と相談先の小学生がこっそり教えてくれた。「算数ってバカゲーなんだよ」これはけっこう衝撃だった。そういう見方はなかった。目的があって人がプレイしているとみれば授業だってゲームとみることもできるのか。それもバカゲー。どういう意味で言ったのか不明だ... [続きを読む]
  • すぐできる支援の提案が大事
  • 最近検査を使った心理教育的アセスメントに対する風当たりが強くなってきているのは気のせいではないだろう。実際は就学判断の資料作りのためだけのダメダメな使い方が多いし(それは心理教育的とは言わない)、言われても無理はないかとも思う。それに困難をかかえた子の日... [続きを読む]
  • 標高九九
  • 先日、大六先生の「WISC-Ⅳ検査結果と発達支援実践の橋渡しーつまずきの原因の理解と対応 ー」の研修会に行きました。その中で掛け算九九の話があったんですが、唱える九九覚えられないけど地図大好きな少年に地図っぽく数の大きさで色分けした図を見せた話が面白かったので... [続きを読む]
  • お金そろばん6
  • コインを通して各パーツを接着し完成。より軽い。コインの形に近い。手間暇大幅削減(円柱作成と穴あけ作業の分、木工室にこもらずに机上クラフト作業のみ)。コストは計算してないけど多分ちょっとだけアップ。 [続きを読む]
  • お金そろばん5
  • 次に軸部分を作成。前のバージョンは円柱型コインで軸を上のほうに刺して安定させたけど、今回のコインはコインらしく平面なので1本だと傾く。なので軸は1列2本の合計12本。 [続きを読む]
  • お金そろばん1
  • お金そろばんを紹介するも手元になく、以前作ったものは作成に手間暇がかかりすぎ大変だったのでもう少し簡単にできないかなと。そうしたら作成依頼が。セリアの玩具コーナーで思いついてアイロンビーズとなぜか持ってたゲーム用のコインを接着してみる。 [続きを読む]