taka さん プロフィール

  •  
takaさん: まねき猫の読書日記
ハンドル名taka さん
ブログタイトルまねき猫の読書日記
ブログURLhttp://manekineko2.seesaa.net/
サイト紹介文小説や映画、アニメなどの感想・評価のブログです。基本、褒めることをモットーとしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/10/24 23:40

taka さんのブログ記事

  • 読書日記700:未必のマクベス
  • タイトル:未必のマクベス作者:早瀬 耕出版元:早川書房その他:あらすじ----------------------------------------------IT企業Jプロトコルの中井優一は、東南アジアを中心に交通系ICカードの販売に携わっていた。同僚の伴浩輔とともにバンコクでの商談を成功させた優一は、帰国の途上、澳門の娼婦から予言めいた言葉を告げられる―「あなたは、王として旅を続けなくてはならない」。やがて香港の子会社の代表取締役として出向を [続きを読む]
  • 読書日記698:白ゆき姫殺人事件
  • タイトル:白ゆき姫殺人事件作者:湊 かなえ出版元:集英社その他:あらすじ----------------------------------------------化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人人への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方、匿名という名の皮をかぶっ [続きを読む]
  • 読書日記697:貴族探偵
  • タイトル:貴族探偵作者:麻耶 雄嵩出版元:集英社その他:あらすじ----------------------------------------------自称「貴族」で趣味は「探偵」という謎の男が、コネと召使いを駆使して事件を解決! 斬新かつ精緻なトリックと過去に例のない強烈なキャラクターが融合した、奇跡の本格ミステリ集。感想--------------------------------------------------先日読んだ、「隻眼の少女」の著者、麻耶 雄嵩さんの作品です。本書は以前 [続きを読む]
  • 読書日記696:ペンギン・ハイウェイ
  • タイトル:ペンギン・ハイウェイ作者:森見 登美彦出版元:第31回日本SF大賞受賞その他:あらすじ----------------------------------------------ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知った [続きを読む]
  • コミック日記158:進撃の巨人(26)
  • タイトル:進撃の巨人(26)作者:諫山 創出版元:講談社その他:あらすじ----------------------------------------------巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。全世界に対してパラディ島の脅威を説くマーレ。そこに現れたのは「平和への反逆者」エレン・イェー [続きを読む]
  • 読書日記695:隻眼の少女
  • タイトル:隻眼の少女作者:麻耶 雄嵩 出版元:文藝春秋その他:あらすじ----------------------------------------------山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。感想 [続きを読む]
  • 読書日記693:戦闘妖精・雪風(改)
  • タイトル:戦闘妖精・雪風(改)作者:神林 長平出版元:早川書房その他:あらすじ----------------------------------------------南極大陸に突如出現した超空間通路によって、地球への侵攻を開始した未知の異星体「ジャム」。反撃を開始した人類は、「通路」の彼方に存在する惑星フェアリイに実戦組織FAFを派遣した。戦術戦闘電子偵察機・雪風とともに、孤独な戦いを続ける特殊戦の深井零。その任務は、味方を犠牲にしてでも敵の情 [続きを読む]
  • 読書日記692:サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
  • タイトル:サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福作者:ユヴァル・ノア・ハラリ (著), 柴田裕之 (翻訳)出版元:河出書房新社その他:あらすじ----------------------------------------------なぜ人類だけが文明を手にしたのか?アフリカで暮らしていた取るに足りない生物であったホモ・サピエンスは、なぜ食物連鎖の頂点に立ち、文明を打ち立て、地球を支配するまでに至ったのだろうか?ホモ・サピエンスの過去、現在、未来を俯 [続きを読む]
  • 読書日記690:人工知能システムを外注する前に読む本
  • タイトル:人工知能システムを外注する前に読む本~ディープラーニングビジネスのすべて~作者:坂本 俊之 出版元:シーアンドアール研究所その他:あらすじ----------------------------------------------AIってどこまでできるの?AI開発に費用はどのくらいかかるの?出来上がってきたAIはどうやって評価するの?AIに知的財産権はあるの?etc.AI開発を外注する際の疑問に答えます!感想----------------------------------------------- [続きを読む]
