Rovin さん プロフィール

  •  
Rovinさん: K・B・L
ハンドル名Rovin さん
ブログタイトルK・B・L
ブログURLhttp://brilliantscene.blog31.fc2.com/
サイト紹介文15年ぶりくらいにクワ&カブ飼育を再開。飼育種はどんどん増加中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2007/10/23 13:00

Rovin さんのブログ記事

  • カリンポン
  • オークションで落札したものの、サイズや形がちょっとイメージとは異なり、ブリードマインドがあまり高まらないながらも、「羽化時期からしてまだ未成熟かも知れんけど、もう秋だしとりあえずセットしてみるかぁ」と思って産卵セットに入れていた、インドアンタエウスのカリンポン産ペア。まだセットして3週間くらいだったのですが、掛かってるのか掛かってないのかの確認もあり、なんとなく割り出してみました。…すると、卵がポ [続きを読む]
  • う〜ん
  • アルチャーナル・アンタエウスのWDメスを入れている産卵セットのマットの状態が悪いようなので、今回は早めの割り出し。結果、卵が6個取れましたが、どれも褐色かがってて部分的に黒くなってるところもありまして、このうち1個か2個孵化してくれるかどうか、って感じでしょうかねぇ。しかし、前回のセットも卵のまま消えていったような部分がいくつかありましたし、アンテの卵はことさら菌などに弱いのか、それともマットがあま [続きを読む]
  • ちゃんと更新を…
  • クワガタ&カブト関係のショップさんに言いたいコトがあります。とりあえずサイトの更新はちゃんとしといて!!これまでにいくつかのショップに生体や用品の注文をしていますが、ショップのサイトでは在庫があるようなので注文したら、「在庫切れです」と言われることがすでに数回あり、直近で注文したショップにいたっては、注文した5品目のうち4品目が在庫切れという…。こういうのが特定のショップだけであれば、「まぁそうい [続きを読む]
  • 割り出し3回目
  • 今のところなんだか好調に卵・幼虫が採れているエラフスホソアカの割り出し3回目。今回は1回目のセットで14卵を回収できたワイルド・メスの2セット目であります。例によって平日の帰宅後割り出しなのでそそくさと作業を進め、結果は12卵と7幼虫。残念ながら1幼虫をプチっと潰してしまっており、それがなければ20に達していました。もうここまできたら断言してもいいと思いますが、温度管理さえできればエラフスは簡単に [続きを読む]
  • グリーン系も
  • ニジイロクワガタ・グリーン系のメスを入れた産卵セットにチラホラ幼虫が見えるので、とりあえず割り出し。相変わらずの爆産ぶりで個別プリンカップの制作が追いつかず、急遽コバエシャッターの(小)とか(中)のケースに卵を5個ずつとか10個ずつとか入れたので詳細な数は分からないものの、ノーマルと同じように卵と幼虫合わせて30は超えてると思います。今回は材も入れてみましたが、入れたら入れたで材にも産んでくれます [続きを読む]
  • あえなく
  • まだ未成熟だと思われるものの、オス・メスともに餌は良く食べ、秋口に入ってしまうこともあり、能勢YG血統ペアを同居させ、なんとなくペアっぽく行動していたのでメスを産卵セットに投入してましたが、セット内を確認してみると、なんだかすっかり青カビ地獄になってまして、「これはまぁ産んでないな」、と。で、確認のため割り出してみましたが、予想通りボウズ。これで今シーズンは、国産オオクワの幼虫飼育ができないことが [続きを読む]
  • 意外と簡単に…
  • エラフスホソアカは、ワイルドメスの産卵セットから14卵を回収し、すべてが孵化したとこまで記事にしてまして、今はそのワイルドメスを新たな産卵セットに入れるとともに、オークションで入手したブリード(F1)メスをワイルドオスとペアリングし、産卵セットに投入しています。で、今度はブリードメスの産卵セットをひとつ、割り出してみるコトに…。作業を進めていくと、ちゃんと小さい幼虫やら卵が出てきてくれまして、結果 [続きを読む]
  • ようやく
  • 1度目の産卵セットではうまくいかなかったヘラヘラが、やっとこさ産んでくれました。「コバエシャッター・大」から卵ばかり23個。とりあえず、仕切りのあるルアーケースに入れておきました。でも、右から2列目の褐色の卵なんかはたぶんダメなやつでしょうし、果たしてこのうちどれくらい孵ってくれるものやら。ちなみに、このメスとは別のメジャー血統トリオ(オス1、メス2)は、ハンドペアリングを済ませ、すでに2メスとも [続きを読む]
