キリギリス さん プロフィール

  •  
キリギリスさん: キリギリス
ハンドル名キリギリス さん
ブログタイトルキリギリス
ブログURLhttp://kawahata-m.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文名もない花 田んぼの畦道
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供552回 / 365日(平均10.6回/週) - 参加 2007/11/10 17:15

キリギリス さんのブログ記事

  • 感謝と幸せ
  • 人はみんな「幸せになりたい」願っています。どんな幸せを思い描くかは、人それぞれですが「幸せになりたい」ということついては皆、共通です。 「感謝」と「幸せ」感謝の気持ちと幸せの関係とはなんでしょうか?多くの人は、「そんなの簡単…幸せなときは感謝するよ」でも、「幸せな人は感謝している」というのは本当でしょうか?人を幸せにする全てを手に入れても、まだ、「幸せではない」と思っている人達は多くいます。なぜな [続きを読む]
  • 利他の心
  • 「生きる目的」は・・・私は、喜びを知り、“生きがい”となることです。それは、「世のため人のために尽くす」ことと、私は思っています。世の中のこと、他人のことに少しでの役に立つことをすることは、人間としての最高の行為と思うのです。人間は「自分だけよければいい」考えがちです。しかし本来、人間は人を助け、他の人のために尽くすことに喜びを覚える・・・美しい心を誰もが持っています。利己的な思いが強すぎると、美 [続きを読む]
  • 家族と社会について
  • 「家族とは何か」という問いには、どんな答えが返ってくるのでしょうか。wikipediaで「家族」を調べると、"血縁集団を基礎とした共同体"であると出てきます。家族形態が変化しているのは、50歳以上の日本人である人なら誰でも分かっていると思います。社会構造の変化どのように影響を与えているか? まず、家族形態の変化は、社会に、色々な問題を与えています。高齢者に問題核家族化で、高齢者のおじいさんとおばあさんだけの居住 [続きを読む]
  • 大自然に生かされていること
  • 私たち人間は、自然があるからこそ生きていられるのです。46億年の地球誕生の歴史があります。それ以来の自然というものは、荘重、畏怖、畏敬の念をもって生かされ、生きていくことは、運命である・・・だとしたら、私たちは自然に、従って生きていかねばならないのではないでしょうか。氷河期・・・約22億年前、7億年前、6億年前の少なくとも3回生じたといわれています。近年でも東日本大震災などを始め、地球の変動は起きていま [続きを読む]
  • 自分がして欲しいことを他人にもしてあげる
  • 人と人の間で一番大切なこと・・・「自分がしてほしいことを他人にもしてあげる」それは「人の嫌がることをするな」となると思います。道徳観に「己の欲せざる所は人に施す勿れ」(論語)あります。思いやりというもので、自分がして欲しくないことを、人にするべきではないと言うことです。しかし、グローバル化して価値観の多様化する現代の世界では、第一に「人の嫌がる事」の共通性・価値観の多様化を容認する社会において、「 [続きを読む]
  • 子どもが結婚しないのは親の責任?
  • 社会の歪み・・・人口減少が止まらない。国立社会保障・人口問題研究所が5年ぶりに公表した将来の推計人口によると、日本の2065年の人口は15年に比べ3割減の8808万人となり、高齢者の割合は38.4%に達する(29年6月2日…毎日新聞)少子高齢化の原因は、結婚しない、できない・・・からが大きな要因と思います。現代は、結婚しない・できない?人が増えて、いまや大きな社会問題となってきています。なぜ結婚したい [続きを読む]
  • 公園・広場はゴミは持ち帰りです
  • 私たちの町の「時田公園」・「片倉時田まちの広場」にはゴミ捨て場・ゴミ箱はありません。「不法投棄」「一般のゴミ」「吸殻」を捨てるのは絶対に行わないようご協力お願い致します。マナーを守っていつもキレイで気持ちのいい公園・広場にみんなでしていきましょう。アララ…コンビニのおにぎりやお菓子のビニール袋が・・・レジ袋にきちんと詰めてベンチの下に置いて(隠して?)あることもあります。子どもたちが遊んで帰った後 [続きを読む]
  • 気遣いについて・・・
