せっけん屋 さん プロフィール

  •  
せっけん屋さん: 間違いだらけの生活用品選び
ハンドル名せっけん屋 さん
ブログタイトル間違いだらけの生活用品選び
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/siyouiti/
サイト紹介文本当に便利な道具とは? 基本の台所道具を中心に、道具選びのヒント
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2007/11/24 13:58

せっけん屋 さんのブログ記事

  • ベトナム産琉球ガラスのコップを買った
  •  普段使いしているお気に入りのコップにヒビが入っているのを発見した。焼き物なら金直ししてそのまま使うのだが、ガラスは口や指を傷つけたりしないか心配で使えない。このコップは新宿の備後屋という民芸雑貨を扱う専門店で3800円ぐらいで買った。たしか鳥取県の作家ものの作品で、使いやすい形が気に入ってほぼ毎日使っていた。 それで普段使い用のマイコップを探していたが、気に入ったものに出会えないでいたが、たまたま調 [続きを読む]
  • 泡ボトル
  •  ノズル部分を押すことにより一定量の泡を出すことができる容器をポンプフォーマーボトルと呼ぶ。 25年前ぐらいになるか、せっけん液を入れたら泡になって出てくる容器と出会って、ノズルを押すタイプと、本体容器を押すタイプ(スクイズフォーマーと呼ぶ)を使ってみたことがあった。 せっけんの界面活性作用というのは要するに泡であるから、どんなせっけんも泡立てて使わないと汚れ落ちが悪くなる。だから最初から泡をつくっ [続きを読む]
  • 100均セリアの広口ポンプボトル
  •  水で薄めて使うカリ石けんシャンプーを買って、いざ水に溶かして使おうとして、手持ちのポンプボトルでは口が小さくて、よほど細かく刻んでボトルに入れるか、あるいは他の器で予め溶かしてから容器に入れるしかないので、適当な容器はないかと探したら、100円均一のセリアの広口ポンプボトルを見つけた。 上蓋が外れるので、カリ石けんを細かく刻まずに入れることができ、水を注げばそのまま使える。実は我が家でずっと使って [続きを読む]
  • 石けんシャンプーポルックス
  • 三共油脂 石けんシャンプーポルックス 容量750g [その他]三共油脂(株) たぶん学生時代に日本消費者連盟から出ていた本かレポートでこの水で薄めて使うカリ石けんシャンプーのことを知りました。当時は近所にせっけんシャンプーのような便利なものは売ってなくて、固型石鹸で髪を洗い、お酢を薄めてリンスとして使っていた時代です。それがアマゾンの検索で引っかかって、懐かしさのあまり買ってしまいました。本には理髪店な [続きを読む]
  • カセットコンロを買った
  •  写真左は一人暮らしをしていた頃に買った岩谷のカセットコンロで、たぶん25年前くらいの製品で、今では当たり前になっているヒートパネルというボンベを温めて時間とともに低下する火力を一定にする機能が組み込まれ、当時としては高性能で、カセットコンロの中では高いほうの製品でした。 我が家では鍋をやるのにカセットコンロはなくてならない道具ですが、最近、スイッチがバカになって点火できなくなってしまいました。25年 [続きを読む]
  • iphone se を買った。
  •  しばらく更新しませんでした。前回、「Bluetoothイヤホンを買った。」で書いた通り、愛用していたipod touchが壊れてしまって、写真が撮れなくなってブログもフェイスブックもお休みしていました。 スマホは息子が高校に入学するときにTSUTAYAのトーンモバイルを契約し、親子で持つと安いので、わたしも持つことにしました。契約した2年間はipod touchをメインにトーンモバイルを電話専用機として使って、2年縛りが切 [続きを読む]
  • Bluetoothイヤホンを買った。
  • 完全ワイヤレス スポーツイヤホン IPX5防水 片耳 両耳とも対応 左右独立型 Bluetooth イヤホン マイク内蔵 ハンズフリー通話 小型 軽量 iPhone Android 対応 防汗防滴 Meilunz NB7 (ブラック) [エレクトロニクス]Meilunz 4年間愛用していたipod touchのイヤホンジャックが壊れて音楽が聞けなくなった。町のiphoneの修理屋さんの料金表を見ると1万円は覚悟しなければならず、そういえばipod touchはBluetoothでも聞ける仕組みに [続きを読む]
  • 蛍光増白剤フリーで洗おう
