いい相続.com さん プロフィール

  •  
いい相続.comさん: 大阪の土地家屋調査士、和田清人のいい相続な日々
ハンドル名いい相続.com さん
ブログタイトル大阪の土地家屋調査士、和田清人のいい相続な日々
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/esouzoku/
サイト紹介文あなたのお知り合いを相続税から救ってあげてください。 ありきたりじゃない相続対策がここにあります!
自由文あなたが次世代に残してあげたいものは何ですか?
兄弟ゲンカの種? 使い途のない、ヘンピな土地? それとも、払いきれない相続税? ・・・違いますよね。

私は、土地と相続の両方に精通する人間として、
「安心」が続いてくように、お手伝いをしたいと思っています。

相続でトラブルにならないために・・・「いい相続.com」
http://e-souzoku.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2007/10/05 11:34

いい相続.com さんのブログ記事

  • 「法的障害による処理困難不動産の処理方法」
  • 昨日、大阪府不動産コンサルティング協会の研修会に参加しました。テーマは、「法的障害による処理困難不動産の処理方法」。講師は、ほなみ法律事務所の中川澄弁護士。弁護士が関与することによって「塩漬け」が回避できた事例について、深いところまで実務的にお話しいただきました。不動産売買が前に進まない典型例として、所有者死亡が挙げられます。所有者が死亡することで行き詰まるパターンは、次の3つ。 ①相続争い ②相 [続きを読む]
  • 神奈川の土地家屋調査士たちの偉業
  • 一度取り上げさせていただいた、「外国人遊歩規程」。神奈川新聞の記事になったようですよ。スゲー!熱意をもって取り組んでらっしゃいましたからねぇ。「感動のフィナーレ」はyoutubeでご覧ください。ホント、調査士ってバカですよね。だから大好きなんですけど、何か?(^^;【明治期の測量標石に光を 小田原などで有志らが調査 保存検討へ】 明治時代に外国人の行動範囲を定めるために設置された測量標石に光が当てられよ [続きを読む]
  • 大阪府住宅供給公社が食堂を
  • 大阪府住宅供給公社が、団地内で食堂を運営したそうです。ここのスタッフは障害者。自立支援と、高齢者の「孤食」防止の一石二鳥。面識のなかったほかの階の人との会話が増えたり、スタッフの成長を見守ったりできると好評のようです。ちゃんと収益を上げて、永続する仕組みになればいいですね。【孤食防ぐお昼の食堂 府住宅公社とNPO】 ◇障害者が調理、配膳 自立と交流後押し 家族のいない昼も、ごはんはみんなで――。入 [続きを読む]
  • 銭湯がレンタルスペースに
  • 京都地下鉄九条駅近くの銭湯「九条湯」が、レンタルスペースとしてよみがえったそうです。昭和初期の建物で、唐破風屋根や格天井があったけど、10年前に廃業して空き家のままだったんだって。路地裏という立地のハンデは、「人々が目的を持って訪れる場所」というコンセプトでクリアしたってわけですね。昭和のアイテムも残っているようですよ。京都でイベントを行う際に使ってみたいですね。【昭和の銭湯、レンタルスペースに改装 [続きを読む]
  • 徘徊の理由・・・
  • 家族信託をお手伝いするようになってから、介護のお話を聞く機会が増えました。アンテナが立ったんでしょうか。週刊東洋経済の少し古い記事が、目に留まりました。認知症になったお母様が、毎日16時になると家を出ていくんだって。徘徊ですね。息子さんが叱っても、お母様は聞かない。介護離職も視野に入りつつ、毎日、地獄の16時を過ごしていたんだとか。でも、お母様が16時に家を出ていく理由は・・・ウルっときた・・・(^^;私自身 [続きを読む]
  • 「空家問題」
  • 昨日、大阪土地家屋調査士会北支部と大阪司法書士会北支部・西支部合同の研修会に参加してきました。テーマは、「空家問題」。講師は、大阪司法書士会 空家問題対策検討委員長の河田真一さん。遺産分割や長屋や借地など、多岐にわたって問題点を示唆いただきました。私自身、今まで意識していなかった視点が、換価分割と代償分割の税金・社会保険料の違い。たとえば、4人きょうだいで空き家を相続したとします。誰か1人が窓口とな [続きを読む]
  • 「特別寄与料」
  • 週刊東洋経済の特集は民法改正です。法改正があると、今までできなかったことができるようになったり、逆にできたことができなくなったりするので注意が必要です。今回の記事で取り上げているのは「特別寄与料」。介護をしたお嫁さんに報いようとするものですね。この制度が紛争を生むのかどうかはそれぞれのご家庭次第でしょうけど、個人的には「無償奉仕が当たり前」に風穴があいたのはいいと思います。「タダじゃない」ことが浸 [続きを読む]
  • 任意後見契約公正証書が倍増
