サツキマス さん プロフィール

  •  
サツキマスさん: サツキマス
ハンドル名サツキマス さん
ブログタイトルサツキマス
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yasuhisataihou
サイト紹介文長良川サツキマス釣りに情熱を燃やす中年アングラ−の釣り日誌。
自由文サツキマス・レインボ−・ランドロック・イワナ
アマゴ・ヤマメ・ウグイ・ニゴイ・ナマズ・シ−バス
などを釣り歩く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2007/11/20 22:32

サツキマス さんのブログ記事

  • 燻製製作 その一。
  • 去年、鮭調査捕獲で手にした数尾の雄鮭の魚体。刺身や、塩焼き等で食べてみましたが、思ったほど美味しくありません。後日、残って冷凍保存していたのを、知り合いが燻製にしてくれました。それも冷燻(低温スモーク)いう本格的なものです。実は、今まで本格的なスモークサーモンを食べた記憶がありません食べてはいたのだろうけど、オードブルの一品や、マリネとしての微かな記憶。自分で釣った魚も、刺身で食べるか、塩焼き・甘露 [続きを読む]
  • 涙雨。
  • 急接近してきた台風22号。今年の初シーバス釣行日でもあります。先週、オフショアージギングも台風21号で中止になったばかり。ちょっと運がないですね。 しかし、今回は無理を承知で強行しました。しかし、その先に待っていたものは、nanahinaさんの車のパンクです。現地到着直後のいきなりの出来事で、運のなさを痛感しました。もう一人の同行者の巨匠もここで暫し休憩です。結局、スペアタイヤの空気圧が低く、ロードサービ [続きを読む]
  • 準備編
  • 今回予定しているジギングのための準備もしなくてはなりません。オフショアージギング用タックルですが、最近はスピニングタックルでジギングを楽しむ人も多いようですが、私は迷うことなくベイトタックルを選択。キャストの必要がないジギングだし、残糸量が判り易いし、リフト&フォールのし易さ、パワー面も考えると、スピニングの選択は最初からありませんでした。 ロッドは紅白ロッド、そう、ウエダのジギングロッドを迷わず [続きを読む]
  • 心構え編
  • この書庫は以前、近郊の海で、サゴシのショアージギングのために創設されたものであった。 UFMウエダのショアージギングロッド、ミッドショアーを使いサゴシを釣る予定であったが、その年から、地球温暖化? 海面水温の上昇?で、近郊の海にサゴシが大量に接岸しなくなり、話も立ち消えしてしまった。 話が消えても、ミッドショアーは、私の部屋で、長い間埃を被り続けた。結局出番は訪れず、挙句、ミッドショアーは、人の手に [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 16 【特別番外編】
  • 日頃の遠征先は既に禁漁になっているが、同じ河川でも、上流と下流では禁漁期間が違うし、更に山を一つ越せば、禁漁期間が9月末迄となる。 ラスト釣行はすでに前回で終了している。今回は特別編。 実は、前から決めていた事で、来年の為に攻略法を現地で思案すべしと言うもの。しかし、急用でnanahinaさんが行けなくなったのは残念。 巨匠とは、時間も決めていないが、早朝、現地でといい加減な待ち合わせ。既に明るくなった釣り場 [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 15
  • この水系のこの区域は、もう禁漁も近い、ラストチャンス。気合いを入れて臨む。 前日から、ツインズさん、やまとまん、サラダさんが同地に入っているが、ルアーでの釣果はイマイチのようだ。川やダム湖の状況、水位、水質等に少なからず問題があるのだろう。金曜日には、オールドマンも入ったが芳しくない。 日曜日、満を持して現地入り、彼らと合流するが、人数に制限があるので、少し探ってから移動。濁りはないが水位が高い、状 [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 14
  • 前回のバラシが忘れられず、同場所へ。現地到着。前々日のゲリラ豪雨の影響で、河川が酷く濁っている。更に、ダム湖は酷い減水。 ミルクコーヒー色の水が流れ込んでいる、減水中のダム湖。 一目みて、ボーズを覚悟した。 昨日、ある方から送られた釣場の画像よりも酷い。少し遅れてnanahinaさんも到着。意見は同じだ。二手に分かれて探りを入れるも、釣れる雰囲気じゃない。 nanahinaさんは、堪らず場所を移動。私は、粘りに粘って [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 13
