とん さん プロフィール

  •  
とんさん: ベトナム オフロード
ハンドル名とん さん
ブログタイトルベトナム オフロード
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/thuongohara
サイト紹介文ベトナム定点観測に挑戦中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2007/11/12 10:52

とん さんのブログ記事

  • 金正恩機、キャッチ?
  • ベトナム時間は日本や北朝鮮から2時間の時差、日本時間にすると14時54分からの映像です。日曜の午後からチビは塾に出かけたし、暇だからフライトレーダーというアプリでチェックを始めました。金正恩氏がどんな機体を使うのかが興味あったし、ベトナム上空を通過するのか南シナ海を飛ぶのかも。これではないかなと思ったのは、エアチャイナは平壌からシンガポールへの定期便は持っていないことを確認してからでした。フライトデー [続きを読む]
  • 高潮に大潮
  • 義弟7の実家、今は長兄さんが跡を継いでおられる家がいつもとは違う雰囲気。先日接近した台風1号(日本では4号:アジア名イーウィニャ)がちょうど大潮の時期に重なってこんな事態に、義弟7は電話で事情を知っていたのに私たちには何も言わず。「だって、最近は年に一度は起きるから」そう言えば初めてベンチェーに来た時、メコン川の水量が上流国家に複数のダムが出来てから減って、米作が難しくなったとは聞いました。海水の塩分が [続きを読む]
  • アップデートのたび
  • PCの画面真ん中に『緊急 準備ができましたのですぐにアップデートしてください』と大きく表示されました。Win10にしてからアップデートをするたびに何かと不都合が起きてきたけれども、重要で緊急らしいから、いろんなソフトが動作中でもすぐデータバックアップ。今回のアップデートはかなり長くて、スタート画面が再表示されるまで2時間半もかかったのです。いや〜な予感が的中、ファイルエキスプローラを開いてデジカメの映像デ [続きを読む]
  • 佛誕祭
  • 日本では新暦でお祝いします、ベトナムやタイなどの東南アジア仏教国ではいまだに旧暦で祝う事の多い佛誕祭。今年の旧暦4月30日は、新暦だと5月29日でした。多少の期待はしていたんです、でもやっぱりお寺での儀式だけで終わったみたいでした。ホーチミン市11区にあるダムセン公園では、佛誕祭の時期になるとお釈迦様ゆかりの蓮をイメージした灯りが池に浮かべられました。ダムセンとは蓮池の意味、本物の蓮もいっぱいあるけど、や [続きを読む]
  • ニューラン
  • サイゴンに来られた人なら必ず寄るベーカリー、ガイドブックには日本語だけでなくあまねく記載されている店がニューラン。今は渋滞で、デタム通りまで行くのにわが家から1時間はかかります。『サイゴン ニューラン』とググってみたら出るわ出るわの写真、その中で新しそうなものをお借りしました。この店は中にテーブルが10卓ほどあって、すぐに食べられるのも特徴。歩き疲れた観光客のオアシスでもあり、価格は周辺よりも高いけ [続きを読む]
  • 仕事だろうけど
  • 路地向かいの『カフェ・チョン』は、壁にこんなたくさんの貼り紙が剥がしても剥がしても…。オーナーがいくつも代替わりして今は若いご夫婦、この二階に住み込みされているのはその奥さんの妹さんだと聞いています。その妹さんは(日本語に直すと)『笑わん姫』と言われるほど、顔を合わせて私が頭を下げても笑顔なく返礼をするだけ。よくあれでカフェの店員さんが務まるなとはご近所雀、私も雀の一羽ですかね。話がそれました。とに [続きを読む]
  • ベンチェーに
  • 朝7時の出発予定、でもこのドライバーは必ず15分ぐらい前にはわが家に到着しています。旅行会社のドライバーから独立してもう5年ですか、おなじみになったハイエースに乗るのも10回以上になるでしょう。もうすぐこの車を同業者に売って新しいハイエースを買うとか、勢いがありますね。新車になったらこけら落としに、またどこかに行く計画を立てましょう。メーターパネルにはいつも蛇、交通安全のお守りなのだそうです。ベトナムで [続きを読む]
  • ニャチャイバン
  • 私が来た2004年頃の行商さんは、アイスクリームメーカーの直販以外はスピーカーを積んでいる業種などはありませんでした。今はほとんどの行商さんが拡声器を使う中、この業種だけは誰一人としてそんなものは使わずに地声で通しています。わが地区を回る廃品回収業は一人だけ男性がいるものの、ほとんどが女性なんです。だからそんなに利のある職業ではないのですね、でも来た当時より確実に増えた気がします。左隅で手押し車にもう [続きを読む]
