あずさ*社労士 さん プロフィール

  •  
あずさ*社労士さん: 社労士あずさの就業規則の変更・見直しと給与計算
ハンドル名あずさ*社労士 さん
ブログタイトル社労士あずさの就業規則の変更・見直しと給与計算
ブログURLhttps://ameblo.jp/azusa-sharoushi
サイト紹介文港区にて社労士として日々奮闘しています。
自由文いつもお客さまの立場にたったサービスができるよう、日々頑張っています。
得意分野は、給与計算と年金
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/10/08 21:37

あずさ*社労士 さんのブログ記事

  • あなたがブログをはじめたきっかけを教えて!
  • アメブロでブログを始めたのは、確認したら、2007年3月14日でした。(その前のブログは消えてしまったので、いつからかは不明です)かれこれ、気づいたら10年以上・・・ ここのところは、なかなか投稿できていませんが、もう少しで仕事の余裕ができそうなので、もっとアップできるのではないかと思います。 たしか、きっかけは、情報発信と自分自身の勉強のため。初心にもどって、もう一度見直してみたいと思っています。 あなた [続きを読む]
  • 成人18歳で変わること?(労働法・社会保険の場合)
  • 民法が改正され、成人が20歳→18歳となるとのことですが、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00050088-yom-pol各方面の影響が懸念されているようですね。 女性の婚姻年齢の引き上げや、10年パスポートなどなど。成人式は、個人的には20歳のままでいいと思うのですが、どうなんでしょうね。 それで、労働法・社会保険に関する影響を(個人的に)考えてみました。 まず、労働法関係。 「年少者」として保護してい [続きを読む]
  • 育児休業 2歳までの延長について
  • 昨年10月より、育児休業が、お子さんが2歳になるまで延長できるようになりました。 先日、日経の記事に、「あまり認知されていない」というのがありましたが、https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/12570.html(↑日経だと表記できないので、こちら。元ネタはこちらのようです) 手続きしている現場の人間としては、問題は認知されていないことではなく、「間違って認知されていること」なのではないかと感じています。 [続きを読む]
  • 2018年
  • うちの事務所も本日より、2018年の営業が開始しました。本年もどうぞよろしくお願いいたします!(喪中なのでおめでとうは言えないのです・・・) すっかり年末年始ゆっくりしてしまったので、なかなか本格モードになりませんが、休んでも仕事は減らないので、毎年1月は、結構バタバタしています。 2018年1月からは、所得税の配偶者控除に、大きな変更があります。https://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/本人の年収により、配偶者 [続きを読む]
  • 給与支給日はなんで25日?
  • 毎年、バタバタになってしまう12月の給与計算が無事完了しました。一安心です 給与支給日は、「25日」というところが多いのですが、法律上は、何日でも大丈夫です。 ただし、労働基準法で「一定期日に払わなければならない」「1ヶ月に1回以上に支給日がなければならない」と定められているため、「毎月○日」と定める必要があります。(1ヶ月に1回以上なので、週払い、日払いなんていうのもOKです。 週払いの場合は、毎週月曜 [続きを読む]
  • ちょっと仕事やめてくる ・・・その前に
  • 週末、こちら をアマゾンビデオで見てみました。公開した当時、ちょっと気になっていたんですよね。(気をつけますが、ネタバレ注意です) ストーリーとしては、ブラック企業に勤務していて、追い詰められた主人公が・・・というものなのですが、「こんなのあるの」というくらい、ブラック企業の描写がエグかったです。 吉田鋼太郎さん演じるパワハラ部長には、殺意を覚えましたし、「有休はいらない」ってスローガンってすごいなあ [続きを読む]
