シダトモヒロ さん プロフィール

  •  
シダトモヒロさん: 旅は哲学ソクラテス
ハンドル名シダトモヒロ さん
ブログタイトル旅は哲学ソクラテス
ブログURLhttp://furonavi.blog.jp/
サイト紹介文日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
自由文興味があるのは風呂めぐりとベイスターズです。日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2007/10/22 23:21

シダトモヒロ さんのブログ記事

  • サウナ&カプセル AMZA(大阪市中央区千日前)
  • 大阪ミナミの繁華街、千日前のランドマークといえばアムザ1000。居酒屋チェーンなどが入居するビルのうち、サウナとカプセルホテルが上階7フロアを占める。パンフレットには「笑って見送れ最終電車」とあり、大阪人の心強い味方であること間違いなし。もちろん観光や出張での宿泊にも好立地。カプセルは全590室の大スケールだ。広々としたフロント、スマートな接客はまさに都会のサウナ。お姉さんに館内利用のあれこれを教えてもら [続きを読む]
  • ホテルファミーINN 錦糸町(東京都墨田区江東橋)
  • 錦糸町駅南口を出て、すぐ右手に見える「サウナ」の看板。皆さん、気になりつつも素通りしているはず。ニューウイングや楽天地の誘惑を振り払い、商店街を先へと進む。錦糸町が誇る最後の砦といえば、ホテルファミーイン(サウナファミー)だ。スチームサウナのみ。おそらく物足りないだろうし、そしたらサウナ錦糸町の高温カラカラへハシゴすれば良い。そんなことを考えながら入館すると、旅行客の片言訛りを日本人スタッフが相手 [続きを読む]
  • サウナブロガーのオフ会
  • 急に思い立って、サウナブロガーのオフ会を開催。場所はレインボー新小岩店。フリーWi-Fiが使えるし、貸切個室があるし。ど平日だから、夜だと思った頃に適当に集合して、帰りたい頃に帰る。参加条件は、ブログにサウナのことを書いている人。面白そうだからとニューウイング吉田さん、おみさんも参加(そのうちブログをやってもらおう)。参加してくれた方のブログ一覧(順不同)ザっくりととのうサウナ入門(ザっくりさんととの [続きを読む]
  • スーパー銭湯 遊湯ランド(福島県郡山市桑野)
  • 温泉が点在する郡山市内にあって、温泉ではない遊湯ランドの魅力は、ロードサイドの立地と低料金の気軽さだ。いかにもスーパー銭湯といった外観に気取った感じは一つもなく、普段着どころかパジャマでもOKな安心感。色々な種類のお風呂とサウナがたった500円で楽しめるとあって、夕暮れ時に差し掛かる店内は、平日なのにまあまあの賑わい。浴室は2階にあって、なんと広々としたことか。切妻屋根の一部をガラス張りとしているから、 [続きを読む]
  • こおりやま駅前サウナ24(福島県郡山市駅前)
  • 郡山が「東北のシカゴ」たる由縁は、駅前のいかがわしさ。水商売や風俗の客引きが通りを闊歩し、「いますぐ客引きをやめてください〜」といったアナウンスがむなしく聞こえてくる。薄暗く怪しい通りがある一方で、上から下までネオン輝くビルがあったりと、平均がないのがこの街の特徴。こおりやま駅前サウナはアーケードの入口にさわやかな看板を掲げているけれど、そのアーケードを通り抜けるには勇気が要る。客より多い客引きを [続きを読む]
  • キュアいわき駅前店(福島県いわき市平白銀町)
