栗山かよ子 さん プロフィール

  •  
栗山かよ子さん: 市民のくらしに市政の光を
ハンドル名栗山かよ子 さん
ブログタイトル市民のくらしに市政の光を
ブログURLhttp://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/
サイト紹介文日本共産党 厚木市議会議員 栗山かよ子の活動レポートです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/10/15 08:57

栗山かよ子 さんのブログ記事

  • 第13回厚木市議会i議会報告会、11月18日です。
  • 厚木市議会では、1年に2回の議会報告会を行っています。予算議会である2月議会と、決算の9月議会の後です。10月5日に終わった9月定例会議後の議会報告会は、第13回となります。一般の市民対象のものは11月18日(日)の午後3時から4時30分まで依知北公民館で行い、市民福祉常任委員会が担当します。まず、決算の報告をしてから、テーマ「地域包括ケア社会について」と「防災対策について」をそれぞれ意見交換。その後、テーマを決め [続きを読む]
  • 駅頭での議会報告
  • 毎週月曜日の朝、本厚木駅北口広場に立っています。7時から8時までですが、7時30分までは自民党の某国会議員も立っています。でも、ハンドマイクを使って話しているのは当方だけですので、その音がご本人やスタッフの方には聞こえているかもしれません。さぞや不快に感じていることでしょう。厚木市議会の報告をしますが、議案もさることながら、市民からの声である、請願・陳情についても。最近は、9月定例会議での「消費税増税中 [続きを読む]
  • 郷土芸能発表会。太神楽からささら踊り、太鼓連など。
  • 地域で古くから伝えられている芸能。第56回市民文化祭第16回厚木市郷土芸能まつりの郷土芸能発表会が、10月20日(土)、厚木市文化会館小ホールで行われました。旭町の方が会長をしているお神楽 「伊勢十二座太神楽獅子舞保存会」相川地区の上戸田と沖戸田にある二つの神社連合「子易神社・若宮八幡神社御輿保存会太鼓連」江戸時代に鳶職で組織された「町火消し」から生まれた「木遣り唄・纏振り・はしご乗り」を継承している「厚 [続きを読む]
  • 政務活動費、前期提出準備中
  • 市民の方で、議員は議会がない時は何をしているんだと思われる方がいるようです。議会中は、割と議会に集中しているので、議会が終わると、かえってあれやこれやがあって忙しい。視察や研修もこの時期が多いし、市民の声も聴きに行きやすい。他の用事もこの時に。厚木市議会では、各会派に経理責任者がいて、政務活動費について話し合っている。昨年度から、本庁舎1階の市政情報コーナーで、会派ごとので政務活動費の報告書類が見 [続きを読む]
  • 山岳救助訓練、ヘリポート
  • 9月議会終了後の最初に平日、10月9日(火)、南毛利地域に午前と午後と別々の用事があったので、お昼は、ぼうさいの丘公園でお弁当を食べることにしました。野外彫刻展も始まったばかりだし、お天気もいいし、朝食の残りを詰めて、梨を剥いて、敷物をもって。すると、「山岳救助訓練」との看板。目に入ったのが、ヘリポートにいる赤白水色のヘリコプター。川崎市消防局のヘリです。訓練は9日・10日の9時から12時ということで、この [続きを読む]
  • 9月定例会議、終わる。3件について討論。
  • 平成30年厚木市議会第4回会議(9月定例会議)が、10月5日(金)、終わりました。最終日は、委員長報告と、会派の討論、そして採決となります。私は、1議案1請願1陳情について、以下の通り、賛成討論を行いました。日本共産党厚木市議員団を代表して、議案第65号 平成29年度厚木市病院事業会計決算について請願第2号「消費税増税中止を求める意見書」を                   国に提出することを求め [続きを読む]
  • 秋の七草ーお好きな服は?