  • コミック日記157:進撃の巨人(25)
  • タイトル:進撃の巨人(25)作者:諫山 創出版元:講談社その他:あらすじ----------------------------------------------巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は、巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが、名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の闘いが始まってしまう。エレンらの住むパラディ島を長年にわたって脅かし続けたマーレ。そこには祖国を守るため、自分達の [続きを読む]
  • 読書日記689:コンビニ人間
  • タイトル:コンビニ人間作者:村田 沙耶香出版元:文藝春秋 その他:第155回芥川賞受賞あらすじ----------------------------------------------36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り [続きを読む]
  • 読書日記688:AX アックス
  • タイトル:AX アックス作者:伊坂 幸太郎出版元:KADOKAWAその他:あらすじ----------------------------------------------最強の殺し屋は―恐妻家。「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらない。一人息子の克巳もあきれるほどだ。兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃 [続きを読む]
  • 読書日記687:マルドゥック・アノニマス 3
  • タイトル:マルドゥック・アノニマス 3作者:冲方 丁出版元:早川書房その他:あらすじ----------------------------------------------マルドゥック市の中枢部に食い込んだハンターは、共感によって新興勢力を“クインテット”に引き入れ、戦力を拡大していく。その様を見せつけられたウフコックは、対抗できる“善の勢力”を結集するため孤独に奔走する。自らにとって唯一の善なる存在、バロットには何も知らせず、ただ新たな道 [続きを読む]
  • 読書日記686:マルドゥック・ストーリーズ 公式二次創作集
  • タイトル:マルドゥック・ストーリーズ 公式二次創作集作者:冲方丁 (編集), 早川書房編集部 (編集), 寺田克也 (イラスト)出版元:早川書房その他:あらすじ----------------------------------------------冲方丁作品の二次創作による新人賞「冲方塾」。その小説部門に応募されたマルドゥック・シリーズを題材とした短篇の中から、優秀作品を精選―ボイルドの誤爆を目撃した男の物語、“疑似重力”の謎に挑む二人の刑事、クルツ [続きを読む]
  • 読書日記685:SHOE DOG
  • タイトル:SHOE DOG作者:フィル・ナイト出版元:東洋経済新報社その他:あらすじ----------------------------------------------日本で作られた靴をアメリカで売る。1960年代に米国の誰もが笑うような夢を抱き、著者は日本に渡る。本書は世界的なスポーツブランドに成長した「ナイキ」の創業物語。夢が叶い、オニツカの靴をアメリカで販売する権利を得て、事業を広げるが、オニツカとの関係が次第に悪化し、資金繰りが苦しくなる [続きを読む]
  • 読書日記684:ホワイトラビット
  • タイトル:ホワイトラビット作者:伊坂幸太郎出版元:新潮社その他:あらすじ----------------------------------------------仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく――。「白兎(しろうさぎ)事件」の全貌を知ることができるのはあなただけ! 伊坂作品初心者か [続きを読む]
  • 読書日記683:か「」く「」し「」ご「」と
  • タイトル:か「」く「」し「」ご「」と「作者:住野 よる 出版元:新潮社 その他:あらすじ----------------------------------------------みんなは知らない、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで、君のことが気になって仕方ないんだ―きっと誰もが持っている、自分だけのかくしごと。5人のクラスメイトが繰り広げる、これは、特別でありふれた物語。共感度No.1の青春小説!感想----------------------------------------------- [続きを読む]
  • 読書日記681:鍵の掛かった男
  • タイトル:鍵の掛かった男作者:有栖川 有栖出版元:幻冬舎その他:あらすじ----------------------------------------------中之島のホテルで梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺と断定。だが同ホテルが定宿の作家・影浦浪子は疑問を持った。彼はスイートに5年住み周囲に愛され2億円預金があった。影浦は死の謎の解明を推理作家の有栖川有栖と友人の火村英生に依頼。が調査は難航。彼の人生は闇で鍵の掛かった状態だった。梨田とは誰 [続きを読む]