和気さん さん プロフィール

  •  
和気さんさん: 気功の仲間へ
ハンドル名和気さん さん
ブログタイトル気功の仲間へ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/e7dkizg/
サイト紹介文名古屋において、二十年にわたって気功の講師を続けながら生き方を学んでいる和気からのメッセージです。
自由文和気のプロフィール

・和歌山県出身
・愛知県名古屋市在住
・鍼灸院「和気」院長
・気功法講師(中日文化センター、熱田の森文化センター、気功塾、気功の学校など)
・趣味(気功、陶芸、写真、ウォーキング、物書き、ブログなど)

和気のホームページ
http://www.hpmix.com/home/wakisinitiro/

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2007/10/09 23:03

和気さん さんのブログ記事

  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・10
  • 【静観】 それはね、先ほどの手当てをした後に、そこから手を離すという風にしてみるんですよ。【紗】 手を離すんですか?【静観】、 手を離すと、一瞬、感覚が無くなるというか、皮膚が手が離れたことがわかるんですが、すぐに気持ちを先ほどまで感じていた皮下から体内の感覚に持って行くんですね。【優】 いま、僕は胸板に当てた手を離して、先生の言われたようにしているんですが、体の中に何となくジワーっとした感覚が出 [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・9
  • 【紗】 気功的な手当てというのは、手を当てて、その当てられたところから温かい感じが体の中に染み込んでくる感覚を体感していけば良いんですね?【静観】 わたしが誘導しますから、その通りにしていけば良いですからね。【赳】 意識的に感じようとしないで感じるままに感じていくという感じでしたね。 感じという言葉が多すぎましたか?(笑)【静観】 まず、両手をこすり合わせましょう。 それから動きを止めて、掌の皮膚 [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・8
  • 【静観】 体性感覚を開発していく練習としての「動きの感覚や皮膚の感覚の練習」の次に行なう練習は、皮膚から皮下、体内へと温かな感覚が染み込んでいくという体感の練習になるんですが、では、その練習をしてみましょうか。【紗】 温かな感覚というのは、気の感覚ということでしょうか?【静観】 勿論、気の感覚には違いないのですが、ここでは手をこすり合わせて温かくし、その手を直に胸やおなか、或いは腕などの皮膚に当て [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・7
  • 【静観】 では、次に脊椎の前後の揺れの実習の説明に移りましょうか。【紗】 それも、肩のライン、胸のライン、ウエストのラインなどと分けて練習するんですか?【静観】 はい、そうなんですが、前後の場合は左右と違って、脊椎だけではなく、顔や胸腹部の連続的な皮膚の感覚も体感していくんですよ。【優】 連続的というのはどういう意味ですか?【静観】 皮膚についてだけ言えば、顎から、胸から、臍からという分け方をし、 [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・6
  • 【優】 背骨も同じようにすれば良いんですか?【紗】 同じようにって、どうすれば良いのかなぁ?【優】 骨盤の空間的な位置を動かせば、その上に乗っている脊椎全体が揺らされるんじゃないかなぁ?【静観】 優君の言う通りなんだけど、脊椎のゆるんでいない人に対して、最初から骨盤から始めるとメトロノームのように動いてしまいますので、もう少し分けて練習した方が良いでしょうね。【赳】 腕わかめのように、幾つかに分け [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・5
  • 【紗】 掌の気感や気のボールづくりに効果の高い「ふぁんそん掌」の後は何を練習すれば良いでしょうか?【静観】 やはり、腕の使い方を身につけていくための「腕わかめ」でしょうね。【優】 中国武術のようなムチのようにしなる腕の使い方ですね!【静観】 それも勿論あるんですが、やはり気功ですから、気の流れを良くするための腕の使い方でもあるんですよ。【赳】 鍼灸で扱っている経絡みたいな気の流れになるんですか?【 [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・4
