国立の巨人 さん プロフィール

  •  
国立の巨人さん: 牧師のひとり言
ハンドル名国立の巨人 さん
ブログタイトル牧師のひとり言
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/smbno6/
サイト紹介文プロボクサーから「K-1に参戦しないか!」と誘われた経験も。元高校球児、体育会系出身牧師のひとり言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/11/15 10:59

国立の巨人 さんのブログ記事

  • 暑すぎる
  •  書きたくないけど、暑すぎる・・・・・・。息子も先日部活で熱中症で少し休んだようだ。この暑さの中で西日本の災害ボランティアにでかけている人たち、不自由な生活を強いられている人たちの健康が守られますように。  高校球児も酷暑の中、第100回の記念大会に臨んでいる。神奈川からも今年は2校が出場できる。我が母校は二回戦で第二シードの横浜隼人高校(私の実家の近く)と対戦。コールド負けかと覚悟していたが、逆転勝ち。 [続きを読む]
  • 祈ります
  •  西日本が歴史的な大雨で甚大な被害が出ています。わたしが幼少時代に住んでいた広島県安芸郡府中町でも今日になって川が氾濫したようです。 日本基督教団広島府中教会の三吉先生からは「教会、幼稚園のある地域は大丈夫です。教会員の無事も確認できました。あとは幼稚園関係者にどれだけの被害があるかです。ありがとうございます。」とのメッセージをもらいました。祈り続けたいと思います。 [続きを読む]
  • ベルギー強し
  •  いや〜残念でした。2対0になる展開なんて考えもしなかった。よくて1対3かなって予想していたので、結果的に3失点は予想通りなんだけど、2点も先に取っちゃうと「まさか! 勝てるのか?」という思いになりましたよね。  日本代表は頑張りましたが、ベルギーは強かった。自力の差がやはりありましたね。ノーチャンスではなかった。攻撃でもいい形が何度もあったし、原口と乾のゴールはファンタスティックでした! でも届かない [続きを読む]
  • あさひ教会創立10周年記念修養会
  •  6月23日〜24日に日本中会の姉妹教会である「あさひ教会」の創立10周年記念修養会に招かれて参加してきました。修養会に参加することは楽しみでしたし、節目を共にお祝いできることも嬉しいことでした。しかし、ただの参加者というわけではなく、「思いを一つに」というテーマからのお話と主日礼拝の説教の務めがあったので、それはプレッシャーでした。というのも、あさひ教会の鈴木淳牧師やT長老は、わたしの教会学校時代の先生 [続きを読む]
  • 柳沢美登里さんをお迎えして
  •  今日は、柳沢美登里さんをお迎えして午後にお話を伺う時間を持ちました。柳沢さんは長年バングラデシュのスラムにおける働きをされてきた方です。今はバングラデシュやインドなどで展開されている働きに連携しながら、国内外で活動を展開されています。  激変する世界の中で、いまも生きて働かれる神様の御業を出会いの中から証してくださいました。イスラム社会やヒンドゥー社会の中で、迫害を経験しながらも主に従い生きるも [続きを読む]
  • 蛙の子は蛙
  • 金曜の夜はPTAバレーに参加している。4年目かな。バレーは未経験者ですが、野球の次に得意(と自分で思っている)球技。息子は高校では野球部には入らず、なぜかバレー部に。これからはキャッチボールではなくパス練習かな^_^ [続きを読む]
  • Kさんの受洗の証
  • 受洗の証 キリスト教との出会いは、小学生の時でした。毎週日曜日の朝、友人と近所の教会学校に通い、分級が終わると併設の幼稚園の園庭で走り回っていました。神様を信じ、かといって強く求めることもなく、引越しを機にあっさりと教会から離れ、やがて記憶も薄れていきました。 それから四半世紀近くがたち、子どもの保育園探しをする中で、キリスト教の幼稚園で長時間保育をしていることを知りました。幼き日の楽しい日曜日の [続きを読む]
  • ペンテコステ2018〜洗礼式も
