日本国鉄 さん プロフィール

  •  
日本国鉄さん: 株主優待とFXと太陽光発電と鉄道模型
ハンドル名日本国鉄 さん
ブログタイトル株主優待とFXと太陽光発電と鉄道模型
ブログURLhttps://ameblo.jp/nihonkokutetu/
サイト紹介文株主優待とFXと太陽光発電でエコ生活しながら鉄道模型を楽しむ
自由文太陽光発電スペック
sanyo 4.41kw
パワコン 5.5kw
南向き 約30度
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2007/11/24 13:00

日本国鉄 さんのブログ記事

  • 映画「ボヘミアン・ラプソディ」
  • 映画「ボヘミアン・ラプソディ」 実話もの。特別ファンというわけではないので、どこまでが事実なのかは不明。クイーンの結成から、ライブエイドまでのエピソード。聞いたことがある曲がどうやってできたのか、主人公がゲイだったことなどもよくわかる。最後はライブエイドでフィニッシュ。エンドロールでは実話ものでお決まりの本人登場。ファンでなくても、一度は聞いたことがある曲が何曲かは出てくるのでそこそこ楽しめる。も [続きを読む]
  • 映画「舞台挨拶中継)GODZILLA 星を喰う者」
  • 映画「舞台挨拶中継)GODZILLA 星を喰う者」 ういらぶと同じく舞台挨拶中継つきだが、こちらは空席あり。キャストの人気の差だろうか?こちらもオーエスの優待は使用できないので、kadokawaの優待でもらったムビチケを使用。 ストーリーは虚淵玄だけあって、安定のバッドエンド。今回は戦闘シーンも少なめでもりあがりにかけるかも。舞台挨拶は楽しめた。ゴジラのファンならおすすめ。 [続きを読む]
  • 映画「舞台挨拶中継)ういらぶ。」
  • 映画「舞台挨拶中継)ういらぶ。」 予約開始の朝に、席をとったがすでに前のほうしか空いてなかった。かなりの人気ぶりだ。当日は多分満席。オーエスの優待は使用できないので、kadokawaの優待でもらったムビチケを使用。 ストーリーはよくできていて、笑い所も泣き所もあり、ハッピーエンドでスカッとできる。キャストも美男美女揃いでgood。舞台挨拶も楽しめた。お勧めだ。 [続きを読む]
  • 映画「妻の愛、娘の時」
  • 映画「妻の愛、娘の時」 なんで墓にそこまでこだわるのかよくわからんが、旧嫁と新嫁の娘が遺骨の取り合いする映画。証明書もらうために役所で何度もたらいまわしされるところが面白い。最後は結局両方がおれて結局どうなったのか不明のまま終了。 [続きを読む]
  • 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」
  • 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」 客は年齢層高め。原作未読。ドラマは視聴していたがだいぶ忘れている。最近漫画のほうを読んだ。そんな状態での鑑賞。夏目漱石の話と太宰治の話をもとにして、原作ではあっさりと片づけられていた過去を大幅に創作したような感じ。どちらかというと過去パートのほうがメインといってもいいぐらいで、スピンオフみたいな感じ。逆に映画オリジナルの部分が多いのでわざわざ見る価値があるともいえ [続きを読む]
  • 映画「バーフバリ 伝説誕生<完全版>」
  • 映画「バーフバリ 伝説誕生<完全版>」 レイトショーのせいか、客4人だった。約3時間と最近の映画としては珍しく長いのだが、戦闘シーンが多めなので退屈せずに最後まで見れた。内容は王の凱旋を見た後だと結果がわかっており、重複するところもあるので、やはりこちらを先に見たほうがいいだろう。バーフバリがガンガン敵を倒していくので爽快感がすごい。普通に考えれば、王子なのに先頭で突っ込んでいくとかありえないのだ [続きを読む]
  • 映画「サクらんぼの恋」
  • 映画「サクらんぼの恋」 時間が合っただけで、予告さえ見ておらず、ほとんど前情報なしでの鑑賞。強引なところもあるが、ストーリーはよくできていて、笑い所もあり。ハッピーエンドかと思いきやまさかのバッドエンドだが一応救いのあるラスト。見ているうちにタイトルの意味が分かったのだった。なぜさくらんぼなのかがポイント。いやらしいシーンもあり大人向けだが、ちょっとでも興味があるならおすすめ。 [続きを読む]
  • 映画「旅猫リポート」
  • 映画「旅猫リポート」 予告だけの前情報での鑑賞。予想ではもっと長い旅かと思ったが、意外とあっさり終わってちょっと拍子抜け。もっと引取り候補者いっぱいいるのかと思ったが数人であっさりあきらめてた。よくあるエピソードの寄せ集めという感じでそれほどの目新しさはない。一応泣けるつくりにはなっているので、猫好きで泣きたい人におすすめ。 [続きを読む]