きたん さん プロフィール

  •  
きたんさん: gogo!320che⇒サンフレッチェ
ハンドル名きたん さん
ブログタイトルgogo!320che⇒サンフレッチェ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kitan233/
サイト紹介文サンフレッチェ広島を応援しています。一年365日サンフレッチェ一色ですべて紫色になりそうです。
自由文サンフレッチェ広島の試合前後、その他、気がついたことなどを記事にしています。
仕事をさておいても試合を見に行ってしまう情熱は、
なかなか冷めてくれません。

その他、バイクと写真についてもUPしているので
よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2007/12/04 22:50

きたん さんのブログ記事

  • 神は、細部に宿る。
  • 失くしたものの代償は、大きいと思いました。なんとなく見ていると、うちもやれてたように見えてしまうのが鹿島アントラーズの恐ろしいところ。バイタルまでは、やらせてくれてもその先には、行かせてくれない。かと思えば引き出しといてきっちりと決める。これぞ、サッカー。そして、そこに至るまでの細かな細かな所作。完全にサンフレッチェが無くしてしまったものがそこには、ありました。仕掛けてくるサイドと対面し、まったく [続きを読む]
  • 絶対に負けては、ならない。ラスト6。
  • じつは、札幌戦のあと、じわじわもやもやしておりました。相手が強いとシンプルにくるので、あちこち動いてるこちらが意外とそこをついていけるけど弱いとおたがいスペースが作れず決定機をつくれなくなってしまう。塩試合というのは、そういうもんだとおもうんですが、ほんとに弱くなってしまったんだなぁ(一時期よりは、よくなったけど)と思ったのです。なかなか噛み合わない前線と中盤、推進力なのか安定なのか分からない状況 [続きを読む]
  • 今のままでいいの?
  • ある人の記事にずっと、そこまで言わなくても、と、思っていました。セレッソ戦のあと、少し前にアップしたアルバムにそっと、いいね!をしてくれていたのを見て、なんでなんだろ?と思っていたのです。今日は、その気持ちがわかったような気がします。そこまで言わなくてもいいのに、というのは、それを書くと気にすると思うからやめてあげて、ということでした。ですが、本当は、一事が万事なのです。そこを乗り越えれば、今、代 [続きを読む]
  • 見てほしい。
  • 若手を応援するなら、ぜひ「2部練」と「居残り練習」見学がおすすめです。通称二部練、午前を一部とするならば、午後は、二部練習。いつしか二部練と呼ばれるようになりました。午後3時から3時半の間にスタートし、5時ころに終了。おととしくらいまで「若手とは、清水航平以降」と言われていた通り、清水、丸谷を筆頭に20代前半の選手が体幹やサーキットボール回し、コンビネーションをみっちりと行います。居残りは、ホーム、アウ [続きを読む]
  • 「負けない」より「勝ちたい」を。
  • 前体制の時、2015よりFWへボールを早く供給できるようにするためにウイングバックを上で張らせることを導入しました。この年は、ドグの活躍により年間優勝したのですが、この「サイドを張らせる」という方法は、3バックのサイドの仕事量を減らし、この前年、サイドに必ず2枚の交代カードを使っていたことを解消するためだったと思います。仕事量を減らしたのは、いいのですが、守備を最少3人で受けることとなりその負担から失点が [続きを読む]
  • 緩急。
  • 思った通りの展開となりましたが、それでも負けなかったことだけは、評価に値するとおもうのですが、今回のメンバーにしたのは、来るべく鹿島、川崎、浦和、神戸、F東、柏に向けてのラストチャンスということだったのかということです。この6試合の中でもターンオーバーは、必要になってくると思うのですが、そこに行けるメンバーであるかの確認をここでしたかったのかもしれないなと思いました。しかし、本当にメンバーをいじるの [続きを読む]
  • 虎視眈々と。
  • 昨夜は、なんと、札幌のプロサポーター、村上アシシさんにお会いする機会に恵まれまして。しかし、なかなかのチキンな私は、合いの手くらいしか入れられず(笑)お話したかったーと思いつつ記念写真だけは、ちゃっかり近くにと。素人なんであちらの世界には、ついていけないのですが、たまに垣間見ると、なかなか刺激的であります。そういう刺激があるとなににつけてもやる気になるんやないかなと思います。別世界の刺激、大事、ま [続きを読む]
  • 姿を現し始めた新サンフレッチェ。
