mintgreen さん プロフィール

  •  
mintgreenさん: 仙台泉区プ゚リサ-ブドフラワーアレンジ・ブーケ・手作り花教室
ハンドル名mintgreen さん
ブログタイトル仙台泉区プ゚リサ-ブドフラワーアレンジ・ブーケ・手作り花教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/at-mintgreen/
サイト紹介文仙台泉区CA/FEJ認定「花のアトリエ*MintGreen*」プリザーブドフラワー・アレンジ・ブーケ・ハーブクラフトレッスンと日々徒然
自由文お花で作る楽しさを。クリエイトアカデミー・フラワーエデュケーションジャパン認定教室「花のアトリエ*MintGreen*」はアート・服飾花・フレッシュフラワーアレンジ・ブライダルブーケの性差う販売とレッスン、ラベンダー手工芸・ラバンドゥクチュリエールの講座も受講できる少人数予約制の花教室です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2007/10/09 03:39

mintgreen さんのブログ記事

  • ターナー展鑑賞・細部にこだわった風景
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。お盆の終日に当たる16日、やっと、お休みに入った夫と長女と三人で、郡山市立美術館で開催中の「ターナー 風景の詩」を鑑賞してきました。 イギリスを代表する風景画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー。 油絵や水彩画も描きましたが、特筆すべきは版画です。 ターナーの描く風景画は、地誌的風景画という、その土地の景色や様 [続きを読む]
  • この季節の楽しみ 庭先でブルーベリー狩り
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 我が家の庭もブルーベリーの収穫期を迎えています。まだ80センチい程の丈しかない細い樹ですが、今年は沢山の実をつけています。 1度に収穫できる量は、このくらい。 既に3回、収穫していますが、あと数回は収穫できそうです。 暑さで庭の花が少ないこの季節に、ブルーベリーの収穫は、嬉しいお楽しみです。 季節の楽しみといえば、 マリ [続きを読む]
  • 刀剣女子気分で会津若松へ
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 明日19日日曜日まで、福島県立博物館で開催している「美しき刀たち〜東京富士美術館コレクションと福島の名刀〜」を観てきました。 日本刀を鑑賞するためのパンフレットもなかなかです。 刀剣女子気分を味わってきました。 鑑賞後は会津若松市内の蕎麦屋、香寿庵へ。 とても美味しかったです。 昼食後は、鶴ヶ城へ。ガイドさんの城壁の説 [続きを読む]
  • お伊勢参りの旅の続き
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 今年の12月で結婚25周年を迎える私たち夫婦。 今年は、なるべく二人で出かる時間を作りたいと思っておりまして、実は7月の初めにお伊勢参りに行ってきました。前回、伊勢の吉方位旅は、20年ぶりの二見浦からスタートした記事を書きました。⇒お伊勢参りの旅1その続きです。 二日目は、いよいよ伊勢神宮へ。 お伊勢参りは外宮から回るのが [続きを読む]
  • お伊勢参りの旅1
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 今年の12月で結婚25周年を迎える私たち夫婦。 今年は、なるべく二人で出かる時間を作りたいと思っておりまして、実は7月の初めにお伊勢参りに行ってきました。吉方位旅行するのと運気がアップするという日が毎月数日あるそうですが、2018年の7月は更にパワーアップするということで、ちょうど夫と私の吉方位が同じ西南の方角で一致し [続きを読む]
  • お寺にあるバラの庭・松島円通院
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。月曜日、末っ子と二人で松島に行ってきました。一般道でのんびりと。松島に近づくと対向車線を走る車が県外ナンバーが多いコトに気づきました。実は、夫が休みではないので、すっかり忘れていましたが、世の中はお盆休みなのですね。・・・ということで、松島観光の中心地に向かう道路が数珠つなぎ。 そんな時は、急がば回れ!迂回すればス [続きを読む]
  • 時には場所を変えて集中!それが誰かの役に立つ
