真風美 さん プロフィール

  •  
真風美さん: たどりついたら、いつも雨降り?
ハンドル名真風美 さん
ブログタイトルたどりついたら、いつも雨降り?
ブログURLhttps://ameblo.jp/lovienrose
サイト紹介文競馬予想を中心に興味のあることを書いていきます。
自由文小説、競馬にかぎらず音楽、映画、プロ野球、サッカー、他スポーツ全般、漫画もアニメもついでにアイドルも少々。興味のあることは率直に書いていきます。あまり正直すぎて時に気分を害されることもあるかもしれませんが、読んでいただけるとうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供527回 / 365日(平均10.1回/週) - 参加 2007/10/17 10:57

真風美 さんのブログ記事

  • 阪神×広島 15回戦
  • 8/14 阪神 7−4 広島 5勝10敗 藤川 3勝1敗1S ドリス 1勝3敗26S 昨日は勝ちました。 よくねばりました。 先制されても追いつき、突き放されても逆転しました。 好調の梅野、糸井、驚異の代打原口などのタイムリーと福留の押し出し四球、得点者は偏っていたものの、全員でチャンスをつくっていた姿はチームとしてのねばりを感じました。 先発岩貞は惜しかったあ。 あの同点ツーランさえなければ、ベストピッ [続きを読む]
  • 札幌記念の考察・前編
  • 本日は札幌記念の考察・1日目です。 札幌競馬場・芝2000mで行われる夏競馬唯一のGⅡ競走です。 出走予定馬から次の項目で抜き出していきます。 ○前走芝1800m以上GⅡ・Ⅲ一桁着順(負けていた場合は勝ち馬から1秒未満) ○前走芝2000m以上GⅠ一桁着順 ○前走OP特別勝ち ○4歳以上は芝1800m以上3着以内実績 ○前走GⅢで負けていた場合は斤量据え置きか減(芝1800m以上重賞3着以内実績馬除く) ○重賞 [続きを読む]
  • 札幌記念と北九州記念
  • 今週は札幌記念と北九州記念があります。 札幌記念は札幌競馬場・芝2000mで行われる夏競馬唯一のGⅡ競走です。 昨年はサクラアンプルールが勝ちました。 よほど洋芝が合うのか、小回りコース適性なのか、前走の函館記念9着から見違えるような走りでした。 その後、小回りの芝2000m前後では安定した成績を残しています。 北九州記念は小倉競馬場・芝1200mで行われるスプリント重賞です。 昨年はダイアナヘイローが [続きを読む]
  • 横浜DeNA×阪神 17回戦
  • 8/12 阪神 5−12 横浜DeNA 12勝5敗 馬場 1敗 昨日は負けました。 前半は福留と糸井しか打っていなかったし、打たれすぎました。 先発のルーキー馬場は球をそろえすぎたかんじです。 そんなにいいことは続かないですなあ。 切り替えるしかないでしょう。 阪神タイガース 2018年成績 1〜10試合     6勝4敗 11〜20試合    4勝6敗      21〜30試合    6勝4敗       3 [続きを読む]
  • 『関屋記念』『エルムS』の結果
  • 関屋記念の結果1着 12 プリモシーン2着 10 ワントゥワン3着  4 エイシンティンクル 予想の結果◎  2 フロンティア        11着〇 12 プリモシーン        1着 ▲ 14 ヤングマンパワー     4着△ 10 ワントゥワン         2着△  8 ロードクエスト        5着 3連複 2・8・10・12・14 BOX ×3連単 2−8・10・12・14 マル [続きを読む]
  • 横浜DeNA×阪神 16回戦
  • 8/11 阪神 8−3 横浜DeNA 12勝4敗 小野 6勝3敗 昨日も勝ちました。 これで3連勝です。 打線は活発です。 2回、鳥谷の先制打の後、好調梅野がツーランホームランで3点を取ります。 最近の試合でいいのは、先制点が複数点だということです。 よくないときは1点を取ってもその後が続きませんでした。 追い上げられても突き放すだけ打線が元気です。 先発小野は絶好調ではなかったものの大量点に助けられて、8回 [続きを読む]
  • 『関屋記念』『エルムS』の予想
  • 本日は関屋記念とエルムSの予想です。 関屋記念は新潟競馬場・芝1600mで行われるマイル重賞です。 本命はフロンティアです。 3歳馬ですが、すでに新潟競馬場で重賞勝ちしています。 先行有利の馬場なら、この馬の先行力が生きるでしょう。 相手はプリモシーンです。 こちらも重賞勝ち実績のある3歳牝馬です。 51kgの軽斤量をいかせれば逆転もあるでしょう。 抑えとして、ヤングマンパワー、ワントゥワン、ロードクエス [続きを読む]
  • 横浜DeNA×阪神 15回戦
