NOBU さん プロフィール

  •  
NOBUさん: NOBU'S MUSIC
ハンドル名NOBU さん
ブログタイトルNOBU'S MUSIC
ブログURLhttp://nobu-music.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ベガルタの辛口座談会。辛口コメントを 是非、一言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2007/10/09 21:07

NOBU さんのブログ記事

  • 一つの疑問。
  • 善戦?0-1でベガルタは負けたわけだが。先制の想定は当然できていたわけで、何故、敵が嫌がるハーフナーや、ハモンを使わなかったのか。コンディションの問題であれば仕方ないのだが、なぜこの勝負時に外国選手を使いきれなかったのか。納得のいかない選手起用がどうしても理解できない。ベガルタはあえて得点力のある西村を失ったわけで、その穴埋めが最終戦においても補いきれなかった。負けるにしても、奇策がなかったことがど [続きを読む]
  • 決勝進出は決めたものの。
  • いやはや。リーグ戦の悪いところを引きずった試合だった。正直どっちがJ1チームだったかわからない程のレベルの低い試合だった。反対に山形は、序盤受け身に回った分後半は見違えるチームに変貌していた。とにかくタメを意識しない今シーズンの悪いところが目立つ見ていて負ける気しかしないゲームだった。鹿島が相手だったら、優勝可能性が0%だったが幸運にも相手が浦和だった相性が少しでも良いチームだったのが唯一の救いかも [続きを読む]
  • 結局は残り4連敗の可能性。まさか降格はないと思うが。。。
  • 4連勝、4連敗。下位のチームすべてが4連勝となる可能性はないとは思うが。なんだ、かんだ言っていまだ解決しないシュートまでの課題。かと言って、守備の課題まで露呈してしまっては、4連敗が頭をよぎる。残りすべて相性が良いとは言えないチームとの一戦がづづく。今日の敗戦を見るとそんな心配が頭をよぎるばかりだ。割り切った試合運びが必要かもしれない。 [続きを読む]
  • 残り6節。残留天王山はホーム2戦。
  • いやはや。相性がどうのってあるけれど、同じ相手に負けるのは、強いチームになる過程でいかがなものか。とにかく、西村の抜けた穴をまず、クリアできていない。トップでキープして、シュートまでいけないのが、今のベガルタのウィークポイント。結果のでない前を変えられないのは、他の選手の連携が熟していないのか。ここにきて。石原の両サイドにもっと絡める選手、あるいはシュートまでいける選手が欲しいとこだが。さて、残り [続きを読む]
  • 0-1の大切さ。ミスの多い今のベガルタ。
  • 阿部の勝ち越しで勝てるかと思ったら、甘かったな〜磐田との、というか強いチームとの大きな差って、ボールの繋ぎだと思う。磐田は、常にある水準でのパスを的確に繋いでくる。ベガルタはどうかというと、自然にパスを繋げない。表現としては、標準てきなパスが身についていないというか。。。。。サイドでは繋げるが、中央で適格に繋げない。と言うべきか。根本的な部分で戦えてない事が今日の試合でよくわかった。しかも、一度ホ [続きを読む]
  • 負のスパイラルですと。今朝の朝刊。
  • 負のスパイラルですか。今朝の朝刊からです。確かに矢島の負傷交代は痛かったがどんな状況でも想定しておかなければならないはずなので、言い訳にはならないでしょ。今のベガルタは、タメをつくるのがほとんどサイドのみ。昨日はジョーにサイドを崩されて失点。個にやられたと、負けるたびに言っているような気がするが。中央を固め、サイドからを警戒できれば、精度のないクロスの確立が多いベガルタは攻略しやすいんでしょうね。 [続きを読む]
  • 後半93分のキックミス。あ〜関。
  • 残り後1分だった。目を疑った。関が相手陣内深くボールをキックした。まさか。とは思ったが相手のキーパーからのロングフィード。よくいう、カウンターだ。オフサイドくさい1点で勝ち越したベガルタだったが。やっぱり、そうは簡単に勝たせてもらえなかった。やっぱり、強くなるには後1分の集中力が必要なのか。ああ、今でも、あの残り1分からの関のロングフィードが頭から離れない。もっと強くなれ。ベガルタ。今日の引き分けは、 [続きを読む]