  • 今回、まだVTRを見ていませんが、中継を見ている複数の友人とのやりとりとスポナビのテキスト速報と以前吉田であった清水とのサテライトの試合を思い出しなんとなくここが決めてだったのかなと思いました。先制してのち、スポナビの速報にでてくる名前は、チアゴアウベスがほとんどを占め、これは、横浜戦同様、かなり攻められているなと思っていました。選手交代後、さらに押し込まれる感じから失点。その時、ちょっとだけDAZNを [続きを読む]
  • チームとして。
  • 調子が悪くなり、敗戦が続くとどうしても勝てない理由をなにかひとつにしたくなるものです。実際は、多くの要素が重なり合ってそうなったものなのに自分が見てしまった一つのミスや一人のプレイヤーが引き起こしたものと思いたくなってしまいます。原因を究明することでまずは、その場から逃れたいという思い。しかし、致命的なミスがあったとしてもそこに至るまでのプロセスを見返してみれば、そのミスが起こるまでにおおくの敗戦 [続きを読む]
  • 120分。
  • この試合の結果、できたこととできてないことがわかりました。サブチームメインであったことが露呈した結末になりましたがレギュラーチームにも同じことがいえると思うのです。要は、90分ないし120分を想定した戦い方ができていなかったということです。頑張るのは、いいのです。90分で試合を終わらせることができたのに最後、週末のことが頭をよぎったのか、とどめを刺しに行ったということ。相手も押してましたが、最後の10分く [続きを読む]
  • さて、天皇杯。
  • 明日、試合があるとか、ネイルしたりするとどうも休みのような気がして。いやいや、明日も仕事です。ターンオーバーがどれ位の割合で行われるかわかりませんが、明日は、少しでも勝てるチームになれるようにならないとなりませんよね。新しい戦術で迎える天皇杯です。ここでどこまで自分を表現してチームとして機能できるかです。なかなかうまくいかないかもしませんが、バックラインさえ上手く行けば、勝利の目もなくは、ないとお [続きを読む]
  • 正しい評価。
  • 監督がシウバのことをどう見ていたのか、もしかすると、だれよりも正しく評価していたのかもしれません。キャンプで見たときは、本当にいい選手が来てくれたと思いました。ドリブルがうまい上にシュートもうまい。これは、ロぺと合ってくれれば今年も優勝か?と思ったのも束の間、山口のPSMでなにかおかしいと思い始め、やはり日本の「人数をかけて」というサッカーになじめないということに。考えてみれば、そこを周りがどうにか [続きを読む]
  • フォトブック。
  • この前、フォトブックを作りました。スマホの中身を探すのもめんどくさくなったのでお気に入りの写真を48枚ほどまとめてみました。画像管理ソフトについてるアプリで注文するのですがスマホでするので写真にタイトルをつけられるけど細かい作業だったのでやめときました。そこで、直接、その時の状況などを書き込むことにしたのですが、いろんなことがあったなぁ・・・と。初めてキャンプツアーで話をしたこと、坊主になったときト [続きを読む]
  • 尖る。
  • ほんとのところ、どの若い子も裏話を聞くとプロになるような子は、かなりとんがってるんです。20歳過ぎてもない子が絶好調の大ベテランと自分を比べて「なんで、俺を使わないんだ?」と言っていたり。聞いた時は、は?よく考えてよ、練習見たらなんでかわかるって、と、思うようなことなのですがこんなに必死にやってるし、こんなにやれてるのに、なんでスタメンじゃないのかよ?と、おや、本気で言ってるんだ、と、気がついた時、 [続きを読む]
  • まあ、
  • この状況は、4月にわかってたことだし、ゴールデンウィークまでに監督交代なかったら、やばいから覚悟しようと話したことが、なつかしい。監督交代はね、森保さんが悪いんじゃなくて、選手とサッカーが合わなくなってるのを是正できないから、ということ。それを最速去年末、ギリギリゴールデンウィーク前だったと思ってたわけです。なので、あの時点では、遅かったなーということで。ゴールデンウィーク前から今の状態を始められ [続きを読む]
  • 苦手。
  • ホームでは、3失点して、チームの状況が楽観視できないことを知らしめてくれた相手です。今回も大宮は、変わっていなかったし、より、タスクをはっきりさせて攻めてきました。サイドの組み合わせを変えていました。右に柏くん、左にロペ。サイドバックは、そのまま。マテウスは、右から攻めて来ましたが、けっこう深いところまであっという間に走り込んできます。そこに合わせてパスをだしてくるのですが、その下地作りもしっかり [続きを読む]
  • 継続。
