シダトモヒロ さん プロフィール

  •  
シダトモヒロさん: 旅は哲学ソクラテス
ハンドル名シダトモヒロ さん
ブログタイトル旅は哲学ソクラテス
ブログURLhttp://furonavi.blog.jp/
サイト紹介文日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
自由文興味があるのは風呂めぐりとベイスターズです。日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2007/10/22 23:21

シダトモヒロ さんのブログ記事

  • サウナ・カプセルホテル コア21(東京都江戸川区船堀)
  • 船堀駅を起点とし地下鉄で本八幡へ、都バスなら錦糸町や新小岩に行ける。もちろん船堀には温泉銭湯もあるし、健康ランドもある。コア21を訪ねる前から2軒目はどうしようかと頭を悩ます。3時間のあいだに考えればいいやと1,200円。良心的だ。系列のパチンコ店のビルの5階が受付。階段を下るとロッカーと浴室、さらに下るとレストランと休憩室。館内着とタオルは棚に仕舞うのか、その裏側にはバッグごと掛けられるフックもあるし、些 [続きを読む]
  • 小杉湯(東京都杉並区高円寺北)
  • 「昼のセント酒」というドラマを何話か観たけれど、銭湯好きにはたまらない内容だった。仕事のできない営業マン(戸次重幸)が外回りを放っぽり出して昼間から銭湯へ、そしてビールなんか飲んじゃう始末。まるで自分の若い頃を見ているかのよう(お酒は飲まないけれど)。高円寺の小杉湯の回ではミルク風呂に浸かり、温冷交互浴を楽しんでいたような。唐破風に懸魚、欄間の彫刻。小杉湯の佇まいはシブく、味わい深い。昭和8年創業 [続きを読む]
  • 境南浴場(東京都武蔵野市境南町)
  • 中央線沿線にあまり用事がないせいか、武蔵境駅など最近まで知らなかったが、西武多摩川線の始発駅でもあるし、そもそもいったい何の境なのだろうか。駅を降りる人は多いけれど、ちょっと歩けば住宅地風情でほっとするし、生産緑地の果樹園があるのには驚いた。煙突を目印に境南浴場へ。天然地下水と北欧サウナが売りの、ツイッターでよく目にする銭湯だ。フロントでサウナ代も支払い、バスタオルの入ったバッグを受け取る(その中 [続きを読む]
  • SPA&HOTEL 舞浜ユーラシア(千葉県浦安市千鳥)
  • 舞浜と聞いて一般的にはディズニーリゾートを連想するけれど、サウナ好きなら舞浜ユーラシア。ケロサウナやビューサウナなどサウナの充実は素晴らしく、リゾートホテルの域を超えている。近隣に浦安万華鏡やお台場大江戸温泉物語があるせいか、地下1,700mから湧出する温泉についてはあまり話題を聞かず。ともかくとして、用事もないのに舞浜を訪ねるのは気恥ずかしくもあったが、気づけば埋立地の風情。これより先は物流倉庫が並ぶ [続きを読む]
  • サウナニュー大塚(東京都豊島区南大塚)
  • 大塚記念湯はいったい何を記念しているのか、答えは豊島区浴場組合のサイトにあった。創業は大正時代。元号が昭和に変わることを記念し、屋号を改めたのだという。歴史の古さはさすがの一言。大塚記念湯は以前一度だけ訪ねたが、ブログに書かずして忘れてしまったのでまたいずれ。今回は2階にて営業中の「サウナニュー大塚」を。大塚駅よりサンモール商店街を抜け、徒歩3分の好立地。ちなみに上階のコーポニュー大塚は家賃11万円〜 [続きを読む]
  • おふろの王様 東久留米店(東京都東久留米市八幡町)
  • 福岡県に久留米市が既にあったから東久留米市。安易な考えだと思うが、そもそもこの辺りを走っていると、小さな市が集まっているせいか、自分がいまどの市にいるのかわからない。郊外の住宅地風景がどこまでも続くが、おふろの王様そのものが郊外との相性良し。平日の夕暮れ時、幼な子をつれた客が目立つ。これぞスーパー銭湯の理想的な在り方。腹が減っては戦はできぬとばかりに、まずは食事。券売機で食券を買い求めてのセルフサ [続きを読む]
  • 玉の湯(東京都豊島区南大塚)
  • 銭湯サウナにも脚光が集まっている昨今、銭湯の浴室内にあるサウナ室ではなく、別に受付を設けて2階で経営するサウナはどうなんだろうか。向かったのは大塚。山手線で池袋から1駅なのに、ちょっと歩けば賑やかさと人通りが消え、企業のビルの合間には生活感。写真は道に迷って通りかかった公園で保存されていた、都電の旧車両。困ったことに、サウナ玉泉の入口は立ち入れないようになっていた。玉の湯のフロントで聞けば、いまは土 [続きを読む]