  • 「気遣い」とは、本来、相手に気づかれないようにやるものです。自分が気を遣っているのと同じくらいに、他人も知らないところで気を遣ってくれているのです。気遣いの出来る人は周囲の人から頼られ、好印象をもたれます。相手の立場に立って考えられる人です。相手の立場に立って考えられる人 自分が人にされたくないことを他人に平気で行う人は、気遣いの出来ない人として疎まれてしまいます。自己中心的な視点からでなく、相手 [続きを読む]
  • 感動する心を大切に・・・
  • 現代人は、時間に追われ、あふれる情報に翻弄され、自分を見う人は少なくないと思います。感動する心を大切に・・・感動とは、驚き・ショックではありません。感動は数値でも事実でもありません。感動は人の心の中に既にあるものを刺激することです。子供のころは、初めて出会うものには、心のときめき(感動)がありましたが、年を取るにつれて、感動することもなく空しく?、日々を送ってしまっています。不確実なものに対して興 [続きを読む]
  • 豊な自然の大切さ
  • 自然の豊な環境を守ろう人間の生活は、自然環境がもたらす生物資源に支えられています。生物の多様性・・・(生きもののつながり)身の回りにある食べ物、生物の多様性が損なわれれば、私たちはその恩恵を受けることができません。人間が安定した暮らしを送るためには、さまざまな生物を育む自然の豊かさを守っていくことが重要なのです。人の心の豊かさ・・・豊な自然の中で・・・「自然は人間の苗床」といわれているように、幼児 [続きを読む]
  • 人と人の関わり合いの大切さ
  • 人は必ず多くの人と関わりあって生きていけるのです。一人で生きていくなんて100%無理だと言いうことは説明することもないでしょう。それでもできるだけ人と関わりたくないと思うときがあります。人と関わるのが面倒だって感じるときがあります。そして自分の殻に閉じこもってしまう。どうしてそのような状態になってしまうのか?人と関わるのが嫌になってしまうのは・・・ それは、人と関わることで傷つくのを恐れているからです [続きを読む]
  • 子供の躾について思う
  • 公園の掃除をしていて思うのです。ボール遊び(テニス・野球・サッカー)してそのまま帰ってしまう、子どもたちが最近多いのです。エッどうして・・・忘れたのではないのです。面倒だから?また新しく買ってもらえるから?でしょうか? この事実から、私は、物の溢れる次代だからといって見過ごすことは出来ないのです。教育学者の森信三先生の言葉に・・・「しつけ三ヶ条」があります。一、祖父母や両親に、朝起きしたらあいさつ [続きを読む]
  • 年寄りの地域の役目
  • 最近、どこえ行っても、お年寄りが多くなったと印象ありかす。毎日をどう過ごすか、人それぞれと思いますが・・・私も、80歳・・・これからどう生きたらいいのだろうか? 何をしたらいいのだろうか? ふと考える時があります。お金も大切ですが、まず第一に求めることは、健康だと思います。その次に、お金に困らない生活の安定だと思います。三番目は、対人関係で苦労しないようにと願う、人間関係の円満だと思います。四番目は [続きを読む]
  • 家庭での子供のしつけ・教育を考えて!
  • 最近、子どもたちの遊び方で思う。人間社会では、ルール・マナーが大事です。家庭での躾けができていないのか、飲んだり、食べたりしたものを片付けない・持ち帰りしないで、公園や、広場などにゴミが散乱して、後で使う人に嫌な思いをする・・・ことが多いのです。家庭の夫婦共稼ぎで、鍵っ子?が多いせいか、学校から帰って、おやつを用意して、いつもの場所に、あるおやつや飲み物を、持って遊びに出かけるのでしょう。子供に注 [続きを読む]
  • 誠実さは信頼につながる
  • 「誠実」は・・・・・「信頼」につながる誠実とは、私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対することです。打算的に行動をする人は、それが相手に伝わってしまうために、誰からも信用されることはありません。相手からすると、自分を陥れようとしていると感じてしまうからです。一方、何の計算もなくフラットに接することができれば、裏表のない印象が感じられます。すると、信頼につながりやすくなるということです。口で言 [続きを読む]
  • 公園をきれいに使いましょう
  • 私たちのまちに、片倉城跡公園があります。春には、カタクリ・ヤマブキソウ・ニリンソウなどが咲き、桜が咲き、多くの人の憩いの広場 静かな森に囲まれた住吉神社があります。お年寄りから子供まで楽しめる自然豊さは、私たちも誇りと自慢できる公園です。先日連休(10/7・8・9)も多くの人が来て、自然を楽しんでいました。そんな中に、心ない団体?が、ブルーシートを敷き、酒盛りをしたのです。日中が夏を思わせるような [続きを読む]