  • 8/10 阪神 3−1 横浜DeNA 11勝4敗 メッセンジャー 11勝6敗 ドリス 1勝3敗25S 昨日も勝ちました。 先発メッセンジャーはよほど相性がいいのか、DeNA戦6戦6勝です。 見ていてもまったく打たれる雰囲気はありませんでした。 打線は、俊介、メッセンジャーのタイムリーで先制して、福留のホームランで差を広げました。 やはり6回でリードしていると負けない不敗神話は続いて、37戦36勝1分となりました [続きを読む]
  • エルムSの考察・後編
  • 本日はエルムSの考察の2日目です 札幌競馬場・ダート1700mで行われるダート重賞です。 昨日残ったのは、アンジュデジール、ブラゾンドゥリス、ミツバ、モルトベーネ、ロンドンタウン、の5頭です。 このなかで注目は、アンジュデジールです。 現在重賞2連勝中です。 4歳牝馬ながら牡馬相手でも堂々勝ってみせました。 ここで勝って秋への飛躍につなげたいところでしょう。 モルトベーネは1月以来約7か月ぶりの休み明け [続きを読む]
  • 巨人×阪神 18回戦
  • 8/9 阪神 3−2 巨人 7勝11敗 桑原 4勝1敗  ドリス 1勝3敗24S 昨日は勝ちました。 よく逆転できました。 6回終わって負けていた時は、これはダメだ、と思ったものですが。 7回ナバーロ、8回糸井、のホームランで追いつき、勝ち越しました。 先発秋山は1回にこそ2失点しましたが、その後はらしいピッチングで得点を許しませんでした。 勝ち星がつかなかったのは残念ですが、次につながるでしょう。 接戦 [続きを読む]
  • エルムSの考察・前編
  • 本日はエルムSの考察の1日目です 札幌競馬場・ダート1700mで行われるダート重賞です。 次の項目から抜きだしていきます。 ○前走条件戦は2着に1馬身以上差勝ち ○前走GⅢ以下で負けていた場合は勝ち馬から1秒以内 ○前走重賞5着以内(6着以下の場合、GⅢ以上勝ち実績馬除く) ○前走GⅢ以下で負けていた場合、今回斤量据え置きか減 ○重賞出走経験(3連勝以上馬、前走OP特別で2馬身以上勝ち馬は除く) 残るのは、ア [続きを読む]
  • 巨人×阪神 17回戦
  • 8/8 阪神 1−3 巨人 6勝11敗 才木 3勝5敗 昨日は負けました。 打てません。ついでに6回で負けていると、ほとんど逆転できません。 先発才木は相変わらず立ち上がりだけですね。 6回で初回の3失点のみですから、悪くはなかったでしょう。 福留を休ませてナバーロを使ったのはわかるとしても、なんで大山なの? 大山のバッティングを見ていると、うまく当てようとしているだけで振り切っていないので全然相手に威 [続きを読む]
  • 関屋記念の考察・後編
  • 本日は関屋記念の考察・2日目です。 新潟競馬場・芝1600mで行われるマイル重賞です。 昨日残ったのは、プリモシーン、ヤングマンパワー、ロードクエスト、の3頭です。 このなかで注目は、ロードクエストです。 新潟競馬場・芝1600mは2歳で重賞初勝利したときと同じです。 末脚勝負の馬ですから、直線の長いコースは向くでしょう。 ただ前有利のいまの新潟競馬場ですから、4コーナーをまわったところでどの位置にいる [続きを読む]
  • 巨人×阪神 16回戦
  • 8/7 阪神 7−4 巨人 6勝10敗 岩貞 5勝5敗 ドリス 1勝3敗23S 昨日も勝ちました。 これで3連勝です。 1回から打線が機能しました。 ロサリオの先制満塁ホームランはききました。 4点も先制し、主導権を握ると強いです。 先発岩貞はリードをもらいながらも5回4失点でした。 内容はいまひとつでしたが、結果勝ち星がついたことはよかったです。 やっぱり阪神は先行逃げ切りです。 6回を終わって勝っていた [続きを読む]
  • 関屋記念の考察・前編
  • 本日は関屋記念の考察・1日目です。 新潟競馬場・芝1600mで行われるマイル重賞です。 出走予定馬から次の項目で抜き出していきます。 ○前走1400m〜芝2000m出走 ○芝1600m以上重賞連対実績 ○前走GⅢ以下は一桁着順 ○前走重賞以外はOP特別5着以内 ○前走条件戦は勝っていることと重賞勝ち実績馬 ○前走GⅢ以下で負けていた場合は今回斤量減か据え置き(6ヶ月以上休み明け除く) 残るのは、プリモシーン、 [続きを読む]
  • 関屋記念とエルムS
  • 今週は関屋記念とエルムSです。 関屋記念は新潟競馬場・芝1600mで行われるマイル重賞です。 昨年はマルターズアポジーが勝ちました。 一昨年の福島記念制覇から重賞でも逃げが板についてきました。 中距離で発揮した能力はマイル戦でも如何なく披露しました。 エルムSは札幌競馬場・ダート1700mで行われる札幌競馬場唯一のダート重賞です。 昨年はロンドンタウンが勝ちました。 もともとダートの上り馬でしたが、ここで [続きを読む]
  • 阪神×東京ヤクルト 13回戦
