美優 さん プロフィール

  •  
美優さん: 〜言の葉種〜
ハンドル名美優 さん
ブログタイトル〜言の葉種〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/miyu248982
サイト紹介文日々の出来事や私の好きなモノをブログにて綴っています。ヨロシク(m。_。)m オネガイシマス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2007/11/03 19:54

美優 さんのブログ記事

  • アンパマン、次は?
  • 子供はアンパマンが大好き?です。ありとあらゆるアンパマンのおもちゃを集めていますが、今
    回は、、、これが欲しいといい出しました(^◇^;)https://www.toysrus.co.jp/s/dsg-556040300?gclid=CjwKCAjw_tTXBRBsEi
    wArqXyMsN0dzyf-CQRpZquzNpe7yat-lp5Ldd1LtB5JyD-i4mFXvQnN08hgBoCU68QAvD_BwE高すぎます!姉が誕生日プレゼントを買っ
    てくれる予定でしたが、予算オーバーです笑さて。どう説得しましょうか(^◇^;) [続きを読む]
  • 常盤御前
  • 第十三章・源家の女性〜『常盤御前』〜源義朝常盤御前(1138〜1???年)常葉子女:全成・義円・義経・能成(一条長成の子)・女子(同腹)河内源氏の武将・源義朝の側室。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の異母弟、阿野全成・義円・義経らの生母。太政大臣・平清盛の愛妾か?後に大蔵卿・一条長成の妻となったとされる。出自は不明。近衛天皇の中宮・九条院(藤原呈子)の雑仕女(内裏や三位以上の貴族の家に仕える女性の召使。皇族に [続きを読む]
  • 眠れない夜は‥
  • 久しぶりの投稿です。何故、こんな時間に投稿かと申しますと、昨日は早く寝て遅く起きたから、中々、寝付く事が出来ないからです笑iPhoneでライン漫画を読み過ぎました(^◇^;)面白過ぎです。今、ハマっていますのが、レンアイ生き残りゲームで毎日、更新されています^ - ^後は今度、ママレードボーイが映画化される吉住渉氏の漫画など、散々見尽くしました(^◇^;)ですが、今度は目が冴えてしまい、寝るのが大変です。皆さまも寝る [続きを読む]
  • エビフライ🍤とダイエット。
  • きゅうりとわかめの酢の物、エビフライ、ポテト、サラダ、水餃子。最近はダイエットをして、食事制限をしていますので、今は食べられません。ちなみにダイエット食です。とろろ昆布と豆腐のお汁、サラダ、豆腐の三色丼です。三色丼はご飯ではなくて、豆腐でしたが、これがヘルシーで意外に美味しいです。ダイエットされている方にオススメです💓 [続きを読む]
  • 大姫
  • 第十三章・源家の女性〜『大姫』〜北条政子大姫(1178〜1197年)大姫君・大姫公子女:なし鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の伊豆時代の長女。母は正室で伊豆国の豪族・北条時政の長女、北条政子。本名は不明。一説では一幡とされる。1178年、 頼朝が伊豆の流人時代に正室・政子との間の第一子として誕生する。1180年、父・頼朝が挙兵、東国を制圧して「鎌倉殿」と称される。1183年、6歳の時、和議の為、木曾義仲の嫡 [続きを読む]
  • 亀の前
  • 第十三章・源家の女性〜『亀の前』〜伝源頼朝亀の前(1??〜??年)良橋氏子女:なし鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の愛妾。良橋太郎入道の娘。頼朝の伊豆国での流人暮らしの頃から仕えており、容貌すぐれて柔和な性格だったとされる。1182年頃、密かに亀の前を鎌倉に呼び寄せて寵愛していたが、頼朝の正室・、北条政子が万寿(後の源頼家)を懐妊中、亀の前を小坪(逗子市)の小忠太光家の宅に呼び寄せ、飯島(逗子市)の伏見広 [続きを読む]
  • 新大納言局
  • 第十二章・平家の女性〜『新大納言局』〜平維盛新大納言局(1160?〜??年)建春門院新大納言子女:六代(高清)、女子平安時代末期から鎌倉時代初期の女性の女性。権大納言・藤原成親の次女。母は皇太后宮大夫・藤原俊成の長女、後白河院京極局。小松内大臣・平重盛(清盛の嫡男、母は正室・高階基章娘)の嫡男、維盛(母は官女。平時信の娘、坊門殿?)の正室。のち甘露寺家の祖・吉田経房の妻となる。12、3歳の時、建春門院 [続きを読む]
