tak16 さん プロフィール

  •  
tak16さん: 今日ものどは快調
ハンドル名tak16 さん
ブログタイトル今日ものどは快調
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tak1627s/
サイト紹介文男声合唱とハンドボールの話が中心のはずでしたが・・いろいろ増えました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2007/11/02 06:46

tak16 さんのブログ記事

  • 楽譜コード
  • 合唱団の練習で指揮者が「ここは何とかで・・」とかコードを言う。それを聞くたびに不思議な感じがする。移動ドで読むので何調かというのは意識するのだが、「この和音が何とかで次に何とかになって」と言われると、それがどうしたと言いたくなるのだ。若いころの流行りでギターを引いていたので、オーソドックスなFやGとかAmに7がくっつく程度は和音としては知っているが、合唱の楽譜でそれを細かく言われてもなぁ・・・それって [続きを読む]
  • あづまやの(沙羅)
  • 転職前の2月まで副顧問をしていた高校合唱部の顧問から、4月から外部コーチとして登録したいと連絡が来た。車で5分ほどの距離だし、他校への転勤ではないので指導に行きやすい、ということだ。だが、年度途中の退職という不義理をしたので「もし管理職がいいと言えば・・・」と返信した。いきさつはわからないが、とりあえず登録されたので行ってきた。新入部員が7人で合計16人、より高いレベルのアンサンブルができそうだ、 [続きを読む]
  • 転職
  • 職場にほぼ同じ時期に入った19才の女性が病気療養を理由にやめた。彼女とはあまり会話をしなかったので詳しいことは知らない。彼女がやめると言う前に他の職場(同業)の面接を受けていることがわかった。履歴書で今の職場の経歴を半年ほど伸ばして書いたので、そこから問い合わせがあったのだ。おそらく面接で話に矛盾があってじゃないかとのこと(普通は前の職場には問い合わせはしない・・賞罰があれば別だろうけど)。仕事に [続きを読む]
  • 日中合唱交流・ハルピン公演の旅
  • 昨日帰宅すると旅行社から案内パンフが届いていた。第5回 戦争を語り継ぐ特別企画日中合唱交流・ハルピン公演の旅スケジュール 2018年10月4日(木)〜8日(月)・柳条湖・731部隊罪証陳列館等の見学・交流コンサート(10月6日(土))・満蒙開拓団公墓の墓参           等 コンサート・プログラム(案)「花」「ふるさと」「四季の歌」「富山に伝わる3つの民謡より むぎや」「歓びのナーダム」「アラ [続きを読む]
  • 外からソプラノの歌声が聞こえる
  • 道を挟んで隣の家、と言ってもその家の玄関は反対側だからこちらには裏側でちょうど居間が面している。暑いのでこちらも窓を開けてコーヒーを飲んでいると、そこから掃除をしながら歌っているのが聞こえる。「アメージンググレース」から「明日にかける橋」にかわった。きれいなソプラノだ。高校合唱部の大先輩で、女声コーラスに入っていたはずだが、今はどうしているのか知らない。たまたまその女声コーラスの団長と話す機会があ [続きを読む]
  • 避難訓練
  • ジムの受付に7時5分から避難訓練をする、と書いてある。自分が入ったのが6時50分。「避難訓練ですけど、風呂に入りに来たのでどうしましょうか?」(自分)「いえ、お風呂の方は結構です」「(笑いながら)別に自分はかまわないので、そのまま出てきますけど」(自分)予想通りサウナの最中に避難訓練が始まった。風呂にもスタッフが来て説明をしていた。で、これはいいのだが、我が勤務先(学童保育)である。2階には避難口 [続きを読む]
  • 合唱団のボイストレーニング
  • ボイストレーナーがいる合唱団は少ない、都市部へ行けばあるのが普通かもしれないが、地方では、少なくとも自分が知っている範囲では少ない。声楽家(or専攻にした人)が指揮者をしている合唱団はあるが、指揮者とボイストレーナーの兼務はなかなか難しい(と思う)。自身が合唱をやってきて、頼まれて、指揮をしている合唱団は多いが、ある程度のレベルをこえようとすると、やはり専門家にお願いした方が良い、と思う。合唱団でボ [続きを読む]
  • オレンジのエプロン
  • 乾いた洗濯物をソフトにするのに乾燥機に入れて新しい洗濯物を干した。週末に洗濯したオレンジのエプロンは乾燥機に入れないでそのままたたんだ。学童保育では保護者が子どもがいる部屋まで入って来て連れ帰る。最初は奇異に思った。保護者は玄関で名前を告げて、中にいる子どもを支援員が連れてくるのだと思っていたのだ。小学校敷地の中にあって、その学校の生徒しかいない、という地域性があるのだろう。だが保護者の顔を知らな [続きを読む]
