りっちゃん さん プロフィール

  •  
りっちゃんさん: 小豆島に集まれ!たくさんの笑顔たち
ハンドル名りっちゃん さん
ブログタイトル小豆島に集まれ!たくさんの笑顔たち
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/dreamisland1/
サイト紹介文小豆島のいろんな魅力、いろんな秘密をご紹介しま〜す♪
自由文私の大好きな小豆島をもっともっと知っていただきたい。小豆島が好きな人をどんどん増やしたい。そんな想いで綴る、小豆島おススメ情報。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2007/11/15 17:53

りっちゃん さんのブログ記事

  • でこぼこ
  • この子たちは、ごく早生みかんの「ゆら」。いつも、めっちゃ甘くてめっちゃ酸っぱくてすっごくジューシーな「ゆら」ですが、今年はひと味違います!!糖度を測ると、例年より1度も上回っているそうで、とにかく味がいつも以上に濃厚で、驚くほどおいしいんです。おいしいみかんの特徴は、裏がでこぼこしていること。驚くべきは、今年のゆら、大半がでこぼこしてるんですって!すごい!!「ゆら」を召し上がれるのは、あと1週間ほ [続きを読む]
  • 秋の深まり
  • それぞれの田んぼの表情が美しい近頃の千枚田。田んぼのところどころには、おいしそうな柿の実が実っています。冬に向かう季節だからでしょうか。柿の実がなる風景は、懐かしさともの悲しさを感じます。車の窓には秋色の葉。少しずつ秋が深まってきましたね。 [続きを読む]
  • こまめ田の稲刈り
  • こまめ食堂では現在、5枚の田んぼをお借りしてお米を育てています。1枚の田んぼから始めたお米作りも今年で5年目。嬉しい収穫の日を迎え、美しく育ったお米にみんなの心も浮き立ちます。さっそく作業開始。田んぼの幅の狭いところや周囲の手刈りを担当するチームと、コンバインチームに分かれて作業を進めます。手刈りチーム担当の稲刈り作業が終わったところで、手刈りチームは春日神社上にある次のこまめ田へ。3枚の田んぼの [続きを読む]
  • わりごの知恵
  • 中山農村歌舞伎の日。こまめ食堂では今年も早朝から頑張ってわりご弁当風のお弁当、こまめ弁当を作りました。召し上がっていただいたお客様、どうもありがとうございます。わりご弁当のご飯は「突き飯」と言って、それぞれの弁当箱の大きさに合った道具で、塩をたっぷり入れた酢をつけながら1つ1つ棒で突いて作ります。でも、酢飯なのにあまり酢の味がしないのはなぜなんだろう。とずうっと不思議に思っていました。それが突然に [続きを読む]
  • 秋まつりシーズン
  • 今年も秋祭りシーズンを前に、地元の子どもたちが大きな声を上げながら赤い布団屋根の太鼓台を引っ張り、地域を練り歩きました。こまめ食堂の前では大サービス!!「えいしゃあしゃあげ!」と言いながら太鼓台を担ぎ上げ、ひっくり返す妙技を披露してくれました。みんなめっちゃかわいいなあ♪♪朝からすっかり子どもたちの笑顔に癒やされた“おばちゃん”です。 [続きを読む]
  • 幸せな秋の味
  • まるまると太った栗をたくさんいただいたので、めちゃめちゃ贅沢な栗ご飯を炊きました。栗だらけです(^^;思った以上においしく炊けて、お客様たちにも大好評♪♪とっても幸せな秋の味。どうもありがとうございます。 [続きを読む]
  • 中山農村歌舞伎いよいよ
  • 中山の舞台では、連日夜遅くまで練習が続いています。演目が届きましたので、ご紹介しますね。【第一幕】 三番叟(さんばそう)【第二幕】 青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃いの場 (子供芸)                 (通称:白浪五人男) (あおとぞうし はなのにしきえ いなせがわせいぞろいのば)日本駄右衛門を首領とする白浪(盗賊)五人組は、浜松屋での強盗をあきらめ、鎌倉の稲瀬川のほとりに落ち延びてきます [続きを読む]
  • りんごタルト、今年も焼いてます。
  • 今年もこまめ食堂の元スタッフ、長野の佳代ちゃんからおいしい紅玉が届いたので、さっそくりんごタルトを焼きました。このりんごタルトは、もともと佳代ちゃんちのりんごをおいしく加工して、こまめのスイーツメニューにしよう!と二人で一生懸命考えて作ったお菓子です。りんご農家に生まれながらりんご以外の食べ方をしたことがなかった佳代ちゃんと、果物アレルギーなのにおいしくて試食ばかりして目の周りを赤く腫れ上がらせて [続きを読む]