  • 私には珍しく、盆休みには釣りに行かなかった。身体が疲れていたし、何かと用事も多く、行く気になれなかった。 盆明け、自堕落な暴飲暴食のせいで体重が増え、体が重い。 これではイカン! 釣りに行くべし。 前回の釣場に狙いを定め現地入り、しかし、河川の状況はすこぶる悪い。仕方ない。完全止水域のダム湖に狙いを定める。この時期、流れのない止水域での釣りは、ボウズ覚悟の決死の選択だ。 この時期、多くのアブ共に身体の [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 12
  • 今回で12度目の遠征釣行、我ながらよく通っているなぁと言う感じ。毎回マンネリ釣果が続く中、飽きもせず通うのは、やはり楽しいからだろう。新鮮な空気、冷たい水、深緑の風景の中の釣りは別格なのだ。 長いブランクの末、釣りに復帰した男が一人いる。彼と一緒に釣りをしたのは遥か忘却の彼方。思い出せないほど昔のこと。 そんな彼がこの釣りの世界に帰ってきた。そして、二人で遠征釣行に。感慨深い雰囲気で釣り場に臨む二人。 [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 11
  • バースディ釣行なのですが、派手な事は出来ません。前日に現地入り。温泉で汗を流し、翌日に備えます。コンビニで軽い食べ物と酒を少々購入し、車内泊。 明日、起きれそうもなく、酷く疲れていたので気力を振り絞り、前日に現地入りしたのが本当のところです。 初めて入る温泉は、21時までやっていたので、サウナで汗を流し、ゆっくり疲れを癒しました。 しかし、車内泊で飲めない酒を飲んだのが拙かった。翌日朝、頭が痛い。胃腸 [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 10
  • 例年に比べ、遠征の回数も増え、自分なりに一生懸命釣りに没頭してる。しかし、釣果はイマイチ。釣れて1〜2尾。ギリ40UPか、泣きの40切り。 多くは望まないが、ここらで50UPを出せれば最高。もちろん、ヒレピンの奇麗なレインボーが釣りたい。ダム育ちで、背中が青いタイプがいいいなぁ。 遙々、遠征まで足を運ぶのもそれが目的。レインボーが釣れる場所なら地元にもあるが、この時期は、冷水流れる山間の深緑の中で、釣 [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 9
  • この日、場所は違うが、nanahinaさんと巨匠も出撃。狙うは40UPのみ。お互いの状況を連絡し合いながらの釣行。他の仲間は、琵琶マスのトローリングに挑戦。まぁ、レジャー気分だろうね。 私が朝一で入ったフィールドはいい感じ。薄暗い中、ダウンクロスに釣り下って行くと、ロンズミノーにヒット!ミノーが大きいせいか、サイズが大きく見えないが40近くはあるだろう。慎重さに欠けたのか、足元まで寄せてきていきなりの大ジ [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 8
  • 色々な情報が飛び込んでくる遠征予定先のフィールド。多くは、前日にレインボーやイワナの何センチが、何本釣れただとか、水位の高低、濁りの有無、釣り人の数等。 事前の情報収集が、遠征場所選びの重要な判断材料になる 前日にいい釣果を出した釣場が、翌日、必ずいい結果を生み出すとは限らない。意気揚揚と乗り込んだはいいが、逆に、空家状態で全く釣れない場合も実に多い。情報を知った大勢のアングラーに攻められ、さらに可 [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 7
  • 雨の中、遠征へ。現地には前日から巨匠が入川しています。色々情報を聞くと、それほど雨による影響はない様子。 私は前回と同じ場所へ。巨匠は上流の大場所へ。河川の濁りが入っているので、レインボーからイワナ狙いに変更。開始第一投目、瀬をツインクル9gGRでドリフトさせているといきなりヒット!運よく目前の瀬にイワナが入っていたようで、幸先良し。 流れが強いし、ウェーディングしているので思うように寄せられないが、 [続きを読む]
  • 予定表 2017年
  • 2017年 予定表 1月  恒例管釣り大会。山力新年会2月  冬眠。3月  遠征釣行。4月  遠征釣行。本流レインボー始動。山力決起集会5月  長良川サツキマス。本流レインボー。6月  長良川サツキマス。本流レインボー。7月  遠征釣行。ナマズナイト始動。O君レインボー釣大会    琵琶マス釣行。山力大反省会8月  遠征釣行。ナマズナイト。鮎釣りバーベキュー会9月  遠征釣行。ナマズナイト。シーバス [続きを読む]
  • 2017年 ヤス・ホウの虹色釣遊記 六日目
  • 梅雨に入り、蒸し暑い日々が続いています。市内でのサツキマスが終了。しかし、本流レインボー釣行は続きます。 めっきり釣行回数は減りましたが、暇を見て行っています。しかし、雨が少なく、河川は減水気味で活性も低下。しかも、アユ釣りも含め、釣り人は多くなってます。厳しい状況です。 少し前になりますが、夕刻、二度出撃しましたが、かろうじて一尾ずつのみ。釣り尽くされた? スレた? 厳しさを痛感しました。 そし [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 6