  • 東京駅から高速バスで3時間。東北というと遠く感じるけど、いわき市は意外と近い。福島県内最大の人口を抱えるだけあって、駅前は大型都市の貫禄を示していた。ビジネスホテルも多くあるが、カプセルホテルとなるとキュアいわき駅前店ただ一軒。もちろんサウナだけの利用もできる。利用コースは4時間か24時間。しかも4時間コースはメンバー専用みたいな記載だが、実際は関係なく誰でも利用できる。入会金も年会費も無料だし、そも [続きを読む]
  • 井草湯(東京都杉並区下井草)
  • 滅多に乗らない西武新宿線。各駅停車で新宿から約20分、井荻駅で降りて井草湯へ。井荻は下井草と上井草に挟まれた駅で、この辺りの旧地名。字のごとく井草と荻窪の組み合わせで、いまは駅名だけに名を残す。環八が都心と郊外の分かれ目だと仮定すれば、環八は井荻駅を南北に貫くから郊外。住宅地が広がり、心なしか空も広い。駅前から環八を南下すること徒歩5分。井草湯があるのは、早稲田通りと交差する清水三丁目交差点のほど近 [続きを読む]
  • みどりの湯 田喜野井店(千葉県船橋市田喜野井)
  • 北習志野駅19:25発の送迎バスに乗り込む人は他におらず、運転手さんと2人きり。平日の客の少なさは予見できたし、実際その通り。船橋市の郊外住宅地のスーパー銭湯だが、店頭には足湯もある。ここまで来て足湯で済ます人がいるのか、はたまた風呂あがりにまた足湯に浸かる人がいるのか。玄関先のオート三輪も宣伝ツールに使えばよいのに。館内はごく普通のスーパー銭湯風情。なにより気軽でいい。券売機でチケットを購入し、フロン [続きを読む]
  • 半田天然温泉 ごんぎつねの湯(愛知県半田市平和町)
  • ごんぎつねの湯とは一風変わった店名だが、童話作家・新美南吉の代表作にちなむ。愛知県半田市は新美南吉の故郷で、市内には記念館も。それにしてもこのごんぎつねの湯、広域地図で見ると半田中央ICのすぐ近く。ロードサイド店舗かと思いきや、実際は住宅地のどん詰まり。周囲はのんびりした田舎風情で、名湯の予感に心が躍る。受付では店員さんと常連客が談笑中。人見知りの一見客からしたら、初っ端から緊張する光景。浴室でもそ [続きを読む]
  • グランパーク・イン北千住(東京都足立区千住仲町)
  • いつだったかの乗り換えのときに見かけたグランパークインの看板。最新型のカプセルホテルだけど、サウナだけの利用もできる。駅徒歩2分の立地も魅力だし、横浜東口の「グランパーク・イン横浜」と姉妹店だから、おしゃれリーズナブルは期待できそう。そして、いよいよ北千住に降り立つチャンスは巡ってきたわけだが、まず驚いたのは間口の狭さ。そのぶん奥行きと高さでカバー。さらに、スタイリッシュなデザインにより、不動産の [続きを読む]
  • 西新井に集う頭のおかしい熱波師と頭のおかしい客
  • 平日のスーパー銭湯なんて、のんびりしたもので、イベントで集客を図りたいけど勇気も要るはず。開始30分前のサウナ室なんてガラガラだったけど、豪快な空振りなど余計な心配だった。THE SPA西新井の熱波イベント。井上勝正×渡辺純一×重本大輔の組み合わせは、頭がおかしいとしか言いようがない。「井上さんいつも時間通りに来ないから…」と待ち焦がれた大人たち30人以上。サウナ室の前でそわそわしながらたむろしている光景。 [続きを読む]
  • アクア・ユーカリ(千葉県佐倉市ユーカリが丘)
  • 郊外ニュータウンの成功例として語られる、千葉県佐倉市のユーカリが丘。街を丸ごと開発し、鉄道まで走らせる山万の力の入れよう。いまも地域に根を下ろし、約40年の間に変化したライフスタイルにも対応している。循環型社会創出活動についてはグッドデザイン賞(2018年)を受賞した。ユーカリが丘の癒しと健康を担うのが、アクアユーカリだ。この店舗も山万グループ。その建物規模は健康ランド級で、店頭に露天風呂やプールの巨大 [続きを読む]
