かつき さん プロフィール

  •  
かつきさん: 新人賞をとって作家になる!
ハンドル名かつき さん
ブログタイトル新人賞をとって作家になる!
ブログURLhttp://shinjinsho.seesaa.net/
サイト紹介文新人賞情報、新人賞のとり方、応募原稿の送り方、受賞作書評など小説家になるお助けブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供165回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2007/11/21 09:05

かつき さんのブログ記事

  • 横溝正史ミステリ&ホラー大賞
  • 第1回横溝正史ミステリ&ホラー大賞【雑誌】「小説 野性時代」【主催】角川書店【応募内容】広義のミステリ小説。または広義のホラー小説。年齢・プロアマ不問。ただし未発表の作品に限る。【規定枚数】40字×40行で50〜175枚以内400字詰め原稿用紙200〜700枚以内【原稿の指定】1.原稿扉 タイトルとよみがな、著者名(ペンネーム)とよみがな、原稿枚数(データ原稿の場合は400字詰め原稿用紙換算による [続きを読む]
  • 第10回創元SF短編賞 応募要項
  • 第10回(2019年)創元SF短編賞の応募要項が発表されました。締切は2019年1月15日必着発表はサイトおよび「ミステリーズ!」にてWeb応募の際の添付図版の容量制限がなくなりました。ゲスト選考委員は未発表です。応募原稿枚数に変更はありません。創元SF短編賞のページはこちらです。 [続きを読む]
  • 第48回新潮新人賞「二人組み」 発売
  • 第48回(2016年)新潮新人賞を受賞した「二人組み」(著:鴻池留衣)が『ナイス・エイジ』に所収され、発売されました。『ナイス・エイジ』所収posted with ヨメレバ鴻池 留衣  新潮社 Amazonの詳細ページKindleの詳細ページ楽天ブックスの詳細ページ7netの詳細ページhontoの詳細ページe-honの詳細ページ 「二人組み」の書評はこちらです。 [続きを読む]
  • 書評 第24回日本ホラー小説大賞読者賞『ハラサキ』
  • 第24回(2017年)日本ホラー小説大賞読者賞受賞作『ハラサキ』 野城 亮結婚を機に、幼少期の記憶がない故郷に里帰りする百?日向。途中で小学校時代の友人に再会するも、記憶がないことを言い出しにくく、彼女の言うなりに卒業した小学校に立ち寄ることになります。その後、旅館を営んでいるはずの両親は、いないばかりではなく、家業は廃業していたことがわかります。その時、近所の商店から火が出て、日向は火事に巻き込 [続きを読む]
  • 『小説作法』追加
  • 文学の参考書に『小説作法』(著:丹羽文雄)を追加しました。戦前戦後を通じて活躍した丹羽文雄の小説指南書。1950年代のベストセラーの復刻版です。「いったい小説作法という万人に向く処方箋的なものが、ある筈はないのである。小説の作法は各人に独自なものである。」と最初に断り、自らの小説作法を「恥をさらす」と言いながら公開しています。小説の着想、広げ方、テーマ、プロット(構成)、人物描写、環境、描写と説明 [続きを読む]
  • 書評 第7回アガサ・クリスティー賞優秀賞『殺生関白の蜘蛛』
  • 第7回(2017年)アガサ・クリスティー賞優秀賞受賞作『殺生関白の蜘蛛』 日野真人元松永弾正の家臣で、豊臣秀次の臣となっている舞兵庫(前野忠康)は、秀吉と秀次双方から「平蜘蛛」と呼ばれる茶釜を探せと命を受けます。松永弾正を裏切ったことのある兵庫に対しての試みでもあり、兵庫にしてみれば平蜘蛛が見つかった場合、どちらに差し出すかという選択を迫られる事態に。この平蜘蛛がキリスト教に繋がる、大風呂敷な話と [続きを読む]
  • 書評 第3回本のサナギ賞優秀賞『ロンリー・プラネット』
  • 第3回(2017年)本のサナギ賞優秀賞受賞作『ロンリー・プラネット』 雄太郎生きにくさを感じているエンジニアの桑田は、IT長者が建てた独身者専用マンション「ロンリー・プラネット」に、入居資格の40歳と同時に入居します。しかしここは数回の殺人事件が起きています。このロンリー・プラネットの生活が一種のユートピアに思えてきます。3000人の入居者は適度な距離を保ち、さまざまな管理はほとんどボランティアによ [続きを読む]
  • 書評 第14回ミステリーズ!新人賞「未知との遭遇」
  • 第14回(2017年)ミステリーズ!新人賞優秀賞受賞作「未知との遭遇」 丹野文月ひと月前に49歳の若さで逝った兄弟子・朱紋の弟子3人を引き受けるように、師匠から申し渡された紋蝶。京大卒、投資会社サラリーマン経験という異色の落語家の紋蝶は、41歳になっても落語に対して自信が持てません。朱紋が闘病のためキャンセルした大舞台を任される実力はあり、弟子もとってもおかしくはないのですが……。弟子3人の個性が [続きを読む]
  • 第9回日経小説大賞発表&第10回応募要項
  • 第9回(2017年)日経小説大賞が決まりました。受賞作は 「義と愛と」 赤神 諒〓赤神さん、おめでとうございます!第9回の選評は日経新聞のサイトに掲載されています。また第10回の応募要項が発表されました。応募期間は2018年4月1日〜6月30日締切(当日消印有効)発表は2018年12月日本経済新聞朝刊にて応募原稿枚数は変更ありません。選考委員は未発表です。日経小説大賞のページはこちらです。 [続きを読む]
  • 第98回オール讀物新人賞 応募要項
  • 第98回(2017年)オール讀物新人賞の応募要項が発表されました。締切は2018年6月20日(当日消印有効)発表は「オール讀物」2018年11月号この回から応募券がなくなりました。選考委員は池井戸潤が抜け、安部龍太郎・有栖川有栖・門井慶喜・乃南アサ・村山由佳となります。応募原稿枚数に変更はありません。オール讀物新人賞のページはこちらです。 [続きを読む]
  • 警察小説大賞
  • 第1回警察小説大賞【主催】小学館【応募内容】エンターテインメント性に富んだ、広義の警察小説。警察小説であれば、ホラー、SF、ファンタジーなどの要素を持つ作品も対象に含む。自作未発表、日本語で書かれたもの。【規定枚数】400字詰め原稿用紙換算枚数600枚程度【原稿の指定】・A4サイズの用紙に縦組み、40字×40行、横向きに印字、145〜155枚。 必ず通し番号を入れること。・1 表紙【題名、住所、氏 [続きを読む]