カワセミ@旅人 さん プロフィール

  •  
カワセミ@旅人さん: 雑木林に暮らす(Archives)
ハンドル名カワセミ@旅人 さん
ブログタイトル雑木林に暮らす(Archives)
ブログURLhttp://ezoriss.sapolog.com/
サイト紹介文雑木林の「ログハウス暮らし」などをエゾリスくんと楽しくアーカイブで紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2007/12/04 19:30

カワセミ@旅人 さんのブログ記事

  • 陸の孤島・その2
  • 「陸の孤島」というのは大げさだった。道は除雪されている。エゾリスたちも頑張った。雪は雪といってもさらさらの粉雪でもない。ずいぶんと重たい雪だ。テレビでは大相撲をやっている。昨日は白鵬が負けてしまった。力士たちを見ているとみんな「ゆきだるま」に見えた。しばらくは「雪の恐怖症」が治らないだろう。恵みをもたらす「コクワ・さるなし」の蔓(つる)が茂るベランダ側。雪でふさがっている。防災上問題がある、逃げ場 [続きを読む]
  • 雑木林の名峰
  • きょうは26日(水)。とても暖かい春の日差しである。珍しく朝から薪ストーブは焚いていない。室内の温度計を見ると54℃・・じゃない、これは湿度計だった。温度は23℃をさしている。しかし、ベランダの雪はまだまだ横綱級だ。そういえば、大関の鶴竜がどうやら横綱になりそうだ。恐るべし、ジンギスカーンの国(人)だが、北海道ではジンギスカンを食べているからこっちの方がもっと恐ろしいか(食料)札幌ビール園、近郊の [続きを読む]
  • 陸の孤島番外編・その1
  • 陸の孤島だった。それでも遠くから「お帰りなさ〜〜い」という声が聞こえてきた。しかし、なんとまぁ・・雪の深いことよ、驚いた。屋根からの雪は容赦なく落ちる。2月、3月だけは「落ちる」という言葉は使いたくない。受験生頑張って・・ね。でも、落ちる。あぁ・・また雪が降ってきた。(2014年のアーカイブを転載しました)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • コンポスターへの道
  • コンポスターへの道は。。遠かった。コンポスターとは「生ゴミ」を貯金しておく頑丈な容器である。ここには二つある。美味しそうな「堆肥」ができあがるので、交代交代で効率よく使っている。だがしかし、今はそこまでたどり着けないでいた。雪のせいである。道は遠い。なんとか長靴が埋まらないで歩けるようにように、やっとこさ、やっとこさ・・とがんばった。自分をほめてやりたい・・なんてアホなことは言わない。なんせ、我が [続きを読む]
  • 冬の伐採・その2
  • 2013/03/21薪と伐採伐採した木の幹や太めの枝を積み重ねている。伐採木は来年にまで、そのまま日干し、雨にさらすことになる。そして来年には「ダイコン干し」や「干し柿づくり」のように軒下につるすことにしよう。薪を45センチに切って・・つるす。まぁ・・世間広しといえどもだれもそんなことをしないだろう。というよ…粉雪が昨日の夕方から降リ続いている。今は小休止だろうか、止んではいるが風がやや強い。日本海側は風も強 [続きを読む]
  • 冬にも雑木林の伐採
  • 珍しいことに雪ではなくて「雨」になっている。暖かかったということだろう。そのうちにお湯が降るかもしれない。気になっていた雑木林の伐採を始めた。いくつかの樹木の間引を兼ねている。でも本命は来年の「薪の確保」である。冬の伐採は雪で足を取られる、結構神経を使う。それでもなかなか伐採がうまくいかない。簡単に云うと「下手だ」ということ、でも下手でもやらなくては。この世の中、あれこれと下手でもひたすら一生懸命 [続きを読む]
  • 島ラッキョウの苗・冬
  • 2010/12/30南の野菜畑・その3知る人ぞ知る「島ラッキョウ」が群れている。この「島ラッキョウ」の美味しさは格別である。におい、歯ごたえ、食後の胸焼け・・・口直しにビールがすすむ。あまり畑の場所もとらない、手間かからず、人気あり。・・なのでたくさん植えてしまった。「マヨネーズ」や「キムチ」と友だちの「セロリ」。虫も…昨年(2018年)12月に沖縄から少しだけ持ってきた。「島ラッキョウ」の苗である。とは言っても [続きを読む]
  • 薪小屋からパイプ小屋までのバイパス
