にっこり さん プロフィール

  •  
にっこりさん: 心の栄養にっこり
ハンドル名にっこり さん
ブログタイトル心の栄養にっこり
ブログURLhttp://nikkori.seesaa.net/
サイト紹介文和顔愛語を心がけている精神科医が、心の栄養になった事等を、心のままに書き続けます。
自由文将棋参段。「星降る街角」を飲んで歌って踊る。緑の中を愛犬と散歩して癒されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/11/26 01:27

にっこり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ラッセルの「幸福論」の2つのキーワードは?
  • 100分で名著 Eテレ でラッセルの「幸福論」を放映しています。ラッセルの「幸福論」の2つのキーワードは何でしょうか?「外界への興味」と「バランス感覚」です。真の幸福は、他を幸福にする事によって得られると思います。また、明らめる事は明らめ、今、出来る事を顔晴りましょう。私の幸福な時間は、1日の充実した仕事を終え愛猫を腕枕して、グルグル音を聴きながら眠る事です。良かったら していただけると嬉しいです↓ [続きを読む]
  • 昌枝、俺の人生をお前にあげる
  • p.52〜仕事を辞めて、認知症の妻を介護している著者が妻の近くにいるヘルパーさんに「やはり経済的負担が大きい。偽装離婚でもして生活保護が受けられるようになれば、大助かりなんやけどなあ」と、冗談まじりにこぼしました。さすが介護のプロは急にマジメな顔になって、著者に「中野さん、昌枝さんが泣き出しそうになってるよ。もうこの話はやめてください」と忠告しました。大阪体育大学の橋本教授に「認知症の患者さんは自分の [続きを読む]
  • リウマチの痛みが消えた物語
  •  このままでは車椅子の生活になると医師から言われた飛田貴生様のリウマチの痛みが消えた私のストーリーを読みました。リウマチ等の自己免疫疾患の方々の性格は、私の印象では自分で自分を責める人が多いような気がします。自己免疫疾患は、自分で自分の体を攻撃しています。リウマチは自分で自分の関節の組織を攻撃しています。自分自身が自分を痛みつけています。完璧主義者が多く、自分にとても厳しいようです。アラン・コーエ [続きを読む]
  • 叱った方が成績は良くなる?
  • 良い成績だったから褒めて次回下がった。悪い成績だったので叱って次回上がった。だから叱った方が良いと言う人がいます。これは統計的には正しいでしょうか?放送大学 心理学基礎 錯覚の科学 第10回 身近な情報の錯覚でも菊池聡 信州大学教授が話されていましたが平均への回帰を錯覚しているだけです。たまたまいつもより成績が良かったり悪かったりしたのが、次回は平均に近づいただけです。統計的には叱って良くなったわけ [続きを読む]
  • ドジョウの死亡率最低の空輸法?
  • 稼ぐ超思考法 を読んで、びっくりしました。日本はドジョウを中国から空輸します。ところが、中国から日本に空輸される間に水槽が揺れて80%のドジョウは死んでしまいます。しかし、これでは原価が高くなります。どうしたら良いでしょうか? ドジョウの天敵のナマズを水槽の中に一緒に入れることです。ナマズはドジョウの20%を食べまくります。しかし、一匹のドジョウも死なない。輸送効率は20%から80%と4倍になりま [続きを読む]
  • 影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか
  • FeBe↑↑での紹介ページへ影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか をFeBeでとても面白く聴きました。ある観光地の宝石店で、売れ行きが悪い宝石がありました。店長は価格を 1/2 倍 にするように殴り書きをして出張に出かけました。帰ってみると、売れていましたが、店長はびっくりしました。店員が読み間違えて2倍の価格の値札をつけたけど売れたのです。その後、その店では、観光シーズには、宝石に故意に倍の値札 [続きを読む]
  • 50人と100人の戦を観て家康の勝利予想?
  • 家康が子供の頃、50人と100人の子供が小石を投げあって石合戦をしているのを見かけました。家来が「勝つのはどちらでしょうか?」と問いました。家康は何と答えたでしょうか?「50人の方が勝つ」と自信満々に答えました。家来は多数の方が勝つと思っていたので家康にその理由を尋ねました。「100人の方は多数ということに安心して、半分が遊んでいる。残りの半分も、真剣に戦おうとしていない。一方、50人の方は少数のため、皆が真 [続きを読む]
  • 沢の雉(きじ)
  • あけましておめでとうございます。今年は酉年ですが、私は中国の古典『荘子』に登場する「沢の雉」が好きです。「沢雉十歩一啄、百歩一飲、不期畜乎樊中、神雖王不善也。」沢雉(タクチ)は十歩に一啄(イッタク)し、百歩に一飲するも、樊中(ハンチュウ)に畜(ヤシナ)わるるを期(モト)めず、神(シン)は旺(サカン)なりと雖(イエド)も善(タノシ)まざればなり。沢の雉は、十歩あゆんでやっとわずかの餌(えさ)をついばみ、百歩あゆんでや [続きを読む]
  • 猫の習性
  • 以下は、市の医師会報の年男年頭雑感の私の一部省略した文章です。私は申年生まれですが、好きな動物は干支にない猫です。手足の短いマンチカンの雌を飼っています。布団に入って来て腕枕で眠り、暑くなると出るのを繰り返します。猫のグルグル音は、イルカの 音と似て、心を癒やすそうですが、実際は心を鍛えられます。本を読もうとすれば、本の上に乗ります。キーボードの上に乗ろうとするので、左手で抱き、右手でキーボ [続きを読む]
  • 漫画「コウノドリ」は、なぜ濁点がある?
  • 産科医を主人公にする漫画「コウノドリ」を妻が買ってきて「なぜ『コウノトリ』でないの?」と尋ねました。それは、違和感を覚え、強く記憶に残るからです。人は、その疑問を解消したいと思うものです。ツァイガルニック効果(ツァイガルニク効果)と似ています。「続きはCMの後で」とか、ブログの「続きを読む」もそうです。また、スラムダンク等のように男性向けの漫画のタイトルに濁点があると力強さがあり売れると言われてい [続きを読む]
  • 過去の記事 …