  • これは、また別の時に詳しく書こうというか、昔も書いたことがあると思うのですがメンバーの選考基準として、前目の選手には、ヒラメキを後ろの選手には、スタミナと継続を求めると思っています。前の選手にスタミナだけあっても攻撃のセンスがないとゴールできませんよね。うまくいかない時に、バリエーションを持たせたいから、ここは、交代枠を用意したい。その分、ボランチから下は、どれだけフラットなクオリティのプレイを継 [続きを読む]
  • 作る。
  • 強いチームというのは、「作れる」選手が多くいることだと思いました。技術や身体能力もさることながら局面を作るプレイができることがチームの強さにとって必要なことだと思いました。この何年かは、そういう構築の部分で悩むようなことがありませんでした。カズさんや洋次郎くんがしっかりとチームのサッカーを引っ張って行ってくれてましたから、そのほかのメンバーは、ついていくだけでよかった・・ことに気付かなかったのです [続きを読む]
  • 再生。
  • 現状のサンフレッチェのサッカーの再生段階として、攻撃よりも守備の整備がされてきました。ヨンソン体制も一か月をすぎましたが、攻撃をよくしても受けることができないことが選手たちの自信を無くさせていたと思えば守備の整備に着手することは、明白であり、選手の納得も得やすいと思いました。そのぶん、前線には、攻撃に専念できる環境を整えてあげられると思うのですが、どうしても受けるときに低くなりがちなので前線にもキ [続きを読む]
  • 自信。
  • なかなか、自己評価が高くないので、反骨心だけで頑張ってるようなところがあります。なので繊細、だけど、ひたすら続けて、今日よりあした、あしたよりあさってと、やり続けることができます。この3年半見てた中の二ヶ月でおおきく成長しました。促成栽培といえばいいのでしょうか。マリノス戦のあたりは、ただ走ってるだけでしたが、今では、難しいボールが来ても処理できるようになりました。壮也くん以外のメンバーは、ある程 [続きを読む]
  • ホーム初勝利。
  • 正味なところ、うまくいくのかどうかよくわからない状況ではありましたし、相手も前半からつながらないミスも多かった。時間がたてばたつほど、甲府が動けなくなっているのは、わかりましたし、こちらがスペースを持ってサッカーしていることについていけなくなっているのもわかりました。実際、これで上位に勝てるのかと言われればわかりません。攻撃にまだ推進力がない状況でまずは、守備というところに重きをおいていますから、 [続きを読む]
  • 今夜。19時キックオフ、ホーム甲府戦
  • 仙台戦のこと、実は、そんなに悪くは、思わなかったんです。結局、ファーストディフェンスの所をどれだけやっていけるかだと思います。そこが空いているから相手にミドルを打たれる。やれ攻撃だ、4バックでどう受ける、サイドからだ、パトリックだ、という前に、思い出したのは、伊東輝悦という、甲府にいたボランチの事でした。伊東選手は、私の思うボランチ像でサンパイオと並ぶ選手だと思っています。彼のインターセプトは、相 [続きを読む]
  • 本日、19時キックオフ、仙台戦。
  • 今日は、実家に帰らないとならないんでリアルタイムで見られない…から、勝つかも。今年、ガンバ戦、甲府戦、見れなかったら勝ったのですね。磐田は、また様子がちがうけど、悪くない験担ぎのはず。とにかく、引かれたらどうにもならないと思うので、ものすごい期待は、してないのです。あおちゃんのところに柴さんとなると、前にズバリのパスでなく、サイドをつかう組み立てになりそうです。そこにモリシがいいアクセントをくれれ [続きを読む]
  • 目からウロコの。
  • 昨夜、最後に442の形を初めてとった広島。監督の最後の形は、ここに来るのでは、ないか思うのですが、ここに来るまでの4231の形について、試合前こんなことを教えてもらったのです。これまで3421で10年闘ってきたサンフレッチェですが、これは、重心が後ろでコンダクターに優秀なアンカープレイヤーを必要とする方策でした。この戦術を「可変3バック」と呼び、攻撃時には、ストッパーのどちらかが中盤からトップ下まで上がり4バッ [続きを読む]
  • コンマ5秒の勇気
  • 最後は、もう見ていられませんでした。でも、昨日の勝利は、勇気を持って繋ぎ、凌ぎ、走ったからだと思います。鳥栖戦では、だせなかった勇気。本当は、ここまでに自分たちでやらなければならなかったのです。だけど、どうしても出来なかった。パトリックと丹羽くんという、外からサンフレッチェを見ていた2人が「こうすれば勝てるようになれるかもしれない」とそれを証明するために必死で走ってくれたから、そして、それに応えるこ [続きを読む]