  • 出がらし選手に、騒ぐ時代ではないのです。
  • イニエスタ?フェルナンドトーレ?Jリーグが開幕した当初ならわかるが、出がらしの選手に、今更好き勝手にプレーされる訳にはいかないでしょ。それこそ、4年後のワールドカップの選手には海外プレーする選手しか必要でなくなる可能性が出てくるわけで。このくらいの選手なら、当たり前に止めてこそ、国内リーグの価値が上がるというものです。Jリーグの収益には、大いに彼らを使いうべきだが、全チームの選手が出がらし高ギャラ選 [続きを読む]
  • 中断期間の準備の質の違いが如実に出た試合。
  • スカウティングはしてたのだろうが。あまりにも、クオリティの違いが出てしまった一戦だった。こんなに勉強してたの?夏休みの後の学生気分のようなもんだね。今日は相手の準備が上でした。試合を作れるキーマンが不在では。次節は、トーレスにボコボコにされそうな位、選手は意気消沈。サポーターのプライドをずたずたにした選手たちの奮起はあるのだろうか?そう、思ってしまうくらい野球的なサッカーだった。進歩できないベガル [続きを読む]
  • がんばれ。西野ジャパン。
  • しかし、たたくね。日本人位、その選択を応援しましょうよ。いろいろ選択肢に問題があったにしても選手にだって、西野さんに究極の選択をさせてしまった責任はありますからね。こういう選択をしなければならない日本のレベルに問題がある訳ですから。世界は日本がベルギーにボコボコにされることを期待しているようですが、それなら西野さんの気持ちを汲んで、奇蹟を起こして見せてください。今回の采配が西野さんの本意でないのは [続きを読む]
  • 悲観することなし。野津田を生かすタレントが欲しいとこだ。
  • しかし、野津田の大車輪の活躍。これで負けてはもったいない。野津田はボランチよりサイドが生きることが十分わかった試合だった。後は野津田に余裕を持たせるプレーヤーがあと二人欲しいとこだ。特に今日のボランチの後半の二人にはもっとクオリティが欲しいとこだ。最後はジャーメインをワントップに徹底的に裏を狙っても面白いと思うのだが。永戸と蜂須賀がある程度のプレーが読めるので今の中のタレント不在は痛い。さて、次節 [続きを読む]
  • 秀逸だった川崎戦。
  • 0-0の結果にも、試合内容は本当に見ごたえのある試合だった。富田を中心に、けして焦らない守備、中央で守備から、試合の展開をひたすら作り出す野津田。この二人は、間違いなく、今のチームの二枚看板だ。序盤の後方からのジャーメインへのロングフィードは、わかっていてもこれからの他チームへの脅威には間違いなくなってくるはず。危ない場面も多々あったが、それを含めても久々、0-0での試合でもエキサイトした好ゲームだった [続きを読む]
  • 遅れましたが。J1開幕。魔の15連戦始まる。
  • 今年のベガルタは面白いです。去年はスタジアムに行く気にもなれず、残念な気持ちで一杯でした。今年のベガルタは、やることが明確で、見ていて攻守に期待の持てるサッカーを展開していると思います。今日は、浦和に負け、公式戦で初の敗戦をしてしまいましたが、サッカーの内容はけしてがっかりするものではありませんでした。後は、チャンスを貰った選手が結果を出してくれれば、順位は自然とついてくると思います。結果を出せば [続きを読む]
  • 信じられない。
  • 彼への期待は大きかったはずだが。人的にはいいが、実利的にこの衝撃はいかほどのものか。彼との話がどういう段階でフロントと進行していたかはわからないが、チームとしてはマイナスなことは確か。こういうことを含めて、今年のフロントにはいっそう、信頼が持てない。本当に信じられない。 [続きを読む]
  • 2008 ニューベガルタ
  • いよいよ、始動ですか。三田選手の移籍以外は、ほぼ選手の残留に成功して、2017へさらに上乗せできる可能性が高くなったことには、一安心。補強に関しても、適材適所に補強はできた感はあるのではないでしょうか。唯一心配なのは、ボランチにJ1実績のない選手しか獲れなかったことぐらいでしょうか。しかし、化ける可能性は多大にあるので、フロントの眼力に期待したいものです。正直、あと一枚欲しいところでしょうか。今年は、石 [続きを読む]
  • 2018ベガルタ
