とりぶう さん プロフィール

  •  
とりぶうさん: ショートショートとりぶう の 読むコント〜宮古島
ハンドル名とりぶう さん
ブログタイトルショートショートとりぶう の 読むコント〜宮古島
ブログURLhttp://tanno10.blog121.fc2.com/
サイト紹介文2分で読めるショートショートと小笑い時々大笑い(してほしい)エッセイを交互にアップ。
自由文宮古島に移住して、日々くだらないことを考えています。脱力のダジャレが得意です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2007/10/26 18:21

とりぶう さんのブログ記事

  • どっちが高い?
  • みなさんこんにちは。うちの庭にパパイヤの木が二本並んで植えられている。それがいま、目の錯覚のクイズみたいになってる。「どっちのほうが背が高いでしょう?」というあれ。「正解は、同じ高さでした〜」と、いうフレーズを、このところ毎日心の中でつぶやいている。「ヒマか!」と自分で自分に突っ込みも入れている。じつはこのパパイヤの木は、右側のほうが育ちがよく、葉もあおあおとしげっていたのが。このところ、なぜか葉 [続きを読む]
  • 飽きない眺め
  • みなさんこんにちは。天気がよかったので、ひさしぶりに伊良部島にある佐和田の浜に行った。佐和田の浜というのは、海水浴もできるビーチなのであるが、ひじょうに奇妙なビーチである。大きな岩が海の中にたくさんちらばっていて、それはまるで宇宙めいていて、次回のスターウォーズの撮影はここでやるのだとか、いう話、は、特にないけど。(じゃあ言うな)それがあってもおかしくないくらいの、不思議な景色なのだ。昔々、津波の [続きを読む]
  • 能力です
  • みなさんこんにちは。きのう、レジで並んでいたとき、わたしの前にひとり、おばさんのわたしがいうのもなんだが、立派なおばさんがいた。おばさんは「おばさん歴=年齢」というほどの貫禄。眉毛ひとつ動かさず、おつりを受け取っていたのだけど。ふと足元を見たら、うすむらさきの『怪獣サンダル』をはいていた。思わず二度見した。金曜日。モコ日記です。ぼくはモコです。三代目文鳥です。しかちくさんととりぶうさんはお互い得意 [続きを読む]
  • ブルーハーツとビートルズ
  • みなさんこんにちは。テレビを見ていたら、どこかで聞いたことある歌が流れてきた。それはカロリーメイトのコマーシャルで、受験の風景を映したもの。そのバックで流れるのが、ザ・ブルーハーツの『人にやさしく』だった。〜♪ でっかい声で言ってやる ガンバレって言ってやる   聞こえてほしい あなたにも 〜ガンバレ!! 〜♪あ〜、あれを見ると泣ける。書いてても泣ける。いまコマーシャルの検索して、検索画面にずらず [続きを読む]
  • お宝!?砂時計
  • みなさんこんにちは。以前わたしの誕生日に娘うさQが砂時計をくれた。厳密には中身が砂ではないので砂時計とはいえないが、それがなにかわからないのでとりあえず砂時計と呼んでいる。中身はたぶんオイル的な何かだと思う。おどろくことにこの砂時計、砂のかわりのオイル的な何かが「落ちる」のではなく、「上がる」のである。中身のオイル的なつぶつぶが、細い通路を通り抜けてすべて天井に集まったら終わり。それで5分。何度や [続きを読む]
  • 古典にめざめて目からうろこ
  • みなさんこんにちは。海外古典の名作というものを、ほとんど読んだことがなく。タイトルだけは知ってるけど、内容はまったく知らん、というものばかりで、このまま知らないまま死んでしまっても別にええけど、名作として残るものは、ひょっとして知らなかったら損なこともあるんちゃうか?と、今年の台風の停電時、ふと思い。海外古典の名作というのを読み始めた。ときどきよくわからん状況のときもあるが、そこは適当に読み流して [続きを読む]
  • 雨のアメフト方式
  • みなさんこんにちは。12月になってからというもの、毎日、雨。今年の11月はめずらしく晴天続きだったが。それを取り戻すかのように、まーいにち、まーいにち、まーいにち、雨。しかし今年、マラソンのスイッチが入ったしかちく軍曹は、「雨の日はむしろラッキーと考えるべし!暑さよりはだいぶまし!」と、日課のジョギングの手綱を緩める気配なし。今日などは、横殴りの雨で、用事がなければ外出などしたくない日である。すく [続きを読む]
  • ランキングです
  • みなさんこんにちは。12月なのに暑い毎日が続き。いつまで半袖Tシャツの日々やねん!と思うこのごろ。夜中、暑さで目が覚めるにいたっては、もう、「サンタさん、宮古島に冬をください」とお願いするしかないと思った。金曜日。モコ日記です。ぼくはモコです。三代目文鳥です。いきなりだけど、ぼくの好きなエサランキングを発表します。1位、細長いぷちぷち、2位、丸いほうのぷちぷち、3位、ぷちぷちしない丸いやつ、ときど [続きを読む]
  • サンピラー
  • みなさんこんにちは。少し前に、しかちくが、「宮古島に『サンピラー』ていう海の中のアートがあるらしい」という。なに、歯磨き粉が!?それはサンスター。『CAT』でおなじみ黄色い重機が!?それはキャタピラー。と、いうのはどうでもいいとして。なんでも、世界的に活躍する森万里子さんという現代美術家のかたが、宮古島の七光湾というところに建てたピラー(柱)なんだとか。ちなみに森万里子さんは、六本木ヒルズなどでおな [続きを読む]
  • ワタシ、ウチュウジン?