  •  日曜日は弟子たちに神の力である聖霊が与えられ、弟子たちが主の福音を語りだした出来事を記念するペンテコステ礼拝でした。のぞみ教会では子どもたちと合同礼拝を行い、子どもたちへは「教会を建て上げる言葉」として香月先生がいつものように「カツキアイテム」を使ってメッセージを語ってくださいました。 教会によってはペンテコステ礼拝に赤いバラを降らせるようですが、のぞみ教会ではそこまで予算もかけられません。それ [続きを読む]
  • 日曜の朝から愛を語り合う
  •  何だか5月もあっという間に中旬。慌ただしく毎日過ごしているようで、何もしていないような。何もしていないようで、結構色々やっているような。これまでで、時間が最も速く過ぎているように感じる。って去年もそうだったような。「40代はあっという間。50代になるともっとはやいよ」と昔言われたことがあるが年々加速していく感じなのだろうか。 今日はS幼稚園で今年最初の「ばいぶるカフェ」。また新しい出会いがあることでし [続きを読む]
  • 関田寛雄先生をお迎えして
  •  国立のぞみ教会、めぐみ教会、東小金井教会の合同退修会が行われた。今年は神学校の恩師でもある関田寛雄先生をお迎えして「和解の務めを担って 敵意と排除から和解と共生へ」とのテーマでお話をうかがいました。今日の講演はここで聴くことができます。http://nozomichpodcast.seesaa.net/article/459098732.html  先生はご自分の牧会生活で深く関わってこられた在日韓国・朝鮮人の方々との出会いからご自分の体験から「証」 [続きを読む]
  • 一通の手紙
  •  神様は私たちに思いもよらないプレゼントを時々くださる。今日の聖書会は神様からのプレゼントをいただいたような時間だった。 一人の女性が電車を乗り継ぎ、わざわざ聖書会に足を運んで下さった。事前の連絡もなく、突然こられたその女性から話を聞くと、今から50年以上前に1年間だけお友達とのぞみ教会の教会学校に通っておられたというのだ。 断捨離を進める中で教会学校の先生から受け取った手紙が出てきて、それがきっか [続きを読む]
  • 一人多摩川フルマラソン
  •  15年ぶりのマラソンまであと一週間と前にブログでも報告していました。4月14日(土)に行われた「彩湖フルマラソン」に出場する予定でした。 これまで自転車で一緒に走っていた教会のTakanori兄と1月に出場を決めた後は、ランのトレーニングを重ねてきました。2月には月間250kmを走り込み、15年前に初マラソンで出した唯一の記録3時間51分を切ることを現実的な目標に設定。3月は足の怪我や香港への出張など思い通りには走り込め [続きを読む]
  • 関田寛雄先生をお迎えして
  •  毎年行っている東京三教会の合同退修会に、わたしの神学校の恩師でもある関田寛雄先生をお招くすることになりました。 テーマは「和解の務めを担って 敵意と排除から和解と共生へ」です。いまという時代に生かされているキリスト者として一緒に学びましょう。退修会なので、「ゴスペルタイム」と称して、一緒に賛美をする時間もあります。 三教会の退修会ですが、関心のある方はご連絡ください。    [続きを読む]
  • あと一週間
  •  来週の土曜日は15年ぶりのフルマラソンに参戦します。 3月は足に痛みが出るなど思ったように練習できなかった。先週は足首捻挫と自転車転倒と「まさか」が同日に起こるというアクシデント。痛みは引いたのでよかったです。いまのベストを尽くして頑張ります。 今回の目標は20代で初マラソン(唯一のフルマラソン)で出した3時間51分を切って、3時間45分以内でゴールすること。サブ3.5(3時間30分切り)も視野に入れていました [続きを読む]
  • 牧師会でSNSのお勉強
  • 3日(火)にのぞみ教会を会場にしてカンバーランド長老教会の牧師会研修会が行われました。講師にキリスト新聞社の代表取締役である松谷信司さんをお迎えして「SNSが拓く新時代の伝道論」というテーマで学びをしました。 松谷さんと最初に出会ったのは、彼が編集長を務めている「Ministry」という雑誌の企画に招かれた時でしょうか? それ以来、何かと声をかけてくださり、10年近いお付き合いになります。いつも依頼される側です [続きを読む]
