K's flower さん プロフィール

  •  
K's flowerさん: K’s flower column
ハンドル名K's flower さん
ブログタイトルK’s flower column
ブログURLhttp://www.ksflower.org/
サイト紹介文I remain what I am, because I’m always stepping forward.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/10/28 15:24

K's flower さんのブログ記事

  • Petit Holiday
  • 正月以来の休み。といっても、早朝に仕入れに行きオーダーを数点作成した後、静養に名古屋から小一時間ほどの南知多温泉郷に。本来ならばゆっくりと過ごしたいところだが、翌日は9時納品のオーダーがあるために、宿を7時過ぎにはチェックアウトせざるを得ないという弾丸ツアーの様な20時間の休日。 20時間と言えども休養できたのは奇跡的にオーダーが少ない日があった故のこと。翌日からは通常通り昼食もゆっくりと食べる時間も取 [続きを読む]
  • Preserved Flower part6
  • 未だに、個人的にはどうしても好きになれない「プリザーブドフラワー」ですが売れ捲り状態が続いてます。改装でプリザーブドフラワーコーナーの面積を3倍に広げたにもかかわらず、いつも品薄状態が続いている状況。プリザーブドフラワー製作専門のスタッフが週4日出勤して作り続け、他スタッフ達も切り花の商品製作の合間を縫って作ったりしているのですが、それでも売れ行きに製作が追い付いていけない。 昨日はホワイトデーとい [続きを読む]
  • Later Payment
  • 今更感は強いが、ウェブショップに「後払い決済」を追加させてみた。使いようによっては、電話やメールでのオーダーに対してのコンビニエンス支払いに対応したようなもの。事前に承認を得るなど、若干面倒な部分もあるが、購入者側の利便性を考えれば致し方ない。 如何に遠方のお客様からのオーダーを取り逃がさないかが売上に直結するので、様々な決済方法に対応するのは店側の責務なのかもしれない。 当店的には、まだまだ店頭販 [続きを読む]
  • Proverb
  • 誰の言葉だか全くわからないが、久し振りに「Tumblr」を覗いた瞬間に心に響いた言葉。 新しいものを作りたかったら「今あるものに何を加えようか」と考えていては駄目だ。そうではなく「今あるものの何を犠牲にするか」「何をやらないでおくか」を考えた方が良い。「しないこと」が新しさを求める勇気なのである。 仕事観が変わる! ビジネス名言550 posted with amazlet at 18.03.08 西東社 売り上げランキング: 188,410 Amazon.co [続きを読む]
  • 1995
  • 1995年と言えば、真っ先に思い浮かぶのが「阪神・淡路大震災」。花卉市場へ仕入れに行く日で地震の揺れで目が覚めたような記憶がうっすらと。市場でに到着しテレビ画面を目にしたのが高速道路が崩壊してバスが宙ぶらりん状態になっている映像。現実の映像とは思えなかった。 そして「Microsoft Windows 95」が発売され、私が初めてパソコンという物に興味を抱いた年でもある。初めて購入したパソコンはIBMの「Aptiva(アプティバ) [続きを読む]
  • Marathon Festival
  • 駅伝やマラソンを観戦するのは大好きな部類だが、近場で開催されると仕事への影響大だからちょいと困る。 来る2018年3月11日(日曜日)は「名古屋ウィメンズマラソン2018」が開催される。これにより大規模な交通規制がひかれ、名古屋の中心部に来るまで移動することが大変困難になる。迂回路となる当店前の「江川線」は規制中は大渋滞となる。当然、店は閑古鳥が鳴くことになる。 当店に限らず、納品のために車での移動を強いられ [続きを読む]
  • Headhunting
  • どこの花屋さんが依頼しているのかは全く知る由もないのだが、最近、再びヘッドハンティングを執り行う企業からの電話があるようになってきた。 以前は、当店のマネージャーや会社の代表である私宛にもヘッドハンティングを持ちかけるような間抜けな会社。電話口にて私のことを知った理由を聞けば「入念な調査」とのこと。ちゃんと調査すれば私が代表者である事ぐらいすぐにわかるだろうに。既に当店のスタッフ3人宛てにヘッドハン [続きを読む]
  • Preserved Flower part5
  • 相変わらず個人的にはどうしても好きになれない「プリザーブドフラワー」ですが、商材としての魅力は捨てがたい。売っている側としても、何故これ程売れるのか不思議でしょうがない「プリザーブドフラワー」。元々は全く扱う気は無かったが、プリザーブドフラワーだけの月商がコンスタントに100万円を超えれば経営者としてはやっかみ扱いするわけにも行かず。 ウェブショップからのオーダーも同様にプリザーブドフラワー関連商品は [続きを読む]