  • 咲き始めたゴールデンシャワー
  • 前に一輪だけ咲いたとお伝えしたわが家前の並木道、はい、これからもお馴染みになりそうなゴールデンシャワーです。家の正面よりも北側の木々が一斉に花をつけ始めました。わが家だって多少なりとも税金は払っているのに、これは不公平感があります。そう義弟に言うと「草木には、税金なんて関係ないよ」、当然でしょうけどね。タクシーで帰って来て下から見上げるより、ベランダからの方がきれいに見えます。箱庭の黄胡蝶の先に、 [続きを読む]
  • リードが必要
  • この男性はわが家から2ブロック南の4階建てにお住いの自称元米国海兵隊SWさんのご長男、自称と書いたのは確かめようがありませんからね。今の奥さんは20歳ほどとか、いやもっと離れているだろうと噂されるベトナム人女性で、小学生の娘さんがいます。お父さんが海兵隊なのに長男さんはなぜか空軍の退役、パイロットなどではなく整備方面だったと聞いていますがこれも未確認。なぜそこまで知っているかと言えば、長男さんがワンコの [続きを読む]
  • やっと帰り
  • 列車内にあった時刻表、左から2列目がSE3というハノイ−サイゴン間最速の列車です。ダナン発が13時9分でサイゴン着が翌朝の4時30分、これはあくまで予定。今まで何度も統一鉄道を利用してきたけど、一番正確だと褒めてあげたのは15分遅れでした。ハノイからサイゴン間が1日6往復、日本の新幹線とは比べ物になりません。小泉政権時代に高速鉄道建設の話が持ち上がった際に「国家予算の半分近くを投資するのは間違い、まずできる所か [続きを読む]
  • ゴールデンシャワー
  • ホーチミン市公園局の仕事は朝が早いのに、わが家前にずらりとバイクが並んだのは夕方の3時半頃でした。たぶんこれが今日最後のお仕事でしょう、バイクの停められた向きからは南の川上方面から来られたものと思われます。ここから区切りのコンリ橋まで、あと200メートルほどなのです。作業内容は、何本か見える長い竿状の道具で推察されるのは以前見た事があるから。到着して、休憩中ですかね。タバコ休憩よりも長い、『移動後休憩 [続きを読む]
  • 今度はぶどう
  • この果物屋さんは以前にもご紹介した10年来のお付き合いをさせていただいているお店、ただ代替わりをしてしまったので最近は少々疎通。「それはちょっと古いから、日本人には勧められないね。ベトナム人なら分かってるからすぐに食べてくれる。どうせ日本人は冷蔵庫に入れて、冷やしてから食べるんだろ」『売らんかな』の多いベトナムの商人には珍しく、外国人には親切な物言いをするおばさんでした。今年から売り場には無口な女性 [続きを読む]
  • はははのフィナーレ
  • 3週間前歯のない生活が、今日終わります。終わる予定なんです、何とかテト前には終わらせて欲しいとお願いしていました。たくさんに知り合いが来るのに、マスクしてお会いするのは失礼。何より、飲んだり食べたりするのにマスクしたままでは話になりません。歯茎にネジの付いたナットを入れてから3週間目、女先生から電話がかかってきて1日早い午前10時半の歯科医院い木でした。今日はインプラントを入れるだけだから、血圧降下剤 [続きを読む]
  • スーパーで刺身
  • 申しわけありません、これは再掲です。何せ目的がなければ、なるべく来たくないスーパーであることは私の中で決めてあります。理由は後述、まずは店内をご覧ください。最近は各国資本のコンビニも増えてきました、しかし老舗でもあり現在店舗拡大中でもある『コープマート』はずいぶん元気なのです。今日やって来たのは4月から刺身のコーナーが誕生したと聞いた事と、家内が結婚披露宴に出席するから夕食は自分で。いつもはどこか [続きを読む]
  • やっぱり
  • 早めの昼ご飯を食べてダナン駅に到着、サイゴン駅にもある昔活躍していた蒸気機関車がここでも迎えてくれます。調べてみたらサイゴン駅にあるのと同じ型式、もしかしてハノイ駅にもあるのかな。ハノイには行っても駅には入った事がないのでどうか分からない、残念。早く着いちゃいましたね、なぜかと言うとホテルとの約束があったから。姪っ子が予約した際に、12時から団体客が入っているので9時にチェックアウトしてもらえれば料 [続きを読む]
  • グラブの勝ちでも
