しましま さん プロフィール

  •  
しましまさん: しましま日記
ハンドル名しましま さん
ブログタイトルしましま日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shima_shimax/
サイト紹介文特別支援学校の教師しましまが子どもたちとかかわって感じたこと、それと自作教材を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2007/10/04 18:02

しましま さんのブログ記事

  • 語彙リスト
  • カテゴリー別語彙リストを作りました。一覧性と分量のバランスを考え1カテゴリー25語にしました。とりあえず言葉すごろくで使います。スイーツ・お菓子を作っていたら空腹だったせいか涎が出そうになりました。 [続きを読む]
  • 姿勢マネジメント
  • 職員研修で「姿勢マネジメントと学習支援」を行いました。筑波大学の松原先生をお招きし、日中は子どもたちを直接みて助言だけでなく、その場で姿勢マネジメントを。一人10〜30分でみるみる姿勢が変わっていくのを目の当たりにし驚きでした。姿勢マネジメントの方法は、キャ... [続きを読む]
  • 曲面
  • 子どものころ飽きもせずこういうの描いてました。ふと思い出して描いたら懐かしかった。あとよくやってたのは迷路づくり。学校でもときどき迷路好きに出会います。 [続きを読む]
  • 計算順序と意味理解
  • 3年生の算数の授業参観をしました。ちょうど「計算のじゅんじょ」の単元でした。うんてい高さ2m木はうんていの3倍校舎は木の2倍校舎の高さは何メートル?という教科書に載っている問題。そこで思ったことを。特に役立たない感想です。いわゆる「掛け算の順序問題」のことと関... [続きを読む]
  • センター的機能
  • 希望グループ別の校内研修会があり「特別支援学級の支援から学ぼう」のタイトルで話しました。のっけから睡眠に誘導する法律の話をしました。1分ほど。そもそも特別支援学校に属している自分が小中学校の支援に出向くというのはどういうことかといいますと、学校教育法74条に... [続きを読む]
  • とりあえず近況
  • ずいぶん久しぶりの投稿です。ひと月ぶりか。気がつくと晩秋。近所のとある会社のお祭りのビンゴなどでカセットコンロと、何とドローンが当たりました。お鍋でもやろうかな。それからドローンで空撮したいけど飛ばせる場所ってなかなかないんですね。航空法とかあって。仕事... [続きを読む]
  • 社会的失言検出課題
  • 高校での研修会の準備の中で、心の理論課題のちょっと複雑なもの、アイスクリーム課題とか二次信念課題を調べていました。その中で成人向けの「社会的失言検出課題」というのがあるらしく、例えば〈ミチル君はトシヒコ君の誕生日プレゼントにおもちゃの飛行機をあげました。... [続きを読む]
  • どうでもよいこと
  • 高校で話をしました。多様性を前提にすると社会や学校はどうなるか、みたいな話をしようと思って、意図したようにできたか分からないけれどなんとか終えました。多様性を考えず、生徒はみな同じとすれば、ひとくくりで指導できるので頭の中では効率性、経済性が上がります。... [続きを読む]
  • 学業不振について
  • 特別支援教育コーディネーターへの研修会で話す機会がありました。その中で学業不振のことを話題にしました。というのも特に中学校から学業不振やそれに伴う相談がけっこう多くあるからです。あらためて学業不振とは何かと問われると何と答えるでしょうか。相談される先生の... [続きを読む]
  • 実践の口頭発表
  • 今回の学会では事例の口頭発表をしました。実践発表で、基本的に、単一の事例です。これによって何が明らかになったか。一般的な意味では何も明らかになっていません。特殊的な意味では、対象の子にこうしたらこうなった、程度のことは言えます、といったところです。しかも... [続きを読む]
  • メタ認知と学習方略
  • 学会でメタ認知のことを学んだのでメモと感想です。以前こんなことがありました。ある子が自分が未だ覚えていない漢字をノートに書いて提出しました。普通に考えて何も問題はないでしょう。でも、先生が指定した範囲ではなく、しかも同じ漢字を一行ずつという決まりを守らな... [続きを読む]
  • プログラミングを教えるというよりも
  • プログラミングをどうやって教えたらわからない大人が子どもに教えるとき、マニュアルに従って手順と正解を教え、間違えたら修正させ、同じようにできたかを評価するという風景は最悪なんだろうな。実現したいことがあって、試行錯誤して近づいていくことが楽しいと思えるよ... [続きを読む]
  • 信州カンファ2018-24クロージング
  • いちどやってみたい「えー」芸のうちなのでむりですが。はじまっちゃうとおわっちゃうので寂しいですが楽しかった。研究の評価の軸が「興味深い」とか「面白い」だったのが、「有益だ」「役立つ」に変化してきた、と聞いたことがある。そして、今はどうだろう?もしかしたら... [続きを読む]
  • 信州カンファ2018-21境界知能
  • 「こんなもんだろう」支援者が設けたその檻は、支援者自身の支援をしばる定義にもなってしまう。そして、子どもも「こんなもん」として処遇されてしまう。そういう支援者のひとりよがりな子どもの見方に疑問をなげかけるために、「境界知能だとされた子どもの能力は正当に評... [続きを読む]