  • 桜湯サウナ(静岡市葵区駒形通)
  • 静岡市内の銭湯はたったの2軒。そのうちの1軒、駒形通の商店街にある桜湯は、庶民的風情の残る公衆浴場。しかし、興味本位で今回訪ねたのは、2階で営む男性専用のサウナ。なにしろ情報が乏しく、料金や営業時間は店先の看板で把握。決して安いとは言えない料金だし、どう考えてもサウナしきじの方が良き時間を過ごせるだろう。若干躊躇するも、意を決して薄暗い外階段を上がっていく。地元の常連相手に商売しているのは言うまでも [続きを読む]
  • 宮の湯(千葉県木更津市富士見)
  • いつの間にか木更津市内の銭湯は、宮の湯ただ1軒になってしまったようだ。行き交う人まばらな木更津駅西口を背にして、路地へと入っていく。わずかな距離なのに戸建住宅の生活風景へと一変し、地方特有ののどかさ。宮の湯は10数台分の駐車場を持ち、日が暮れるころにはほぼ満車。「ポカポカランド」とのキャッチコピーもあるが、ご機嫌な外観でもなく、地方銭湯らしい普通の佇まい。フロントでサウナ代込みの入浴料を支払うと、黄 [続きを読む]
  • 湯の郷かずさ(千葉県木更津市潮見)
  • 木更津市のスーパー銭湯はこれまでにかずさのお風呂屋さん、MINANO-BAを訪ねたが、最後の1軒は湯の郷かずさ。ここは男性専用施設として知る人ぞ知る、サウナきさらづつぼや(通称つぼやサウナ)の至近距離にある。公式サイトを見れば比較的新しい店だと感じるが、現地を訪ねてみれば、よくある大衆店の佇まい。広大な駐車場も、週末にはいっぱいになるのだろうか。入館するとすぐ右手には食事処。券売機で食券を購入すると、直ちに [続きを読む]
  • 駒の湯(東京都世田谷区三軒茶屋)
  • 東京に銭湯は数あれど、サウナーの支持率の高さで言えば三軒茶屋の「駒の湯」だろう。冷たい水風呂として広まったのは2014年発行のムック本「saunner」がきっかけではなかろうか。最新デザイナーズ銭湯やレトロ銭湯に目が行きがちなのに、なんてことはない銭湯(失礼!)が日の目を見る時代。サウナーのフットワークの軽さと情報発信力の賜物だろう。三軒茶屋駅より歩いて5分ほど。レンガ調の外壁のビル銭湯で、コインランドリーを [続きを読む]
  • ドシー恵比寿(東京都渋谷区恵比寿) ※2017/12/16オープン
  • 都内におけるカプセルホテルのオープンは珍しくないが、サウナもあって、セルフロウリュ可能とあれば話題沸騰。しかし水風呂は無く、ウォームピラーだという。ツイッターでは早くも賛否両論が飛び交っており、どんなものか想像がつかないから行くしかない。恵比寿駅東口より歩いてすぐ。こじんまりとしたビルの2階にフロントがある。さっそくサウナ仲間とばったり。感想を聞いたら「イマイチ…」。そして「いまなら貸切ですよ」と [続きを読む]
  • 駿府天然温泉 天神の湯(静岡市駿河区曲金)
  • 温泉・宴会・宿泊の3本柱で多くの客を収容する天神の湯。静岡市中心部に位置する6階建の大型施設で、ホテルの別館もある。タオルや館内着が付いて平日1,500円(休日2,000円)。料金も館内の雰囲気も、さながら健康ランドのよう。12歳未満は入館不可としているが、別館ホテルの団体客も利用し、その際に子供が含まれる場合があるという。排除する理由がよくわからないが、そもそも平日昼間はお年寄りばかり。入館受付を済ませたら、 [続きを読む]
  • 東名足柄SA下り あしがら湯(静岡県小山町桑木)
  • 東名高速足柄SAの上下線の入浴施設情報、上り線の足柄金時湯に続いて、第2弾は下り線(名古屋方面)のあしがら湯。東京から80km、食事休憩ならまだしも、ひとっ風呂するにはまだ早い。しかし、リーズナブルな料金は銭湯感覚。いつでも立ち寄れるオールナイト営業は貴重で、深夜でも客足は絶えない。 そして、畳敷き休憩室でのごろ寝となるが、仮眠できるのは金時湯同様だ。あしがら湯は、あしがら金太郎ラウンジ、足湯カフェ(7:00 [続きを読む]
  • 東名足柄SA上り 足柄金時湯(静岡県御殿場市深沢)
  • 行楽や帰省で高速道路を利用する方も多いと思うが、長距離運転で疲れたら早めの休憩を。ご当地のグルメやショッピングだけにあらず、数は少ないが入浴施設を備えたサービスエリアもある。東名高速の足柄SAは上下線とも入浴施設があり、上り線(東京方面)は足柄金時湯、下り線(名古屋方面)はあしがら湯。施設内の仕様は若干異なる。どちらも地元企業の時之栖が運営し、昼夜を問わずオールナイトの営業形態。いつでも立ち寄れるの [続きを読む]
  • 国済寺天然温泉 美肌の湯(埼玉県深谷市国済寺)
