だいどー さん プロフィール

  •  
だいどーさん: おじゅっさんの日々
ハンドル名だいどー さん
ブログタイトルおじゅっさんの日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/daido22/
サイト紹介文お経読んでるだけがおじゅっさんじゃない! 皆の衆よご覧あれ!私の職業不詳の生活を!
自由文おじゅっさん=お坊さん。
徳島県在住のお寺の副住職のブログです。世の人々が想像しているお坊さんの生活とは全然違うでしょう?おじゅっさんの生活実録ドキュメントです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/10/29 15:52

だいどー さんのブログ記事

  • 生き方、逝き方
  • 6年前に急死された流通ジャーナリストの金子哲雄さんを覚えてますでしょうか?今日はその奥様、金子稚子さんが講師を勤められた終活 の講演会に行ってまいりました。 終活というと遺産相続のイメージがあってお坊さんには関係ないと思っていましたが、最近はそれだけではないことを知り、勉強しなくちゃと思っています。 亡くなられた金子哲雄さんは、まさに終活を実践された方。41歳で死を目の前に突き付けられたにも関わらず [続きを読む]
  • 気持ちの良い話し方講座
  • 今日は 坊守会 つまり、お寺の奥様の会の研修会でお話させていただきました。 今日のテーマは 気持ちの良い話し方講座 お寺の奥様は来客や檀家さんとお話をする機会が多いです。そんな皆さんのための話し方講座。 といいますと、「どう話すか」ということに注目してしまいますが、結局は 聴くこと が大切なんですよね。講師で一人で話す時だって、聞き手の反応をイメージする中で聴きやすい話になるわけです。 それに加えて [続きを読む]
  • 秋季永代経法要
  • 心地の良い秋晴れの中、秋季永代経法要 が勤修されました。 永代経法要は、永代供養とは違って、永代に渡ってお経、つまり仏教を伝えて欲しいという懇志によって勤められるものです。 その仏教のお話を聴く、皆さんの 笑顔 がうれしく感じられました。お寺に来て、笑顔になってもらえる。そしてそれをまた自宅に持って帰っていただきたいなと思いました。 次の大乗寺の法要は 12月6日(木)宗祖報恩講 です。例によって [続きを読む]
  • 本当に心に響く法話
  • 真宗教団連合香川支部の聞法大会に参加してまいりました。今年の講師は尼さんシンガーソングライター、そして大学時代の同級生でもあるやなせななさん 自らの健康や家族の喪失体験をもとに、悲しみを抱えた人の気持ち、そして、仏様や宗教との関わりを癒される歌を交えながら語ってくれました。その語りがものすごく心に響くものでした。 大学の立派な先生の難しいお話や単なるいい話的な法話とは違って自分の本心や実際の体験 [続きを読む]
  • 人生は船旅のようなもの
  • 本当に今年は台風の当たり年ですね。台風24号が日本列島を縦断した昨日、家の中でのんびり過ごしたり、ここぞとばかりに仕事や勉強をがんばったり、それぞれの時間をすごされたことでしょう。 さて、今月の言葉はこちら人生は船旅。どう過ごそうともいつの間にやら岸に近づいている。 一生懸命がんばっても、ぼーっと毎日を過ごしていても同じように時は刻々と進んでいます。そしていつの間にか年を重ね、気が付けば死も足元ま [続きを読む]
  • いろんな伝え方があるもんですよ。
  • お経、法話と仏教の伝え方にはある程度決まった形がありますが、他にもいろいろあるんじゃないかと模索しております。 そうしているうちにいろんなコンテンツが生み出されてきました。先日、一般のライブにもゲストとしてお招きいただいた、声明やお経に伴奏やコーラスを付けたもの。 それだけじゃなく、一般の人には聞いてみたいけど聞く機会の少ないお坊さんの袈裟や作法、お坊さんの生活などのお話。 今や一般社会では当 [続きを読む]
  • ふり返るということ
  • 先日9月16日、安室奈美恵さんが引退することとなりました。これまでの足跡や名曲をたどって見ると、オリンピックやサミットなど大きな出来事も安室ちゃんの歌と共にあったんだなと感じさせられます。 そして、特別大ファンというわけでもない私ですが、私が10代の時から今まであらゆる場面で安室ちゃんの歌や存在があったなぁと改めて、その存在の大きさを感じさせられております。 引退する安室ちゃんと亡くなった人を並べる [続きを読む]
  • 今日は元気をもらいました!