  • みなさんこんにちは。今年の夏、しかちくが背中を痛めたため、毎週行ってたボルダリングをしばらく休んでいたら。筋肉が落ちてきた。あんなにムキムキだった二の腕が痩せてきた。すると。それを見たしかちくが、「とりちゃんは、宇宙人体型やな」というではないか。なぬう。痩せにくい部位の上位に位置する二の腕が痩せてきたというのに、なにが宇宙人か。と、思っていると。「とりちゃんは、見えてるとこが全部細くて短い」という [続きを読む]
  • 本家と元祖の戦い
  • みなさんこんにちは。続報です!なんの続報かって?もちろん、アリの巣コロリの続報です!そんなことどうでもいい、って?そのとおり!わたしの行動は、「99パーセントのどうでもいいことと、1パーセントのもっとどうでもいいことでできている」ので、今日もアリの巣コロリである。きのう、設置したよく食いつくほうの花型コロリに、今日、なんとアリが大行列であった。大行列が過ぎて、花型コロリに入りきらず。まさかの葉っぱ [続きを読む]
  • 行列のできるほう
  • みなさんこんにちは。観察マニアのわたしにとって、楽しみな観察といえば。アリの巣コロリ。定期的にアリの巣コロリを設置しては、アリたちの撲滅にいそしんでいるのだが、アリというのはアレでいてしぶとく。一つの団体を撲滅したとしても、また次の団体が出てきてうろつきまわる。格闘技団体の栄枯盛衰のようなのだ。このあいだからまたアリたちが跋扈するようになったので、アリの巣コロリを設置した。いつも設置する花型のタイ [続きを読む]
  • おなかがすくんです
  • みなさんこんにちは。多良間島マラソンに行って以来、いつも見える朝9時ごろ出航するフェリーが、多良間島に行く「たらまゆう」ということがわかった。それまでは海上保安庁の船だと勘違いし、ものものしい船やな、と思ってたのが。「たらまゆう」とわかって以来、ほのぼのした船やな、と思ってしまうのが不思議だなあと思った。金曜日。モコ日記です。ぼくはモコです。三代目文鳥です。このごろとりぶうさんがぼくに、「モコはい [続きを読む]
  • さいきんの趣味
  • みなさんこんにちは。もしこうだったら・・・・という空想をするのがわたしは好きで、昔は分譲マンションのちらしで間取りを見て、「この部屋は寝室で、こっちは書斎。このリビングには寝ころべる式のソファを置いて、うわ、このベランダ広い!ここにはテーブルセットを置いて、サンセット見ながらビールやな」などと、想像をふくらませるのが好きだった。宮古島では分譲マンションのちらしが非常に少ない。そのため、その趣味もさ [続きを読む]
  • 衣装
  • みなさんこんにちは。アイドルの衣装をよく見ると、同じように見えて、同じではない、ということがよくある。ちょっとずつテイストが違うのだ。わたしはそういうのを見るのがとても好きで、古くはチェッカーズ、新しくはキンプリ。キンプリ知らん?ジャニーズアイドル、キンメダイぷりぷり。て、どんなアイドルやねん。漁師&板前アイドルか。正しくは、king &prince だそうです。メンバーそれぞれのカラーが決まっていて、衣装 [続きを読む]
  • 明治のキラキラネーム
  • みなさんこんにちは。夏も近づく八十八夜、風に言うと。暮れも近づく11月の末、突然、ひらめいた。わたしのおじいちゃんの名前は、「実(みのる)」であったが、これってひょっとしたら明治のキラキラネームだったのではないか、ということに。それまで隆盛とか利通とか博文とか諭吉とか、たぶん立派な意味があるのだろうけど、はっきりとは意味がよくわからんというやつか、房之介とか龍之介とかなんとか太郎、かんとか次郎みた [続きを読む]