  • 平滋子
  • 第十二章・平家の女性〜『平滋子』〜後白河院平滋子(1142〜1176年)建春門院・小弁〈こべん〉・東の御方子女:高倉天皇平安時代末期の女性。兵部権大輔(贈左大臣)・平時信の娘。母は権中納言・藤原顕頼の娘、祐子。異母兄に平大納言、平関白と称された時忠(母は二条大宮(令子内親王)の半物)、異母姉に太政大臣・平清盛の継室・時子(二位尼)(母は時忠と同腹)、同母妹に平宗盛(平清盛の三男、母は時子)の正室・清子、異母 [続きを読む]
  • 建礼門院徳子
  • 第十二章・平家の女性〜『建礼門院徳子』〜高倉天皇建礼門院徳子(1155〜1214年)平徳子・直如覚子女:安徳天皇平安時代末期から鎌倉時代の女性。太政大臣・平清盛の三女(?)。母は清盛の継室で兵部権大輔・平時信の娘、平時子(二位尼)。高倉天皇の中宮。安徳天皇の国母。叔母には(母・時子の異母妹)高倉天皇の生母・建春門院滋子がいる。1171年、高倉天皇の女御となって入内する。1172年、「中宮」となる。117 [続きを読む]
  • 『今川氏親』−略系図ー
  • 『今川氏親』―略系図―※補足:(※上記の系図は略系図です。)氏親は大河・「おんな城主・直虎」に出てくる氏真の祖父にあたる人物です。父は駿河今川8代当主・今川義忠、母は北条早雲の姉にあたる北川殿と云われています。氏親はまだ龍王丸と呼ばれていた頃に父が残党に襲われ、戦死しました。その際、家督争いが起こり、家臣の三浦氏、朝比奈氏らが父の従兄弟の小鹿範満を擁立しました。範満の外祖父であった堀越公方・足利政 [続きを読む]
  • 『足利義政』―略系図―
  • 『足利義政』―略系図―※補足:(※上記の系図は略系図です。)義政は「銀閣寺」を創建した人物で知られていますが、正室の日野富子は「応仁の乱」の元となった人物で有名です。富子が第一子を出産した時、義政の乳母・今参局(大舘満冬の娘)が呪詛をした為に子が亡くなったという事件が起きました。その際、今参局は「琵琶湖沖島」に流罪となりましたが、彼女の事をよく思わない、義政の生母・重子ら一派が送った刺客に襲撃され [続きを読む]
  • 『源 頼朝』―略系図―
  • 『源 頼朝』―略系図―※補足:(※上記の系図は略系図です。)頼朝は正室の政子の悋気を恐れて、側室を公に持つことはありませんでした。しかし、最初の妻であるとされる八重姫(伊東祐親の娘)との間に千鶴丸という男子がいたとか?また、鎌倉幕府の御家人・常陸入道念西の娘、大進局(母は源為義の娘)との間には三男で第四子の貞暁を儲けました。大進局は大倉御所に出仕する侍女で、頼朝の寵愛を受け、やがて懐妊しますが、政 [続きを読む]
  • 『前田利常』―略系図―
  • 『前田利常』―略系図―※補足:(※上記の系図は略系図です。)利常は利家と側室・寿福院(千代保)との間に生まれた四男です。利常の生母は利家正室・まつの侍女で、「朝鮮出兵」の際に肥前名護屋城で利家の身の回りの世話をしていていた所、利家の手が付き、懐妊しました。そのような背景から当初は異母姉・幸姫と越中守山城代・前田長種夫妻に養育されていましたが、世継ぎのいない異母兄・利長の養子となりました。そして、徳 [続きを読む]
  • 『前田利長』−略系図ー
  • 『前田利長』―略系図―※補足:(※上記の系図は略系図です。)利長の正室は織田信長の四女・永姫ですが、永姫が7歳、利長が19歳の時に結婚しました。二人は夫婦仲は睦まじかったのですが、子供に恵まれる事はなく、永姫は「どんな女でもいいから、夫の子供が欲しい」との思いから、利長には大勢の待妾を置かせたそうです。その甲斐もあり、大坪助左衛門の娘との間に待望の実子・満姫(石姫)が誕生しました。しかし、満姫は幼 [続きを読む]
  • 『前田利家』―略系図―
  • 『前田利家』―略系図―※補足:(※上記の系図は略系図です。)利家には賢妻として有名なまつがいます。ここでは省略していますが、まつは二男九女と数多くの子を産みました。他には5人の側室がいて、隆興院(笠間氏、岩)には夭折した三人の男子がいました。他にもご落胤もいたようです。前田家を継いだのは嫡男・利長(母はまつ)でしたが、利長には男子がおらず、利常(母は寿福院)を養子として、跡を継がせました。次男・利 [続きを読む]
  • 織田信長