  • 「扶養」整理いろいろ その2
  • 昨日のブログ の続きです。 税務上は、①「配偶者」か②それ以外か、で変わってきます。 ②それ以外、の場合は、お給料ですと、年収103万円以下の場合、所得税上の扶養となり、本人の所得税が低くなります。 年金や事業所得等の場合は、計算式が変わってきます。 複雑なのは、②「配偶者」 2018年より改正があり、今年と来年で違ってきます。 今年(2017年)年収が0円〜103万円以下の場合 →所得税上の扶養となり [続きを読む]
  • 「扶養」整理いろいろ その1
  • この時期になると、「扶養」に関する質問が増えます。パートさん等、やはり「扶養範囲内」で働く人が多いからかな、と思います。 ちょっと整理してみましょう 「扶養」にはまず、①税金②社会保険の2種類の扶養があります。 ②社会保険の扶養は、年収130万円(60歳以上の人は180万円)未満の家族(*)が対象となります。この「年収」には、全ての収入が含まれるため、年金(遺族年金・障害年金も含む)・失業給付・傷病 [続きを読む]
  • ワタナベさんの秘密
  • 以前、このような記事を書いていたのですが、 この中の「ワタナベ」さんの秘密?を見つけました。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00173199-toyo-soci いろんな字があるのは、 登録の際の記入誤り 本家と分家を分けるため・・・なんていう理由があるのですね。 なんていうのは、いまだと考えにくいですが、当時は手書きですもんね。 ただし、この字の問題、弊社では手続きは基本的に電子 [続きを読む]
  • ブリジット・ジョーンズと妊娠と解雇
  • 今年のGWは、何年かぶりにしっかりお休みをいただきました。(※カレンダーどおりですが・・・)法事とか、小旅行とか、ばたばた過ごした後、最終日は家でだらだらしていました。 そして、気になっていたブリジット・ジョーンズをネット配信で。1作目から原作をしっかり読むほど好きだったんですよね〜。 ちょっとネタばれになってしまうので、これから見るからはご注意を。 映画の中で、妊娠中の [続きを読む]
  • 保険証をなくしたとき
  • 最近お客さまからの従業員さんが保険証を紛失したというお問い合わせが続いています。 まったく関連のないお客さまなのですが、同じ手続きってなぜか続くのです。ただ単に、年末年始はばたばたしていて、気もそぞろなのもあるかもしれませんが・・・。 先日なんて、健保組合から、「この被保険者の再交付は〇度目なので、 気をつけるように言ってください」・・・ハイすみません。 健保組合の言い分ももっともなの [続きを読む]
  • 社会保険手続きと「人名」
  • 社保関係の手続きで気を使うもののひとつが、「人のお名前」 いろんな漢字があって分かりづらいし、最近の子供の名前はとにかく難しいし読めないです 一度記事にした覚えがありますが、「サイトウさんとワタナベさん問題」 サイトウさんの「サイ」①両方簡単な「斉」②上だけ難しい「齊」③下だけ難しい「斎」④両方難しい「齋」一般的にはこの4パターン。「西」「犀」というのもあるようですし、ちょっと調べてみ [続きを読む]
  • 風邪で休んで「ペナルティ」 は労基法違反
  • セブンイレブンで、風邪で休んだバイトが、「時給×時間数」で控除されていたというニュース、http://www.sankei.com/life/news/170131/lif1701310035-n1.htmlおおっぴらになってるということは、きっと氷山の一角なんだろうなあと思います。 そういえば、バイトのクリスマスケーキなどの「ノルマ」も結構問題にもなってますよね。むかーし、ですが、私が学生のとき、友人がコンビニバイトのクリスマスケーキのノルマが大変で [続きを読む]
  • 同一賃金同一労働?
