takeichi3 さん プロフィール

  •  
takeichi3さん: 北京で太極拳
ハンドル名takeichi3 さん
ブログタイトル北京で太極拳
ブログURLhttps://takeichi3.exblog.jp
サイト紹介文北京での太極拳学習を中心に、映画や音楽などの中国情報を伝えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供407回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2007/10/19 08:55

takeichi3 さんのブログ記事

  • 武術鍛錬。。。武林志
  • 1983年、中国製作カンフー映画初期の作品「武林志」での八卦掌修行シーン。朝晩百回ずつの練習を命じる老師。コントロールしながら規律を守り〜自然となるようにする作業。特撮等の技術も無かった、出演者たちの功力が頼りだった時期のカンフーアクション。主人公を演じている「李俊峰」は、北京体育大学出身。北京武術隊や国家チームのコーチもしていて、ジェット・リーが入隊したての頃は指導していたという叔師。師匠役の「 [続きを読む]
  • 武術動画色々。。。
  • 最近見かけた武術動画を一挙に。。。((((((/-_-)/★武当山太極拳。。。含胸抜背が、きちんと運用されているのは流石。。。★少林寺の子供たち。両親共に出稼ぎしている幼児(3歳〜)も寮生活。。。★全中国武術大会伝統拳のチャンピオンなど。。。※多分〜蠍拳。。。※多分〜虎拳。。。※多分〜蛇拳。。。ncrypted-media" allowfullscreen> [続きを読む]
  • 太極剣の基本説明。。。
  • YouTubeにUPしていた動画のアドレスが変わった為に表示出来なくなっていた過去ブログを整理〜2012年、呉阿敏老師の太極剣の基本説明に他の資料の情報を加えて説明している記事がありました。≪点剣≫立剣。手首を下から上に曲げ上げて剣先で攻撃⇒伸びていた腕の伸縮で持ち上がる。、≪崩剣≫立剣。手首を下に沈ませる力を利用して、剣先を跳ね上げる。≪劈刀≫立剣。上から下に振り下ろす力で相手を攻撃。定式では、腕と剣 [続きを読む]
  • 気貼脊背。。。大椎部
  • 最近の練習時、大椎を後ろに〜をアドバイスすることが多くなっています。下松沈&peng?形成に欠かせない要求なので。。。「気貼脊背」〜腰部への要領もありますが、今日は一先ず大椎部を。「気貼脊背」の訓練法や捉え方は、各派により様々。武派の場合、「以身法帯動内動、意識引導外動」武式太极拳の主要な身法は、涵胸、抜背、裹?、護肫、提頂、吊?、松肩、沈肘、?挪、閃戦、尾閭正中、気沈丹田、虚実分清等十三条。気貼背身 [続きを読む]
  • 陳希夷二十四節気導引法。。。
  • ★陳希夷/二十四節気導引法。。。手引きを見ながら、一通り動いてみたら、かなりなストレッチ効果が得られました。本来は、練功の季節や時間の規定があるようですが、各自の体調に合わせ気軽に行えるかと。。。※ストレッチの効果はコチラで⇒ https://stretchpole-blog.com/stretch-effect-1405陳希夷(公元872年〜公元989年)五代宋初道学家、理学家、養生学家。河南鹿邑人。科挙に受からず、武当山、華山に隠棲。名は摶、字は [続きを読む]
  • 馬建超。。。時流太極拳
  • 中国の競技太極拳チャンピオン「馬建超」「書韻」というタイトルの毛筆を加えた、彼独自の表演の評価が高いようです。≪馬建超≫1987年生まれ、1999年から河南省の青年武術隊に。父親は建築作業員、母親は清掃婦で、夜明け前に家を出て〜夜遅くに帰ってくるという生活。そんな環境が彼の性格を独立堅強にした。7歳の時から習武。どんなに寒暑な時でも母親が送迎してくれた。ある冬、大雪の影響でバスなども動かなくなって [続きを読む]