  •  テレビを見ていると、花王のCMが流れ、「蛍光増白剤フリーで洗おう」と呼びかけ、洗剤に蛍光増白剤が使われていることを、わざわざブラックライトで照らして青白く発光させています。 家庭で使われている洗濯用合成洗剤のほとんどにこの蛍光増白剤が入っていて白い衣類をより白く染め上げているわけで、合成洗剤は汚れを落としているのではなく、白く染め上げているだけではないかと揶揄されることもあります。白ではなく生成り [続きを読む]
  • 渦巻き蚊取線香
  • アース製薬 アースノーマット 60日用 取替ボトル 無香料 2本入 [ヘルスケア&ケア用品]アース製薬2011-11-07 いまだに渦巻き蚊取線香は人気があるらしく、ホームセンターの殺虫剤コーナーには目立つところにたくさん積み上げている。たしかにアウトドア用としてこんなに便利なものはない。 渦巻き蚊取線香は明治時代に金鳥の創業者が発明したもので、木粉と除虫菊の殺虫成分をタブ粉という糊で固めて、らせん状に切りぬいたものだ [続きを読む]
  • ジャパネットたかだでエアコンを買ったら…
  •  寝室のエアコンをかけたら、冷房ボタンを押したはずなのに熱い空気が出てきた。このエアコンも15、6年使っているから寿命かもしれない。来年は引越しするかもしれないのでもう1年もってくれたらと思ったが、暑いと眠れないので買い換えるしか仕方がない。 これまで4台のエアコンはすべてビックカメラで買ったが、たまたまTVを点けるとジャパネットたかだでエアコンセールをしていたので今回はそれで買った。価格的にはどち [続きを読む]
  • 調味料瓶を買った(自然塩と青のりを入れてみた)。
  •  仙川にリニューアルしたカルディができたので覗いていると、調味料入れの小瓶を発見、1本100円ちょとだったので2本買ってきた。  我が家の塩は生活クラブの真塩(市販では沖縄の塩シママースとして販売されている)を使っている。海の成分にちかい微量のミネラルを含んだ塩で、素材の味をよりいっそう引き立ててくれる。赤穂の天塩や伯方の塩もこのタイプで市販でもこの自然塩タイプの塩は多くなっている。 この塩は蓋付 [続きを読む]
  • 団扇について
  •  とんでもなく暑いので買っておいた団扇を出した。煽ぐためより、涼を呼ぶインテアとして飾って楽しんでいる。 写真は阿以波という300年以上続く老舗の片透かしの京団扇。工芸品として楽しむもので、安い扇風機なら1,2台買える値段だ。 地域毎にいろいろな団扇が存在するなかで、比較的よく見られるのが丸亀団扇、江戸(房州)団扇、京団扇で、三大団扇と呼ぶらしい。柄の形状を見ると、丸亀団扇が平柄、江戸団扇が丸柄、 [続きを読む]
  • 木曽ひのき箸
  •  妻はお正月に使い終わった祝い箸をそのまま菜箸として使っていた。キッチンツール入れに何本もの祝い箸がいつでも使えるように立てられている。竹の菜箸や最近はやりのシリコン菜箸よりこのほうが使いやすいからだそうだ。それはそれでよいのだが、祝い箸は繰り返し使うと反って歪んだり、黒ずんで汚らしい。黒くなった祝い箸をみるたびにゾッとしたものだ。 コープのカタログに、すり漆の木曽ひのきの箸5膳セットが掲載されて [続きを読む]
  • ビニール傘を買った。
  •  今では禁止になっているけど、雨の自転車通勤でビニール傘は視界がふさがらないのがよくて、自分でも使うようになった。それまでは使い捨ての傘だと思っていたし、実際に初めて買ったビニール傘は取っ手がポキッと折れて1日でゴミ箱行きだった。 傘のほとんどが中国製になって、スーパーやバッタ屋で買った傘がことごとくハズレで、取っ手の色が抜けてしまったり、傘を閉じるときのバンドのマジックテープがくっつかなかったり [続きを読む]
  • パルプ繊維クロス
  •  拭いた油汚れが、水道水でだけで綺麗に落とせる毛足の長いカラフルなふきんが生協の雑貨カタログなどでよく見かける。「洗剤 の いらないふきん ふしぎクロス・雑巾 マジッククロス」などとネーミングされているふきんで、レーヨンを使っていることからパルプ繊維クロスと呼ぶらしい。 たまたまもらったこのパルプ繊維クロスを2ヶ月あまり期待もせず使っていたが、使い勝手がよくかなり便利なふきんだと思った。 汚れは水溶性 [続きを読む]
  • 自作のキッチンスポンジ
  •  あるメーカーのキッチンスポンジの注意書きに、熱湯をかけるな、漂白するな、直射日光にあてるな、電子レンジでチンするな。アルカリ性の洗剤は使うなと書いてある。 これらはウレタン樹脂の特徴で、ほとんどのキッチンスポンジはウレタン樹脂製であるから、あなたが使っている家庭のスポンジも同じ問題がある。さすがに水に浸けるなと書かれているものはなかったが、実はウレタン樹脂は水にも弱い。腐らないはずの石油製品のス [続きを読む]
  • リーガルパッド
