NPO法人家づくりの会 さん プロフィール

  •  
NPO法人家づくりの会さん: ”まちに出た、建築家たち。”−NPO法人家づくりの会
ハンドル名NPO法人家づくりの会 さん
ブログタイトル”まちに出た、建築家たち。”−NPO法人家づくりの会
ブログURLhttps://iezukuri1.exblog.jp/
サイト紹介文*いま家づくりの現場から*家づくりを真剣に考える住まいてと、住環境の向上を目指す建築家をつなぐNPO。
自由文http://www.npo-iezukurinokai.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2007/11/11 09:17

NPO法人家づくりの会 さんのブログ記事

  • 日本のお城
  • さてこの美しい城は何処のお城でしょうか?実は和歌山城なんです。丁度夕暮れ時のライトアップされた素晴らしい景色が撮れました。 周囲は掘りに囲まれて、内側は市民に愛されている公園になっています。次の朝沢山の方々が散歩やジョギングをしているのを見ることができました。 有名なお城は沢山ありますが、意外な(と言っ... [続きを読む]
  • 「移住のための住まいの相談」その名も『 IJU+ 』
  • 皆さんこんにちは!本日の窓口当番はアトリエ・アースワーク/山下和希です。毎朝が氷点下の長野県安曇野市から今日も東京市ヶ谷の事務局にやって来ました。中央道を新宿に向けて走る高速バスの車窓からは富士山が見えました。安曇野に移住し、毎日北アルプスの山々を眺めながら暮らしている私ですが、富士山はいつ見ても「おお!富士山が見えている!」と感動します。車窓から見えた富士山我が家のリビング... [続きを読む]
  • ARTと暮らす
  • 本日市ヶ谷にAM11時~PB14時まで居るのは田中ナオミです。「川上和生さん」の絵がうちの仲間になった。川上さんの絵は朝日新聞で連載している重松清氏「ひこばえ」の挿絵やJALの機内誌の浅田次郎氏のエッセイの挿絵でご存知の方も多いと思うけれどダイスキなのだ。温かくて柔らかくてちょっと昭和の空気が漂う。思い切って唐突に連絡してみたのだ。(オバチャンだもの)そしたら「快諾」でお... [続きを読む]
  • 渋谷ストリーム
  • 庄司寛建築設計事務所の庄司です.僕の事務所がある渋谷はこのところの東急による再開発で日々劇的な変貌を遂げています.その渋谷再開発一地区の地権者の方からのお誘いを受け,建築家小嶋一浩さんの遺作となってしまった”渋谷ストリーム”をご案内いただき見学してきました.旧東横線の線路を床に埋め込んだストリームと称する人の流れを意識した中央通路がとても印象的で,移動機能(エスカレーター)部の黄色は小嶋... [続きを読む]
  • 瀬戸内の穏やかな海
  • 明日から12月、1年を振り帰る季節となりました。今年は九州の仕事があり、充実した1年となりました。現場は遠くて大変だっが、帰りには新幹線を途中下車し、いろんな場所を旅をした。その中でも瀬戸内の穏やかな海に浮かぶ島々の風景が心地よく、尾道、しまなみ海道、牛窓、竹原、犬島と随分まわった。風待ち潮待ちの町、御手洗は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、江戸から明治、大正昭和初期の建物がい... [続きを読む]
  • 金剛さんの器
  • もう十年以上前から、朝食や一息ついたときに飲むコーヒーは金剛さんの作った陶の器を使っています、陶器なので欠けたりヒビが入ってしまい何代か代変わりしました。二週間程前、久しぶりに金剛さんからこちらに来ていると連絡をもらい、さっそく陶器市がある小金井公園へ、、、コーヒーや湯飲みの器の他、大皿、お茶碗、ソース容れ、ぐい?、一輪挿しと金剛さんの陶の器が会うたびに増えました、手に馴染む器を毎日使える幸... [続きを読む]
  • ジューサー
  • 実家の片付けをしていると、昔の道具がゾロゾロ出てきます。これはジュウーサー。果物などを押しつぶして荷重を絞るもの。似たような器具(ジューサー)は、今でもありますがカタカナの「ウ」と効用書きとは時代を感じさせます。説明書には、(新案果汁絞り器)意匠登録 昭和二九年 とあります。ジュースがまだ一般的な飲み物ではなかった時代でした。半田雅俊:株式会社半田雅俊設計事務所 [続きを読む]
  • エコな暮らし、ECOな家って?