  • サンキュー多良間島 〜多良間島一周マラソン参戦記 (10)
  • みなさんこんにちは。多良間島一周マラソン参戦記、最終回です。船からテープを投げて、あとは出航を待つばかり。園児たちが、「また、きてねー!」と声をそろえてバイバイしてくれる中、船はゆっくりと進みだす。そんなん言われたら、また来るしかなかろうよ、と言いたくなる。「来年、いや、再来年、いやその次の年、にはきっと、来れないだろうけど、(来られへんのかい)またいつかかならず来るよ」と思うのであった。ふと「冬 [続きを読む]
  • 更年期を泣かせる園児 〜多良間島一周マラソン参戦記 (9)
  • みなさんこんにちは。島民のみなさんのあたたかさが、更年期まっただなかの心にしみて、しみすぎて、二日煮込んだおでんの大根みたいにしみすぎて、ああ、明日からわたしもひとにやさしく生きよう、と心をあらたにしてくれた多良間島一周マラソンを終え、フェリーにて帰る。名残惜しい。このフェリー「たらまゆう」は、じつは参加したランナー用にわざわざ時間を変更してくれているという徹底ぶり。ふだんなら多良間発14時→宮古 [続きを読む]
  • 踊らなソンソン 〜多良間島一周マラソン参戦記 (8)
  • みなさんこんにちは。多良間島一周マラソンのふれあいパーティーは宴もたけなわ。ステージの余興ではダンスあり、昭和風歌謡ショーあり、外国人シンガー(たぶんボランティアであろう)の演奏あり、で盛り上がっている。そしてそれは若い男性3人組のバンドのときに最高潮をむかえた。地元出身なのかどうかはさだかではないが、彼らが出てきたときは、あきらかに、「よ、待ってました!」的な雰囲気があった。座っていたおじさんも [続きを読む]
  • どうにかこうにかゴール 〜多良間島一周マラソン参戦記 (5)
  • みなさんこんにちは。多良間島一周マラソン後半戦です。23.75?のとりあえず半分のところまできたけれども。太陽は依然、ぎらぎらと季節外れの暑さで照りつける。このくらいになると、「あかん、もうあかん」と、しかちくはヘタレモード。いままでのマラソンではいつもわたしが足を引っ張ってたのだけど、今回は立場が逆転。「もうちょっとで給水ポイントやから、な、そこまでがんばって走ろう」いろいろと励まし、自分のつば [続きを読む]
  • 沿道の応援がアツい! 〜多良間島一周マラソン参戦記 (3)
  • みなさんこんにちは。多良間一周マラソンがスタートしました。快晴である。非常〜に、快晴である。正直、11月とはいえ、お昼11時30分の快晴の空は暑すぎる。わたしもしかちくも1?も走らないうちにすでにバテてくる。そのうえ、足が慣れていないので走ることに飽きてくる。(もう?)1キロ地点で、しかちくは、「まだ1キロや〜、暑い、まだまだある、不安や〜」と泣き言ばかりが先行するのであった。そして彼はこのマラソ [続きを読む]
  • たらぴん登場 〜多良間島一周マラソン参戦記 (2)
  • みなさんこんにちは。多良間島一周マラソンの続きです。11時より多良間小学校の校庭で開会式が始まる。居並ぶ主催者の中で、ひときわ子供たちの声援を集めていたのが。ゆるキャラの「たらぴん」。あたまでっかちでよちよち歩く姿は、かわいくてかわいくて、わたしはいっぺんにファンになった。たらぴんは「多良間ぴんだ」の略だと思われる。「ぴんだ」というのはヤギのこと。多良間島では「ピンダ」、宮古島では「ピンザ」、沖縄 [続きを読む]