  • やすらぎの湯 ニュー椿(東京都豊島区巣鴨)
  • 組合加盟の銭湯だと物価統制令によって入浴料金が定められているものの、サウナ料金は自由に設定できる。貸しタオルが付くか否かなど違いはあるにせよ、せいぜい300円くらいかと思うが、そこにきて新庚申塚のニュー椿だ。入浴込みの総額1,100円(引き算するとサウナがなんと640円)。田舎のスーパー銭湯なら余裕でお釣りがくるし、わざわざ交通費をかけて行くべきか迷うが、どんなものかと気になって。ちなみに巣鴨界隈だとサウナ [続きを読む]
  • 喜楽湯(埼玉県川口市川口)
  • ウェブサイトやSNSで、東京銭湯の魅力や情報を日々発信する、その名もズバリ「東京銭湯」。業界の活性化を目的とした取り組みは、大きく2つ。まずは、若い世代にもっと銭湯を知ってもらい、新たな顧客とすること。もう1つは喜楽湯の運営。川口市内で1950年代から続く銭湯を引き継ぎ、実際に経営すること。その実体験はリアルだし、銭湯業界に波及効果を生む。埼玉県の銭湯は430円。券売機に小銭を1枚ずつ入れているそばから、じゃ [続きを読む]
  • 丸屋玉ノ湯(愛知県東海市元浜町)
  • 名古屋市の南となり、知多半島の付け根に位置する東海市。「東海地方を代表するスケールの大きい名である」ことなどから市名に選ばれたという。臨海部には新日鐵住金や大同特殊鋼などが工場を構え、鉄鋼の街として名をはせる。東海市民の憩いの湯といえば、丸屋玉ノ湯。典型的なスーパー銭湯の佇まいとサイズ感。庭に鯉が泳ぐ和風テイスト。スーパー銭湯でも朝の開店前には行列ができたりするが、この店は朝得もあるから尚更か。雨 [続きを読む]
  • 常滑温泉 マーゴの湯(愛知県常滑市りんくう町)
  • 東海地方の空の玄関口といえば、セントレアこと中部国際空港。海上に浮かぶ空港(人工島)を臨む、知多半島側は常滑市りんくう町。開港に合わせて開発が進み、その中心がイオンモール常滑。東海3県最大の敷地規模を誇り、年間約850万人が来館するという。その敷地の一角にあるのが、常滑温泉マーゴの湯。ちょっと変わった名前は、1号店のある岐阜県関市の名刀孫六に因んでいるという。独立して店舗を構えており、屋外型テーマパー [続きを読む]
  • サウナ&カプセルホテル銀河(東京都足立区綾瀬)
  • 地下鉄が地上に出ると郊外を実感するが、電車の駅のない綾瀬市よりは随分と都会だった。「綾瀬唯一のサウナ」を掲げる銀河は、東京の外れの、綾瀬の繁華街の外れにある。そもそも繁華街と呼べるほど駅前は賑わってはいないし、この街に泊まらなきゃいけない理由もよくわからないが、カプセルホテル併設店。ちなみにカプセルは入泉料プラス900円。下足箱が100円リターン式で、その鍵をフロントに預ける。たまにあるけど、矛盾しか感 [続きを読む]
  • サウナオーギ(愛知県豊橋市広小路)
  • 豊橋駅前の夜の賑わいは、やばいの一言に尽きる。繁華街には客引きが待ち構え、やんちゃな酔っ払いが闊歩する。サウナオーギは駅前一等地にありながらも、狭く怪しい路地に面しているせいか、上級者向けの緊張感が漂っている。夕方5時開店というのもサウナ店の不健全なイメージそのもの。佇まいからして昔ながらのオジサウナ。券売機でチケットを購入。ロッカーの鍵は、首からぶら下げるスタイル。そして、靴はロッカーの下に仕舞 [続きを読む]
  • 湯あそびひろば6・3の湯(愛知県西尾市今川町)