  • イースター礼拝 アメージング・グレース
  •  イースターおめでとうございます! それぞれの教会で主イエスの復活を喜び祝ったことだと思います。イースターが来たら自動的に私たちの抱える悩みが無くなり、喜びに満ちあふれるかといえば、必ずしもそうではないないでしょう。今朝も、心の病を抱える中で礼拝に出たくても出られない方がいました。マリアが墓の外に立って泣いていたように、私たちも涙の中でイースターを迎えることがあります。しかし、そのマリアにこそ復活 [続きを読む]
  • 礼拝のためのボイス・トレーニング
  •  雪の舞う21日春分の日は東京三教会の合同信徒研修会がのぞみ教会で行われました。毎年この日は「リーダー研修会」になっていますが、今年は「礼拝のためのボイス・トレーニング」ということもあり、長老、執事に限らず、教会学校教師や関心のある人はだれでも参加できる形にしました。 講師として声優や舞台俳優の経歴をお持ちの友野富美子牧師(日本キリスト教団経堂緑丘教会)をお招きしました。一度中会の牧師会でも同じトレ [続きを読む]
  • 出発はしたが、、、
  •  目白に向かって、リュックを背負って張り切って出発したのだが、国分寺駅付近(2.5km地点)で不安のある右ふくらはぎに違和感が。走れなくはないが、マラソン大会まで1ヶ月を切っているので無理は禁物。   「勇気ある撤退」。踵を返し、帰宅。30kmランの予定が6km弱で終了。着替えて、改めて電車で向かいます^^ [続きを読む]
  • 神学校へ
  •  今日は午後から神学校の評議委員会。普段は自転車で目白まで行っているが、今日は帰ってくる時間が雨予報。あきらめて大人しく電車で往復しようと思っていたところ、グッドアイディアが降ってきた。   雨の降る前にランニングで行って、帰りは電車で帰ってくるというアイディア^^ ってことで、神学校へ、高田馬場でラーメン昼食経由で行ってきます。マラソンに向けてのLSDもかねて目白に行ってきます。 最近、ロングランを [続きを読む]
  • 香港へ
  •  ブログの更新が滞っていました。いけませんね。週に一回は更新するように心がけます! 近況としては3/8~13まで香港に行きました。カンバーランドのアジアにある諸教会のリーダーたちが集まる会議に出席するためです。今年で5回目となるアジア・ミッション・フィーラムは各地の宣教レポートを聞きながら、祈りを新しくする機会です。このAMFで昨年夏に行われた「アジア青年交流会」は発案され、実現しました。少しずつアジアの諸 [続きを読む]
  • 人はなぜ生きるのか
  • 「人はなぜ生きるのか」古くて、決して古びない新しい問いだ。そしてしばしば私たちを苦しめる問いだ。人はなぜ生きるのか。その問いは、「自分には生きる価値があるのか」という問いである。自分の存在が無価値に思えてしまう。自分の存在に自信を失っている。理想と現実のギャップに打ちのめされている。そんな時、私たちは生きる意味を問う。人の評価や業績、数字が私をはかる。現状維持は衰退だとプレッシャーをかけられる。上 [続きを読む]
  • マラソンにむけて
  •  4月にフルマラソンに出ることになったので、1月は200kmを走る計画だった。正月からハーフ、30km走と順調に距離を稼いだが、足裏が痛くなり、2週間ほど思ったように走れず、、、。足の痛みは回復。希望が丘教会の鍼灸師 I さん(いまでは親戚だが)の見立ては「腎臓の疲れ」とのこと。月末の9kmジョグでなんとか150km超え。1月は月間153kmで終了。 ランが増えた分、自転車は昨年は月間500kmペースだったが、今月は230km。4月 [続きを読む]
  • 90人以上があつまりました
  •  おもちつきは無事に終わりました。今年も大人、子ども、奉仕者を合わせて90人以上が参加しました。だいたい去年と同じくらいの参加者でしたが、感覚としては「去年より少ない?」って先生たちは感じていました。大所帯にも慣れてきたってことかしら?? 昨年の反省を活かし、今年は3臼から4臼に、豚汁も増量しました。ちょうどよい感じで、みんなお腹も心も満たされました。 今年はお父さんたちが大活躍! 搗きの前の練りもか [続きを読む]