Nacky さん プロフィール

  •  
Nackyさん: fool's paradise 〜愚者の楽園〜
ハンドル名Nacky さん
ブログタイトルfool's paradise 〜愚者の楽園〜
ブログURLhttp://centerrising.blog49.fc2.com/
サイト紹介文Nackyが鯱や馬や籠球や竜やなんやかやに一喜一憂して記事を溜め込むBlog.
自由文名古屋っ子らしく好きなチームはドラゴンズ、グランパス。バスケはFE名古屋。
NBAではマイアミ・ヒートがお気に入り。
競馬はPOGを中心に。
その他色々な日々の雑感、マンガの感想やゲームの話題なんぞも取り上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/10/11 00:07

Nacky さんのブログ記事

  • 赤鯱随想〜11.3 to 12.3 もしくは灰とダイヤモンド
  • 2016.11.3。グランパスを愛する人たちの中では、2010.11.20と同じくらい、もしかしたらそれ以上に、忘れたくても忘れられない日付。そして2017.12.3。一年間戦い続けたグランパスにとってこの日は、2016.11.3を過去の思い出にすべき日になった。その思いを抱いてトヨタスタジアムに足を運んだファンは、福岡のサポーターの分を差し引いたとしても優に3万人を超えていただろう。トヨスタでも、パロマ瑞穂でも、ゴール裏に陣取るグラ [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜それは準備の勝利、かもしれない (17-18GAME16&17)#FE名古屋
  • 第3節のリベンジに成功。【DAY 1】 【DAY 2】 インサイドを荒らされまくった結果としてのダブル献上となった前回対戦。再度群馬を訪れるにあたって、何も対策なしではないよね、という試合。果たしてどこにフォーカスするのか、という感じで見ていたが、FE名古屋の最初の選択は「ジャーラ志多斗を試合から消す」ことだったようだ。前回対戦でジャーラにon1でやられたところからディフェンスリバウンドが崩壊したが、今回はジャーラ [続きを読む]
  • 観測籠球〜2017-18 1/4 of the season (3)守備時の相手FG%とか得点比率
  • (2)の逆を確認して、守備時の効率を測ってみる。文中の「O-」は相手側のという意味。【B1 O-FG%関連】 さて、守備側に目を向けると。琉球とSR渋谷がすごい。千葉もさすがのひと言。島根西宮も守備では頑張っているというのがここでは分かる。ので、攻撃が改善されたらこの2チームは上がってくる可能性。そして、名古屋Dと新潟がひどい。意外なのが川崎で、殴った分殴り返されている印象。栃木は昨年はこんなに守備の悪いチームじ [続きを読む]
  • 観測籠球〜2017-18 1/4 of the season (2)各種FG%、eFG、得点比率
  • この項目では各種FG%とeFG%と得点比率をまとめてみる。【B1 各種FG%】 シュート率の指標については、見ての通り、FT%を除くすべての数字で三河が1位。3PFG%も唯一の40%越え、そのうえFG%が50%を越えていればそりゃ勝つわけである。平均得点では中位くらいだった琉球がeFG%では2位にいて、ペースを抑えつつ着実に得点を取っていることが伺える。A東京と名古屋Dについてもここの数値は文句なし。基本的にはeFG%下位のチームは貯金を [続きを読む]
  • 観測籠球〜2017-18 1/4 of the season (1)順位、平均得失点、ペース
  • 先週の節でBリーグは各チームが15試合を消化。全日程の1/4が過ぎた時点で、現在の順位、そして各チームの数字についてまとめておく。今季からはB1の分もまとめてみるのだけど、昨年の分のデータがまとめてないのでB1チームの分については縦(同一チームの各年度)の比較はせず、横(他チームとの比較)の比較にとどめておく。【B1 順位】 中地区の三河が開幕の負け以降14連勝で首位。東地区は前評判通りと思いきや、栃木が躓き。B [続きを読む]
  • 観測籠球〜後付けで語るタイムアウトとタイムマネジメント