  • 夏季遠征も今回で二度目。早朝現地到着。雨はお湿り程度で、全然影響なし。 前回同行した、nanahinaさんは、下流域に行くとの事。巨匠は前回のポイントで頑張る様子。 一人、通い慣れた場所へ入ります。まずは様子見、コンデックス12g金を投げると、フォール中にヒット。ゴミの感覚でウグイが掛りました。これはイカン!すぐにミノーにチェンジ。リュウキ80で表層トゥィッチ。 しかし、一向にヒットはありません。 試しに再度 [続きを読む]
  • 2017年 遠征釣行 5
  • 久々の遠征釣行です。メンバーは、nanahinaさんと、巨匠です。巨匠との釣行は木曽三川のシーバスのナイトゲーム以来、久々。今日はどんな釣り方を見せてくれるのかな?楽しみでもあります。 夜明け前、まだ薄暗い時間帯からポイントへ。少し距離を取って、三人が入りました。 日頃は、ナチュラルカラーがメインのミノー選択ですが、遠征時には、定番色が多いです、トップバッターは、リュウキ60黒金RB。目前の流れに投じて、軽 [続きを読む]
  • 2017年 ヤス・ホウの虹色釣遊記 五日目
  • 夕刻の僅かな時間でしたが、運よくレインボーを仕留めました。この場所に入るのは今年初めてです。過去、この場所では、何度もドラマがありました。数度の大水で、流れの筋も、川底も変化しましたが、一級のポイントであることには変わりありません。 強い流れ込みは、ダウンクロスのミノーイングで攻めるのが最も楽しいですね。今は、シュガーSGや、Dコン63や、リュウキ60で攻めてます。 スプーンなら、ツインクル [続きを読む]
  • 2017年 ヤス・ホウの虹色釣遊記 四日目
  • サツキマス釣りがメインで、その合間にコソコソ釣っています。ボーズが当たり前のサツキマス釣行は、精神的にも辛いんです。息抜きには、レインボーの暴力的なファイトが、何よりです。 最近、人も多く見かける本流ですが、ピンポイントで狙いを定めています。主な釣り方は、スプーンのドリフト釣法と、リュウキ60や、Dコン63で、表層トウィッチで釣っています。 特にリュウキ60のRPアユカラーの効果は抜群です [続きを読む]
  • ヤス・ホウのサツキマス撃沈日誌 8
  • 小雨が降る夕刻、いい出会いでした。サイズは、仲間規定の35に1センチ程度足らず。でも、まぁ、奇麗な魚体で満足です。ヒットルアーは、往年の名作、フランス、ルブレックス社オーラックS6g。久々のヒットでした。オールド物、逸品です。6月です、あと15日程で、シーズンも終了です。最後に、もう一本、まだまだ、これからや! タックル ロッド : UFMウエダ : SST−82Hリール : [続きを読む]
  • ヤス・ホウの サツキマス撃沈日誌 7
  • ついにあの【Yさん】にも初日が出ました。場所は市内の長良川です。 私は最近、朝練に行くことが出来ません。この時に立ち会えなかったのが残念です。4月初旬から、ほぼ連日早朝、長良川に立ち続けたYさん。その苦労は立ち続けた者だけにしか判らない。体調が悪い時も、眠い時も何度もあったに違いない。連日、休みもなく通い込んでみると判るが、朝起きると右手が腫れぼったく、グローブのようになっていて、腕の関節も痛 [続きを読む]
  • 2017年 ヤス・ホウの虹色釣遊記 三日目
  • 例年、同時進行なのが、本流のレインボー釣行。もう一つの楽しみ。こちらの本流は、水位が安定し、釣果も安定してきましたね。久しぶりの45。まぁまぁ納得のサイズが出ました。なかなか釣行の機会がありませんでしたが、ここ数回の釣行で、サイズはともかく楽しめました。 写真のレインボーは、リュウキ60の表層トウィッチに踊り出てきました。ハラハラドキドキ、素晴らしいファイトは流石レインボーです。大いに引きを堪 [続きを読む]
  • ヤス・ホウの サツキマス撃沈日誌 6
  • 愚釣師、ヤス・ホウからの報告です。ようやく釣りました。5月27日(土曜日)夕刻でした。 この日は昼ごろから、仲間のラインがとんでもない快挙を称えています。あの会長が、弩倒の二連発、さらに三発目は惜しくもバラシ・・・何ということでしょう。今までの日々は何だったのか?どうしてこんな事が起きてしまうのか?釣りってこんなものなんですね。会長本人も、さぞや大笑いだったでしょう。 ただ、ホームではなく、上 [続きを読む]
  • ヤス・ホウの サツキマス撃沈日誌 5
  • 暫くブログ更新出来ませんでした。そうです、何も進展がないからです。 撃枕、撃沈、また撃沈。あまりにも情けない状況が続いています。 仲間内では、やまとまんが、5月13日に私の目前で、38のサツキマス。素晴らしい場面に遭遇しました。でも、それ以降、誰も沈黙を破れず。実に厳しい状況です。 しかし、釣れてない訳ではありません。地元でも、名の知れたサツキアングラーは、殆ど釣っています。釣友のいわな [続きを読む]