  • 人のつながりとは不思議なもので、後輩がオーナーを務めるお店の告知で知ったのはなんと今から9年前の来日当初親しくしていたポルトガル人のRicが描く TRIADIN[トライヤディン] の作品展 ジブリ作品など日本の漫画に興味をもって来日。当時から「イラストレーターになりたい」とは言っておりました。しかし、そんな簡単な道であるはずもなく画を書きながらも英会話講師などを続けておりました。 来日から9年、ついにコミックを [続きを読む]
  • ゲスト出演いたしました!
  • ミュージシャンのライブにゲスト出演させていただきました。そのミュージシャンとは東京から徳島にIターンして活躍している yuyu with eririhttps://ameblo.jp/yuyunosora/ のお二人。 2年前にこちらのイベントで出会ったのがきっかけとなり、ラジオ番組にも出演させていただいたりしました。今回は法事などでも詠む声明にピアノ伴奏をつけた「伽陀」とお経に伴奏をつけた「讃仏偈」の二曲を披露いたしました。 やはり今まで耳 [続きを読む]
  • 何気ない日常こそが平和
  • さくらももこさんが亡くなって最初の日曜日となりました。ちびまる子ちゃんも今やサザエさんと並んで老若男女問わず愛される日曜夕方の代名詞となりました。 連日のワイドショーなどでも取り上げられていますが、街頭インタビューなどではその愛される理由について 平和な家庭の姿 という声が聞かれます。 まるちゃんの生活、平和でしょうか特別に第一話のリメイク版が放送された今夜のタイトルは姉妹げんか お姉ちゃんとのケン [続きを読む]
  • みやぞん的プラチコウで!
  • 先日24時テレビでトライアスロンに挑戦したみやぞんが、インタビューで 「自分の機嫌は自分でとる」 といっておりました。さすが元球児、セルフコントロールしているわけですね。 さて、今月の言葉はこちら。感情は自分の心が生み出すもの 喜び、怒り、悲しみ、全て自分の心が生み出すものです。いやいや、心は外的要因に動かされるものだという人もいるでしょう。それも間違いではありません。 例えば、誰かが親切心から何 [続きを読む]
  • 弔辞から浮かぶ生きざま
  • 以前昭和初期の満州でのお葬式の様子の写真を見せていただいたという記事をかかせていただきました。記事はこちら 今度はその時の弔辞 がいくつかでてきたということで見させていただきました。すると20代半ばで仕事中の事故で亡くなった故人の生い立ちから亡くなった時の様子、同僚の悲しみが生々しく浮かび上がってきました。 亡くなったのは懐妊中の奥様と幼子を連れて満州に渡って半年も立たないことの出来事だったようで [続きを読む]
  • 俗☆書道
  • 高松市美術館で開催中のコンテンポラリーアート企画展の関連イベントとして開催された文字で遊ぼう俗☆書道 という千葉尚美さんのワークショップに参加してきました。 上手いとか下手という枠を離れ思いついた言葉や好きなものを自由に書いていいという「俗☆書道」。そういえば高校時代の書道の時間、友だちとワイワイしゃべりながら、面白い言葉やお品書きとか書いては先生に叱られてましたわ。 書道ではふざけたことですが、 [続きを読む]
  • 夏も終わりかな
  • 甲子園もいよいよ決勝戦。残念ながら東北に優勝旗は渡りませんでしたが、第1回大会以来の秋田県勢の、それも地元の子を中心とした公立校、金足農業の決勝進出に大いに沸きました。 香川大会でも終盤勝負の熱戦続き、第1回出場校の高松高校の決勝進出もあり、大いに盛り上がりました。100回ということでマスコミも盛り上げようとしていたこともありますが、県大会から甲子園の決勝まで、久々に楽しみました。終わってみると [続きを読む]
  • いつでも一緒
  • 今年のお盆も無事終わりました。浄土真宗では霊魂とか魂のように実体として還ってくるという概念はないのですが、いつでもどこでも還ってきてくれるという概念があります。 このお盆中も行く先々のお家でご先祖様が 見守ってくれている という声を聞きました。死んだら終わりじゃない、お浄土の信仰でもあるし、遺されたものにとって安心感を与えてくれるものです。 亡くなっていった人たちにとっても、自分の死後の家族がどう [続きを読む]
  • 果てしない空みたいなもの
  • 私は夏空が好きです。もともと広い空を見るのが好きですが、夏空は入道雲が盛り上がって空を立体的に見ることができます。すると、空ってこんなにも果てしなく広いんだと気づかされます。 さて、今月の言葉はこちら。時の流れは 果てしない  奥行きと 広がりを   もっている。 過去や日々の生活を振り返る時、ついつい平面的に見ていませんかつまり、自分の目の前の事象を自分の視点と自分の感覚だけで見ているというこ [続きを読む]
  • 真夏の夢をありがとう!