  • 秋になり、彼岸花が色鮮やかに目に映ります。秋の七草の覚え方で「おすきなふくは」(お好きな服は?)というのがあるそうです。おみなえし    女郎花すすき(おばな) 尾花ききょう      桔梗なでしこ      撫子ふじばかま    藤袴くず         葛はぎ        萩春の七草はみんな食べられるけれど、食欲の秋の七草は、食べられません。 [続きを読む]
  • 決算委員会以外の常任委員会、終わる
  • 厚木市議会第4回会議(9月定例会議)の真っ最中。決算以外の議案等を審議する常任委員会は、9月12日から18日まで開かれました。8月の議会で各委員会等の構成が変わりましたが、構成する議員により、審議の様子は大きく変わります。今回は特にそれを感じた各常任委員会でした。いちばんのびっくりは、都市経済常任委員会の委員長が遅刻をしたことです。早めに連絡をすればいいのに、開会時間の間際になっても連絡もなく、副委員長が [続きを読む]
  • 敬老の日に。
  • 敬老の日は9月の第3月曜日になって久しいけれど、まだ「9月15日」のような気がします。9月15日、あちこちで敬老会等が開かれたことでしょう。私は、午前10時からの、市内の高齢者施設の敬老祝賀会に出席。市長代理で福祉部長が挨拶。「私のおばあちゃんが今年からここに入所しています」と。なんと103歳。施設の最高齢だそうですが、美人でおしゃれな感じで、言われるまでどなたが103歳なのか、わからなかったのでありました。子ど [続きを読む]
  • 一般質問の通告は22人です。
  • 9月定例会議の一般質問は、9月5日(水)・6日(木)・7日(金)の3日間。22人が通告しましたので、申し合わせにより、8・7・7人。私は9番目に通告したので、21人なら2日目の2番目かなと思っていましたが、2日目の一番目、9時からとなりました。私が通告したのは以下の通り。1 市政一般について ア 住宅地内のインフラについて  (ァ)老朽化した私設管の更新への考えは。 イ (仮称)あつぎ郷土博物館の周辺整備につい [続きを読む]
  • 9月議会、始まりました。
  • 平成30年厚木市議会第4回会議(9月定例会議)が8月30日(木)に始まりました。10月5日(金)までの37日間です。主な議案は、平成29年度決算。議案提案は24議案ですが、委員会付託は20件。請願・陳情も結構ありそうです。一般質問は22人で、8・7・7人です。9時に始まって、一人の持ち時間は50分で、その後10分の休憩が入ります。9月5日(水)は、議会運営委員会が入るので少し開始が遅くなりますが、 井上(武)・沼田・高 [続きを読む]
  • 生活保護研修、2日間みっちり
  • 8月24日(金)・25日(土)の2日間、「第10回生活保護問題議員研修会  “敬天愛人”のまち鹿児島から生活保護を考える  今こそ問われる、地方行政のあり方」に参加してきました。主催は「生活保護問題対策全国会議」と「全国公的扶助研究会」で、会場は鹿児島県庁の向いにある鹿児島県市町村自治会館。全国から集まった自治体議員約300人が生活保護について学習しました。プログラムは以下の通りです。分科会では釘丸議員が [続きを読む]
  • 長崎へ。精霊流し,原爆落下中心地など。
  • 8月15日から17日、夫の実家のある長崎に行ってきました。台風で飛行機が飛ぶかどうかわからない!8時15分発なのに、7時30分に天候調査。飛ぶことになったが、羽田に引き返すか福岡に行くかの条件付き。「あと5分で長崎に到着」との機内アナウンスに、安堵する。  厚木はどうかと心配になる。 7月末に台風12号に備えて土嚢(どのう)をたくさんつくり、保管している。夫の実家で仏様を拝んでから、精霊流しを見に行く。 [続きを読む]
  • 新しい常任委員会。環境教育委員が、ほとんど市民福祉に移行!!