  • 織田信長(1534〜1582年)ペイントのみで描いてみました。尾張の大うつけ、第六天魔王です(笑)今回は若かりし日の信長をイメージしてみました。信長は当時の人としては長身で美形だったと伝えられています。妹のお市の方やお犬の方も美女として知られています。最近、明智光秀の書状が見つかったようですね。「本能寺の変」は怨恨説よりも室町幕府を再興しようと考えていた節があるようですね。もしかしたら、朝廷との繋が [続きを読む]
  • 織田家家系図
  • 織田家織田家の本姓は藤原氏で忌部氏の流れを汲むとされる。「三管領」(細川氏、畠山氏、斯波氏)の斯波武衛家の「守護代」で室町時代には尾張国の「守護代」を務めた。戦国時代には一族同士が争い、弾正忠家(尾張国守護代の清洲織田氏(大和守家)に仕える「奉行三家」)の織田信長が勢力を拡大したが、天下統一を目前に、「本能寺の変」にて、嫡男・信忠と共に夢半ばにして倒れ、織田家の有力家臣同士の争いとなった。●信長の [続きを読む]
  • 『織田信長』―略系図―
  • 『織田信長』―略系図―☆『織田家』☆●織田信長●※補足:信長には48歳(享年49歳)で亡くなるまでに十一男(もしくは十二男)十女(もしくは十一女)と多くの子を残しました。正室・濃姫はよく知られていますが、ほとんど記録が残っていません。信長の側室は嫡男・信忠を産んだとされる生駒氏(吉乃)と信高・信吉・お振ら産んだお鍋の方(小倉氏)が有名です。お鍋の方は信長の死後、豊臣秀吉に比護された後、秀吉正室・お [続きを読む]
  • 白鷺
  • 白鷺あれから、いくばかり経ったでしょうか?秀頼様、貴方様は本当にお幸せだったでしょうか?生まれながらにして、太閤殿下(秀吉様)の世継ぎとして生きなければならなかった貴方様。徳川と豊臣の雲行きが怪しくなろうとした時でも、貴方様は変わらず、私に接して下さいました。私には貴方様との間に子を儲ける事が出来ませんでしたが、貴方様はご側室との間に二人の子を成されました。そして、私は今でも国松様を守れなかった事 [続きを読む]
  • 平時子
  • 第十二章・平家の女性〜『平時子』〜平清盛平時子(?〜1185年)二位尼・少将局・六波羅二位・八条二位子女:宗盛・知盛・重衡・徳子平安時代末期の女性。太政大臣・平清盛の継室。兵部権大輔・平時信の娘。母は二条大宮(令子内親王)の半物。同母弟に時忠、異母妹に高倉天皇生母・建春門院滋子(母は権中納言・藤原顕頼の娘、祐子)がある。1145年頃に平清盛に嫁いだ。1147年、22歳で三男(嫡男)・宗盛を出産する [続きを読む]
  • 池禅尼
  • 第十二章・平家の女性〜『池禅尼』〜平忠盛池禅尼(1104?〜1164年?)藤原宗子子女:家盛・頼盛なし平安時代末期の女性。平氏政権の礎となった平忠盛の正室。太政大臣・平清盛の継母。父は藤原宗兼。母は藤原(日野)有信の娘。名は『宗子』。崇徳天皇(鳥羽天皇の第一皇子。母は中宮・藤原璋子(待賢門院))の皇子・重仁親王(母は源行宗養女、兵衛佐局)の乳母。1120年頃、平忠盛と結婚する。1123年頃、次男・ [続きを読む]
  • 朝日姫
  • 第十一章・徳川家の女性2〜『朝日姫』〜朝日姫(1543〜1590年)旭姫・駿河御前・南明院子女:なし戦国時代から安土桃山時代の女性。後の江戸幕府初代将軍・徳川家康の継室。太閤・豊臣秀吉の同母妹。または異母妹。名は旭。父は木下弥右衛門とも竹阿弥とも。母は仲(大政所)。1543年、誕生する。最初、佐治日向守に嫁いだとされるが、不明。織田信長の家臣で秀吉の与力だった副田甚兵衛吉成に嫁いだとされる。158 [続きを読む]
  • 於大の方
  • 第十一章・徳川家の女性2〜『於大の方』〜於大の方(1528〜1602年)太<たい>・大子・伝通院子女:家康(松平広忠の子)、松平康元、康俊、定勝、多劫姫、松姫、天桂院(久松俊勝の子)戦国時代から安土桃山時代の女性。江戸幕府初代将軍・徳川家康の生母。三河国刈谷城主・水野忠政の娘。母は継室・お富の方(華陽院)。1528年、「掛川城」にて誕生する。母が忠政と離縁した後、三河で勢力を振るっていた松平清康に [続きを読む]
  • あなたのことはそれほど
  • あなたのことはそれほどご覧になられていますか?不倫ドラマなのですが、今までの不倫ドラマとは少し違います。今までの不倫ドラマは夫とはどこか上手くいかず?不倫に走るってパターンなのですが、この主人公の美都(波留さん)はかつて好きだった同級生・有島(鈴木伸之さん)と偶然出会い、不倫に陥ってしまいます。しかも、夫・涼ちゃん(東出昌大さん)は家事も仕事もしてくれる完璧な夫です。三都の不倫から、精神が崩壊して [続きを読む]