  • 先週のFE名古屋vs信州の2戦目。試合時間残り4分15秒、47-59の12点差をFE名古屋がひっくり返したこのゲームは、FE名古屋ブースターにとっては忘れられない試合となったと思う。僕もこの試合はリアルタイムでTV視聴していて非常に興奮したわけだが、後で冷静に振り返ってみると、「バスケットボールにおけるタイムアウトとタイムマネジメント」を学ぶのにちょうどいいテキストになると感じたので、その内容を書き記しておくことにす [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜上昇気流か突風か(17-18GAME12〜15) #FE名古屋
  • 先週末はうどんツアー、今週末は赤鯱なチームの天王山と多忙だったので、まとめての更新。短縮版。【香川戦GAME1】 【香川戦GAME2】 この時点では「毎度毎度の節1戦目の前半にボコられてて一体どんな準備してるんですかね」と書こうと思っていたのだけれど。【信州GAME1】 【信州GAME2】 久々のホームではスタートからしっかりとプレーしてくれたのでとりあえずのところは様子見、みたいな。それにしても今年の枇杷島の雰囲気は本 [続きを読む]
  • 赤鯱随想〜変化する勇気の行方
  • 昨日ブログ「グラぽ」に掲載されたエントリがある。「心からの感謝をキャプテンに贈ろう」https://grapo.net/2017/11/08/8075/昨年の秋に失意のどん底に沈んでいたチームへの加入を表明。ピッチ内外でのリーダーシップでもって、キャプテンとしてここまでチームを引っ張ってくれた、佐藤寿人への感謝の言葉。深く共感する内容だった。これを読むうちに思い浮かんだのが、漫画「少女ファイト」内で大石真理が手紙にしたためた言葉だ [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜Keep on,Keeping on(17-18GAME10,11) #FE名古屋
  • 進歩はできた。継続はまだ。【DAY 1】 前半から出足良く、リバウンドの確保まで守備を集中。攻撃も足を止めずにスペーシングとムービングで質のいいチャンスを作り続け、ミスも少なく収めて、詰められるタイミングもベンチがTOを活かして上手く摘み取り、数字以上の完勝。正直なところ、これだけやってくれたら、無理してけなすところもないという試合内容。【DAY 2】 今までの負け試合の中では一番内容が良かった試合。序盤出鼻を [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜Fightingの看板に偽りあり(17-18GAME9) #FE名古屋
  • 前半はFightingEagles、後半はただのEaglesであった。 数字について、プレーについて色々話すべきところもあるだろうけど、今日については3Qの離されていく過程、そして4Q序盤に守備を締めるでもなく、完全にゲームを投げたこと。今日はこれに尽きる。3Qまでどれだけやられていても、闘い続けるチームでなければ4Qで逆転勝利なんて不可能だ。そして、そういう不屈の戦いを出来るチームでなければ、B1は夢のまた夢だし、もっと言っ [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜此処が現在地(17-18GAME5&6)#FE名古屋
  • 群馬にアウェイで連敗。これがこのチームの現在地であるということ。【DAY1】 数字を見れば分かる通り、最大の敗因はディフェンスリバウンド、というかディフェンス。もちろん相手のほうがサイズが大きいということで、高さで押し込まれる可能性は高かったんだけども、それにしても内容が酷すぎた。相手のORB%46%とか、「相手がシュート打った後は寝てたのかな?」と言われても文句は言えない。対してこちら側のORB%はわずか17%と [続きを読む]
  • 観測籠球〜ダバンテ対策とルカHCの選択をデータの観点から見てみよう
  • この月曜火曜に行われた新潟@A東京戦。フォロワーさんがいくつかのツイートを流してくれてて、A東京が面白い守り方をして、結果として負けた、という話を耳にした。いろいろ考えると、バスケと期待値、という意味合いにおいて、取り上げると面白い内容だったので、その見地から見てみよう。開幕前に当ブログで、観測籠球〜データの読み方のヒント(5)フリースローと得点効率の話という内容を取り扱った。簡単に言うと、シュート率 [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜Home sweet home(17-18GAME3&4)#FE名古屋