  • 今更ながら、同一賃金同一労働について、です。 簡単に言うと、正規労働者と非正規労働者の格差をなくそう、というものなのですが、いろんな意味で難しいよなあ、と個人的に思っています。 まずは、厳密な「同一労働」の判断って難しいですよね。 たとえば、居酒屋で食事を運ぶ仕事。やっていることは同じでも、① 無愛想に食事を置くだけの新人バイト② 丁寧にマニュアルどおり接客するベテランバイト③ お客さ [続きを読む]
  • 雇用保険の適用拡大
  • 今年の1月より65歳以上も、雇用保険の適用対象となっています。 今まで雇用保険は65歳までとなっていて、65歳以降、就職した場合は雇用保険に加入できませんでした。ただ、今までも65歳より前に入社して雇用保険に加入していた場合は、そのまま継続して加入していることとなっていました。(ちなみに、保険料は、65歳になる年度から免除となっています。 たとえば、平成28年4月〜平成29年3月に65歳になる [続きを読む]
  • 育児・介護休業法 平成29年改正 育児に関すること
  • 先日、育児・介護休業法※が改正したという記事を書きましたが、http://ameblo.jp/azusa-sharoushi/entry-12239225786.html(※正しくは、 育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律 ・・・こういった法律全般で言えるのですが、長い) 介護だけではなく、育児に関する改正もあります。いろいろありますが、大きいところだと、☆ 子の看護休暇の半日単位の取得を可能とする。☆ 有期契約労働者 [続きを読む]
  • 社会保険関係の電子申請 その2
  • 少しあきましたが、前回 の続きです。(仕事がバタバタになってしまい、更新どころでは なかったのです・・・) さて、社会保険関係の電子申請ですが、うちの事務所は社労士用のシステムを使っています。 ちょっと癖があるシステムなので、使い始めて約3年・・・やっと半分くらい使いこなせてきました。 電子申請でできる社会保険関係の手続きはこんな感じ。http://www.nenkin.go.jp/denshibenri/e-gov.files/04 [続きを読む]
  • 社会保険関係の電子申請 その1
  • うちの事務所では、手続き業務でできるものは極力、「電子申請」にて行っています。健保組合への申請や、事務組合関係は、まだまだ紙ベースです。 離職票は、タイミングによっては、朝申請して、夕方完了なんてことも。とにかく、手続きは郵送でやるよりも早いし、直接行くより時間がかからないので重宝しています。 私は学生のときバイトで社労士事務所に行ってたときは、仕事のメインは「役所まわり」でした。当時よく [続きを読む]
  • 育児介護休業法 H29年1月より改定しています
  • 平成29年1月より、育児・介護休業法が改正されています。最近の育児・介護休業法というと「育児」のほうだったのですが、今回のメインは「介護」 家族の介護のために離職するいわゆる「介護離職」が社会的な問題となっています。今回の改正は、介護しながら働きやすいように、を目指した改正になっています。  介護休業の分割取得ができるようになりました。 いままで、介護休業は対象となる家族にたいして、 [続きを読む]
  • ミスとの向き合い方
  • 年末、ふと確認したカードの明細、春先に解約したはずのWIFI契約がまだ引かれていて、おかしいな、と思い、お問い合わせセンターに電話。 解約に行ったはず、と伝えたところ「解約ではなく、解約にかかる費用の確認にきたことになっております」 ・・・え わざわざ、金額の確認に、店舗にいかないのに。(解約は郵便や電話ではダメで店舗にいかないとダメとのことでしたので) 何度確認しても「こちらでは [続きを読む]
  • 元号と社労士業務
  • 平成という元号が30年まで?というニュースが出ていますが、(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000145-jij-pol)テレビなどでは、カレンダー業者にインタビューしてました。 でも、役所関係とそれに関わるところにも、大きな影響があります。 全てかどうかは分かりませんが、社会保険関係はもちろん、税務関係も、住民票も、謄本も、登記簿謄本も、全て「和暦」。平成○年、昭和○年で管理されています [続きを読む]
  • 平成29年と厚生年金保険料
  • 一昨年の記事で、こんな記事を書いていたのですが・・・ 「厚生年金保険料の料率が上がるのは、 平成29年まで」 ・・・今年、平成29年でしたね。そろそろかな、ということは思っていたのですが、今年までとは全然気づいてませんでした。 そもそもが、平成16年の「総報酬制」への改正からくるものなのですが、(余談ですが、総報酬制への改正を経験している30代社労士は あんまりいないと思います・ [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 新年早々、きれいな初日の出が見れ、引いたおみくじは大吉。なんだか幸先のよい1年になりそうでうれしいです 昨年の目標は、「余裕をもつこと」・・・でしたが、事務所の移転や職員の休職、入退社で、それどころでない「激動」(笑)の1年になってしまい、この目標は全く実現できませんでした・・・。 今年こそ!心にも時間にも、余裕をもって、よりよい業務を行って、よ [続きを読む]
  • 事実婚と健康保険
  • 気づいたら年の瀬。2016年は事務所としては「ばったばた」の1年で、いつもは「短い!」と感じる1年が、ものすごーく長く、「え、1年しか経ってないの?」みたいな、いい意味でも悪い意味でも充実した一年でした。 さて、ドラマの「逃げ恥」、話題になってましたね。忙しい時期の「癒し」(笑)で、みてたのですが、LGBTなど「多様性」にも目を向けられていて、「みんな違って、それでいいんじゃない」という温かいメッ [続きを読む]