奈良県議 宮本次郎 さん プロフィール

  •  
奈良県議 宮本次郎さん: それいけ!宮本次郎
ハンドル名奈良県議 宮本次郎 さん
ブログタイトルそれいけ!宮本次郎
ブログURLhttp://jirou.jcp-nara.jp/
サイト紹介文奈良県議会議員 宮本次郎(日本共産党)の活動日誌
自由文Stop!格差社会   命と暮らしをまもる県政へ   みなさんとともに頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2007/11/23 01:02

奈良県議 宮本次郎 さんのブログ記事

  • 総選挙の結果について
  • 総選挙へのご支援、ありがとうございました 10月22日投開票された総選挙では、大きなご支援をいただき、ありがとうございました。私も街頭で多くの皆さんから 「憲法改悪を阻止し、格差社会を解消するために、日本共産党に頑張ってほしい」 「本気で野党共闘に力を尽くし、候補者を降ろしてまで奮闘する姿を評価している」などの声をいただき、たいへん勇気づけられました。 野党共闘の前進も、日本共産党は21→12 [続きを読む]
  • 安倍内閣の暴走政治ストップ、日本共産党の改革提案
  •  ↑衆院解散となった9月28日(木) 王寺駅にて霜鳥純一2区予定候補と  10月22日(日)投票でおこなわれる解散総選挙。最大の争点は、暮らしと憲法を破壊し、国政を私物化する暴走政治を続けさせていいのかどうかです。  安倍内閣はこの3年間、特定秘密保護法や共謀罪、平和安全法制(戦争法)など、日本の平和と民主主義を脅かす悪法を強行してきました。南スーダンに派遣された自衛隊からの日報文書を組織ぐるみで [続きを読む]
  • 県内30ヵ所に広がる「こども食堂」―さらなる支援強化を
  • 県内30ヵ所に広がる「こども食堂」―さらなる支援強化を  子どもが家に帰っても誰も家におらず、一人で食事をとり一人で過ごす――格差と貧困の広がりの中、「子どもの貧困」が社会問題です。いま、子どもに無料もしくは安価な食事を提供し居場所をつくる「こども食堂」と呼ばれる活動が広がっており、県内で6ヵ所(昨年6月)から30ヵ所(今年8月)に広がっています(県子ども家庭課による把握)。  実際に取り組んでおら [続きを読む]
  • 今週の早朝宣伝予定
  • 24(月)平群町 北公園前交差点25(火)斑鳩町 昭和橋交差点26(水)斑鳩町 法隆寺東交差点、斑鳩町役場前27(木)斑鳩町 JR法隆寺駅南口28(金)平群町 椿井交差点 [続きを読む]
  • 小中学校普通教室へのエアコン設置の現状は…
  •  文部科学省は先日、2017年(平成29年)4月1日現在における各学校のエアコン設置状況を発表しました(3年に1度調査)。  奈良県は特別支援学校・県立高校へのエアコン設置を順次進めていますが、小中学校は市町村任せになっており大変遅れています(3年でわずか1.3%の伸び)。  文部科学省が交付する学校施設環境改善交付金は設置費用の3分の1を交付し、対象工事費は下限400万円〜上限2億円という制度です [続きを読む]
  • 西和地域に病児保育施設の開設を
  •  「子どもの急な発熱で保育園をお休みしなければならないのに、仕事はどうしても休めない。遠方から親類に来てもらうしかない」  ― 私も何度か、同じ経験をしました。  現在、各地で病児保育の開設が進められていますが、県内で利用できる病児保育施設は6箇所です(下表)。  このうち、土庫こども診療所に併設されている病児保育園「ぞうさんのおうち」は開設3年目を迎え、利用者は増え続けています。  利用するには事 [続きを読む]
  • 生駒郡地域の河川・土木の要望を申し入れ
  • ↑和菓子「田鶴屋」さん前のポールは撤去されることに。同店駐車場に出入りする自動車がぶつかった跡が無数にある。  生駒郡地域内でお寄せいただいている道路・河川をめぐる要望を県郡山土木事務所へ申し入れました。主なものを紹介します。 県道椿井王寺線は53.7%の進捗 ー 今年度中に60%台をめざす  県道椿井王寺線の拡幅事業は、用地買収が必要な82件中、6月1日現在で44件(53.7%)が契約済 [続きを読む]
  • 共謀罪学習会に70人―前川きよしげ弁護士を迎えて
  •  5月27日、平群町の「かんぽの宿大和へぐり」にて、昨年の参院選で野党統一候補として奮闘された前川清成弁護士(前参院議員)を講師に迎え、「もっと知りたい憲法と共謀罪」と題する学習会が開催され参加しました。「9条の会へぐり」と「戦争する国づくりSTOP平群の会」の共催によるもの。  前川弁護士は、罪刑法定主義などこれまでの日本の刑法のあり方を紹介しながら、これを180度転換し、内心の自由に踏み込む共 [続きを読む]
  • ゴミ処理広域化はゴミ減量化につながるか―県環境審議会で議論
  •  5月23日に環境審議会が開催され、議会選出委員として出席しました。  議題の中心は、県が平成35年から稼働を目指し天理市に建設する広域ゴミ処理施設(三郷町・安堵町など10市町が参加)の景観・環境への影響についてです。  私は、道路の安全対策や文化財への影響、雨水や排水の地域への影響など近隣住民の皆さんから寄せられた声を紹介し、対策に万全を期すよう求めました。  また、ゴミ処理の広域化と巨大施設化が [続きを読む]