竹中英太郎記念館 さん プロフィール

  •  
竹中英太郎記念館さん: 竹中英太郎記念館 館長日記
ハンドル名竹中英太郎記念館 さん
ブログタイトル竹中英太郎記念館 館長日記
ブログURLhttp://takenaka-kinenkan.jp/diary/
サイト紹介文江戸川乱歩や横溝正史、夢野久作らの小説のために描かれた挿絵原画、作品を展示する記念館の館長日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2007/12/06 16:32

竹中英太郎記念館 さんのブログ記事

  • 「花電車の女」がお好き・・・・
  • 昨日甲府富士屋ホテルさんへご宿泊されました東京のご夫妻様がご来館下さいました。お車をお見送りさせていただきました。ご夫妻様は、昭和61年労著・「にっぽん情歌行」の表紙のために描きました「花電車の女」がお好きとの事でした。★ ★ ★お友達の笑子・Y様が大きな静岡産の甘夏をお送り下さいました。ジューシーで程よい甘さ、とても美味しい甘夏でした。★ ★ ★・・・・平成30年4月29日のルナちゃんです。・・・・←ク [続きを読む]
  • 父の絵にあこがれを・・・・・
  • 以前ご来館下さいましたお客様からのご紹介でご来館下さいましたお客様は、江戸川乱歩氏フアンで、ご本から父の挿絵を知られたそうです。父の挿絵に惹かれ、”ここを読めばまた次の挿絵がある、、、と”思われながらワクワクしながらご本を読んでいらっしゃったとのことでした。丁寧にゆっくりご覧下さいました。イラストレーターのお仕事をされていらっしゃいます、よしだかおり様は、”自分では描けない絵、そして独特の感性を持 [続きを読む]
  • 母月命日に素敵なお客様が・・・・・
  • 湯村温泉へご滞在中の方が記念館の看板をご覧になられお立ち寄り下さいました。とても熱心にご覧に下さり、”こんなに素晴らしい方がいらっしゃったのを今日初めて知りました。もっと沢山に方に知って欲しいですね”とおっしゃって下さいました。昨日で91歳になられたとお聞きしてびっくり致しました。いつまでもお元気でまた再会をさせていただきたいと思います。・・・坂道をおりられますお客様を撮らせていただきました。・・ [続きを読む]
  • GW は、5月1日、2日のみ休館いたします。・・・・
  • 4月28日(土)〜5月6日(日)の営業につきましては、5月1日(火).5月2日(水)のみ休館とさせていただきます。★ ★ ★今日から久しぶりに開館をさせていただきました。facebookのお友達が、富士屋ホテルさんからの我が家のお写真をお送り下さいました。もうすっかり新緑です。我が家のお庭もつつじや芝桜、矢車草、遊歩道には菖蒲が咲いております。← 応援をお願いいたします。 [続きを読む]
  • GW中の営業お知らせ・・・・・
  • 4月28日(土)〜5月6日(日)の営業につきましては、5月1日(火).5月2日(水)のみ休館とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。★ ★ ★19日(木)より臨時休館をさせていただいておりましたが、明日から開館させていただきたいと思います。← 応援をお願いいたします。 [続きを読む]
  • 今日は少しPCを・・・・・
  • 体調を崩して5日目、臨時休館させていただいております。Fcebookのお友達、依田道徳様がアヤメをお持ち下さいました。" />東京の友人Y,Y様が、お誕生日のお祝いにとエミリオ・ロバのアートフラワーを横浜のKako様が、ルナちゃんそっくりのアメショーの置物を、甲斐市のひとみ・N様が素敵なハンカチをお送り下さいました。 ・・・・平成30年4月22日のルナちゃんです。・・・・" />← 応援をお願いいたします [続きを読む]
  • 臨時休館中です。、、、、
  • 館長が体調不良のため19日(木)から臨時休館させていただいております。23日(月)まで臨時休館させていただきます。24日(火)と25日(水)は休館日です。よろしくお願い申し上げます。← 応援をお願いいたします。 [続きを読む]
  • お誕生日に風邪でダウン・・・・・
  • お誕生日不覚にも風邪をひいてしまいました。沢山のお客様、facebookのお友達からお祝いメッセージ、ラインメッセージ、お電話をいただいておりますが、今日はお返事が出来ませんが、体調が戻りましたらお礼を書かせていただきたいと思っております。今日は大切な方とのお約束で千葉へ行かなくてはなりませんでしたが、キャンセルさせていただきました。お約束を守れず本当に申し訳なく思います。★ ★ ★・・・・・尊敬しており [続きを読む]
  • 嬉しいお葉書を・・・・・