  • アウェイで迎えた開幕節を連勝し、迎えた10月7日。我らが闘鷲が枇杷島スポーツセンターへ帰ってきた。【DAY 1 10/7】ファンクラブ先行でならぶ顔も見覚えがあるようになってきた今日この頃。雨に降られて傘のお世話になりつつも、中へ。この日は一つやるべきことがあって、それがこの 横断幕のデビュー。もともと横断幕作りたいな〜と思って何人かの方に相談してはいたんだけど、デザインで頓挫したりでやや停滞していたところ、 [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜Welcome to the B2!! (17-18GAME2)#FE名古屋
  • 成田くんがツイッターで扱っていたんだけど、昨日の仙台戦、河北新報がかなり大きく扱っていたようで。やっぱり東北の新聞は地域密着でどこぞの新聞とは違いますねその記事、「<B2仙台>復帰へ険しい道のり 1対1で甘い守り」の中で「(チーム内で)B2をなめている部分があったと思う。B1の実力がないから降格した現実を理解しないと」と石川。という部分がありまして。昨日ピンで出てた時の石川は相当悪かったので、「舐 [続きを読む]
  • 闘鷲降臨〜Basketball New Year! (17-18GAME1)#FE名古屋
  • サッカー兼野球兼バスケクラスタとしては、一年に何回新年を迎えているか分からないわけだけれども。FE名古屋の2017-2018シーズン、本日開幕である。今年はアウェイでの開幕。そして相手は半数近くの選手が入れ替わったとはいえ、昨年はB1で揉まれていた仙台。今年のFE名古屋がリーグの中でどの程度の位置にいるのか、試金石として最適な相手と言えるだろう。これがどっかのピンクのチームだと強すぎて試すもクソもなくなりそうな [続きを読む]
  • 観測籠球〜Bリーグ2017-18名鑑・ガイドを比較してみたり
  • とうとう開幕が明日に迫ったBリーグ2017-2018シーズン。その開幕に向けて、各出版社が名鑑・ガイドを出してきている。実はまだ一社分出てないけれど、現時点で手に入った名鑑・ガイドを気軽にレビューしてみることにする。採点は「記事」「B1のチーム情報」「B1の選手情報」「B2のチーム情報」「B2の選手情報」「B3情報」の6項目を★★★…充実、★★…十分、★…最低限、☆…掲載なしで示したうえで、個人的おすすめポイントや残 [続きを読む]
  • 観測籠球〜データの読み方のヒント(5)フリースローと得点効率の話
  • Bリーグシーズン開幕まであと1日。で、今回はフリースローの話である。勉強のために9月4日のMARK TONIGHTのマークさんとマササさんの回を聞いて勉強していたけれど、やはりそこでもfour factorには言及されてて、当然ながらフリースローは重要ということになっていた。その話の中で「フリースローが一番得点効率が高い」と言及されていたので、まずはその前提の解説からしておきたい。数学の確率論において、「期待値」という言葉 [続きを読む]
  • 観測籠球〜データの読み方のヒント(3)リバウンド関連
  • 数十年前、赤木主将は言った。「リバウンドを制する者はゲームを制す」SLAM DUNKの中でこの言葉が世に出て25年ほど。バスケットボールのペースや、求められる能力は時代時代で少しずつ変わっているけど、それでも数字上、打たれたシュートの少なくとも50%が外れる=リバウンドのもとになることに変わりはない。必死になって守り、外させたシュートを確保できるか否か。ゴールに結びつかなかったシュートを少しでも多く再ポゼッショ [続きを読む]
  • 観測籠球〜データの読み方のヒント(1)得点・失点・ペース
  • というわけで、バスケットボールのデータになじみのない方に、昨年のB2における各数値の順位とともに、順番にデータの意味を解説していきたい。もちろんそんなことは知っている、という方もいるとは思うけど、ここは初心者向け、およびおさらいだと思って読んで行っていただければ。なお、僕の見解には誤りや追い切れていないところもあるので、ツッコミや訂正等はいつでもお待ちしております。で、第1回のテーマは「得点・失点・ [続きを読む]
  • 観測籠球〜諸君 私はデータが好きだ(Bリーグ編)
  • 諸君 私はデータが好きだ諸君 私はデータが大好きだ打撃十傑が好きだ投手十傑が好きだ得点ランキングが好きだチームの総合データが好きだバスケで 野球でサッカーで テニスでこの地上で行われるありとあらゆるスポーツのデータが大好きだ並べたデータからチームの輪郭を現すデータを見つけるのが好きだ思いもしない強み弱みが見つかった時など心がおどる…というわけで、活字中毒の野球ファンとして、新聞の打撃十傑や投手十傑 [続きを読む]