  • 本日の窓口当番&ブログ当番の石黒です。イベントのお知らせです。「家づくりの会」の有志で活動している「KINOIESEVEN」がイベントを行います。場所は、練馬区の「南田中図書館」です。日時は12月2日(日)で、10:00〜18:00の間、KINOIESEVENの7名が会場でお待ちしています。また、11:00〜、14:00〜の2回、セミナーを行います。「建築家が考えるエコな暮らし」と言うタ... [続きを読む]
  • 当番
  • 初めての金曜夜の当番です。昼間よりも落ち着きますね。週末は久しぶりにのんびり過ごそうと思うので、この時間は何となく浮き浮きした気分。8時まで居りますので、家づくりのこと、なんでもご相談にお出でください。荒木毅 [続きを読む]
  • 12月にオープンハウス二つ予定しています。
  • つくば山麓の家と葛飾区の家が12月に竣工。オープンハウスを予定しています。日時が決まり次第ご案内いたします。つくば山麓の家。居間の窓からは田園風景が眺めます。葛飾の家。昨日は植木選びに施主さんと川口市の安行へ。ヤマボウシがきれいに紅葉していました。松原正明建築設計室/松原正明 [続きを読む]
  • 一週間旅してきたのだ
  • 本日11月2日のAM11時〜14時まで市ヶ谷に居るのは田中ナオミアトリエの田中ナオミです。先週まで一週間北イタリア→スイス→フランスの強行疾走旅をしてきたのだ。家づくりの会ではリノベーションの窓口というチームで活動してますがヨーロッパは基本的にリノベーション中心でリヨンに至っては解体することは「禁止」なのだ。画像は カルロスカルパのカステルベッキオ城。これも勿... [続きを読む]
  • にわか陶芸部。
  • 今日の家づくりの会はあちこちで、オープンハウスですね。窓口の伊澤です。ここのところ、作陶を趣味にしているという家づくりの会の先輩建築家、濱田昭夫さんから「遊びにお出でよ。」と声を掛けて頂いて、実現しました。家づくりの会の先輩方や同級生など5名で陶芸を体験させていただきました。小さな器の中に、そのときの、ちょっとしたひずみや、直線がそのまま形になります。我を忘れて土をこねるのは気持ち... [続きを読む]
  • メンテナンス
  • 庄司寛建築設計事務所の庄司です.以前に設計した住宅(新建築住宅特集 2003年11月号 掲載)のメンテナンス相談のため,先日久しぶりに栃木県の日光市へ行きました. ちょうど紅葉の時期を迎えた日光の風景はとても美しく,男体山から連なる日光連山(女峰山等)が抜けるような秋の晴天下で輝いていました.庄司寛/庄司寛建築設計事務所 [続きを読む]
  • ザワザワ
  • 先日、打合せ場所のすぐそばでTVドラマの撮影をしていました。ただし音や声はすれど、状況は全く見えないというシチュエーション、、なので、外がなんとなくザワザワ・・・私たちも建主さんも少しミーハー心がでてザワザワ・・・。そんな自分たちの状況を笑いあって、会話も弾んで、楽しい打合せができました。練馬区立南田中図書館をお借りして、KINOIE SEVENのメンバーでイベントを行います。今年で3... [続きを読む]
  • 古い車両
  • 本日のブログ当番、BUILTLOGICの石黒です。自宅近所の風景です。東急池上線です。3両編成のこぢんまりした電車です。東京の都心を走っている電車にしては、レトロな車両だと思いませんか?調べて見ると、1962年に製造された車両だそうで、その後何回も改造されて、今でも現役で走っています。56年走っていると思うと、凄いですね。作っては壊され、また作っては壊されする最近の世間を考えると奇跡的です。... [続きを読む]
  • 自由に。楽しむ