  • 物是人非。。。ジャッキー新曲
  • ジャッキー・チェンの誕生日に前後して発表された新曲「物是人非」の評判高いです。「物是人非」熟語(諺)らしいです。。。感傷的な意味合い⇒物(環境等)は以前のままに残っているが、人は此処にあらず。 ≪歌詞:古典詩が引用されているそうです≫物是人非事事休 欲語泪湿春衫袖高楼与誰上愿酔千杯酒往事化成愁心不? 孤影人痩月如鉤夢醒情乱問几度秋 聚散苦匆匆此恨無?又無頭喋喋不休 歳月那?久 記憶那?旧?窗听雨心思如残 [続きを読む]
  • 清朝末十代武林高手。。。
  • 中国の武術愛好者のサイト、清朝末の十代武林高手を各々の判断で色々語っていますが、私がUPした「10个清末武林高手, 你?得哪个功夫最?害」の動画にも様々なコメント寄せられ興味深くて〜最近「ここに出てくる人たち全員でかかっても拳四郎は倒せない」という言葉が〜(#^_^#)★動画通りではありませんが、中国の武術愛好家が独自の好みで選定したベスト10。忙しくしていて〜訳している時間がなくて。。。(^^;1) [続きを読む]
  • 中華武術映像。。。武術的作用
  • 九十年代の武術の数々を納めたVCD「中華武術」発売当時、全2集で各12元だったようです。メチャ安い。ちなみに、現在の定価はセットで480元。その中、第7編は「武術的作用」当時の高手たちの動き、見ているだけでも楽しくなります。 [続きを読む]
  • 太極拳でマッサージ。。。
  • 最近、規律の精度が上がってきたからか、「身体が軽くなってスッキリ〜」「膝も腰も痛まなくなった」という声を練習後に聞けるようになっています。私自身、フィットネスでも一二を争うハードなプログラム二本を終え、疲労気味で始めた今日の太極拳練習でしたが、終わる頃には身体が癒されたのを実感。★身体の為にも、是非、是非、身法(規律)を追求しながら行って下さい。今は無くなってしまった、北京体育大学留学生の太極拳班 [続きを読む]
  • 1970年代の太極拳。。。
  • 良い動きだなぁ〜と思った、少林寺武僧主任コーチ「釈延庄大師」の少林柔拳。。。1964年、中国河南省上蔡?の愛武術な農民家庭生まれ。1982年に少林寺に入り、金剛拳、鉄布衫等の硬功夫をマスターした後、少林禅功柔拳を学ぶ。「武術は攻防。金剛拳は進攻が主〜硬く爆発力がある。鉄布衫は鉄布衫を身に着けているのと同じ〜相手からの攻撃に耐えられる」と語っているが〜自身は四両抜千斤が主だが、排出倒海な剛猛さも備え [続きを読む]
  • 身体を整える。。。
  • 中国の太極拳愛好者のブログ等には大禹治水の話を取り上げている人が少なからずいます。古代中国。堯帝の時代、度々氾濫する黄河の治水を任された大禹の父(鯀)だったが、9年を費やしても氾濫を収めることができず、堯帝によって殺されてしまう。堯帝の後を継いだ舜帝に推挙されて治水工事を任された大禹は、父の失敗を参考に「阻止」ではなく「導引」という発想で黄河の流れを大海へと導いた。工事に費やした十三年の間、数回、 [続きを読む]
  • 桜吹雪。。。
  • 吉野で花見が楽しめる最後の日〜的な今日、吉野山は混雑していて駐車場は満杯〜散策は諦めて下山。途中で見かけた寺院、桜の吹雪く様が見事だったので立ち寄り→地味な外見ながら、聖徳太子が手植えした桜があるという謂われのある古刹でした。後は、大阪経由で帰宅〜 [続きを読む]
  • 高野山〜朝。。。
  • 静かで〜昨晩は、十時前に就寝。今朝は、四時過ぎに起床。那智の滝&天河大弁財天で汲んできた水で目覚めの一服。旅に出る時にはペットボトル持参〜習慣になっています。ん…一服って?「服薬」に因った言葉、身体にホッと一息〜を与える情況に使うようです。 [続きを読む]