  • 【優】 では、その「ふぁんそんテクニック」について教えて下さい。【静観】 「ふぁんそんテクニック」は、まず、動きの感覚と皮膚の感覚を体感するところから始めます。 ふぁんそん掌とか腕わかめ、蝶の羽ばたき、すわり金魚、すわりイルカなどと名付けている動きです。【紗】 何から始めれば良いんでしょうか?【静観】 ふぁんそん的な体のゆるみを大切にしたいなら、すわり金魚、すわりイルカなどの背骨をゆるめていく技か [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・3
  • 【赳】 その「感覚」について教えて下さい。【静観】 感覚には大きく分けて二種類の感覚があります。 外部の情報を取得する感覚、即ち、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などの感覚など五感と呼ばれているものと内部の情報を取得する体性感覚の二つです。【紗】 私、体性感覚という言葉、初めて聞きましたが、「ふぁんそんの感覚」や「気の感覚」は、その体性感覚によって感じられるということですか?【静観】 そう、私たちが「 [続きを読む]
  • 静観塾・ふぁんそんと気功を深める・2
  • 【紗】 先生、「ふぁんそん」の本質的な意味について教えて下さい。【静観】 「ふぁんそん」というのは、単に脱力してリラックスしている状態のことではありません。 放鬆という漢字の中国語読みで、ピン員ではfang-songと表します。 放というのは「すき間」とか「空洞」という意味で、放は、四方八方に拡散していくという意味ですので、すき間や空洞が広がっていくということになります。【赳】 それは体の感覚ですか?【静 [続きを読む]
  • 静観塾・2018年度版・ふぁんそんと気功を深める・1
  • 【静観】 読者のみなさん、こんにちは! 今日から新しい仲間、やがては「ふぁんそんテクニック」や気功を伝える側になりたいと考えている仲間をお迎えしての静観塾を開くことになりました。 まず、それぞれに自己紹介をお願いします。【優】 マサルと申します。 僕は、体を動かすことが好きで、ジムに通ったり、ボクシングをしたりしていたんですが、中国武術に興味を持ち始め、それに進むならやはり「気」だなと感じて、ネッ [続きを読む]
  • 連続講座・9…貫気法の練習について
  • 貫気法を練習する場合、腕や脚、体幹部などで何となく体感するんではなく、手足や体幹部を幾つかに分けて練習した方が良いと思っています。 細かく分けて練習することで、体内のどの部分が硬いのか、どの部分の気が滞っているのかが自覚できるんですね。 どこのルートを貫通させていけば良いのかについて、簡単に記しておきますね。1、体幹部 ここは胴体の延長として、①前面(顔面部→胸部→腹部)②体側(側頭部、脇腹、股関 [続きを読む]
  • 連続講座・8…貫気法について
  • 気功を楽しむと同時に、体内の気を能動的に巡らせて、自分の健康を回復させていくためには、体内をゆるめ「ふぁんそんした体」にしてゆき、その状態を体感する体性感覚を開発してゆくことが条件になるんですが、その次には 実際に体内の気を巡らせる、能動的に巡らせるという取り組みが必要になり、それを気功の用語で貫気法と呼んでいるんですね。 その貫気法についての考え方についてお話しますね。 貫気というのは、気を貫通 [続きを読む]
  • 連続講座・7…二つの条件②
  • ②ふぁんそんした体について 気を体感して、体内の気を巡らせるためには、気を体感できる体、気が巡りやすい体を作る必要がありますよね。 そういう体を「ふぁんそんした体」と呼んでいるんです。 ふぁんそんというのは放鬆(ほうしょう)という漢字の中国語読みなんですが、ひらがなで書いたり呼んだりした方がその状態を表していると感じているんです。 イメージではなく、感覚的な言い方をすれば、冷凍して固まっていた体 [続きを読む]
  • 連続講座・6…二つの条件①
  • 気功を深めていくために必要な条件について述べてみますね。 気功は気の訓練という意味ですから、訓練してゆくためには「気」というものの体感が必要になりますよね。 「気」が体感できなくては訓練のしようがありませんからね。 その「気」を体感するために必要な条件として、私は次の二つを考えているんです。 一つは「体性感覚の開発」であり、もう一つは「ふぁんそんした体」です。 この二つの言葉の意味は日常語ではあり [続きを読む]
  • 連続講座・5…動功と静功
  • 気功の練習について別の視点で述べてみますと、練功には、体を動かしながらの動功と動きを伴わない静功の二つがあるんです。 この二つの練功法は車の両輪のようにお互いに支え合いながら気功を深めていっているんですね。 更に、動功も静功も、それぞれに立式、坐式、臥式とあって、その練功方法を形式的に見るだけでも六通りあり、一見しただけでは気功って何をしているのかがわかりづらいんですよね。 ある時は空手のような [続きを読む]
  • 連続講座・4…気の訓練としての二つの方法
  • 気功、つまり気の訓練をしていくための二つの方法について述べてみましょう。 この二つの方法は、車の両輪、飛行機の左右の翼のように、二つの訓練方法が互いに作用しながら練功を深めていく訳で、それぞれに欠かすことの出来ない方法なんですね。 訓練法の一つは、放鬆法、意守法、貫気法、採気法、練丹法として確立されている五つの訓練法を個別に練習していく方法です。 もう一つの方法は、古代から現代までに伝承され、創作 [続きを読む]