  • 2013/12/31薪ストーブ暮らし‐47(薪小屋づくり)伐採木は増えるばかりで片付けるのも容易ではない。腐らせて「キノコ畑」にするというわけにもいかない。今までの朽ち木で充分間に合っているし・・。そこで重い腰をあげた。なんたってその重い腰は「ぎっくり腰」に「腰痛持ち」、自慢じゃないが「頚椎」の潤滑油も足りない。その潤滑油は「ビール」では…一輪車を使って「パイプ小屋」から「薪小屋」まで小枝薪を運んでいた。大雪 [続きを読む]
  • 今年もまた味噌づくり
  • 2017/01/12味噌づくり今年も「味噌づくり」の時期がやってきた。北海道の大豆は人気があって、幸いなことにたやすく手に入る。自慢できる「手前味噌」ができるかどうか。ということで、糀(麹、こうじ)を買いに行ってきた。隣近所の人たちもここの糀を使って「味噌づくり」をしている。手前味噌も今回で3回目である。ああ…2019年の「味噌づくり」である。この時期が一番いい。運動不足解消・・とまではいかないが、手と腕の力が [続きを読む]
  • パイプ小屋から薪小屋までの道は遠い
  • 2018/08/15でめん(でづら)さんは一人前夏休みは頑張るしかない。こうして北海道は開拓されたかもしれない・・・なんて、ことは、ないか。小枝も充分な燃料だ。ノコの使い方もさまになってきた。…小枝も貴重な資源、燃える炎でもある。ゆっくり、のんびりと焚くには小枝がいい。パッと燃えてしまうわけでもない、空気の吸入口を調整するだけで長いこと燃えてくれる。ま、気の短い薪焚人には小枝は不向きではあるが。パイプ小屋の [続きを読む]
  • パイプ薪小屋の屋根の雪
  • パイプとトタンで組み立てた簡易薪小屋。雪がずいぶんと多い。と思いきゃ・・ちょっと様子が違う。トタン屋根の上にのっかった雪がズルズルと滑り落ちそうになっている。なんとなく面白い光景である。冷たい風を防いでいるかのようだ。しっかりと氷柱(つらら)ものびている。・・と云うだけの話でした。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ *クリ [続きを読む]
  • 年明け3日目
  • (2017年1月のアーカイブを転載しました)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * すると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ エゾリスの画像を すると↑↑新しい「雑木林 [続きを読む]
  • 元旦の次の日
  • (2015年1月のアーカイブを転載しました)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * すると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ エゾリスの画像を すると↑↑新しい「雑木林 [続きを読む]
  • 明けまして元旦
  • あけまして おめでとうございますことしもどうぞよろしく・・(2013年1月1日のアーカイブを転載しました)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * すると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 大晦日の1日は暮れる
  • きょうは2008年最後の日付けである。外は霧雨で気温は20℃前後。エゾリスさんのいる北国からくらべると寒くはないが・・でも寒い。12月の初旬にもなるとさまざまな雑誌は早々に「新年号」を発売して店頭をにぎわす。小さな離島の島では12月号を追い越して新年号ということも昔はあった。以前は週遅れの「週刊誌」というのも多かったから無理もない。時々買う雑誌がある。月刊誌の「BE-PAL」と季刊誌の「チルチンびと」だ。上のもの [続きを読む]
  • 薪ストーブは花ざかり
  • 2014/12/20薪ストーブ暮らし-59(ストーブガード)結構それなりの似合うサイズというのは探せばあるもんだ。色もいい。「樋口一葉さん」ではなくて「野口さん」が3枚ほどでていった。お買い得かもしれない。とっても頑丈・・というわけでもないがほどほどに丈夫そうである。これでひと安心、あとは待つだけ。もしもストーブ側に倒れそうになってもワンク…遠くから「でめんさん」がまたまたやってきた。それなりに手伝いができるの [続きを読む]
  • 冬支度のエゾリスくん・その2
  • またかいな・・なつこちゃん、しつこい。今度はモップに興味を示している。別にクルミを隠してヤラセをさせているわけでもない。ほんとまったく不思議といえば不思議である。エゾリスはこういうこともするんですねぇ。この「モップ」を柄といっしょに運んでいくとしたら大変だ。もしかして巣では冬支度の大掃除?見えないところでは、もっと違うことをやっているのかもしれない。(2010年11月のアーカイブを転載しました)・・・・ [続きを読む]