  • まさかの
  • 前にエラフスホソアカの産卵セットを割り出し、14卵を得られたことを書きましたが、孵化の確認と、孵化した幼虫を個別プリンカップに入れるため、卵を入れたマットをひっくり返してみました。「14卵のうち半分くらい孵ってくれるといいかなぁ」と思ってましたが、結果はまさかの14卵すべて無事孵化。なんとなくエラフスって難しいイメージだったんですけど、温度の問題さえクリアできればあとは普通なんでしょうかね。とりあ [続きを読む]
  • アルチャーナル割り出し
  • 最も産んで欲しいクワガタであるアルチャーナル・アンタエウスのワイルドメス。8月下旬に産卵セットに投入し、9月にそのメスを回収。現在は2セット目に入ってもらっている状況なんですけど、しばらく放置してある1回目のセットを、満を持して割り出してみました。事前にケース底に1匹幼虫が見えていたので、かなり期待しながら固まったマットを割っていきましたが、見えていた1幼虫を確保した後は、割れども割れどもなかなか [続きを読む]
  • なかなか
  • 先に入手した方のヘラクレス・ヘラクレスの産卵が、どうもうまくいってないようです。前に産卵セットが再発酵したことを書きましたが、新たなセットでもまったく潜らず、常にケースをゴソゴソし、マットをかなり高くまで詰めたせいで、挙句の果てには飼育ケース(コバエシャッター・大)のフタを開けて脱走するという…。しかし、やっぱり交尾がうまくいってなかったのかと思い、再びハンドペアリングを試みてみましたものの、どう [続きを読む]
  • 新ペア
  • 実は先週末に、ヘラヘラの大型ルーキを補強しております。今回のペアはなんといっても血統背景がポイントでして、オスはHirokAさん血統(F系×OF系)オスとリバーフィールドさんのギネス直仔血統メスの掛け合わせ、メスは両親ともHirokAさん血統のインブリードとなっています。つまり、今回ワタシが購入したペアで幼虫を産ませれば、その幼虫の血はHirokAさん血統75%:リバーさん血統25%となり、なかなかミーハーな血統構成 [続きを読む]
  • クワガタ用マット調査
  • 昆虫用マットはたくさんありますが、今回はワタシのクワガタ飼育に使いそうなマットをざっと一覧表示しときます。商品名横の「←」の部分は、店が説明などで書いている適用種、またはワタシが勝手に想定した用途。◆ダイナステスマスターズ廣島<マスターズStag Beetleマット> ←クワガタ全般の幼虫飼育  1袋(10L)・788円(78円)、3袋・2190円(73円)、7袋・4900円(70円)、1袋(70L)・4480円(64円)  トレハなど、ク [続きを読む]
  • まだまだ割り出し
  • 平日にも関わらず、昨日の帰宅後、インスラリスキンイロクワガタの割り出し作業に勤しんでおりました。インスラリスはオス・メス同居で3セット組んでるんですけど、そのうち2ペアがすでに死んでしまっておりまして、今回はその2セットを続けざまに割り出してみました。…で、結果は1セットから2卵のみ、もう1セットから2幼虫&2卵。一応両セットから何かは得ましたけど、数が少ないですし、1セット目の2卵は無性卵っぽい [続きを読む]
  • 産卵が
  • ヘラヘラの成虫ペアはペアリングまで済ませたので、当然ながら次のステップはメスの産卵というコトになります。で、さっそく大きなコンテナを引っ張り出してきて産卵セットをつくり、メスを投入。…が、その日も翌日も、メスは潜るでもなく、エサを食べるでもなくケース内を常にウロウロ・ゴソゴソ。セット内を確認してみるとマットが熱くなってまして、明らかに再発酵してしまった感じ。急遽コバエシャッター・大に別のマットを使 [続きを読む]
  • さらに割り出し
  • 先週の木曜日、平日にも関わらず帰宅後にメタリフェル(ペレン)も割り出しておりまして、結果は17幼虫と14卵。頑張ってくれたメスには、高タンパクゼリーで休息を。ただ、卵がちゃんと孵化してくれるなら、すでに十分すぎる数ですので、もうセットは組まないかもですね。エラフス同様、メタリフェルも材無しでこれだけ産んでくれました。ちなみにマットは、実験的に使ってみたチャームさんの「昆虫マットB2」(10Lで635円) [続きを読む]
  • 2017年度の産卵セット状況