  • 教育実習
  • 手元に「教育実習1978」と書いてある茶色の封筒がある。大学5年の時に出身中学校へ行って2週間教育実習をした時の生徒の感想である。中学1年のクラスで地理を教えた。彼らは今50代である。妻は出身高校へ教育実習のお願いに行ったら拒否されたという話をいつも怒って言う。その理由は担当教科の教師に「実習生の後始末は大変なのよね」だそうである。その頃は今と違って教育実習は2週間しかない(中学・高校:今は3週間でそ [続きを読む]
  • 畑仕事6時間
  • 明日は雨、まあ雨でなくても午前午後と合唱練習が入っているので無理なのだが、昨日もらってきたサツマイモの苗を植えた。7時すぎに畑について、ジャガイモを確認する。やはりいい天気が続いているので良く育っている。つぼみが出ているから今月末には収穫できそう。サツマイモを植えるところを再度耕運機をかけて、鶏糞と苦土石灰を広く薄く撒く。ほとんど効果がないとおもうから、来年はもっと絞って撒くことにしよう。それから [続きを読む]
  • サツマイモの苗
  • 毎年もらっているサツマイモ農家へ電話をした。先週JAに行くと苗が出ていたので、今年は(苗の)成長が早いのかな、と思ったのだが。やはりもう出せるというのでもらいに、と言っても買うのだが、行くことにした。調べると去年より1週間早い。その前は5月末に苗をもらって6月初めに植えていたのだから、2週間ほど早くなった感じがする。だが、ここ2,3日気温が低いので、すぐに植えるか迷っている。サツマイモの苗は枯れかけ [続きを読む]
  • 作家になること
  • 朝日新聞「ひと」を読んで思いだした。以前、ある大学の高校生対象の文学コンテストに高校3年生の生徒が入選した。彼を直接教えていなかったが、よく図書室で見る顔だったので話したことはあった。彼は就職先が決まっていたのだが、内定を辞退して物書きになりたいと言い出した。コンテストの入選作品は読んだと思うが記憶がない。まあたとえじっくり読んでもシビアーな感想は言わないのだが。高校生対象のコンテストで入賞しても [続きを読む]
  • トイレ掃除がイヤで・・・。
  • 学童保育のトイレは1階と2階にあるがとてもきれいだ。建物は年月を経てそれなりに傷んでいるが、トイレは洋式・和式共にピカピカで床もきれいだ。子どもたちがきちんと使っているし、毎日丁寧に掃除をしている。高校の悪臭漂うトイレとは大違いだ。だから自分はまったく気にならない。手洗い後も使い捨てのペーパータオルだからきちんと捨てれば汚れない。以前に布製タオルを使っていた形跡があるから、衛生管理の観点から使い捨 [続きを読む]
  • 一日で退職
  • いつも通り20分前に職場に入って割り当ての2階フロアの掃除をしていると1階で話し声が聞こえる。雑巾を洗いに降りて行くと昨日初めてきた65才のおっさんが主任と話している。「こんにちは」とあいさつしたが返答なく、そのまま洗っていると、どうやらやめるらしい。主任は難しい顔をして聞いている。断片的に聞こえるのは自分が監査をしていたとか、の自慢話。結局、こんなこと(子どもの相手を)しとられるか、ということな [続きを読む]
  • 遊んでお金がもらえる
  • 仕事を終えて、転職してきて初日の65才の男性と駐車場まで歩いた時のこと。「3月からしているんですけど、何をしたらいいか、まだわからないですよ」(自分)「子どもと遊んでりゃいいんですよ」(65才)をいをい、受け答えが逆やろに。「子どもをなめたらいかんぜ」と思ったが言わなかった。いつまで続くかお手並み拝見…と言いたいが、彼は続きそうな気がしない。20kgほど減らしてエプロンを締めれるようになれば別だろ [続きを読む]
  • 退職のハガキ
  • 大学院の同期から退職のハガキが届いた。3月で退職だから3才下になる。東京で現職の小学校教員だったが退職して大学院へ行き、北海道で採用試験を受け直して中学校教員になった。現職のまま大学院へ内地留学するシステムもあったはずだが、県によって対応も違うから、彼のしたいこととは違っていたのかもしれない。彼は生まれも育ちも東京だが、もともと北海道へ行きたかったと聞いた。頭の良さと几帳面さでは一目置く。かなわな [続きを読む]
  • 紅茶とシャイ