  • 8月7日に決まった新しい常任委員会です。◎は委員長、○は副委員長。私は今回も市民福祉常任委員会ですが、なんと、私以外は全員、前回の環境教育のメンバーでした。前回の委員会を総務企画を?、市民福祉を△、環境教育を☆、都市経済を□にして、各委員の後ろにつけてみました。総務企画常任委員会◎神子雅人(あつぎみらい)△〇新井啓司(新政あつぎ)□ 釘丸久子(日本共産党)? 奈良握(あつぎの会)☆ 川口仁(公明党) [続きを読む]
  • 8月議会で、常任。特別委員会等が決定。
  • 市議選まであと1年を切った8月7日(火)、厚木市議会第3回議会が開かれました。今議会は、沖縄県糸満市との友好締結を記念して、理事者も議員も全員が沖縄の正装である「かりゆし」を着用して出席。また、議会改革の一環として進めてきたタブレット端末機を持ち込んでの初議会であり、本会議終了後には報道機関が議場内で議員の様子を撮影しました。毎年、8月議会は1日のみで、常任委員会等を決める議会となります。4常任委員会・ [続きを読む]
  • 鮎まつり、無事終了
  • 8月4・5日の2日間、第72回あつぎ鮎まつりが開かれました。開会式とオープニングパレードに参加。今年は、開会前に沖縄県糸満市と友好都市の締結式があり、糸満市からは市長をはじめ、たくさんの方が参加しました。糸満市は、沖縄本島の最南端。平和記念講演、平和の礎やひめゆりの塔などがあり、平和交流が期待されています。北海道網走市は厚木市と糸満市も友好都市です。そこでの縁で、厚木市も糸満市と友好都市を結ぶことになっ [続きを読む]
  • 7月に研修。自治体財政の基礎in東京
  • 7月25日(水)・26日(木)の2日間、地方議員研究会の研修に行ってきました。東京駅から徒歩5分にあるTKP東京駅八重洲カンファレンスセンターの9階で行われた「どこよりもわかりやすい自治体財政の基礎in東京」です。講師は、立命館大学政策科学部教授の森裕之氏。7月25日(水)10:00〜12:30 「これが自治体財政のすべてだ①」 ・そもそも財政って何? ・家計に例えてわかりやすく解説 ・国と地方の完成をおさえる ・地方財政 [続きを読む]
  • 災害対策。台風・雨水に備える。
  • 西日本豪雨災害で大きな被害が出て、猛暑の下で復興作業が進められています。被災された方へ心からお見舞いを申し上げます。その後に台風もありました。災害対策で、個人の準備もいろいろあるでしょうが、厚木市は、台風12号に備えて、職員が土嚢(どのう)をつくりました。7月27日(金)の午後、炎天下の厚木中央公園に職員125人が集まりました。土嚢袋に砂をスコップで詰めて2100袋の土嚢が完成。幸いにも、厚木での被害は [続きを読む]
  • 国保から2万円の助成あり、人間ドック。
  • 自分の体を知り、健康を守る。その一つが、健康診断です。厚木市の国民保険事業では、人間ドックに2万円(20〜39歳は2万5000円)の助成があります。国保年金課でもらった助成券を持ち、7月7日の朝7時、東名厚木病院の健診センターへ、いざいざ。年齢は1年に一つ増えている、ということは、1年ごとに年齢の増加率は下がっている!身長・体重はほとんど変わらず。上部消化器官造影、胃カメラは苦手なので、バリウムで申し込み [続きを読む]
  • 厚木市史歴史講演会
  • 厚木市では、市史編さん事業として、幾多の歴史資料を基に、市の歴史をあきらかにする「厚木市史」を編集発行しています。昭和60年の「地形地質編・原始編」に始まり、古代、中世、近世ときて平成29年の「民俗編(2)村の暮らし」まで13巻が刊行されています。平成40年までに20巻が計画され作業が進んでいます。市史編纂事業をPRしようと、厚木市史歴史講演会が開かれています。平成30年度は平成元年刊行の中世資料編 [続きを読む]
  • 声で、年齢はわかるだろうかー声は何歳?
  • 今年5月に相談があって、私が電話で対応したのだが、その後「若い女性では云々」ということだそうで、私より年上の男性に代わってもらった。直接会っていれば、「若い女性」とは言われないはずなのだが。先日、新聞広告で「声が5歳若返る」とかいうのがあって、ちょうど息子がいたので聞いてみた。「母ちゃんの声は、なんさいって思われるかなあ」息子、即座に「うるさい」と返してきた。息子は、桂歌丸師匠が亡くなったのを、サッ [続きを読む]
  • 市役所窓口で男が刃物を−職員研修にて
  • 厚木市では職員の危機管理に対応するため、安全運転・災害発生・防犯対応の研修を行っています。今年3月に金沢市役所や横浜市中区役所で包丁を使った事件が起きたことから、6月22日(金)に厚木市役所本庁舎1階で、防犯対応の演習が行われました。危機管理課・職員課・財産管理課・セーフコミュニティくらし安全課が連携しての研修で、事前に全庁に知らせ、多くの職員が見学しました。開始は午後5時30分過ぎ。国保年金課の窓口で刃 [続きを読む]