  • (2017年10月19日更新)まだ記事にしてないものもありますが、とりあえず現時点の産卵セット状況を更新しておきます。上段の種名の行にはセット数とその結果を書いてまして、()内の結果表示は、◎が卵または幼虫を思ったより多く回収できたもの、○が卵または幼虫を回収できたもの、×が何も得られなかったもの、不明が割り出し前です。◆アンタエウス … 2セット(○、不明) ← 産んで欲しい度:100% アルチャーナル産ワイル [続きを読む]
  • エラフスも
  • ヘラクレスのメス幼虫を入れたケースを収容したことなどでワインセラーがいい加減いっぱいになってきたので、セラー内に放置してある、エラフスのワイルド・メスを入れていた産卵セットも割り出してみるコトにしました。正直、ほとんど期待しておらず、「どうせ産んでないだろうから、マットをヘラクレス幼虫の足しマットにしよう」と思ってましたが、中身をあけたプラ舟をチェックしていくと、卵がコロコロと!結局、幼虫はゼロ、 [続きを読む]
  • 割り出し
  • こないだの3連休は時間があったので、ケースから幼虫が見えていたニジイロクワガタのセットを割り出してみるコトに。ボウズはないってことが分かるこの安心感 ^^まずは割り出しの前に250mlプリンカップにマット(マスターズStag Beetleマット)を固詰めしたものを10個作成。 そして、ケースを中身を小さいプラ舟に広げていきます。で、慎重に慎重に作業を進めていきますが、どうも思ったより幼虫が多い…。急遽プリンカップを [続きを読む]
  • ハンドペアリング
  • 先日、入手したヘラヘラのペアは8月に後食開始した即ブリ可能個体。が、数日同居させてみたものの、いつ見てもメスがオスから逃げ回っている感じで交尾シーンを見ることができず、仕方なくハンドペアリングを試してみることにしました。まず、メスの上にオスを置いてしばらく待ってみましたが、メスはこのままフリーズ状態で、オスはゴソゴソするものの一向に交尾は成立しません。体勢が良くないのかなと思い、クワガタ用の産卵木 [続きを読む]
  • 60cm水槽
  • こないだ紹介した30cm四方のアクリスケースを使ったクワリウムに続いての第2弾。前回がサイズ的に消化不良だったので、今回は60cm水槽セットを購入してみました。で、ホームセンターに出向いて中に入れる植物を買い込み、針葉樹マットとペレットで床をつくり、家にあるアクアリウム用の岩やら流木をレイアウトしていく、と。が、60cm水槽にサイズアップしたところで、あんまり凝ったことはできないもんです。ヘラクレスのオスを入 [続きを読む]
  • ブログ名を
  • ブログ開設時に、あまりよく考えないままブログ名を「Kuwa breeding labo」としたんですけど、カブトムシも飼育してるんだし、ってことで「K・B・L」(Kuwagata&kabuto breeding labo)に変更しました。リンクしていただいてる方はいませんし、…というか訪問者もほとんどいないブログですのでわざわざ記事にすることもないのですが、一応書いておきます^^;※モチベーションアップになりますので、ぜひ下の2つのバナーをクリッ [続きを読む]
  • カブトマット調査
  • 昆虫用マットはたくさんありますが、カブトムシ飼育に使いそうなマットを調査したので、ざっと一覧掲載しときます。商品名欄が「青」のものは幼虫飼育用となっているもの、「赤」のものは産卵用です。価格のところのカッコ内は1L当たりの単価。下段は添加剤、マット種類、粒子径の順に記載。◆ダイナステスマスターズ廣島<マスターズBeetleマット>  10L*1袋・680円(68円)、10L*3袋・1890円(63円)、10L*7袋・4200円(60円) [続きを読む]
  • カリンポンを
  • ヤフオクでアンタエウスをようやく落札。カリンポン産のWF3で、サイズは76mmと書いてありましたが、ワタシの計測では74mmでした。サイズがサイズなのでディンプルなどはあまりありませんけど、ご覧のように大顎に少し傷がありますね。ヒマラヤ系の特徴は出ているように感じますが、個体の良し悪しは正直よく分かりません。前に書いたヒマラヤ系アンテ狙いの人との競合で落札したので6000円オーバーになりましたけど、失敗トレード [続きを読む]
  • 成虫も
  • 先週、ヘラクレス・ヘラクレスの3令幼虫ペアを入手したものの、どうもこれが期待できそうになく、さらに幼虫を手に入れたことでヘラヘラ・マインドに火がついてしまい、成虫ペアもヤフオクで落札するコトに…。ヘラクレスについては有名ブリーダーによる人気血統がいくつもあるようで、オークションでも色々と出品されていましたが、今回、ワタシが選んだのは血統名などついてないオス130mm台のペア。もちろん「その方が安い」と [続きを読む]