  •  道具箱を整理していたら、たぶん25,6年前くらいだろうと思われるリーガルパッドと専用のホルダーが出てきた。 リーガルパッドとはメモ用紙で、黄色い紙、太罫線、左側にある赤い区切り線、一枚一枚切り取れるようにミシン目があり、この用紙にメモをとり、タイプライターで清書するのに便利で、アメリカの弁護士が好んで使ったことからリーガルパッドと名付けられたそうだ。 わたしもこのメモ用紙にアイデアを書き留めたり [続きを読む]
  • 手間なしポテトマッシャー
  • 貝印 kai 手間なし ポテト マッシャー Broad Beans DH-2625 [ホーム&キッチン]貝印(Kai Corporation)2017-04-10 コープのお店にいくと、小玉のジャガイモが一袋(500g位入っている)98円と安かった。小玉だと皮を剥くのが面倒なので、素揚げなど皮のまま食べることが多いかもしれないが、最近、貝印から手間なしポテトマッシャーというのが出たので、使ってみることにした。このマッシャーの何が手間なしかといえば、マッシュす [続きを読む]
  • 冷蔵庫の製氷機の掃除をした。
  • 自動製氷機洗浄剤/氷キレイ 【4個セット】 日本製ノーブランド品 コープのチラシで自動製氷機用洗浄剤が載っていた。容器にこの洗浄剤をいれておけば勝手に製氷機の汚れを氷にして出してくれるらしい。 冷凍冷蔵庫の自動製氷機能は便利だけれど、それなりの手入れが必要らしい。我が家はブリタの軟水を使っているので、カルキ成分が溜まることはないはずで、こういうクリーナーは必要ない、掃除も最低限でよいと勝手に思っていた [続きを読む]
  • アタックの石けん
  •  スーパーの洗剤売場で写真のブラシ付ケース入固形せっけんがアタックブランドで出ているのを発見した。品質表示を見ると無添加ではないものの間違いなく石けん成分(脂肪酸ナトリウム97%)であり、蛍光増白剤無添加とうたっている。従来から「青ざらし」など、汚れの目立つところに、重点的に擦りつけて洗うというせっけんはあったが、大手メーカーが発売すると、いかにも使いやすそうで、デザインもよい。ケース付324円、詰替 [続きを読む]
  • 鋼の三徳包丁
  •  1本1万円の打刃物の三徳包丁を買った人から切れ味が悪いとクレームで返品され、研いで返したということがあった。俗に伝統的な和包丁は軟鉄に鋼を合わせ叩いて作るし、そうして出来た包丁はよく切れるとされ、料理本によっては家庭の主婦にも勧めているものをたまに見る。ただ、よく切れるのは頻繁に研ぐからで、鋼の包丁はステンレス包丁などと比べ柔らかく簡単に刃がつく。反面、同じように使ったらはやく切れなくなる。 三 [続きを読む]
  • ベストおたま
  • ママクック ステンレスお玉 22356 [ホーム&キッチン]下村企販 一月くらい前のNHKのあさイチでパール金属の担当者がベストオブおたまはオーバル(楕円)型だと言い切って話題になった。たまたま、わたしもその番組を見ていたので、あー、そういえば柳井宗理は楕円型だし、プラスチックのお玉では多いなと思った。 担当者に自信ありげに言い切られると、なるほど大概のキッチンツールは丸より楕円だなと思う。愛妻専科のカス揚 [続きを読む]
  • にんにく絞りを使った
  •  一人暮らしのときはにんにくを買ったことがなかったが、結婚すると妻が常備菜としていつも置いているので、わたしが料理するときも、包丁でみじん切りにして使っていたが、潰して使ったことはなかった。たまたまマーボー豆腐を作るときに、台所の引き出しに妻が使っているにんにく絞り器が目についた。ステンレス製でにんにくの1片を入れて、底の穴から絞り出すタイプのもので、わたしが妻に請われて買ったものだ。 包丁のみじ [続きを読む]
  • フルベジピコというヘタ取りを買った。
  • 下村工業 フルベジ ピコ ヘタ取り FV-601 [ホーム&キッチン]下村工業2015-03-06 年末から今年にかけて、自分の人生で一番たくさんのいちごを食べてしまった。いちご羊羹をつくろうと安くて小さな加工用のいちごを買ったけど、数が多いとヘタを取るのが面倒なのでヘタ取りの道具を買ってみた。これがなかなか使い勝手がよい。いちごのヘタに差込みつまみ上げるだけでキレイに取れる。なんのストレスもない。 加工用の小さないちご [続きを読む]
  • 曙産業の立つしゃもじを買った
  •  向かって右が大ヒットしたマーナ、左が曙産業の立つしゃもじです。マーナのしゃもじはシルエットが美しく、持ちやすく、ご飯をすくいやすく、混ぜやすくよくできたしゃもじだったのですが、くっつかない機能は曙産業のようなダブルエンボスではないため見劣りします。特に黒は洗って乾いた後にでんぷん質のぱりぱりが白く浮き出てくることがあります。くっつかない機能性ではダブルエンボスの曙産業のしゃもじなのだが、以前スイ [続きを読む]