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。多肉植物の小さな花が咲きました。木曜日の台風を避けて、玄関の中に避難させていた多肉植物も、金曜日の夕方には、また元通りに外へ。 昨日はオリジナルベーシックコースのレッスンがありましたが、夕方は、末っ子を連れて、月に一度訪れる、いつもの場所へ向かいました。仙台市中心部にある、「仙台駅前自習室WEST」 今年の3月11日に [続きを読む]
  • 代々木でパワーチャージに、ちょっと寄り道しました
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。吉方位旅行するのと運気がアップするという日が毎月数日あるそうで、2018年の7月は更にパワーアップする月だったそうです。 ちょうど先日、ブログにアップした⇒ワクワクが止まらない?花をもっと長く楽しめるドライボタニカルの世界 ドライボタニカルのお勉強最終日でFEJ本部レッスンに出かけたこの日は、吉方位のパワーアップ最終日 [続きを読む]
  • フレッシュフラワーで作るブーケオリジナルオーダーレッスン
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。先月、ご夫婦そろってのプリザーブドフラワーアレンジプライベートレッスンを開催しましたが、先週の金曜日は、その第2弾は生花の花束レッスン。前回のレッスンの様子はこちら⇒プリザーブドフラワーアレンジオリジナルオーダーレッスン 今回は、生花売り場で待ち合わせし、作りたいイメージの花束に合わせて花選びからレッスンスタート。 [続きを読む]
  • 暑い夏に贈るフラワーフレームアレンジ
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 今日から8月ですが、それにしても暑かったですね。仙台も、この夏の最高気温を更新しました。 先月ですが、知人のお祝いに贈ったフレームアレンジ。 オレンジ色がお好きな方でしたので、オレンジ系のローズとグリーンのスケルトンリーフで制作しました。 いつも、生花を飾って一らっしゃることは知っていましたが、この暑さですからね。 [続きを読む]
  • 涼しい週末
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 今日は一日、霧雨が降ったりやんだりの仙台。涼しく感じられます。台風の影響で、各地でイベントが中止になってしまったようですが、地域のお祭りは開催されていました。 毎朝の日課になりつつある、庭の水撒きをしなくて済みましたので、その時間に、久しぶりに庭の木を写真に撮ってみました。 梅の実にも見えますが、花桃の実です。 こ [続きを読む]
  • 涼やかに仙台の名所を堪能
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。仙台の奥座敷といわれる秋保に足を伸ばしてきました。仙台市中心街から車で3〜40分ほど。(紅葉の時期はどうろが混雑しますので、もう少し掛かります)秋保温泉街からさらに10分ほど車を進めていくと、秋保大滝に着きます。秋保大滝の滝見台に向かう入口は、秋保大滝不動尊のわきを通っていきます。大滝不動尊は西光寺にあり、未年・申年 [続きを読む]
  • 暑い夏は生花に代わるこんな花贈りも選択肢に!
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。全国的に連日のも猛暑、辛いですね。昨日の二十四節気の『大暑』当日は最高気温の記録が更新されました。仙台は。一昨日、36.7度を記録しましたが、昨晩から今朝にかけては、涼しさを感じるくらいでした。 しかし・・・日差しが出てきて、気温が上がってきましたね。 こう暑くては、例年の夏以上に生花が持ちませんね。先日の記事⇒母から [続きを読む]
  • 母から娘へ贈るウエディングブーケレッスンの様子
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 ご結婚を控えた娘さんのためにウエディングブーケを手作りしたいというお母様。 ご希望は、今流行りのシャンペトルブーケ。 お母様の想いを形にするために、花材を揃えてレッスンしました。 今回は、プリザーブドフラワーではなく、全てアーティフィシャルフラワーで揃えました。 鮮度が命の生花のブーケ。手作りするにはこの夏の暑さは厳 [続きを読む]
  • 透明感のあるハーバリウム作りを体験いただきました
  • 仙台市泉区・女性の夢を応援するプライベート教室「花のアトリエ*MintGreen*」の両國です。 暑い日が続いていますね。 先日、北仙台中学校PTA主催の「ハーバリウム体験講習会」に、講師として招かれ行ってきました。 この日も暑い日でしたが、参加人数14名でしたので、ゆっったりとお好きな組み合わせで中に入れる花材をお選びいただけたので、良かったです。 涼し気な作品が完成しました。 最後に、作品を前に記念撮影。 お [続きを読む]