  • 政治とは何か
  • 衆議院選挙の立候補者の街頭演説が始まっています。政治とは何か? 「社会をいい世の中にしていくための仕組み」です。しかし、「いい世の中」の思い(イメージ)が一人ひとり違います。ここが、政治に関する理解の最大のポイントだと思うわけです。いろんな人がそれぞれ思い浮かべる「いい世の中」は違うので、いろいろな意見を取り入れつつ、最大公約数的な「いい世の中」を作っていくことが「政治」です。それが、民主主義の政 [続きを読む]
  • 衆議院総選挙で思う
  • 衆議院選挙が今日から始まります。政治とは・・・人間というのは、一人で生きるのではなく集まって社会というものを形成しています。人間一人一人は、価値観も違えば、利害もあります。しかし、みんなが勝手なことを言っていれば、社会は崩れて無茶苦茶になってしまいます。本来人間は動物ですから弱肉強食の本能を持っていて、そのような状態になれば殺し合いになるでしょう。幸せなことに、私たちの住む日本は1945年の敗戦以来、 [続きを読む]
  • 他人のために尽くす
  • 『他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ』・・・アルバート・アインシュタイン最近思うことで、自己中心的な人が多いです。自己中心的な人ほど、自分のことは棚にあげて、人のことをよく批判します。我がまま、自分勝手で、自分はいつも正しいと思っています。そして、自分だけ楽しめばいい、喜べばいい、と思っています。☆ 幸せの心を持つには・・・○ まずは誰かを幸せにしましょう。○ 一日一善を心がけて行動しまし [続きを読む]
  • 地方・国会の議員や公務員は「公僕」です
  • 公僕・・・公衆に奉仕する者。あるべき姿としての、公務員をさす。(大辞林) むかしは「滅私奉公 」という言葉がありました。 私を滅し、公に奉ずることを意味する故事である。一般的には、私心や私情を抑えて、国家・地方公共団体・社会・世間などに対して奉仕する精神を意味する。 「滅私」は自身の利益や欲求を捨てること。(ウキぺディア)衆議院選挙が始まります。いつも思うことですが、多くの政治家は、選挙運動の時には、 [続きを読む]
  • いま怖いものと言えば・・・
  • 地震、雷、火事、親父!日常、怖いと恐れられているものの順に列挙した言葉だが、地震より、雷。雷より火事。火事より親父と恐れられたのは昔。今は、地震が一番怖いものになり、親父はどこかに 消えてしまった。確かに昔の親父は煩くて怖い存在であったが、 しっかり家族を守っている感じもした。今は優しくて、物分かりのいい親は存在するが、本当に何かがあったとき「お父さん、助けて!」と言えなくなり、むしろ「お母さん、ど [続きを読む]
  • 人生は階段を上る長旅
  • 最近階段を上るときは、手すりにつかまらないと不安に・・・年のせいか身体の衰えは否めません。階段を上りながら・・・考えた。人生は、階段を上る長旅です。階段を上る基本は「1段ずつ」です。最も安全で、確実です。もし足腰に自信がなければ、しっかり手すりにつかまります。手すりにつかまっていれば、足腰が多少悪くても、何とか上れます。そして人生は、階段(試練)を上るようなものです。人には、誰にでも試練がやってき [続きを読む]
  • 人間は自然と共生でしか生きられない
  • ひと昔私たちの住むまちは、山があり、田んぼがあり、畑があって、自然が豊な町でした。山や川にいたカエルやホタル・多くの魚も、いなくなりなした。昆虫の種類も減ってきています。私たちの町は、ひと昔前まで、きれいな水の川・虫や多くの種類の木や草など自然豊な町でした。人間のエゴで、環境は確実に悪化しています。現在、地球も環境はかつてないスピードで変化しています。これが好転しているのなら喜ばしいのですが、残念 [続きを読む]
  • 人の繋がりの大切さ
  • 人は十人十色人は考え・好み・性質などが、人によってそれぞれに異なります。一人ひとりの違いを、豊かさとしてとらえることから、私たちは、一人ひとりみんな違った、個性や特性をもっています。「みんな一緒」「みんな同じ」であることをもって平等ととらえる傾向がみられ、そのことが時には、「みんなと同じでない人々」や「みんなと同じでない行動」などを「異質」として排除することにもつながっています。このような考え方は [続きを読む]