ケアマネゆり さん プロフィール

  •  
ケアマネゆりさん: 名古屋ケアマネ介護福祉スクール
ハンドル名ケアマネゆり さん
ブログタイトル名古屋ケアマネ介護福祉スクール
ブログURLhttps://ameblo.jp/bmoaehn2002/
サイト紹介文名古屋で、ケアマネ受験対策講座をおこなっています。効果的な勉強法や受験ポイントも紹介しています。
自由文ケアマネ受験の合格の秘訣は、効果的な勉強法にあります。


あと1点に泣かないよう、また効率的な学習をして、80%をめざしましょう。

名古屋近辺で、ケアマネ通学講座をお探しの方、詳細は、お気軽にお問い合わせください。





また、ケアマネ業務が理解できるよう、日常の業務も綴っていきます。





参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2007/12/04 22:14

ケアマネゆり さんのブログ記事

  • 「受験生のタイプ」
  • 受験生にはいろんなタイプの人がいます。問題の解説文に対して、素直に「そうだね」と思え覚えていく人。問題文の一部分が気になり立ち止まってしまう人。「どうしてこの箇所にそんなにひっかかるんだろう」とと思えてしまう人もいます。でも、本人にとっては、大事な問題なんですね。 また、問題文に書いていないところまで思いめぐらせ、深読みして正解にたどり着けない人。 引っかかった箇所にいる方に対しては、「迷路」から [続きを読む]
  • 「パワーをもらう!」
  • 昨日、真夏のように暑い天候のなか、応援している学校の試合を観るため、高校野球愛知大会に行ってきました。真白なユニホームに、精一杯、走り込みボールを追いかけ、懸命な選手の姿にパワーをもらえました。出場選手・控え選手の父母らしき人は、観客席にいる応援者に、凍らせたペットボトルと、高校名の入ったタオルを配っていました。私も、いただいたタオルを首に巻き、応援し続けました。 一生懸命、頑張っている姿は周り [続きを読む]
  • 「伸びる人」
  • ケアマネ講座をやっていて、どんな人が伸びるか。それは、「素直な人」です。こちらのアドバイスをそのまま受け入れ、実行する人です。そう思ったら、私も周囲の人からアドバイスを受けたら、きちんと受けとめようと思いました。 [続きを読む]
  • 「勉強できること・受験できることに感謝」
  • 私が住む愛知県では、只今、ケアマネ受験願書の受付中です。 先日、大阪で地震があり、崩壊した建物がテレビ画面に映し出されていました。人生、いつ何が起こるかわかりません。また、EPAに基づき、介護福祉士を目指している外国人の方は、日本という異国で日本語を覚え、同僚の日本人と同じように勤務をこなし、振り仮名付きとはいえ、日本人と同じ問題の介護福祉士試験を受験します。合格しなければ母国に帰国しなければな [続きを読む]
  • 「ケアマネ受験資格」
  • 私が住む愛知県では、只今、「ケアマネ受験願書」の受付中です。今年からケアマネ受験資格要件が変わっています。受験層で一番、多い介護福祉士さんなら、「介護福祉士試験に合格し、登録をしてから5年+業務に従事した日数900日以上」となります。早めに手続きを済ませておくことをおススメします。 [続きを読む]
  • 「生活習慣病の予防」
  • 生活習慣、大切だと思います。バランスの取れた食事、適度な運動。年齢を重ねると代謝も落ちて、体重も増加傾向になりがちかもしれません。先日、テレビで紹介されていた「簡単血液検査」の存在を知りました。指先のほんの少量の血液を在宅で採取し、検査センターへ送ると、血液検査できる。試してみました。中性脂肪や血糖値などがわかります。1週間で結果が届きました。自分の体の状態を知るいい機会になりました。 [続きを読む]
  • 「ケアマネ受験申込」
  • 私が住む愛知県では、昨日(6月6日)からケアマネ受験願書を配布しています。願書の受付は、平成30年6月12日(火)から7月11日(水)まで  (7月11日消印有効 簡易書留による郵送)試験日時 平成30年10月14日(日)試験会場   名古屋市立大学 滝子  名古屋大学 東山キャンパス  愛知事件率大学 長くてキャンパ 出願にあたっては、実務証明書・受験用に貼る写真・受験料の振り込みなど準備を要し [続きを読む]
  • 「ケアプラン有料化」
  • 昨日、新聞記事に、「ケアプラン有料化へ」という記事がありました。介護保険サービスを使う際、ケアマネジャーが作成するケアプランについては、現在は利用者負担ゼロです。これまで何度も議論されてきて、現在、負担ゼロになっていますが、また議論の内容になっているんですね。私は有料化には反対です。公正・中立が保てなくなる。膨らみ続ける介護給付費を減らすためであれば、他に目をつけるところがあるように思います。「 [続きを読む]
  • 「八訂介護支援専門員基本テキスト」
  • 八訂介護支援専門員基本テキストが届きました。昨年のものと比べて、かなり見やすくなっています。すごく、実戦向きだと思いました。ケアマネになったときに役立つ介護報酬の加算・減算が詳しく書かれています。絵が多く(たとえば居宅のケアマネジメントプロセス)、読みやすいです。第3巻は、保健医療福祉分野について書かれていますが、ケアマネにとって必要な知識がわかりやすく書かれています。ケアマネ試験に受かったあと [続きを読む]
  • 「今が大事な時」