  • 後藤です。昨日、家づくりの会の教育部門??「家づくり学校」2年生講義にて左官を体験してきました土壁に自分オリジナルの材料を入れて自分の壁をつくる!というテーマにて長い歴史ある素材「土壁」では〇〇産の土だとか大きさ〇〇ミリの石だとかワラだとか色々な素材を混ぜて表情をつくるのですが今回は、そんな基本や歴史に囚われず自分で「考えて」「自由に... [続きを読む]
  • ソファ上の季節の風景
  • 我が家のソファーに朝日が差し込んで綺麗でした!ちょうど今頃(春と秋)ブラインドの隙間から朝日が差し込んでこのように綺麗な縞模様が見られます。何気ない普段の景色にも季節の移ろいが感じられ月日が過ぎるのを感じます。我が家は都市計画で言う商業地域にあり周りは高層のマンションだらけですが幸いうちの南側が今も2階建ての住宅で冬でも太陽光が差し込んでいます。でもいつまで続くか・・・・田代 敦久... [続きを読む]
  • 食洗機のこと
  • 自宅の食洗機が故障していたため、思い切って修理を依頼しました。我が家は築10年。これまでに食洗機を使用した回数は、おそらく20回くらい・・・?あれほど悩んで設置したものの、妻は手洗いの方が性に合っているようで年に2度ほどの使用にとどまりました。ですから、修理を悩んだのです。(使っても、使わなくても、設備機器の寿命はやはり10〜15年位ですよね。)10年ぶり... [続きを読む]
  • 安曇野スタイル2018が開催されます
  • 皆さんこんにちは今日の担当はアトリエ・アースワーク山下和希です。今日は私のofficeがある長野県安曇野市を中心に、11月に開催される、安曇野スタイルについてお知らせしたいと思います。安曇野スタイルは「安曇野の魅力を伝えたい」そんな思いを持つ6人の女性から始まったそうです。開催期間中は是非「信州・安曇野」にお越し頂き、安曇野のアート・クラフト・食・暮らし・自然、そして個性的な参加... [続きを読む]
  • 藤村龍至展
  • 庄司寛建築設計事務所の庄司です.明日(9/30)まで,乃木坂の”Gallery間”で開催されている「藤村龍至展 / ちのかたち」を視察してきました.…膨大な模型郡の中に,かたちの収束へのプロセスと濃密な建築への強い思いを感じることができました. 庄司寛/庄司寛建築設計事務所 [続きを読む]
  • またまたDEEPな荒川で
  • 28日友引 金曜日 市ヶ谷のギャラリーに11時〜14時まで居るのは田中ナオミです。またまたDEEPな荒川で展示+相談会やります。最寄の駅は北千住か西新井か扇大橋でありまして其処からバスに乗れってことになってますが私のお奨めは「歩く」。はい、DEEPな下町の商店街を散歩してみてください。楽しいのだ。コッペパン屋も焼きそば屋もあったりして…。そんで最終的に辿り着いたこの建物... [続きを読む]
  • 今掲載されている雑誌
  • 「日本美邸」という雑誌が創刊され、その記念すべき創刊1号の表紙に長野県で建てた「森の中の森の家」が掲載されています。 日本の美邸1号 価格:¥ 1,944(2018/09/21 19:11時点) 出版日:2018/07/30 雑誌ページ ISBN-10 ISBN-134910061500981 出版社:株式会社風土社「和風住宅」という雑誌に軽井沢で建てた「佇々浅間ちょちょせ... [続きを読む]
  • 鳥足のテーブル
  • テーブルをデザインするときに気を遣うことの一つは、テーブルの脚が邪魔にならないようにすること。そのために長方形のテーブルであれば脚を天板の最も四隅に寄せると、脚が邪魔にならず、座ったときに最も広く使える。しかし座るまでに脚に足が引っ掛かり、じゃまになりやすい。そこでよく使われるのが中華料理屋の丸テーブルのように、中央にスチールの一本足を立てたテー... [続きを読む]