  • 2017 ベガルタ仙台は昨年同様、早々に降格状況に陥った3チームのお陰で苦労をせずに残留が決まったしまったシーズン。2年連続でこういうラッキーな状況でJ1で2018年も戦えるベガルタ。2017は、金銭的な問題が一番だとは思うが2017で主力で戦った選手が、ほとんどがレンタルだという状況は、2018はまた一からチーム作りをしなければならない可能性は大。外国人選手も、スタメンから使えない、試合にすらでないでシーズンを終わって [続きを読む]
  • 守りだけでは、失点0は実現しないです。
  • なさけない試合です。先発した特に若い選手は、もっと色出してどん欲にゴールを目指さなければなりません。その相手のとの攻撃のやりとりが、失点0を生みます。攻撃と守備がかみ合って失点0が生まれるのです。仕掛けられない選手があまりにも多すぎるのが今のベガルタの実情。ピーターウタカを見たかい。一人で三人分の仕事をしてるよ。情けない。。。。。。 [続きを読む]
  • 攻撃が流れ無しい、ポストプレーにこだわりすぎ。
  • 2連勝はただの偶然だね。今日の札幌なら、自分たちのスタイルがあれば、十分戦えたのに。いまだに、ポストプレーにこだわっているのか、いないのかわからないが、スタイルが全然見えてこない。野津田は初先発がゆえの試合感なのか、駒の一部になってしまっていたのが残念。今日の札幌の1点だって、いままで取ってきたスタイルの一部であって、ベガルタにはシーズン半ば過ぎてもそのスタイルすら見えてこない。本当に連携を練習して [続きを読む]
  • 攻めずに0に抑えることは難しい。
  • 0に抑えるということは守り切るとうい事ではない。今日の新潟戦がいい教訓になったはず。今のサッカーは守って0に抑えることは一番難しいこと。今日の様に適材適所にいかに選手を配置できるかで、勝敗は決まるということです。野津田、クリスラン、石原、適材適所に彼らが配置できれば、もっと勝つことに近づけるはずだ。クリスラン、石原どちらもシャドーストライカーであることは間違いない。今シーズンはポストプレイヤー的選手 [続きを読む]
  • 幻の日本代表。野津田くる。
  • 怪我さえなければ、今頃海外に移籍し、代表を張っていただろう選手。魅力的なパス、ドリブル、そして、強力なミドルシュート。仕掛けられ、選手を使え、得点もとれる優れた選手。過去は、移籍先が合わなかっただけ。ベガルタなら、きっと下手な壁がないだけ、のびのびできるはず。これで、平山が間に合えば、トップのトライアングルは凄く魅力ある、客のよべる試合ができるはずだ。ベガルタの今の苦しい状況は、ざるの守備はもちろ [続きを読む]
  • 今のところ、打つ手なし。
  • 監督力の無さか。選手が真面目すぎるのか。勝てないときは、とにかく何をしても裏目にでてしまう。勝ちゲームに結びつく好セーブがないと言われていた、ダニエルが追加点をことごとくセーブを続ける中、点がとれない。とくに、ここ数試合、サイドハーフの仕事の出来はまったくなってない。最悪だ。鹿島の選手と比べると歴然だが、点と取るという雰囲気すらだせない。自分は、チームの潤滑油でいいのだというプレーしかみることがで [続きを読む]
  • 何故にベガルタコール?ブーイングの内容でしかない柏戦。
  • 勝ったわけでわない。ただ、引き分けただけだ。サポーターも甘くなったもんだ。若手の台頭などとんでもない話だ。結局クリスランがらみの得点だ。チームは勝てない。若手は活躍できない。選手の流失ある。シュミットは勝ちに繋げるセーブができない。今日は失点しない準備をしてきたのに、失点。最後の得点したプレイを随所に展開しなければ、とても、サッカーとは言えない。何故に、ブーイングしないのですか? [続きを読む]
  • 同点の陰に隠れる、降格へのカウントダウン。優等生ベガルタイレブン。
  • いや〜今のベガルタはかなり重傷。こうも、失点が多いと収拾がつかなくなりそうだ。失点をカバーできるだけの攻撃力がないだけに、この流れを今シーズン断ち切ることができるのか?本来なら、ゲームの要になってなければならない奥埜の不振。ポジションなのか、コンディションなのか、以前輝きを取り戻す気配さえない。さらに、チャンスを貰っている若手、西村にしても佐々木にしても、今日の様に来期入団選手に主役の座をかっさら [続きを読む]