  • 8/5 阪神 3−1 東京ヤクルト 9勝4敗 小野 5勝3敗 ドリス 1勝3敗22S 昨日も勝ちました。 4回まではほとんど手も足も出ずでしたが、5回ロサリオのツーベースから、中谷のスリーベースと一気にたたみかけて逆転しました。 結局、そのまま逃げ切りました。 先発小野はコントロールがよくなかったですが、要所を締めたのが勝ちにつながりました。 あとはリリーフ陣が無失点に抑えました。 ロサリオはチャンスメ [続きを読む]
  • 『レパードS』『小倉記念』の結果
  • レパードSの結果1着  6 グリム2着 15 ヒラボクラターシュ3着 11 ビッグスモーキー 予想の結果◎  5 アドマイヤビクター  9着〇  4 ドンフォルティス    4着▲ 14 グレートタイム     6着△ 11 ビッグスモーキー   3着△  2 アルクトス        5着3連複 2・4・5・11・14 BOX ×3連単 5−2・4・11・14 マルチ × 小倉記念の結果1着 11 ト [続きを読む]
  • 阪神×東京ヤクルト 12回戦 
  • 8/4 阪神 10−9 東京ヤクルト 8勝4敗 桑原 3勝1敗 昨日は勝ちました。 よく乱打戦を制しました。 福留のツーランホームランで先制、先発メッセンジャーですから、これは楽勝と思ったのもつかの間、あっという間に逆転されて5点差をつけられます。 しかし、ここから粘りに粘って追いつき、一時は逆転します。 9回抑えのドリスが打たれ、同点にされ、延長で逆転されてしまいます。 それでも相手もミスもあって追い [続きを読む]
  • 『レパードS』『小倉記念』の予想
  • 本日はレパードSと小倉記念の予想です。まずはレパードSからです。レパードSは新潟競馬場で行われるダート1800mの3歳ダート重賞です。本命はアドマイヤビクターです。新馬戦で負けたときの勝ったのがダノンプレミアムでした。その後、ダートに変更して2連勝です。新潟競馬場と同じ傾向がある中京競馬場で前走勝ったこともプラスでしょう。相手はドンフォルティスです。前走のジャパンダートダービー6着でしたが、すでに重 [続きを読む]
  • 小倉記念の考察・後編
  • 本日は小倉記念の考察・2日目です。 小倉競馬場・芝2000mで行われるハンデ重賞です。 昨日残ったのは、キョウヘイ、キンショーユキヒメ、サトノクロニクル、サンマルティン、ストロングタイタン、ストーンウェア、トリオンフ、マイネルサージュ、メドウラーク、レイホーロマンス、の10頭です。 このなかで注目は、ストロングタイタンです。 前走は初のGⅠで11着と大敗しました。 もともと平坦コースは得意ですから、巻き [続きを読む]
  • 小倉記念の考察・前編
  • 本日は小倉記念の考察・1日目です。 小倉競馬場・芝2000mで行われるハンデ重賞です。 出走予定馬から次の項目で抜き出していきます。 ○前走重賞以外は連対していること ○前走GⅠ以外は芝1800m以上出走(芝2000m重賞連対実績馬除く) ○前走GⅡ以下で負けていた場合は勝ち馬から1秒未満 ○前走GⅢで4着以下は今回斤量据え置きか減 ○重賞出走経験 残るのは、キョウヘイ、キンショーユキヒメ、サトノクロニクル [続きを読む]
  • 中日×阪神 15回戦
  • 8/1 阪神 5−8 中日 7勝8敗 才木 3勝4敗 昨日も負けました。 なんというか、ここ2試合はミスの連続です。 自滅もいいとこ。 先発才木はホームラン2発で沈みました。せっかくいいピッチングしていてもフォアボールをだしてしまうとダメですわ。 打線も守備もミスだらけ。 ついに最下位です。今年はダメかもなあ。 阪神タイガース 2018年成績 1〜10試合     6勝4敗 11〜20試合    4勝6敗  [続きを読む]
  • レパードSの考察・後編
  • 本日はレパードSの考察・2日目です 新潟競馬場・ダート1800mで行われる3歳ダート重賞です。 昨日残ったのは、グレートタイム、ドンフォルティス、ビッグスモーキー、プロスパラスデイズ、の4頭です。 このなかで注目は、グレートタイムです。 近2走は重賞で2着、3着と上位争いしてきました。 前走はGⅠで3着と世代トップレベルである素質を証明しています。 ここはせひとも勝って秋への飛躍の糧にしたいところです。 [続きを読む]
  • 中日×阪神 14回戦
  • 7/31 阪神 2−7 中日 7勝7敗 岩貞 4勝5敗 昨日は負けました。ひとことでいうなら、お粗末な試合でした。ひとつの犠牲フライで2塁ランナーまでホームに返ってくるなんて見たこともありません。チャンスでの打席ではなにを狙っているかわからないほど、ただ見てるだけ。金本監督の采配にしても、せっかく1点差になって1死1、3塁の4回、梅野の打席でなぜスクイズさせなかったのか。あそこはまず同点に追いつくこ [続きを読む]