  • 母校高松高校野球部が地区予選決勝に勝ち進んだということで応援に行ってまいりました。北四国大会で阻まれて甲子園出場ならずは何度かあったとは聞いてますが、それでも 64年ぶり の決勝進出なんだそうです。 そして夏の優勝となると84年ぶり 前回は昭和9年。もう高齢の方でも覚えている方はいらっしゃらないのではないでしょうか。 第1回大会にも出場して、甲子園出場も春夏通算8度出場しています。しかしほとんどが [続きを読む]
  • 日常生活のよろこび
  • 昨日、家内が退院してまいりました。実は先週から手術のため入院してたのです。というのも一昨年私も入院、手術となった 椎間板ヘルニア を原因とする座骨神経痛のため。 この春からずっと痛みに悩まされ、家事はできないし、ご飯も痛みのためちゃっと食べてすぐにベッドに横になるという状態が続いていたんです。ようやく手術を受けることができ、日常生活に復帰することができました。 10日間の入院生活から戻って開口一番 [続きを読む]
  • オウム真理教が遺した傷跡
  • 地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教にかかわる事件の首謀者、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ほか7人の死刑囚の死刑が本日執行されました。 改めてふり返ってみると20年以上たった今でも消えない多くの傷跡を遺した許されない出来事であったと思います。なんの罪もないのに命を奪われた方、未だ後遺症に苦しんでいる方々、そしてその方々を取り巻く家族の心の傷も今なお癒えることはないでしょう。 そして、 宗教=危険 [続きを読む]
  • プライドをどう生かすか!
  • サッカーワールドカップも日本代表がベスト16に進出して、さらに盛り上がっていますね。選手たちは日本代表のプライドをかけてそしてプロ選手としてのプライドをかけて戦っていることと思います。 さて、今月の言葉はこちらプライドは向上心のもと。ただし、成長を止めるもとにもなる。 プライドをかけて戦うということはそのために怠ることなく練習に打ち込んで自分に負けそうな気持に打ち勝って自分を追い込むことが必要にな [続きを読む]
  • びっくりのパノラマ写真
  • すごい写真を見せていただきました。全長1メートルもある大きなパノラマ写真。これは私がつなぎ合わせてますが、実物はつなぎ目無しの一枚の写真。撮影されているのはお葬式の光景です。 あるお祖母ちゃんのお父様のお葬式の写真ですが、お父様が亡くなったのは 昭和10年 昭和10年にスマホのパノラマ機能で撮影したような画像が撮影できたことがまず驚きです。 そして、結構近代化された町なんですよね。霊柩車は宮型の霊柩自 [続きを読む]
  • 仏さまも眠る?
  • 先日、 仏壇の扉は閉めるべきか との質問を受けました。どうやら、お友だちから仏壇の扉は朝開けて、夜には閉めないといけないと指摘を受けたそうです。 宗旨や地域性で違いはあるとは思いますが、浄土真宗の場合、夜になったら閉めなくちゃいけないこともないし、閉めてはいけないというものでもないと思います。 仏花やロウソク立てなどの配置で毎日閉めるのが困難というところもあるでしょうし、お寺の本堂ならお参りする時 [続きを読む]
  • COOL CHOICEに賛同しています。
  • ジメジメと暑い季節になってきました。そんな季節の クールビズ はすっかり定着して、ノーネクタイでジャケットなしのビジネスマンもよく見かけるようになりました。 このクールビズも含まれますが、環境省の取り組みでCOOL CHOICE はご存知でしょうか?地球温暖化防止に向けて賢い選択をするという取り組みです。 香川県ではこのCOOL CHOICEに賛同するお寺88か所を目指して クールちょいん寺 という取り組みが行われていま [続きを読む]
  • 苦しみはトレーニング!
  • 一日たった5分の運動で鍛えられるテレビを見ながらやるだけで鍛えられるそんな甘いうたい文句の健康器具、私も何度も手をだしたことがあります。 毎回買って、やってみてわかるのは 結局しんどい ということ。運動を5分続けるってなかなか難しい。そして、結局続かなくて押入れの奥へ。 そりゃそうですよね、鍛えてるんだからしんどいのは当然のこと。楽ってことはトレーニングになってないってことですよ。それで鍛えられるは [続きを読む]
  • 聞くも勉強、語るも勉強!
  • 今日は綾川町の法専寺で開催された本山大相続講 という行事でご法話をさせていただきました。 約200年も前から続くこの法座は何人ものおじゅっさんが法話をリレー形式でつないでいく、まさに仏法を相続していくものですが、私が駆け出しの頃までは、誰でも来た人が法話できるというスタイルでした。 ということは、いつぐらいの時間帯に何人いるかわからないので、持ち時間が5分しか与えられなかったり、逆に次の誰かが来る [続きを読む]