  • まこもだけ、まこもだけ♪
  • お誘いを受けて、わくわく宇太郎ランドへ。宇太郎さんちって本当に楽しいんです。田んぼ一面に植わっているのは、でっかく育った稲のような葉っぱたち。まこもだけです。マムシとの遭遇に気をつけながら、たくさん収穫しましたよっ。葉っぱの手触りはその名の通り竹のようですが、真ん中の膨らんだところはとっても柔らかくて本当においしいんです。秋の野の花たちもかわいく咲いていました。宇太郎さん、どうもありがとうございま [続きを読む]
  • 平和の木、平和な時間
  • たわわに実るオリーブの実。オリーブの丘では、早生品種マンザニロの収穫が始まっています。オリーブの実は、白いぶつぶつがなくなり、表面がピッと張ってつるりんお肌になったら採り頃なんです。ギリシャ風車のあるオリーブの丘からは、箒にまたがって魔女に変身するお客様たちの嬌声が響いています。オリーブの足下には、にゃんこがお昼寝してました。平和です。 [続きを読む]
  • 秋の日
  • 1週間くらい前に咲き始めたヒガンバナ。あっという間に満開です。ヒガンバナを眺めつつ、こまめ田の苗たちもすくすく成長中。今日は翔くん&翔くん父がお休み返上でこまめ田の草刈りをしてくれました。あぜ道すっきりです(^0^)こまめ苗たち。大きくなったでしょ。畦に広がるヒガンバナ。下の畑では、翔くんたちが草と格闘してました。せっかくなので、大きく育った草の中からサツマイモを1本抜いてみました。じゃん!これが [続きを読む]
  • いりこ漁
  • 雨の中、内海湾では2艘の船がいりこ漁を行っています。秋の訪れとともに、湾内にイワシの群れが入ってきているのです。道路から手が届きそうな場所でのいりこ漁。海とともに暮らしがあることを実感します。おこぼれをいただこうと、カモメたちも待機中。 [続きを読む]
  • 小さい秋、みつけた
  • 風が心地いいので、秋を見つけに山に登ってみました。肥土山の田んぼは台風前に慌てて刈ったのか、既に半分ほどの稲刈りが終わっているようです。田んぼの上には、秋の雲。ススキも広がっています。この姿を見ると、秋が来たなあと実感しますね。ヤマボウシの実はまもなく食べ頃。お猿に奪われないうちに、是非召し上がってみてください。マンゴー風の甘さを楽しめます。空はすっかり秋。おいしいものがいっぱい採れるうれしい季節 [続きを読む]
  • 順調に成長中
  • 今年の夏は本当に暑かったですねー。次々とやってきた台風にも負けず、こまめ田のこまめ苗たち、元気にすくすく成長していますよ。周囲の田んぼは日々収穫作業が進んでいます。新米もまもなくです。 [続きを読む]
  • 6週間目
  • 6週間目のこまめ田です。ずいぶん大きく成長してきましたよ。さわさわさわ。稲の上を風が吹き渡っていきます。稲の上を渡っていくのはシオカラトンボも同じ。風に乗ってあっちへこっちへ。何枚か撮ってるうち、奇跡的にうまく撮れました。 [続きを読む]
  • ふわふわ〜
  • 日本原産の野生ハイビスカス、ハマボウの花が満開です。いつもよりかなり暑い気がする今年の夏。暑さなんてどこ吹く風と、卵色の花が海の風に揺れてます。何となく、オクラの花にも似てますねー。 [続きを読む]
  • 浪切不動明王様
  • 公私ともに大変なことがいろいろと続くので、ふと思い立ち、碁石山の浪切不動明王様にお会いしてきました。浪切不動明王様は、弘法大師空海が唐の国から帰国する際、師である恵果和尚から頂いた木を一刀三礼して掘り上げた仏様で、荒れ狂う波を切り分け、無事に空海を日本の地へと帰らせてくださったという仏様。どんな困難も切り開き、すべての人を守ってくださると言われています。1日も早くいつも通りの穏やかな毎日が戻ってき [続きを読む]
  • 虫おくりの伝統行事
  • 夏至から数えて11日目、太陽の黄経が100度になる半夏生の今日、土庄町肥土山地区では今年も虫おくりの行事が行われました。虫送りの行事は、江戸時代にイナゴの大発生で飢饉が起こり、百万人近い人が餓死したのが始まりです。残念ながら、今年もあと数分のことで出発時間に間に合わず、ほとんど火手が燃え尽きているのが残念でしたが、稲虫退治にがんばる子どもたちを何とか写真に収めることができました。稲虫を海の彼方に追い [続きを読む]