  •  今年から、ケアマネ受験要件のハードルが上がります。影響が大きいのは、これまでの実務経験5年に加え、介護福祉士資格を登録してから5年経ていないと受験できなくなったことです。受験生は減るでしょう。 反面、介護保険制度は改正のたびに複雑化していて、介護支援分野の学習は大変です。介護保険サービスもサービスの種類が増え、それぞれのサービスの加算・減算が増え、勉強範囲も増えています。 本番試験直前は、ほとんど [続きを読む]
  • 高齢者が地域を支える拠点をつくりたい」
  • 以前の記事に書きましたが、「高齢者が地域を支える拠点をつくりたい」元看護師で地域包括支援センターでセンター長をしていた女性が、職を辞し、喫茶店を始めました。 今日は拠点である喫茶店に出かけて、モーニングをいただいて来ました。「フワフワのトースト」「口あたりのいいマンゴジュース」「本当においしいと感じたハチミツ入りのヨーグルト」で元気がアップしました。お店のなかは、白が基調で、落ち着ける雰囲気です。 [続きを読む]
  • 「過去問の使い方」
  • ケアマネ試験において、過去問はとても重要です。過去問を解く時、ただ単に〇×の解答をおこなうのではなく、×の文章はなぜ、×かを突き詰めることが大事です。あとは、問題の単語の意味を理解する。たとえば、介護保険法において市町村の条例で定めるものはどれか?という設問に対して・普通徴収に係る保険料の納期という選択肢があったとします。普通徴収っていったい何のことか?普通徴収とは、第1号被保険者で年額18万未満 [続きを読む]
  • 「気分転換」
  • ゴールデンウイーク真っただ中、ケアマネ友人に会いに、長野県まで行ってきました。行き先は、長野県伊那市にある「「かんてんぱぱガーデン」ここは、職員を大切にするということで全国的にも有名な会社です。緑あふれ、揺れる風のなかに身を置いているとなんだか、エネルギーが湧いてきます。 [続きを読む]
  • 「介護支援分野攻略・あきらめない・調べる・粘る 」
  • ケアマネ受験生にとって、大変なのは介護支援分野の理解だと思います。介護支援分野の多くは、丸暗記ではなく理解です。理解でき、つながっていけばスムーズに記憶できます。問題を解いていてわかりにくい用語が出てきたら面倒でも調べましょう。問題集を解くのに最初は驚くほど時間がかかっても理解できれば、問題を解くスピードは上がってきます。ここは粘りましょう。 [続きを読む]
  • 「初めての外国人の方の配送を受けました」
  • 私は、よくネット注文し、配達してもらっています。不在時の対応として玄関前には、宅配ボックスを置いています。 先日、荷物を受け取る際、ドライバーの方が、外国人の方でした。片言っぽい日本語で、「ここにサインをお願いします」と話す外国人青年の笑顔が素敵でした。異国で車を運転し、荷物によっては時間制限のあるなかで配達するのは大変だと思います。エールを送りたいし、荷物を受け取る側の私も、不必要な時間指定をし [続きを読む]
  • 「ケアマネスクール勉強会」
  • 過去受講生を中心で、今回の介護保険改正の勉強会をおこないました。20名を超す受講生らが参加してくれました。参加者を前にして、一番感じたこと。ケアマネ受験勉強に来ていた時と、顔つきが違いました。自信に満ち、積極的で、日々、仕事に向き合っている様子が感じられました。ケアマネ業務の就いていない方も、今、制度がどう変わっていき、どういう方向に進んでいくのかも知って欲しいと思い、勉強会を企画しました。参加して [続きを読む]
  • 「弊社卒業生からの質問」
  • 弊社の過去卒業生から、質問相談が入りました。「介護報酬の改正があり、事業者さんから、今度から○○加算をとりますのでよろしくお願いします」という文書が届きます。事業者さんから言われたら、加算って、全て算定しないといけないんでしょうか?」と言う質問でした。 私の返事は、「たとえば訪問看護の看護体制強化加算など、事業所の体制に関することであれば算定されるけど、通所介護の個別機能訓練加算や栄養スクーニング [続きを読む]
  • 「看護学校時代の同級生」
  • 久しぶりに、看護学校時代の同級生に会いました。3年間の学生時代、学校帰りに、ドーナツ屋さんに行って喋ったり、実習の時には、彼女の家に泊めてもらったり。大袈裟だけど、一緒に青春を駆け抜けたって感じ。あれから、もう何十年も時間が流れました。彼女は頑張り屋さんで、今では看護学生の指導や教壇に立って、授業を行っている。学生時代と変わらず、今でも前向きでそして誠実です。彼女から元気をもらい、家路に着きました [続きを読む]
  • 「LINE@の利用」
  • 弊社の講座への申込みは、お問い合わせフォームへの入力か、お電話をいただく形を取っています。今の時代は、メールアドレスより、LINEでメッセージのやりとりをしていることが多いように感じます。そのため、弊社のホームページで、LINE@のバーコードを貼りつけました。詳細は、http://www.n-cks.com/をご覧ください。(一番下の欄にあります)LINEの基礎知識がないために悪戦苦闘しました。 LINE@は、今までの [続きを読む]
  • 「明日は特待生試験」
  • 明日は特待生試験です。すでに作成してある特待生試験問題を、もう一度、チェック。準備を終えています。「過去問中心に勉強しています。なかなか、時間取れませんが」など、連絡下さった方もみえます。 早めに学習して、良いスタートが切れますように! [続きを読む]