  • 冬支度のエゾリスくん
  • 冬はやはり寒い。エゾリスの「なつこちゃん」もふくよかになってきた。何してるんだ・・?タオルと遊んでいる・・?お前はネコか・・イヌか?実は、風で飛んでしまった雑巾用のタオルである。それを目ざとく見つけたなつこちゃんはゴソゴソと何かに夢中・・。もしかしてタオルをたたんでくれるのかな、とも思った。しばらく見ているとどこかに運ぼうとしている。あっ、分かった。多分、自分の家(巣)に持って帰りたいのだろう。寒 [続きを読む]
  • 初雪のエゾリス
  • この雑木林では昨日の朝が初雪だった。今朝も雪景色、モノクロの世界が広がっていた。カーテンを開けるとエゾリスたちが遊んでいた。まだ7時前だというのにホント早起きだ。夜はいったい何時に寝ているのだろうか・・ヨフカシはしていないのだろうか、寒くはないのだろうか?エゾリスは雪を食べていた。「水分の補給」かもしれない。雪は昨日のようにすぐに解けてしまうことだろう。今年は雪の中のエゾリスをたくさん見ることがで [続きを読む]
  • ジャイアントマンタの海
  • ジャイアントマンタが初めて捕獲されたと云う。そして水族館では一般公開も可能となった。これは見に行かねば・・ということであの「美ら海水族館」に出かけた。でもやっぱりジンベイさんのほうが迫力満点の主役である。以前見た時は確か3匹が泳いでいたはずだが。今は2匹になってる、なんでも1匹はその後、海に戻したとか・・。水槽の許容スペースに合わなかったのかな。右上にいるのがジャイアントマンタである。正式には「オ [続きを読む]
  • しばらくぶりの街角散歩(エンダー)
  • 2013/03/06A&Wドライブスルーおきなわ通(つう)ならだれもが知っている「エンダー」である一度は訪れたことが あるにちがいない  観光客にも人気がある マックやケンタ(KFC)よりも人気があるそうだ  今では珍しくもないドライブスルーだが 最初にできたのは1963年頃というからかなり古いこのドライブインレストラ…何年ぶりだろう、ここに入ったのは。沖縄では珍しくもない店である。昔は良く「ホットドッグ」、「ス [続きを読む]
  • 薪ストーブ暮らしー65(薪小屋が空っぽ)
  • 遂に薪がなくなった。「薪小屋」の左端、第1コーナーの薪が・・全部である。30センチの薪だった。30センチの暖かさでも十分にその役割は果たしてくれた。感謝である。でも・・30センチの暖かさとは何だろう?足元から30センチまでが暖かい。。か。今は「薪小屋」のない沖縄にいる。薪ストーブの暖かさが懐かしくなる。とにもかくにも南国でしばらくは休息、休憩ということか。薪の消費は当然ながらなくなっている。「薪小屋」に残 [続きを読む]
  • 薪ストーブ暮らし(鉄製のスタンド)
  • 「薪ストーブ暮らし」も今では休眠中。・・ということになっている。いわば追憶と黄昏(たそがれ)の「薪ストーブ暮らし」ということか。そうなると次は人生が寂しくなる、ついでにこの際、フトコロも寂しくなる。だから早く「薪ストーブ暮らし」の現役生活に戻ろうと思っている。どうも辻褄(つじつま)が合っていないが気にしないでおこう。気分を変えて「黄昏」とは別の話へ。ストーブまわりのちょうど良い場所に小さな「薪棚」 [続きを読む]
  • エゾリスと長靴
  • おじちゃん、しつもんがあるんだけど・・。。やあ、なんだね?・・なつこちゃんいつも、とおくでみてるんだけど・・おじちゃんの はいてるながぐつ・・それってどこでうってるの??ふつうのと ちがうみたい。。アハハハァ(笑)あながあいてるから・・ガムテープをぐるぐるっと まいてるんだよすご〜〜い!おかねもちのひとはみんなそうするの?。。そうだよ(2013年3月のアーカイブを転載しました)・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • スズメバチはなぜ刺すか
  • 昨日は一日中雨だった。雪は全部解けるのかと思っていたらそうでもなかった。根雪になろうとがんばっているのかもしれない。近くの「スキー場」はもうすでにオープンしているが、重たい雪では滑るのも大変なことだろう。「図書館」に行って本を数冊借りてきた。その中で、この「スズメバチ」さんの本が面白い。スズメバチは「刺す」どころか「噛む」こともする。数年前にセミとの決闘を見た、なかなかの強者(つわもの)だった。「 [続きを読む]