  • 任意後見契約公正証書の作成件数が、10年間で倍増したそうです。平成19年には6489件だったのが、29年は12025件に。これは、先日触れた、認知症になった後の資産管理に関する話。何も手を打っていなければ、裁判所が後見人を選びます。今は、親族後見人はほとんど認められませんから、見ず知らずの弁護士や司法書士に報酬を払うことになります。月5万として年60万。10年生きれば累計600万円!それだったら、お元気なうちから後見人 [続きを読む]
  • 大津でも「商店街丸ごとホテル」
  • 大津の町家を改装したホテルがオープンしたそうです。ここも、近隣の飲食店や商店を巻き込んだ「商店街丸ごとホテル」。旧宿場町の町家7棟を改装。1棟にフロント機能を併設し、各棟へはアーケード街を通って行く仕組み。なお、「カップラーメンやコンビニ飯の持ち込みはご遠慮ください。」とのこと。商店街の活性化が重要なテーマなので、食事は大津の飲食店に出掛けるか、アーケード商店街で惣菜を買ってほしいとHPでも訴えてい [続きを読む]
  • 「相続コンサルティングの現場における家族信託活用法」
  • 昨日、相続トータルコンサルタント勉強会を開催しました。テーマは、「相続コンサルティングの現場における家族信託活用法」。講師は、長谷川聡司法書士です。業務の大半が相続や成年後見という氏が見聞した生々しいお話をお聞かせいただきました。第一生命経済研究所の試算によると、認知症高齢者が保有する金融資産は、2030年度には215兆円まで膨らむんんだとか。なんと国家予算の2倍が凍結されちゃう・・・お元気な間は、ご自分で [続きを読む]
  • グランパ&グランマセミナー
  • 野村証券が、「グランパ&グランマセミナー」なるものを開催したそうです。夏休みの自由研究を助ける内容で、顧客と孫とが参加するもの。顧客の相続人と、早いうちからつながっておこうという作戦ですね。これは私も常々、家族信託のセミナーで申し上げていること。でも、「グランパ&グランマセミナー」とは超絶ですね。息子を引っ張り出すのはハードルが高いけど、孫を引っ張り出せば、もれなく息子がついてくる・・・(^^;企画 [続きを読む]
  • 住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅
  • 「住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅」の登録が、目標17.5万戸に対して2%の3600戸にとどまっているようです。ゼロが19県・・・_| ̄|○茨城県では登録申請料を廃止する方針だそうですが・・・不動産コンサルティングマスターの先輩に言わせると、本質的な問題は、「普通借家契約」。万が一、入居者が認知症や滞納・迷惑行為などをする人になってしまった場合、そのリスクは全て家主が被るわけでしょ?そんなのが一件発生すれば [続きを読む]
  • 平成30年地価調査
  • 国交省が、平成30年地価調査の結果を公表しました。全用途(商業地+住宅地+工業地)の全国平均が、27年ぶりに前年比プラス。最高価格は、定番の「明治屋銀座ビル」。4190万円/?ということは、A4サイズで約255万円ね。商業地の上昇率ランキングでは、 2位:京都市東山区祇園町 豊田愛山堂 217万円/?(+29.2%) 3位:京都市下京区東塩小路町 企業組合センター 118万円(+25.5%) 4位:京都市下京区柿本町 塩谷クリーニ [続きを読む]
  • 徴収共助
  • 東京国税局が、海外在住の贈与税滞納者から、約8億円を徴収できたそうです。海外から億を超える徴収は初めてなんだって。これは、豪州との「徴収共助」の威力。現地の預金口座を差し押さえてもらったようですね。ちなみに、租税の滞納状況はこんな感じ。→平成 29 年度租税滞納状況について滞納整理の努力がよくわかりますね。海外在住であっても逃げ切れませんよ。贈与の際には、納税のこともちゃんとプランニングしてくださいね [続きを読む]
  • 「デスカフェ」・・・
  • デスカフェ・・・ホラー映画っぽいキョーレツな名前ですが、どうやら、お茶しながら理想の死に方を語り合う場のこと。「葬式で多くの人に来てもらうより、生きている間に会いに来てほしい」などということを語り合うようです。明るく語り合えば、「死」が暗いものじゃなくなりますよね。こういう場がもっと広まればいいですね。そう言えば、「終活」ではなく「いきかた」を学ぶ勉強会があるようですよ。→SG阪神いきかた研究会次回 [続きを読む]
  • 「ブルー・オーシャン・シフト」
  • 先週、長野政連さんとの意見交換会でお邪魔した浅間温泉。地元の方から、「星野リゾートが来て、今後の発展に期待」と聞いたせいか、いきなりダイヤモンド・オンラインの特集記事に目がクギヅケ。実はあの日、「界 松本」の前を通ったんですよ。ただ、雨だったし、先を急いでいたのでしっかり見てない・・・_| ̄|○やっぱ、アンテナが立ってないとダメですね。(^^;ここで紹介されている「ブルー・オーシャン・シフト」という本 [続きを読む]