  • 小京都の湯での熱波甲子園まで、ちょっと時間があったので、同じ西尾市内、しかも直線距離にして1.6kmほどの場所にある6・3の湯へ。この2店舗はコンセプトが大きく違うけど、実は姉妹店。小京都の湯が和風の趣きなのに対して、こちらは「湯あそびひろば」。一風変わった店名の6・3は、そのままロクテンサンと読む。その由来はオフロナイトニッポンの動画にて。温浴施設は1階、系列のスイミングスクールは2階で営業しており、脱 [続きを読む]
  • みつば湯楽院(栃木県小山市横倉新田)
  • 温浴業界の先輩に栃木県小山市内でのおすすめを聞いたら、みつば湯楽院と思川温泉をお返事いただいた。2か所を訪ねる時間的余裕はないし、湯あたりしそうでつらい。ネットカフェ要素を取り入れたスーパー銭湯と、川べりの景色が売りの日帰り温泉施設、どちらを訪ねるべきか。日がどっぷり暮れてしまったら、景色よりも付帯設備かな、と。国道4号線バイパスには近いけれど、工場地帯に隣接し、薄ら寂しさを感じさせる立地。スーパー [続きを読む]
  • サウナピア(愛知県豊川市神野新田町)
  • サウナ店といえば駅前立地のイメージだが、しきじ、つぼや、大垣など車でしかアクセスできない店もある。豊橋市のサウナピアもそう。豊橋駅から渥美湾の方向に約3.9km、ピアはpier(桟橋)かと思ったら、公式サイトのURLはpiaだしユートピアなのか。商業店舗が建ち並ぶロードサイドでもないし、住所のヨノ割はどうやらイロハで名付けたようだし。といったわけで、典型的な郊外住宅地の一画にサウナピアはあって、ワンフロア150坪も [続きを読む]
  • 熱波甲子園で優勝したんだが!!!
  • ひさしぶりの3連休は名古屋へ行こうと計画していたら、熱波甲子園西日本大会が開催されることを前日になって知り、どうしようかなと。知らない人が大勢いるところは苦手だが、名古屋に居ながらにして「西尾市(小京都の湯)は素通りかよ」と突っ込まれてもめんどくさいし。コミュ障を理由に行かない理由を考えていたが、バイトの子たちが「行かない理由はないですよね」と。見物客のつもりで前売券を買ったのに、「今日は熱波師と [続きを読む]
  • 栃木市の古い街並みを散策してみた
  • 栃木市の見どころは小江戸、小京都と呼ばれる古い街並み。江戸時代の脇街道、日光例幣使街道(倉賀野〜栃木〜日光)の宿場町として、また巴波川の舟運で賑わったという。嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区(国の重要伝統的建造物群保存地区に登録)を中心として、商家や土蔵が往時の面影を色濃く残している。商家より洋館建築のほうに惹かれるわけで。庶民的な建物もいいですね。おしまい。 [続きを読む]
  • 玉川の湯<金魚湯>(栃木県栃木市室町)
  • (栃木県栃木市室町)" target="_blank">(栃木県栃木市室町)" hspace="5" class="pict" align="left" />栃木市内の古い街並みをあてもなく散策していたら、これまた古く味わいのある銭湯を発見。堂々たる佇まいも立派だが、金魚の描かれたガラス戸が実に風流だ。看板には玉川の湯とあるが、「金魚湯」という別名も。これも一期一会、偶然の出会いも旅の醍醐味だ。さすがに朝風呂はやっていないので、夜になってまた訪ねてみた。 [続きを読む]
  • 柏倉温泉 太子館(栃木県栃木市柏倉町)
  • 栃木市も中心街から少し走れば、のどかな農村風景が広がる。柏倉温泉は大正13年創業の老舗で、「古くより獅子の水呑み場」と、山の温泉によくある話。湧出地の山林を所有する大阿久家は、聖徳太子を祀っており、太子館の名前の由来にもなっている。そして、この景観。山の中腹に神社を仰ぎ、歴史と風情を感じさせる佇まい。門前でしばし立ち止まり、清々しい気持ちに。旅館だと、日帰り入浴が可能か?利用時間は?など、気になるこ [続きを読む]