  • 連続講座・3…気功とは何か、何をすることなのか
  • 気功とは何か、何をすることなのかという問題について、概略的に述べておきましょう。 東洋医学的な健康観、疾病観の根本は、体内の気が順調に巡っていれば病にはならないけれど、気が不足したり滞ったりすると病になるというもので、気功は、体の動きと呼吸と気の感覚を用いて、気の不足を補い、滞りを取り除いて、体内の気を順調に巡らせるための技術(テクニック)なんですね。 技術(テクニック)ですから、練習して身につけ [続きを読む]
  • 連続講座・2…気功の魅力
  • 前回、私は、気功は人生哲学であると述べました。 また、単なる(肉体的な)運動法でも健康法でもないと述べました。 それは、気功の実践は、肉体と同時に脳や心にも作用していき、自然体を作って、生命力を高めていくと同時に、脳や心を安定させて平常心をもたらし、更に、我欲や執着という心の縛りから解き放たれた自由な思想に基づいた生き方や人生観を築いていけるということなんですね。 しかも大切な点は、それらの体や脳 [続きを読む]
  • 連続講座・1…気功は人生哲学
  • こんにちは。 今日からご一緒に気功の勉強をしてゆくことにしましょう。 まず、気功の勉強を始める前に、押さえておいて頂きたいことがあるんですが、それからお話させて頂きますね。 それは、私たちは何のために気功を勉強していくのかということなんです。 それについて、私は次のように考えています。 気功は人生を築き上げていく実践だということなんですね。 私たちは自我に目覚めた時点から、何のために生きていくの [続きを読む]
  • 「ふぁんそん教室」に対する思い
  • いま、気功にとって必須の課題である掌や腕の使い方の練習方法としての「ふぁんそん掌」と「腕わかめ」の新たな段階での練習法を模索している。 これまでの表現である「中指の根元の膨らみから押し出すようにして掌の皮膚を張り…」とか「ある部分の関節(例えば手首)の空間的な位置を動かすことによって受動的に手は揺らされ、手首の揺れ(掌屈や背屈)が行なわれる」などと して、その実習をしても、能動的に指を動かしたり、 [続きを読む]
  • 僕に課せられたテーマ
  • 僕がいま取り組んでいる課題は、「意守丹田」だ。 意念を向けて丹田を意守するという技だ。 これが出来れば、免疫力をアップし、気力精力ともに充実させることが出来るのだ。 これを人体科学として解説する。 意念とは、体性感覚を用いて体内を体感しようとする頭脳の使い方だ。 意識でもイメージでもない。 体性感覚を用いるのだ。 この能力は、スワイショウによる肩関節の中の腕の付け根の揺れの体感や坐式ゆらぎによる背 [続きを読む]
  • 元気に生きていくために気功をしよう!・6
  • 6、★血管を若く保つ 血管は常にストレスにさらされています。 寒さなどによる緊張、精神的なストレスによる緊張などによって、自律神経は交感神経優位に傾き、血管は収縮し、心拍数は増し、血圧が上がることで血管に打撃を与えています。 年齢とともに動脈も硬くなり、その分、血管への打撃も強くなります。 サラサラでない血液は常に血管壁を痛めつけています。 これらの悪い条件に対処することは勿論大切で、和食や野菜中 [続きを読む]
  • 元気に生きていくために気功をしよう!・5
  • 5、★筋力を保つ 健康寿命を延ばしていく上で骨を強化する」と同時に「★筋力を保つ」という視点も忘れてはならないでしょう。 ある講演会で演者の女性が語っていた言葉に感動したことがあります。 それは、その人が年老いて、或いは、何らかの病などによって車イス生活が余儀なくされた場合でも、車いすからトイレに移動できるだての足の筋力は保持していたい、だから足腰を鍛えていますという話でした。 確かに、カミさんが [続きを読む]
  • 元気に生きていくために気功をしよう!・4
  • 4、★骨を強化する 健康寿命を延ばしていく上で欠かすことの出来ない視点の一つが「骨を強化する」という視点です。 骨は体を支えているというだけでなく、免疫力や認知症にも関与しているそうで、骨を強くすることは生きる力をつけていくことにもなるんですね。 骨は3〜5年で作り替えられていくそうですが、その時に、骨を壊せというメッセージを発する物質と骨を作れというメッセージを発する物質がバランス良く働いて骨の [続きを読む]
  • 元気に生きていくために気功をしよう!・3の③
  • 3の③ 丹田感覚の再現力を身につけるには、気功的な練習の基本的なところを身につける必要があるんですね。 闇雲に練習していてもなかなか身につかず、私のように20年近くもかかってしまうことになるんですが、その理論を理解し、その理論に従って練習していけば、1年どころか、半年もするうちに身につくだろうと思います。 そのためには、徹底的に体性感覚を開発することです。 スワイショウによる受動的な肩関節の中の腕の [続きを読む]