  • Happy Valentine’s Day
  • バレンタインデーに男性から女性に花を贈るという行為が一般的になりつつあると強く感じる今日この頃。 個人的にはあまり恋愛映画を観る機会が少ないのですが「Valentine’s Day(バレンタインデー)」は面白いと感じた数少ない映画の一つ。 映画「プリティ・ウーマン」のゲイリー・マーシャル監督が、アメリカのロサンゼルスを舞台に、年齢も職業もさまざまな男女15人のバレンタインデーを描く豪華キャストが勢ぞろいなアンサンブ [続きを読む]
  • How to make Box Flower Arrangement
  • ボックスフラワーをどのように作成しているのか聞かれることが多いので、簡単に画像付きでまとめてみた。 1. アレンジベースのセッティング 使用するボックスは、なるべく深さのあるタイプがオススメ。紙製のボックスの場合、ボックスが水に濡れないように薄めのセロハンなどを敷いてから吸水性スポンジ(オアシス・アクアフォーム等)を箱の大きさに合わせてカットしてセッティングします。ボックスの高さより出てしまう余ったセ [続きを読む]
  • K’s flower novo Renewal
  • 2018年2月1日(木)にK’s flower novoがリニューアルオープンを迎えることができました。 お客様に新たなフラワーギフトの価値をお届けできる店舗として生まれ変わりました。 全スタッフ総力をあげてお客様のご要望にお応えできる体制を整えると共に、さらに皆様から愛される店舗づくりに邁進していく所存です。皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。 実践テキスト 店舗の企画・設計とデザイン posted with amazlet at [続きを読む]
  • 昭和の香り漂う街の中華屋さん
  • 昭和の香り漂うような街の中華屋さんが大好き。シティーホテルにある高級中華料理店や大手中華料理チェーン店では味わえない独自の味付けによる料理の数々。 名古屋人ならば誰もが知っている「洋菓子喫茶のボンボン」が経営する中華料理店「天津楼(てんしんろう)」もその一つ。子供の頃から食していた懐かしい味に近いこともあり、未だ頻繁に通い詰めている街の中華屋さん。 天津楼 http://cake-bonbon.com/tenshinrou1/ オーダ [続きを読む]
  • Winter Vacation
  • 冬季休業のお知らせ 誠に勝手ながら、2017年12月30日(土)〜2018年1月8日(日)まで、K’s flower novo(Shop)およびK’s flower webshop(Webshop)共に冬季休業とさせていただきます。 期間中、当ウェブショップよりオーダーをいただくことは可能ですが、配送及びお届けすることができませんのでご注意願います。 また、メールでのお問合せにつきましても冬季休業明けの1月9日(月・祝)以降となりますのでご了承願います。 冬 [続きを読む]
  • Two-way Player
  • ポスティングシステムでメジャーリーグ入りを目指していた、大谷翔平選手の所属球団が「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」に決まったところで、次の話題は起用方法。日本でも成功していた「二刀流」がメジャーで通用するのか興味津々。 実は、プロ野球界で二刀流デビューし、メジャーに渡った選手を描いた漫画があった。1981年から2014年までの33年間という期間も連載連載されていた長寿漫画「なんと孫六」。私も大好 [続きを読む]
  • One Hundred Million Yen
  • 目指すところの年商1億円。売上の一昨年・昨年対比を見てみると、手が届きそうな予感がしてきた。一切の下請けを断り続け、意地になっている部分もあるが直販だけに絞った経営方針。少ないスタッフでやりくりし試行錯誤を繰り返し、失敗を糧にしてきた成果がやっと出てきた感じ。ウェブショップも好調を維持し、月商200万円もすぐそこ。 来年(2018年)は、1ヶ月間店舗をリノベーションし、売り場を広げアイテム数を増やし、本格的 [続きを読む]
  • Box Flower Arrangement part3
  • JC(青年会議所)の卒業祝いのお花のオーダーが大量に舞い込み天手古舞いとなった。オーダーの殆どがボックスフラワーアレンジメント。以前は花束ばかりだったが、「持ち帰りやすく、飾りやすく、他とは違った物」というオーダーにピッタリな商品ということ。お届け先様からの評判も頗る良かった様子で、ご注文主様からも御礼とお喜びのお言葉を頂戴することができた。 まぁ、母の日のオーダー数に比べればたいしたことは無い数量 [続きを読む]
  • Fresh Christmas Wreath part6