  • 境界標を残して!
  • 地震お見舞い申し上げます。強い余震の危険性が少なくなりつつあり、復興に向けての活動が本格化してきました。がれきの撤去にあたっては、境界標、塀や石垣の基礎部分、側溝などもなるべく保存いただくようご配慮をお願いします。→法務省からの過去のメッセージ東北で震災を経験した先輩曰く、「われわれは、日常生活において建物を目印にしている。 建物が無くなってしまうと、毎日通っていた道でもわからなくなる。」復興の際 [続きを読む]
  • 全国の賃貸マンションの更新料共同調査
  • 東急住宅リース株式会社とダイヤモンドメディア株式会社が、更新料に関する調査を実施したようです。更新料ありの物件割合は、 1位:東京都 71.5% 2位:千葉県 67.8% 3位:神奈川県 65.5%  4位:埼玉県 62.8%  5位:京都府 54.1%ゼロを除く更新料の平均は、 1位:東京都 1.02ヶ月 2位:千葉県 1.00ヶ月  3位:京都府 1.00ヶ月 4位: 神奈川県 0.97ヶ月 5位: 群馬県 0.96ヶ月首都圏中心に、根強く残る慣 [続きを読む]
  • 「不動産オーナーのための相続税対策セミナー」
  • 9/13(木)、10/18(木)、11/15(木)の3回、相続トータルサポート関西のメンバーが連続セミナーを行います。今回は、積水ハウス様との共催。便利な梅田阪急ビルで行います。9/13の内容は、「相続の基礎知識」と「遺言の活用方法」。10/18は、「相続税の仕組み」と「税務署はここを見ている」。11/15は、「土地の境界問題」と「オーナーのための家族信託」。全日、メンバーによる個別相談会も併設します。会場でお待ちしてます。 [続きを読む]
  • 枚方で初の代執行
  • 枚方市が、空き家特措法に基づく略式代執行で空き家を解体したそうです。昭和54年建築の木造2階建て。相続放棄で所有者がいない状況なんだって。市民から「外壁の亀裂がひどい」と相談されたりとか、瓦が道路に落下したりとか、危険な状態だったようですね。で、3日に解体スタート。そして、昨日の台風・・・(^^;3日にどこまで壊せたのかわかりませんが、近隣被害が少しでも低減できたのならよかったですね。【放置すれば倒壊 [続きを読む]
  • 東大阪でも「商店街ごとホテル」
  • SEKAI HOTELを運営なさっているクジラさんが、布施駅商店街でも計画を進めていらっしゃるようです。日本政策投資銀行によると、ラグビーワールドカップ2019の期間中、海外からの想定来場者数は41万人。目論み通りだったら、寝るところないもんね・・・(^^;また、昭和の匂いがする商店街は、外国人には人気スポットの一つ。この取り組みが、うまく機能するといいですね。【東大阪で「商店街ごとホテル化」計画 ラグビーW杯向け活 [続きを読む]
  • 税制改正要望
  • 平成31年度の税制改正に向けた各省庁の要望が出そろったそうです。消費税引き上げ後の景気減速への対策が多いみたい。今のところは、各省庁の要望を個別に見ていくしかないんですけど、不動産周辺では、 ・住宅ローン減税の拡充 ・所有者不明土地の有効活用への支援などでしょうか。今後、熾烈なブン捕り合戦が繰り広げられます。動向に注目ですね。【税制改正要望 車・住宅に買い控え緩和策 消費増税→景気減速回避へ】 平成 [続きを読む]
  • SG阪神いきかた研究会
  • 実はこのたび、西宮でSG(スタディ・グループ)を立ち上げました。スタディ・グループとは、「CFPR認定者が中核となり、 会員が居住?は勤務する地域において、 協会会員?はFPに関?のある有志を集め、 継続的かつ定期的にFPに関連する分野について勉強会を開催する、 協会が承認したグループ。」(FP協会HPより)・・・長っ!(^^;要は、FP向けだけど、一般の方も参加できる勉強会ってこと。なぜこれを立ち上 [続きを読む]
  • 「家賃管理の専門会社が語るトラブル現場の実状」
  • 昨日、SGお初天神の勉強会を開催しました。テーマは、「家賃管理の専門会社が語るトラブル現場の実状」。講師は、エー・ピー・エス株式会社の平井正彦さん。日々、「厄介な」入居者と対峙してらっしゃるご経験をお話いただきました。賃貸経営におけるオーナーのリスクは、 1 空室 2 賃料の値下がり 3 賃料の滞納 4 経営コストの変動 5 大地震や津波などの災害 6 所有物件自体の値下がり 7 事業承継 8 入居者のモ [続きを読む]
  • 「捨てる街」・・・
  • 「捨てる街」・・・ショッキングなネーミングですね。資産価値が落ちにくく、利便性に優れていると言えば駅近マンション。でも、コンパクトシティの流れに乗れれば、郊外の戸建でも可能性があるって話。その絶対的な条件は、各自治体の「活かす街」に指定されること。逆に、災害が予想される区域などは「捨てる街」にされちゃう恐れが・・・ハザードマップや都市計画などをちゃんと調べて、ババを引かないようにしてくださいね。【将来必 [続きを読む]