  • 4月に入ってからというもの、朝のVTVニュースではほぼ毎日このニュースが流れています。ベトジョーさんから転載を中心に、お伝えします。『タクシー配車・予約サービスを展開する米ウーバー(Uber)は、シンガポールを本拠地とする同業のグラブ(Grab)による東南アジア事業の買収を受けて、9日午前0時にベトナムでのサービスを停止した。 これにより、ベトナムにおけるウーバーの顧客は同日よりグラブのアプリを通じてサービスを利用 [続きを読む]
  • お守り
  • これは『おまもり』ではなく、『おもり』と呼んでいただきますように。3年前に整備された運河沿いの遊歩道、この時期は日中になると暑くてたまらないほどまで気温が上がります。午後4時を回ると子供を連れての散歩がてらでしょうか、こういった光景が当たり前のようになりました。路地に入ってしまうと風が弱くなってしまうのは仕方のない事、こうして川沿いで子供と一緒に涼を取る姿は実に好ましいではありませんか。何せ夜に停電 [続きを読む]
  • 続ガックリンゴ
  • サイゴンで古いスーパーマーケットのひとつ、地場資本で地道に店舗を各地へ拡大している事でも知られています。1階が店舗で2階は文具売り場とゲームセンター、ただゲームセンターはスマホゲームのあおりでか平日は人影はまばら。日本や台湾からの中古ゲーム機の導入だし、ベトナムには硬貨がないのでいちいち専用コインに替えなくてはいけないのも面倒でもあります。私が来た頃には涼みがてらでしょうか、それともお母さんの買い物 [続きを読む]
  • ダナン飯
  • ダナン最後の夜は、バナリゾートの帰りに会ったPさんのご招待を受けました。『ダナン特産』とベトナム語で、英語でもダナンのローカルフーズとあって、サイゴンや海外からのお客様もよく招待する店だそうです。「冷房の効いた個室がいいですか?それともオープンエアで?」もちろんオープンエアのテーブルに座ります、別に秘密の話などありませんからね。私とPさんが隣同士、女性3人は向かいの席に。独身時代にはわが家にもよく来 [続きを読む]
  • 義母、90歳
  • 何か垢抜けしないデザインでしょ、それに小さいし。「3日前に行ったら、じゅうぶん準備できる」そう言っていた義弟が実際に3日前の朝になって行ってみたら、そのお店は消滅していたので急遽頼まれたのです。わがファミリーが持っているプリンタはすべてA4サイズまで、それに硬い紙には印刷できません。オフィスでもA3、同じビルで一番大きなプリンタを持っている会社に頼んで作ってもらったのがこれでした。A2サイズを洗濯ばさみで [続きを読む]
  • 正確な名前
  • 一昨年の夏休みに旅行したベトナム中部のクアンガイ省で、無断で鞘ごといただいてきた種。成長して花をつけるまでには10年ほどかかると言われて、ちょっとショックだったことがつい最近の事みたい。猿と交換した柿の種を育てるカニの心境で、早朝・出勤前・午後の帰宅時・就寝前の1日4回も水遣りを欠かしませんでした。「幼木の状態になるまで、水は多めに」実家にこの木がある義弟7のアドバイスを忠実に守って、芽が出て来た時は [続きを読む]
  • ドラゴン橋
  • チャム彫刻博物館の見学は一方通行になっていて、こちらが出口。内部では矢印の見学経路もないので自由、入り口と出口が決められているだけですからご安心を。きっとここから入ろうとする人を見張るために作られたスーベニアショップ、人物画はほとんど共産主義国家の政治家。ほとんど興味ないし、ぼちぼちバイクタクシーのドライバーと約束した時間です。駐車場があってもバスも車も停まっていない、ベトナム人にとってはほとんど [続きを読む]
  • あるゴミの物語
  • ゴミがコイだったら、どんなにロマンチックな事でしょうけれど。テト(旧正月)も近づいたある日の午後、卒業も決まった大学生さんがアパートからゴミを出していました。早くから就職も決まって喜んでいた、近くのアパートの1室をを2人でシェアしていた男性。このボードは、きっとパーティションで使っていた物でしょう。ホーチミン市の条例では日本と同じで、粗大ゴミはそれなりに処理方法が決められているはず。誰も守りませんけど [続きを読む]
  • あるやん
  • ややこしい話です、街路樹の落ち葉は。道路の縁石から芝生〜運河までは『ホーチミン市公園整備局』の管理下にあって、道路の落ち葉は『道路管理局』が清掃する事になっているそうです。どちらもテト(旧正月)の3日間はお休み、こんなに落ち葉がたまっています。4日目にはどうするんだろう、私のご挨拶回りもクリアした事だしと観察する事にしました。去年のテトに書いたように、道路局は明け方の4時前に清掃済み。一方の公園局は新 [続きを読む]