  • 今年の目標数はクリアし、大幅に単価もアップ。事前に発注しておいたモミの木も足らなくなり、慌てて購入する始末。世の中景気が良いのか高価格の大きなサイズの方が出足が良かったが、後半からはSサイズばかりが売れていくという推移。昨年辺りからお歳暮としてフレッシュクリスマスリースを贈られる企業様やお客様も少なくなく、相変わらず製作側が一杯一杯な状況故に、背中と腰が‥ Fresh Christmas Wreath 来期からはフレッシ [続きを読む]
  • エキテン
  • 店舗の口コミ・ランキングサイト「エキテン」からの営業電話が多い。正直、仕事に差し支えるぐらい忙しい時間に限って掛かってくる。どこかで見ているのだろうかと思うぐらいのベストタイミング。 毎月月初に「名古屋市中村区の花・花屋ジャンルの月間アクセスランキングの集計」というメールが届く。今までは殆ど興味が無かったので見ていなかったのだが、初めて他店のアクセスを見てみると「名古屋市中村区×花・花屋 ランキング [続きを読む]
  • Fresh Christmas Wreath part5
  • 師走です。既に佳境を通り越しているフレッシュクリスマスリースの製作。毎年楽しみにオーダーしてくれるリピーターのお客様が多く、新規のお客様をお待たせすることになりつつあるのもどうかと思うが、如何せん作り手が足りない状況。その気になれば100ヶや200ヶぐらいでも売れると思うが、それでは製作が間に合わない。輸入素材をメインで使用しているので、入荷時期が決まっている以上、納品希望日から前倒しで作成に掛かること [続きを読む]
  • Renovation part4
  • 2018年(平成30年)の1月は店舗改装のために店頭販売を休止とさせて頂きます。ウェブショップ・電話注文・ファックス注文・メール注文等は通常通り承ることが可能です。 リニューアルオープンは2018年(平成30年)2月1日(木)。2月1日をオープン日にした理由は「天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)」だったから。天赦日とは、日本の暦の上で最上の吉日とされており、新しい何かをスタートさせたり躊躇していたことに挑戦するには [続きを読む]
  • 第65回全日本剣道選手権大会
  • プロ野球では日本一を決める日本シリーズが佳境を向けている頃、密かに日本武道館で開催された「第65回全日本剣道選手権大会」。 全日本剣道選手権大会とは、トーナメント方式で男子剣道日本一を決める大会。優勝者には天皇盃が授与され、最も栄誉ある剣道大会として位置付けられている。以前は、出場資格が六段以上に制限されていたが、段位制限が撤廃され20歳以上に改められた故に学生の出場が目立つようにも。剣道としては唯一N [続きを読む]
  • 無声堂100周年記念明治村剣道大会
  • 愛知県犬山市にある博物館「明治村」内の登録有形文化財「第四高等学校武術道場無声堂」。その無声堂が建立されて100周年を記念した剣道大会が開催された。 ちなみに、「無声堂」とは、第四高等学校(現在の金沢大学)の武術道場で、1917年(大正6年)に建てられたもので、柔道・剣道・弓道三つの道場を兼ね備えた大きな洋風建築物。道場の床には工夫がみられ、柔道場では床の弾力を増すため床下にスプリングを入れられ、剣道場で [続きを読む]
  • B2クラウド
  • 発送伝票作成にヤマト運輸さん提供の「B2クラウド」を使用しているのだが、最近はマンション名やビル名、はたまた企業名などがどんどん長くなってきているような気がしてならない。ヤマト運輸の伝票に記載できる文字数が決まっているために、入力する度に苦労することも少なくなく。固有の建物や組織の名前を勝手に改行するのも気が退けるし、かといって勝手に略すわけにもいかず。 携帯ショップの運営・販売を行う企業「株式会社 [続きを読む]
  • Draft
  • 我が中日ドラゴンズは1位指名に甲子園を湧かせた広陵高校の捕手・中村奨成を指名するも抽選で外れ、外れ1位でヤマハの鈴木博志を指名確定。中日は重複したときのクジ引きに弱いイメージがある。 それにしても、随分と高校生に偏った今年のドラゴンズのドラフト。育成に注力する方針に変えたのだろうか… 1順目 鈴木 博志(20才) 投手 ヤマハ 2順目 石川 翔(17才) 投手 青藍泰斗高 3順目 高松 渡(18才) 内野手 滝川二 [続きを読む]
  • Fresh Christmas Wreath part4
  • 毎年恒例のフレッシュクリスマスリース講習。まだ1ヶ月弱も期間があるのに、既に40名を超える申込があり、満席近いクラスも出てきた。申し込む側として、ネット上で簡単に予約できるというのは大きなアドバンテージでしょう。実際に、営業時間外に申込が入る方が多い。弊社的にも店頭や電話で申し込み受付するよりも人員が取られずに楽でもある。 フレッシュクリスマスリース販売に関しても10月であるにも関わらず好調に予約が増え [続きを読む]