  • スーパー銭湯の外観といえば和風の趣が多いなか、洋風というだけでも一目置いてしまう。それでいてスパと名乗るわけでなく、国済寺天然温泉とややお堅い。地名でもある国済寺は臨済宗南禅寺派、室町時代創建の古刹。しかし、観光で訪れる寺ではなさそう。国道17号線をはさんで向かい側にはハナホテル深谷があって、そこに隣接するのが美肌の湯。深谷市内には深谷花園温泉花湯の森、熊谷市内には花湯スパリゾートと近距離に姉妹店が [続きを読む]
  • カプセル&サウナ オリエンタル(東京都台東区上野)
  • 格安サウナ激戦区の上野。ニューセンチュリーのすぐ裏手にあるのが、系列店のオリエンタル。御徒町駅寄りのセンチュリーと合わせてヤナガワ3兄弟とでも言うべきか、メンズサウナだけに。施設規模や設備仕様も似たり寄ったりで、料金体系も一緒。互いに競合することなく、分かち合って生き延びてきたのだろう。エレベーターを4階で降りたら、真正面にフロント。券売機でチケットを購入する。そこかしこにスーツケースやボストンバッ [続きを読む]
  • テレビ温泉(愛知県名古屋市中村区牛田通)
  • 銭湯の屋号もさまざまだが、テレビ温泉にはグッと惹かれるものがある。かねてより気になってはいたが、尊敬するサウナーさん推しならなおのこと。サウナや水風呂がさぞかし素晴らしいのかと思えば、そういうことではないらしい。「猛者達を日本一に押し上げた空間」なのだという。いったいどういうことか。頭の中は疑問符だらけだ。初めて行く店、ましてや町の銭湯は緊張する。テレビ温泉があるのは、マンションや戸建が建ち並ぶ住 [続きを読む]
  • サウナ玉の湯(三重県四日市市中部)
  • 四日市の市街地に銭湯は3軒。地域を知るには地元の銭湯を訪ねてみるとよい。おしゃれにまとまった三重銭湯のサイトで一軒一軒情報を見ていたら、玉の湯が気になった。ごく普通の銭湯を1階で営みながらも、2階には男性専用のサウナ店。興味をそそるのは当然2階なわけで、それ以上に詳しい情報がなければ訪ねてみるしかない。玉の湯は近鉄四日市駅より東へ徒歩10分の距離。「すぐ江戸道」の石標が東海道五十三次の面影か。ちなみに43 [続きを読む]
  • 三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)
  • おふろcafe湯守座の臨時休館に肩を落としつつ、路線バスで四日市駅まで戻ろうにも、次のバスまで30分以上待たされる。それならば1つでも先のバス停までと歩いていたら、やがてたどり着いたのが三滝温泉満殿の湯。三滝川の川べりにあって、近鉄の車窓からも見える。「ここまで来てスーパー銭湯…」と思わなくもないが、平日500円はリーズナブルすぎる。入館していきなりクレーンゲームやスロット機が並んでいたり、カットハウスがあ [続きを読む]
  • 四日市温泉 おふろcafe 湯守座〜はるばる訪ねたのに休館日だった
  • はるばる四日市を訪ねた目的のひとつ、それは11/3にオープンしたばかりの四日市温泉 おふろcafe 湯守座。1号店のutatane(大宮)を皮切りに、これで5店舗目。おふろcafeもついに三重県に進出した。もとは天然温泉ユラックス(旧:四日市ヘルスセンター)と言い、大衆演劇も楽しめる健康ランドの業態。現代の芝居小屋をコンセプトに、どう生まれ変わったか。郊外型店舗とはいえ、近隣には大型店がいくつも出店し、車利用なら好立地 [続きを読む]
  • 片岡温泉(三重県菰野町菰野)
  • たまには名古屋に行きたいなぁと高速バスのサイトを開いたら、深夜便が残り1席だったので、すかさず予約。帰りの便も確保し、往復で3,700円。杉崎高速バスは素晴らしき庶民の味方だ。名古屋駅前には6時前に到着するので、今回はその足で近鉄電車に乗り、はるばる湯の山温泉へ。四日市から乗った湯の山線は3両編成、単線のワンマン列車。途中駅で高校生が降り、終点湯の山温泉駅で降りたのは自分一人。湯の山温泉街はバスかタクシー [続きを読む]
  • 湯乃市 湘南ライフタウン店(藤沢市遠藤) ※2017/11/30閉店
  • 敷地が定期借地権の場合につきまとう期間満了問題。相模原市のおふろの王様相模原店は12月末に閉店するが、湯乃市湘南ライフタウン店も同様。こちらはもう間もなく11月末に閉店する。借地も契約内容によっては再合意の可能性もゼロではなかろうが、経営状況や設備更新などを考慮したら、閉店の決断も理解できないことはない。湘南ライフタウン店は「いこいの湯」としてオープンし、湯乃市に経営が移ったのは約7年前。看板を付け替 [続きを読む]