  • ★ ★ ★4月8日のイベントにご参加下さいました、横浜のR.岩城様から嬉しいお葉書を頂戴いたしました。私がイベントで”外出の際に、父は私の姿がみえなくなるまで手を振ってお見送りをしてくれました。私も同じように父を見送りましたが、父は何度も振り返りながら手を振ってくれました”とお話いたしました。そのあとに、私が、記念館でお帰りのお客様のお姿やお車がみえなくなるまで手を振ってお見送りをさせていただいてお [続きを読む]
  • 臨時休館のお知らせ・・・・・
  • 誠に勝手ながら、所用のため19日(木)、20日(金)の二日間臨時休館させていただきます。よろしくお願い申し上げます。★ ★ ★今日は朝からお熱があって気分が優れず、自宅で横になっておりました。風邪の症状ではないかと思いますが、外出の予定がありますので、閉館後病院へ行ってお薬をいただいて参りました。← 応援をお願いいたします。 [続きを読む]
  • 栄養ドリンクで元気にと・・・・・・
  • イベントにご参加下さいましたS.O様が”お疲れになられたでしょう”と栄養ドリンクと果物をお持ち下さいました。いつも申し訳なく思います。★ ★ ★Y.T様がお出で下さいました。★ ★ ★イベントにご参加下さいましたfacebookのお友達・宮脇ゆうび様から、当日頂戴いたしました。ルナちゃんには何がみえているのでしょうか? " title="H30.4.15(4)" width="430" height="320" /> ← 応援をお願いいたします。 [続きを読む]
  • ハナミズキが綺麗に咲いて・・・・
  • 4月8日開催いたしましたイベントが終了致しましたが、今までの長い緊張感がまだ少し続いております。今日から気持ちを切り替えお客様をお迎えさせていただきたいと思います。私は、亡き竹中家の家族と共に過す空間にいられます事の幸せを感じながら、皆様への感謝の気持ちを忘れることなく、そして労さんの父への思いを忘れることなく、これからも微力ながら父や兄のことを語り継いで行きたいと思っております。★ ★ ★お庭の [続きを読む]
  • イベントにご参加の皆様がご来館・・・・・
  • 一昨日は、長時間でのイベントでお疲れにもかかわらず、イベントにご来場下さいました方々や、ゲストの樹木希林様、大工哲弘様方が記念館を訪れて下さいました。イベントの後日談で盛り上がり、大成功だったことを実感させていただきました。★ ★ ★埼玉の鈴木良一様です。大工哲弘様、神谷一義様(お写真中央のお二人)です。大工哲弘様と私です。昼†たかし様、東京の尾崎全紀様です。埼玉の齋藤弘幸様です。尾崎全紀様、kako [続きを読む]
  • ゲストの方々とのショットを、、、、
  • 昨日は、大勢の皆様にご来場をいただき誠にありがとうございました。また、パネラーとしてご出演下さいましたゲストの方々にも心よりお礼申し上げます。本日は、多数のお写真の中からゲストの方々との数枚を載せさせていただきました。・・・・・樹木希林様、水道橋博士様と・・・・・・・・・・・大工哲弘様と・・・・・・・・・・主宰と・・・・・・・・・・・喜国雅彦様と・・・・・・・・・・・末永昭二様と・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • いよいよ明日に向け・山梨県立文学館へ搬入・・・・
  • 東京都品川区のY.中村様、M.尾崎様から、明日開催のイベントへのご参加のお申し込みを頂戴致しました。★ ★ ★福島県の長谷川泰久様が”大きな最後のイベントに参加できませんが、記念に”とお送り下さいました。いつもお心遣いいただき申し訳なく思います。★ ★ ★イベントにご参加の、東京の坂下信之様、埼玉のT様、相模原の新津 紅様がチケットをご購入のためご来館下さいました。・・・・・お写真は、坂下信之様です。 [続きを読む]
  • 春光堂店主・宮川大輔様が労さんの著書をご紹介・・・・
  • 今日の朝日新聞朝刊第二山梨版、やまなしこの一冊欄に、春光堂店主・みやがわ・だいすけ様が、竹中労著「決定版 ルポライター事始め」をお選び下さいました。労さんの生き様にふれ、ご自身がこれからどう生きるべきかを問いて行きたい、、、とまた最後に、4月8日のイベントのご紹介もして下さいました。* **facebookのお友達・依田道徳様が、お嬢様とピカピカの一年生のお孫様とご一緒にお出で下さいました。★ ★ ★イベン [続きを読む]
  • 昨日より気温がぐーんと下がり・・・・
  • 湯村温泉へご宿泊の86歳になられますお母様(静岡在住)とお嬢様お二人(静岡と東京在住)のご家族様がご来館下さいました。亡きご主人様が、山梨大学の学生だったとの事で、お母様(静岡在住)は、本当は4人で訪れたかったと寂しそうにおっしゃっておられました。皆様がとても熱心にご覧下さりとても嬉しく思いました。・・・お写真は、ご許可をいただいております。・・・★ ★ ★記念館オープン当初からお付き合いをさせて [続きを読む]