  • 西アジアから中央アジアにかけて紅茶が良く飲まれる。チャイとかシャイと地域によって違うが、トルコではチャイハネ(喫茶店)で飲んだり、バザールではチャイをのせたお盆を持って売っているボーイもいる。1杯4〜5円ほどだったか、昔の話なので忘れた。シリアでもひっきりなしに飲む。学校の職員室にはストーブの上に大きな2階建て(?)のやかんを重ねて、下に水を入れて沸騰させて、上のやかんのシャイに足していく。煮詰ま [続きを読む]
  • 「人体」を見に行く
  • 国立科学博物館で特別展「人体 神秘への挑戦」をやっている。http://jintai2018.jp/highlight/娘が教育実習の打ち合わせで帰ってきて、送るついでに「人体」を見に行きたいと妻が言うので行った。どちらにしても冬物をまとめて持ってくるということがあったのだ。娘は友人との約束があったので、妻と二人で上野のホテルに泊まり9時の開館に合わせて行くと、すでに200人以上の列だった。10時15分から入場開始の整理券をも [続きを読む]
  • 連休の合間
  • 初任は障害児学校(の高等部)だった。ちょうど養護学校義務化が行われた1979年に採用されて、それまで能登地区などに配置されていた初任者が養護学校(障害児学校、現特別支援学校)にどっと入った。障害児教育の免許を持たない人がほとんどだった。そこでは寮があって連休の合間は自宅に帰すから学校も休みになった。当然自分も休みである。今はどうなっているのか知らない。翌年普通・全日制高校へ異動した。以後、ずっと高 [続きを読む]
  • パートの割り増し賃金
  • 今の職場(学童保育)は保護者会設立の形で、代表は保護者で毎年代わるようだ。子どもが毎月払っている月謝だけでは支援員(正規4人、パート6人)の人件費は足りないだろうから、市から補助を受けている(らしい)。4月に代わった代表が労働契約をきちんとしたい、という考えでこれまであいまいにされていた部分を明確にしようとした。その一つがパートの残業の手当である。自分の契約は一日4時間、週5日間、残業なしだが、長 [続きを読む]
  • のどぐろ
  • もともと刺身は食べない。子どもの時から魚より肉がいいという食生活だったのだが、妻が刺身やお寿司が好きなので行くようになった。と言っても自分では、とんかつやカレーの方がやっぱりいいのだが・・・。娘が帰って来たので、家から歩いて5分たらずの「すし食いねえ」に行った(でも車だったけど)。妻と自分が月2,3回は行くのだが、だいたい食べるものも決まっているが娘は好きなものを選ぶ。今日は「のどぐろ」。どこがお [続きを読む]
  • おもがし
  • CPAP装着のこともあって合宿は練習だけ出て泊らずに帰ってきた。一日歌ってバテたが、明日はまた朝から参加する。家に帰ると「吉はし」の羊羹が一つ残っていたので切って3人で食べた。まだ欲しそうな顔をしていると妻が「おもがしがあるけど食べる?」と言って「浦田」の袋から出した。これも食べた。ちょっと疲れが取れた感じがする。日本国憲法第2章第九条を守ろう!https://classic.blogmura.com/chorus/ranking_out.html に [続きを読む]
  • 家庭菜園
  • 畑ではジャガイモが予想通り葉を広げている。畔植えをしたので土を集めて盛り上げた。そうしないと地表に出て日焼けしたら食べられなくなる。ついでにイチジクの実にネットをかぶせた。ジャガイモの帰りにホームセンター3軒に寄った。家庭菜園用の花や野菜がたくさん出て人が来ている。この連休中に植えるのだ。花はほとんど妻が植えるので、自分はベランダで作るミニトマトとかぼちゃを買った、畑に植えたことがあるが、世話がで [続きを読む]
  • 子ども目線
  • で、仕事をしろと主任から注意された。将棋をしようと小学一年生が来たのだが、水道の蛇口を直そうとしていたので、「仕事の後でね」と言ったのだが、しばらくしてからの話だ。言われた後、修理を中断して手を抜かずに将棋の相手をした。毎週水曜日には将棋の先生がいろいろ緩急(と景品など)をつけて教えているので、その邪魔をしてはいかん。だからこちらからは誘わない。まあ他に仕事がなければ相手はするけど。しかし・・・・ [続きを読む]
  • CPAP使用感
  • 睡眠時無呼吸症候群の対策にCPAPを付けて寝た。鼻だけのcapの説明もあったが、鼻と口を覆うもので加湿器付きのものに変更して、実際に装着して寝た。疑心暗鬼だったが、効果があって今までだと4時間ほど寝た後で目が覚めてしまい、後はうつらうつらしていたが覚めなくなった。しかも起き掛けに階段を降りる時のふらつきがなくなった。医療器レンタル会社では、あくまでも対処療法であって治療ではないので、3日間やめると元に戻 [続きを読む]